Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月11日

電気毛布を洗濯機で正しく洗う方法・コネクタ部分の扱い方

電気毛布は冬の寒い時期や冷え性の方にとっては、便利な暖房器具ですが、正しい使用方法やお洗濯の方法を行わないと、故障や火災の原因にもなりますので注意が必要です。使用している電気毛布が選択可能なものかどうかをきちんと確認し、毛布を清潔に保ちましょう。

電気毛布を洗濯機で正しく洗う方法

電気毛布を洗濯機で正しく洗う方法・コネクタ部分の扱い方

冬の寒い時期、体が冷え過ぎて眠れないという時に大活躍する電気毛布ですが、電気毛布には洗えるものと洗えないものがあるということをご存知でしょうか。電気毛布はその名の通り、電気が動力源ですので、「水を使って洗うと危ないのでは」とお考えの方も多いでしょう。確かに、古いタイプの電気毛布はコンセントをつなぐコネクター部分に水が浸透してしまうと、故障したり事故の原因になったりと危険です。

ですが、最近では丸洗いがOKな新しいタイプの電気毛布も多く販売されています。それでは、今回は洗えるタイプの電気毛布の洗い方や注意事項、メーカーごとの新井方についても併せてご紹介していきましょう。

電気毛布とは

電気毛布とは、毛布の中に発熱体が埋め込まれている暖房器具になります。電気毛布に多く用いられている素材は主にポリエステルやアクリル繊維のものが多く、敷布団の上に敷くタイプのものと、体の上にかけて用いるかけ布団タイプのものとに分けられています。

カイロや湯たんぽに比べて暖かく、冬の寒い時期であっても温度設定を用いて好みの温度で体を温めてくれるため、質の良い睡眠を得ることが可能です。ですが、就寝中電気毛布の電源をつけっぱなしにしておくとかえって体に悪い場合がありますので注意しましょう。

洗えるものと洗えないもの

電気毛布には洗えるものと洗えないものとにタイプが分かれています。年数の古い電気毛布は、洗えないタイプであることがほとんどですが、中には年数が経過していても洗えるタイプであることもありますので、お洗濯をする前に洗濯表示を確認してみましょう。もしも手洗いマークの洗濯表示が付いていたら、ご自宅でもお洗濯することができます。

洗濯できない電気毛布のお掃除方法は

洗えないタイプの電気毛布であった場合のお手入れ方法については、なるべくこまめにメンテナンスを行うことです。まず、電気毛布を掃除機にかけて、ダニやほこりを取り除いた後で、十分に水気を切ったタオルか布で電気毛布を水拭きにします。

その場合には、電気毛布の毛の流れに沿ってブラシをかけ、電気毛布の内部に組み込まれている電線を傷つけないよう注意して下さい。また、週に一度のメンテナンスが無理でも、2週間から3週間に一度は日当たりの良い場所に天日干しにしたり、汚れを防ぐためにカバーをかけておくなど、日ごろから汚れないよう工夫しておくと良いでしょう。

電気毛布の保管方法

暖かくなり、電気毛布を使用しなくなったら、電気毛布内部のヒーターが良しれていないかどうかをよく確認し、購入した際に入れられていた箱にもう一度入れて保管しましょう。電気毛布を収納した箱は、なるべく風通しの良い湿気の少ない場所を選び、その際には防虫債を入れないよう心がけてください。

防虫剤に使用されているナフタリンには、電気毛布のコントローラーや電気コードを傷付ける作用がありますので、火事の原因にもなってしまい大変危険です。

ダニ対策には

冬の寒い時期にはダニの活動も揺るぎますが、最近では高気密住宅や加湿器の影響で、冬でも温かく一定の湿度に保たれているため、春や夏と同じようにダニが繁殖してしまうケースが多くあります。電気毛布にダニを寄せ付けないためにも、電気毛布を使用するときには、防ダニパットを下に敷いたり、こまめに掃除機をかけておきましょう。

ダニは、52度以上の高温では生きていられないため、使用する前には電気毛布の出力を最大にしておき、ダニを駆除したのち、掃除機でダニの死がいを吸い取ってから使用するようにしましょう。

洗濯可能かどうかのチェック

電気毛布をお洗濯する前には、それが ご自宅でもお洗濯できるタイプの電気毛布であるかどうかを必ず確認してからお洗濯をしましょう。現在ご利用になっている電気毛布が洗えるかどうかについては、電気毛布につけられている洗濯表示を確認します。

洗えるタイプの電気毛布であれば、水を張った洗面器のマークが付いています。ですが洗濯表示は平静28年12月に新しい表記に変わったため、新しい洗濯表示では、水を張った洗面器のマークに手を入れているしるしが付いています。どちらのマークも手洗いOKのマークですので、この洗濯表示が付いている電気毛布に関しては、ご自宅でもお洗濯可能ということになります。

ドラム式の洗濯機で洗えるか

電気毛布を洗濯機で正しく洗う方法・コネクタ部分の扱い方

基本的に電気毛布をドラム式の洗濯機でお洗濯することはできません。ドラム式の洗濯機は、洗濯物を回転させることによって、叩きつけるようにして汚れを落とすものです。そのため、ドラム式の洗濯機で電気毛布をお洗濯してしまうと、内部に組み込まれた電線が切れてしまったり、ねじれてしまうことで故障や火事の原因となってしまいます。

ご自宅の洗濯機がドラム式であった場合には、洗濯機でお洗濯するのではなく、必ず手洗いをするようにしましょう。

電気毛布を手洗いする方法

電気毛布をお洗濯する場合には、洗剤は中世洗剤を選びましょう。まず電気毛布のコンセントの差し込み口からコンセントを抜いてください。そのあとで電気毛布を形よくたたみ、折り畳まれた電気毛布が十分に入る大きさの洗面器または盥を用意します。丁度よい大きさのものがない場合には、洗面台を利用しましょう。電気毛布をお洗濯する場合には、水よりも 30℃程度のぬるま湯を使います。

用意した洗面器、または洗面台にぬるま湯を入れ、その中に中性洗剤を溶かし入れます。洗剤の溶け残りがないかどうかを確認してからその中に電気毛布を入れて下さい。そのあとで電気毛布を押し洗いにします。電気毛布を強くこすったりをしたりしないよう注意しながらやさしく押し洗いをしましょう。

それをおよそ20回から30回程度繰り返して下さい。汚れが落ちたと感じたら、汚れたぬるま湯をしていて新しいぬるま湯に入れ替えすすぎ洗いをします。

手洗いする場合の脱水方法

電気毛布を洗濯機で正しく洗う方法・コネクタ部分の扱い方

電気毛布のお洗濯が終わったら、次は電気毛布の水分を抜き取り乾かします。電気毛布の水分を抜くには、強く絞ったりねじったりしないよう注意して下さい。電気毛布の水分をとるには、水を捨てた後の洗面器または洗面台の中で優しく電気毛布を押すようにして水分を抜いていきます。

次に大きめのタオルを用意して、その上に置きぽんぽんと叩くようにして水分をタオルに吸い取らせましょう。お洗濯中も同じことが言えますが、水気を抜き取るときにも、あまり力を込め過ぎると電気毛布の中に組み込まれた電線が切れたり壊れたりしてしまいますので注意して下さい。

また、電気毛布のコンセントの差し込み口に水分が残っていると故障の原因にもなってしまいますので、しっかりと水気が抜き取れたかどうかを確認してください。電気毛布を干す場合には、直射日光には当てず、風通しの良いところに陰干ししましょう。

電気毛布を洗濯機で洗う方法

電気毛布を洗濯機でお洗濯する場合には、必ず手洗いコースを選びましょう。通常の洗濯コースでお洗濯してしまうと、中の電線が切れてしまう場合がありますので、必ず手洗いコースを選んでください。

まずはじめに、洗濯機に 30℃位程度のぬるま湯を入れます。そのあとで中性洗剤を溶かし入れましょう。電気毛布を入れる際には、洗剤が溶け切っているかどうかを確認してください。確認できたら、次に洗濯機の中にきれいに折り畳んだ電気毛布を入れて下さい。電気毛布を入れるときには、コントローラーやコンセントはすべて取り外しておきましょう。

また、折り畳んだ電気毛布お洗濯ネットに入れ、形が崩れてしまわないようにして下さい。手洗いコースでお洗濯が終わったら、次は電気毛布をすすぎます。電気毛布の伐採は、あまり長時間行わないよう注意して、脱水の時間を1分程度にとどめておきましょう。

電気毛布の脱水方法

電気毛布の脱水が終わったら、風通しの良い場所に陰干しにして下さい。直射日光に当てて天日干しをしてしまうと、電気毛布の記事が縮んでしまう場合がありますので、あまり日差しの強い場所に干さないようにして下さい。十分に乾燥させた後は、電気毛布のしわをのばし、電気毛布の中のヒーターやコードがよじれていないかどうかを手で触って確認しましょう。

メーカー別電気毛布の洗濯方法

電気毛布は、そのメーカーによってもお洗濯できるものとできないものとがあります。電気毛布をお洗濯する前には説明書をよく確認し洗濯方法についてよく調べた後から洗濯する必要があります。

また、各メーカーごとにウェブサイトでも洗濯する際の注意事項が記載されていますので、説明書をなくしてしまった場合には、現在ご利用になっている電気毛布のメーカーを確認したのち、そのメーカーのウェブサイトでお洗濯の方法を調べてみると良いでしょう。

山善

山善の電気毛布は丸洗いが可能で、ダニ退治機能付きのものに人気があります。山善の電気毛布はほかのメーカーと同じくドラム式の洗濯機でお洗濯することはできません。また、ドライクリーニングでお洗濯することもできませんので、クリーニング店に依頼する場合には、手洗いしていただくよう指定しておきましょう。

ご自宅でお洗濯する場合には、本体プラグを本体の内側に包んでおき、たたんだあとで洗濯ネットに入れ柔軟剤を入れた後でお洗濯しましょう。

また、山善の電気毛布をお洗濯する場合には漂白剤は使用できません。ぬるま湯に中性洗剤と柔軟剤を入れお洗濯した後は 1分以内であれば脱水機にかけても構いません。またお洗濯後は風通しの良い場所に陰干しにし、自然乾燥を行います。

なかぎし

なかぎしの電気毛布は、ダニ退治機能が備わっていて、室温センサー付きのものが特に人気の高い電気毛布です。なかぎしの電気毛布を洗濯機でお洗濯する場合には、必ず洗濯ネットに入れた後でお洗濯をしましょう。洗濯ネットに入れてから電気毛布をお洗濯しないと、毛布の生地が傷んでしまう恐れがあります。

また、ほかの洗濯ものと一緒に洗わないよう注意し、洗濯時間は12分以内にとどめておきましょう。電気毛布をお洗濯した後にはすすぎ洗いをしますが、静電気を防ぐためにも柔軟仕上げ剤を使用することをおすすめします。また電気毛布を進に払いする場合には、本体プラグのみもう一度きれいな水を使って念入りにすすぎ洗いをして下さい。

コイズミ

コイズミの電気毛布を洗うには、まず本体からコントローラーをはずし、大きめの洗面器または洗面台に30℃以下のぬるま湯を張り中性洗剤を薄めてお洗濯します。洗濯機を利用する場合には、毛布を洗う機能が付いているのであればそちらを利用します。また小泉の電気毛布はドライクリーニングを行うことができませんので注意して下さい。

また、洗濯機で電気毛布を洗う場合には、本体に取り付けられたプラグが本体の内側になるようネットに入れ、手洗いコースによりお洗濯をします。そのほか、電気毛布をお洗濯する場合には、ほかの洗濯ものと一緒に洗わないよう注意が必要です。電気毛布をお洗濯する時間の目安は12分以内にとどめておきましょう。

こちらのメーカーの電気毛布は脱水機にかけても構いませんが、脱水機を利用する場合には1分以内にとどめておき、それ以上脱水機にかけないよう注意して下さい。

ユアサ

ユアサの電気毛布を洗濯機で洗う場合には、ウール洗い、もしくは手洗いコースを行います。電気毛布の本体からコントローラーをはずし、40 ℃以下のぬるま湯を入れ洗濯機の中に中性洗剤を少なめに溶かし入れを選択をしましょう。コネクターの部分が洗濯槽の中に当り傷つかないよう毛布の中に包み、洗濯ネットに入れて選択をして下さい。

その場合には、ほかの洗濯ものと一緒に洗わないよう注意して下さい。を選択した後はコネクター部分をもう一度洗いきれいな水で洗い流して下さい。

koden

このメーカーの電気毛布をお洗濯する場合には、コネクター部分を毛布の内側に折り畳み、丸めた後で洗濯ネットに入れ洗濯機に入れましょう。中性洗剤を薄めた後で柔軟剤を入れ洗濯機に入れますが、漂白剤は入れないようにして毛布洗いコースを選んでお洗濯してください。

お洗濯する時間は 12分程度に設定しておきましょう。脱水する場合にも 1分程度を目安とし、脱水後は風通しの良い日陰を選び十分に乾かして下さい。

電気毛布お洗濯するときのコネクター部分

丸洗い可能な電気毛布の場合には歯、防水加工が施されているため、コネクター部分に多少水がはいっても故障の心配はありません。ですが、お洗濯する場合にはコネクター部分を毛布の内側にたたみ入れてから手洗い、または洗濯機に入れてお洗濯してください。

ですが、電気毛布に取り付けられているコントローラーはお洗濯することができませんので、お洗濯前に必ずコントローラーは取り外しておきましょう。電気毛布をお洗濯し何のには、もう一度コネクター部分をよくすすぎ、水分をよく抜き取っておきましょう。

手洗い表示しかない場合の電気毛布お洗濯するときのコツ

電気毛布をお洗濯する場合には、必ず説明書または洗濯表示に従ってお洗濯をして下さい。メーカーによっては洗濯機にかけることができず、手洗いでしかお洗濯できないものもありますので注意して下さい。

ですが、 ご自宅の洗濯機に手洗いコースがある洗濯機であれば、そのコースを選び洗濯機でお洗濯することが可能です。その場合は、中のコードが漏れてしまわないよう緩めに折り畳み、洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れましょう。

手洗いのみ可能な電気毛布の場合には、ほかの電気毛布に比べてデリケートなため、水は少なめに設定して下さい。また脱水する場合には、なるべく脱水機にかけず、大きめのタオルを使って水分を抜き取り、陰干しにします。脱水機にかける場合は1分以上脱水機にかけないよう注意が必要です。

電気毛布のおすすめの頻度

電気毛布は月一回以上お洗濯することが理想ではありますが、お洗濯をするとどうしても痛みが進んでしまうため、お洗濯する場合には注意が必要です。また電気毛布は丸洗い可能なものも多く、お洗濯をして清潔に保つことができますが、できるだけ手洗いをして傷みを軽減させる必要があります。

電気毛布に用いる柔軟剤

電気毛布は静電気を防ぐためにも柔軟剤を使うことをおすすめします。柔軟剤を使いたくないという方の場合には、柔軟剤の代わりとしてクエン酸を用いても構いません。柔軟剤を使わなくてもクエン酸を使用すれば、いやなニオイを消臭することができ、ふんわりと柔らかく仕上げることができます。

クエン酸はかんきつ類に含まれる酸味を持った成分のことを言い、化粧品や食品にももちいることができるため、肌の弱い方でも安心して利用することができます。また、環境に優しく雑菌の繁殖を抑える効果もあるため、柔軟剤を使うことに抵抗がある方でも安心してご利用になれるでしょう。

電気毛布を傷めないコツとは

電気毛布を痛めないようにするためには、脱水気にかける時間を短く設定し、直射日光に当てないよう注意しながら陰干しにする必要があります。またお洗濯が一通り終わったら、電気毛布の中のコードがよじれていないかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

また、電気毛布の生地を傷めないためにも、お洗濯する場合には必ず柔軟剤を使用しましょう。そのほか電気毛布を手洗いする場合にも、たたき洗いにはせず、やさしく押し洗いをして下さい。電気毛布は電気が使われていますので、不具合が起こると火事の原因にもなるため大変危険です。
たかがお洗濯と侮らず、各メーカーごとに合わせたお洗濯方法を行い、お洗濯の前には説明書をよく読み注意事項を確認したうえでお洗濯するようにしましょう。

水を用いない電気毛布をお手入れする場合に必要なものとは

また水を使用しても洗濯できない電気毛布の場合には、丁寧に掃除機をかけほこりやダニを取り除いた後、ガムテープやコロコロを使って丁寧に汚れを取り除きましょう。また風通しの良いところに干しておくだけでも、気になるにおいや汚れをある程度取り除くことが可能です。

電気毛布を使用しなくなった場合には、コントローラーと毛布を別々のビニール袋に入れた後で、湿気の少ない風通しの良い場所に保管してください。

電気毛布の傷み具合

電気毛布を痛めないようにするためには、手洗いをしたり洗濯機の洗濯コースを手洗いにするといった方法のほかにも、電気毛布専用の毛布カバーを取り付けたり、使用中になるべく汚れが付かないよう気を配る必要があります。

また、除菌消臭スプレーを用いたり、なるべくお洗濯する回数を減らしても良いでしょう。汚れがどうしても気になるという場合には、お洗濯しても構いませんが、お洗濯をした後はよく乾燥させ 湿気の少ない場所を選び保管しておきましょう。

電気毛布のコードがよじれているかどうかを確認するには

電気毛布を洗濯機で正しく洗う方法・コネクタ部分の扱い方

電気毛布は、電気毛布の内部に組み込まれたコードが破損したりよじれていると発熱し火事の原因になる場合があります。そのため電気毛布をお洗濯した後には、この電気コードが折れ曲がっていないかどうかをしっかりと確認する必要があります。

電気コードが中でよじれていないかどうかを確認するには、光にすかして確認します。光にすかし電気コードを確認してみて、もし電気コードがよじれてしまっているようであればメーカーに問い合わせをし必要な処置を行っていただきましょう。

洗わない場合の電気毛布のお手入れ方法

電気毛布は洗えば洗うほど痛みは進みます。最近では丸洗い可能な電気毛布も多くありますが、もしもお洗濯不可能な電気毛布の場合には、それなりのお手入れが必要になります。電気毛布には付属されているカバーを取り付けておき、電気毛布に取り付けたシーツやカバーは、こまめにお洗濯をしておきましょう。

洗濯不可のマークがついていたら

お洗濯不可のマークが付いている電気毛布の場合には、水を使ってお洗濯することができません。その場合は、水気をしっかりと切ったタオル、または布で水拭きをしたのち、ブラッシングをするか、掃除機をかけ除菌スプレーをかけるなどといった手入れを行いましょう。

正しい使い方や洗濯をして快適に電気毛布を使いましょう

電気毛布を洗濯機で正しく洗う方法・コネクタ部分の扱い方

電気毛布は、冷え性の方や寒い時期には暖かく便利なものですが、そのお手入れ方法には注意が必要です。特に電気毛布をお洗濯する場合には、それがお洗濯できるものかできないものかをしっかり確認してからお洗濯を行いましょう。

また、電気毛布を使うには、正しい使い方をするよう心がけてください。まずを布団に入る1時間から 30分程度まえに電源を入れておき、布団を温めた後スイッチを切って就寝しましょう。もしくはタイマー機能が付いているものであれば、タイマーをセットしてから就寝して下さい。

←前の記事へ

セーターの洗濯機での洗濯方法・おすすめの洗剤・干し方|毛玉

靴を洗濯機で洗濯しても良いのか・洗濯機での靴の洗い方

Latests