Search

検索したいワードを入力してください

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

更新日:2020年08月20日

日本人の洗濯頻度は外国人に比べ高くありません。ですが、シーツは毎日使う寝具でもありますので、なるべく清潔に保ちましょう。シーツは理想としては1週間に2回程度がですが、あまり頻繁に洗濯できないという方の場合でも1週間に1回はお洗濯しましょう。

シーツの洗濯の頻度

シーツにはいろいろな種類があります。例えばベッド シーツや布団シーツ、枕カバーといった毎日使うものはこまめに洗濯をして清潔を保ちましょう。シーツやカバンは、汗や頭皮からはがれ落ちた皮膚といった汚れが多く付いています。

また、人は1日におよそコップ一杯ぶんの寝汗をかきますので、ダニの温床となるのを防ぐためにも、洗濯頻度はなるべくこまめに洗っておきましょう。

ベッドシーツを洗うには?

ベッドシーツは大きいものですので、なかなか洗濯をするのが面倒なものでもあります。ですが、人は1日におよそコップ一杯ぶんもの寝汗をかきます。

また、直接肌に触れるものでもありますので、頭皮からはがれ落ちたフケや汗が付着することにより、ダニの温床となってしまう場合があります。それでは次にベッドシーツはどの程度の頻度で洗うのが良いかについてお話ししましょう。

ベッドシーツの洗濯頻度

ベッドシーツは大きさがあるため、洗濯機に洗う場合にはほかのものと一緒に洗濯できない場合があります。また、目に見えてはっきりとわかる汚れが付いていないとなかなか洗う気分になりません。ですが、毎日使用するものでもありますし、直接肌に触れさせるものでもありますので、なるべくこまめに洗濯をして清潔さを保ちましょう。

また、こまめに洗わないことによって シーツが黄ばんでしまう場合もあります。シーツを洗濯するのであれば、洗濯頻度は週に2回から3回程度が理想ですが、それが無理という方の場合でも洗濯頻度を週に一度または2週間に一度にするよう心がけましょう。

ベッドシーツを洗う際の注意

ベッドシーツ洗濯をする場合には、洗濯頻度のほかにも洗濯方法に注意が必要です。毛布を洗う時とは違い手洗いコースにする必要はありません。そのため通常のお洋服を洗う場合の洗濯コースを選び、洗濯しても大丈夫です。

ベッドシーツを洗う場合には、生地を傷めないためにも中性洗剤を選びましょう。ただし、冬に用いるタイプのパットが入ったシーツを洗う場合には、水の流れの弱い手洗いコースで洗濯することをします。

洗濯する前には必ず洗濯表示を確認し、使用できる洗濯洗剤と洗い方について確認してから洗濯機に入れましょう。

洗濯ネットを使いましょう

シーツは大きさがあるため、洗濯機に入れて洗濯する場合には、洗濯ネットに入れてから洗いましょう。ベッドシーツを洗濯機に直接入れて洗濯してしまうと、シーツが洗濯槽の中にひっかかってしまい、洗濯機の故障の原因となる場合があります。

また、洗濯槽にひっかかってしまうことにより、シーツの生地が破れてしまったり、傷んでしまうことも考えられます。それを防ぐためにも別途シーツを洗濯する前には洗濯ネットに入れてからお洗濯をして下さい。

ベッドシーツの干し方

ベッドシーツはなるべく風通しの良いところに干しましょう。また、直射日光が当たると生地を痛めてしまい、シーツの色が変色してしまうことも考えられます。そのためシーツを干す時には、なるべく風通しの良いところに陰干しをすることをします。

また、ベッドシーツは大きいため、乾きやすいよう工夫をしましょう。例えば、竿を2本使って シーツがM字になるように乾かすと、生地に風が通りやすく乾かしやすくなります。

もしも物干し竿がないという場合にはハンガーを使いましょう。ハンガーを数本使って、その中にシーツを通し、空気が通るように工夫をすれば、シーツをまんべんなく乾かすことができます。

布団シーツ

一般的には、布団シーツの洗濯頻度は月に一度という方が最も多くいらっしゃいます。ですが、季節にもよりますが、布団のシーツを洗濯する場合には、月に一回では清潔とは言えません。そのため、布団シーツを洗濯する場合にも、週に一回は洗濯するよう心がけましょう。

週に一度が無理な場合でも、月に2回から3回はを洗濯するよう心がけてください。また、季節やお天気によっては、お布団のシーツが乾き切らない場合もありますので、彼のシーツを数枚程度用意しておきましょう。そのほか、敷きパッドを使うことにより、洗濯頻度を減らすことができます。

敷きパッドは外し方も簡単で、ベッドシーツや布団シーツに比べ小さいため洗いやすく、気軽に洗濯することができます。

次のページ:ダニ対策のためのシーツの洗濯の頻度

初回公開日:2018年03月28日

記載されている内容は2018年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests