Search

検索したいワードを入力してください

無香料の柔軟剤3|無添加/ふわふわ

更新日:2022年08月07日

みなさんはどのような柔軟剤を使用していますか。香り付きの柔軟剤の種類がかなり増えている中、無香料の柔軟剤が注目を集めています。無香料柔軟剤には、どのような特徴、良さがあるのでしょうか。無香料柔軟剤の種類についてご紹介します。

香料アレルギーをご存知ですか?

みなさんはどのような柔軟剤を使用していますか。洗濯物を柔らかく、ふわふわに仕上げるためには柔軟剤が不可欠です。現在柔軟剤は多様化しており、良い香りの物、ジェル状の物、フレグランスと名付けられている物など、たくさんあります。

香料アレルギーという言葉をご存知ですか。香料もアレルゲンのひとつとされており、柔軟剤の香料でアレルギー反応やアトピーを引き起こしてしまう体質の方もいます。そんな方のために、無香料柔軟剤の需要が注目されています。

無香料の柔軟剤有数3とは?

中でもベーシックかつ需要が高いのは、無香料の柔軟剤です。香り付きが多い中、無香料の柔軟剤は、どのような点がを得ているのでしょうか。無香料柔軟剤の有数3をご紹介します。

第3位、さらさ

「羽毛のような柔らかさ」というキャッチコピーが目を引く無香料の柔軟剤が「さらさ」です。赤ちゃんや肌が弱い人でも使いやすい無香料柔軟剤としてであり、価格がリーズナブルなのがポイントです。

皮膚科医が監修の元で肌へのテストを行い、繊維を油分で覆わない「ノンオリータッチ処方」というやり方を採用しているため、羽毛のようなふわふわな仕上がりにすることができます。

さらさは赤ちゃんの衣類にも使用できますが、より赤ちゃんの肌に優しい作りになっている「さらさベビー」という商品もあります。無香料柔軟剤の他に洗濯洗剤も販売されているので、合わせて使用すると良いでしょう。

第2位、ファーファ

可愛いテディベアが印象的なパッケージの柔軟剤が「ファーファ」です。柔軟剤だけでなく洗剤でも高いを誇っているファーファが、赤ちゃん向けに開発した無香料柔軟剤が「ベビーファーファ」です。

商品名は「ベビーファーファおむつ肌着用柔軟剤」となっていますが、衣類に使用しても問題ない無香料柔軟剤です。ふわふわの仕上がりかつ無香料というのはなかなかない商品です。静電気も防止してくれるので、安心して使用できます。

ファーファには「香り引き立つ無香料洗剤」という商品もあります。漂白剤、蛍光剤、香料が配合されておらず、好きな柔軟剤の香りを引き立たせるための無香料洗剤です。肌に優しいだけでなく、大容量なのでコスパが良いと評判の無香料洗剤です。

第1位、fabrush

「香りから解放」というキャッチコピーが目を引く無香料柔軟剤が「fabrush(ファブラッシュ)」です。無香料で、消臭効果を強化する銀イオンを高配合している商品です。ストッキングやタイツの滑りが良くなるほどの柔らかい洗い上がりが、とても高評価を得ています。

静電気防止や、毛玉、羽毛立ち防止の効果にも力を入れており、衣類や繊維の痛みをも防止してくれます。fabrushには無香料の洗剤もあり、合わせて使うことによって、より無香料感を感じることができます。

特徴別の無香料柔軟剤とは?

みなさんが柔軟剤を選ぶ時のこだわりは何ですか。無香料でも洗い上がりが柔らかいものがいい、肌の事を考えてなるべく添加物がない物がいい、さまざまなこだわりがあるでしょう。

現在柔軟剤はとても多様化していますが、無香料の柔軟剤は香り付きの柔軟剤と比べると、やはり認知度が低く、種類も限られている印象があります。無香料柔軟剤には、どのような特徴を持った商品があるのでしょうか。

無添加の無香料柔軟剤とは?

柔軟剤における添加物とは、香料や防腐剤、着色料などが上げられます。これらの添加物が入っておらず、かつ無香料の柔軟剤は、先程ご紹介した「ベビーファーファ」です。ベビーファーファは無添加なので、赤ちゃんにも安心して使用ができます。

ベビーファーファのポイントは、吸水性が高く、汗などもしっかり吸い取ってくれる所です。洗濯物を柔らかく仕上げるのが柔軟剤の役割ですが、柔らかさを追求すると吸水性が下がってしまうという事があります。しかし、ベビーファーファは吸水性も高いため、お風呂上がりや、汗を拭く時などにも使用できます。

ベビーファーファは植物由来の柔軟成分が配合されており、天然ベルガモットの精油も配合されているので、とてもリラックス効果が高い無香料柔軟剤です。

ふわふわな仕上がりになる無香料柔軟剤とは?

次のページ:無香料柔軟剤の口コミとは?

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests