Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月15日

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

日本人の洗濯頻度は外国人に比べ高くありません。ですが、シーツは毎日使う寝具でもありますので、なるべく清潔に保ちましょう。シーツは理想としては1週間に2回程度がおすすめですが、あまり頻繁に洗濯できないという方の場合でも1週間に1回はお洗濯しましょう。

シーツの洗濯の頻度

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

シーツにはいろいろな種類があります。例えばベッド シーツや布団シーツ、枕カバーといった毎日使うものはこまめに洗濯をして清潔を保ちましょう。シーツやカバンは、汗や頭皮からはがれ落ちた皮膚といった汚れが多く付いています。

また、人は1日におよそコップ一杯ぶんの寝汗をかきますので、ダニの温床となるのを防ぐためにも、洗濯頻度はなるべくこまめに洗っておきましょう。

ベッドシーツを洗うには?

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

ベッドシーツは大きいものですので、なかなか洗濯をするのが面倒なものでもあります。ですが、人は1日におよそコップ一杯ぶんもの寝汗をかきます。

また、直接肌に触れるものでもありますので、頭皮からはがれ落ちたフケや汗が付着することにより、ダニの温床となってしまう場合があります。それでは次にベッドシーツはどの程度の頻度で洗うのが良いかについてお話ししましょう。

ベッドシーツの洗濯頻度

ベッドシーツは大きさがあるため、洗濯機に洗う場合にはほかのものと一緒に洗濯できない場合があります。また、目に見えてはっきりとわかる汚れが付いていないとなかなか洗う気分になりません。ですが、毎日使用するものでもありますし、直接肌に触れさせるものでもありますので、なるべくこまめに洗濯をして清潔さを保ちましょう。

また、こまめに洗わないことによって シーツが黄ばんでしまう場合もあります。シーツを洗濯するのであれば、洗濯頻度は週に2回から3回程度が理想ですが、それが無理という方の場合でも洗濯頻度を週に一度または2週間に一度にするよう心がけましょう。

ベッドシーツを洗う際の注意

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

ベッドシーツ洗濯をする場合には、洗濯頻度のほかにも洗濯方法に注意が必要です。毛布を洗う時とは違い手洗いコースにする必要はありません。そのため通常のお洋服を洗う場合の洗濯コースを選び、洗濯しても大丈夫です。

ベッドシーツを洗う場合には、生地を傷めないためにも中性洗剤を選びましょう。ただし、冬に用いるタイプのパットが入ったシーツを洗う場合には、水の流れの弱い手洗いコースで洗濯することをおすすめします。

洗濯する前には必ず洗濯表示を確認し、使用できる洗濯洗剤と洗い方について確認してから洗濯機に入れましょう。

洗濯ネットを使いましょう

シーツは大きさがあるため、洗濯機に入れて洗濯する場合には、洗濯ネットに入れてから洗いましょう。ベッドシーツを洗濯機に直接入れて洗濯してしまうと、シーツが洗濯槽の中にひっかかってしまい、洗濯機の故障の原因となる場合があります。

また、洗濯槽にひっかかってしまうことにより、シーツの生地が破れてしまったり、傷んでしまうことも考えられます。それを防ぐためにも別途シーツを洗濯する前には洗濯ネットに入れてからお洗濯をして下さい。

ベッドシーツの干し方

ベッドシーツはなるべく風通しの良いところに干しましょう。また、直射日光が当たると生地を痛めてしまい、シーツの色が変色してしまうことも考えられます。そのためシーツを干す時には、なるべく風通しの良いところに陰干しをすることをおすすめします。

また、ベッドシーツは大きいため、乾きやすいよう工夫をしましょう。例えば、竿を2本使って シーツがM字になるように乾かすと、生地に風が通りやすく乾かしやすくなります。

もしも物干し竿がないという場合にはハンガーを使いましょう。ハンガーを数本使って、その中にシーツを通し、空気が通るように工夫をすれば、シーツをまんべんなく乾かすことができます。

布団シーツ

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

一般的には、布団シーツの洗濯頻度は月に一度という方が最も多くいらっしゃいます。ですが、季節にもよりますが、布団のシーツを洗濯する場合には、月に一回では清潔とは言えません。そのため、布団シーツを洗濯する場合にも、週に一回は洗濯するよう心がけましょう。

週に一度が無理な場合でも、月に2回から3回はを洗濯するよう心がけてください。また、季節やお天気によっては、お布団のシーツが乾き切らない場合もありますので、彼のシーツを数枚程度用意しておきましょう。そのほか、敷きパッドを使うことにより、洗濯頻度を減らすことができます。

敷きパッドは外し方も簡単で、ベッドシーツや布団シーツに比べ小さいため洗いやすく、気軽に洗濯することができます。

ボックス型の布団シーツの場合

布団シーツは、ボックス型になっている場合もあります。この場合は、生地を裏返してから洗濯ネットに入れお洗濯をしましょう。ボックス型の布団の角には、ほこりがたまりやすくなっていますので、ほこりをとるためにもボックス型の布団シーツの場合は、必ず生地を裏返してから洗濯機に入れて下さい。

ボックス型のシーツの洗濯頻度は、週に一回から2回の目安として下さい。今以上の洗濯頻度を増やさないという方の場合でも、2週間に一度は洗濯をするよう心がけましょう。

敷きパッドの素材による洗濯方法

敷きパッドの場合にも、なるべく生地を傷めないためにも洗濯ネットに入れてから洗濯しましょう。例えば、タオル生地でできた敷きパッドの場合には、なるべく柔軟剤を用いない方が肌触りが良く仕上がります。

柔軟剤は、繊維を堤柔らかく仕上げるためのものですので、タオルの場合はかえって肌触りが悪くなる場合があります。また、タオルの敷きパッドの場合は、生地を傷めないためにも洗濯ネットに入れてから洗濯をして、洗濯コースは手洗いコースにより洗濯することをおすすめします。

枕カバー

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

枕カバーは、頭に直接接触するものですので、最もフケや汗がつきやすいものです。また、体に関してはパジャマを着用しているため、パジャマに汗やはがれ落ちた皮膚が付着しますが、枕の場合は、直接頭が触れるので、その分汗やフケがつきやすいものです。

また、枕カバーはほかのシーツに比べて小さいため、なるべくこまめにお洗濯をしましょう。そのため、枕カバーは、最低でも2日から3日2回はを洗濯をするよう心がけてください。枕カバーに関しても、数枚程度を用意しておき、交互に交換しながら使うとよいでしょう。

除菌スプレーでは洗ったことになりません

最近では除菌スプレーをかけただけで洗濯した気分になっている方もいらっしゃいますが、除菌スプレーでは完全に雑菌を除去することはできません。また、枕カバーの中に入り込んでしまったダニは除菌スプレーで死滅させることができません。清潔さを保つためにも、枕カバーは2日もしくは3日に一度はを洗濯をしましょう。

枕カバーのおすすめの洗濯方法

枕カバーを洗濯するのであれば、洗濯機で丸洗いをしても構いませんが、なるべくであれば浸け置き洗いがおすすめです。その場合は、洗濯表示を確認してから使用してもよい洗剤や洗い方についてチェックをしておきましょう。枕はシーツに比べ黄ばみやシミがつきやすいので、黄ばみやシミをとるためにも浸け置き洗いがおすすめです。

浸け置き洗いをするには、大きめの洗面器や洗面台に30度程度のぬるま湯を張り、そこに中性洗剤を溶かし入れ 30分から1時間程度付けを気にして下さい。浸け置きが寸断とは少し水気を切っておきそのまま洗濯機で洗濯をして下さい。

枕カバーは、加齢臭といったにおいがつきやすいものでもありますので、消臭のためにもなるべく念入りにお洗濯をしましょう。

ダニ対策のためのシーツの洗濯の頻度

ダニは暖かい所を好みます。また、身体から剥がれ落ちた皮膚はダニのエサになります。そのためにも、シーツやまくらカバーといった寝具はなるべくこまめにお洗濯をしましょう。また、ダニは湿気をこのみますので、シーツを洗った後はしっかりと水気を切り、十分に乾燥させる必要があります。

シーツのダニの落し方

シーツは乾燥のさせ方や洗濯の方法によって十分洗いながすことが可能です。ですが、厚手の生地でできたシーツの場合は、洗濯頻度を上げ、より念入りに洗濯する必要があります。通常の シーツであれば、普通にお洗濯をするだけで9割程度ダニを洗い流すことができます。しかし、厚手のシーツの場合には約半分程度しかダニを洗い流すことができません。

ダニは繊維の間に入り込んでしまいますので、その生地によっては洗濯のほかにも乾燥機にかけるといった工夫が必要になります。

ダニは高温で除去する

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

ダニは、50度以上の高温では生きていくことができないため、お洗濯をしてある程度ダニを洗い流した後は、乾燥機にかけダニを死滅させる必要があります。乾燥機を60度程度に設定し、10分程度乾燥機にかけると、ほとんどのダニを死滅させることができます。

また、乾燥機にかけてダニを示させた後は、掃除機を使ってダニの死がいを吸い取っておきましょう。ダニの死がいを残しておくと、その死骸に新たなダニが集まってきてしまいますので、乾燥機にかけただけで安心してしまってはいけません。

ダニを防ぐための洗濯頻度

ダニを防ぐのであれば、洗濯頻度を上げる必要があります。例えば汗をかきやすい方の場合も洗濯頻度を上げ、少なくとも週に一度は洗濯することをおすすめします。

また、洗濯頻度のほかに防ダニ用の洗濯洗剤を用いることを考えの方もいらっしゃいますが、防ダニ用の洗剤はシーツに対してはあまり影響がありません。とはいえ、防ダニ用の洗剤を使用することにより、ダニが寄り付きにくくなるため、オーダーに用の洗剤を購入し用意しておいてもよいでしょう。

ですが、すでにダニが住み着いている場合には、防ダニ用の洗剤を用いてもあまり意味がないということを覚えておきましょう。

海外のシーツの洗濯の頻度

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

海外の方のシーツの洗濯頻度は、日本の方に比べて洗濯頻度が高い方が多くいらっしゃいます。外国の方の洗濯頻度は、主に週に一回という方が多く、それに比べて日本の方の洗濯頻度は月に一回程度とほかの国に比べて洗濯頻度は低いという結果が出ています。きれい好きといわれている日本人ではありますが、日本は湿気が多いため、あまりシーツをこまめに洗うという方は多くありません。

夏のシーツの洗濯の頻度

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

夏は汗を大量に書くため、秋冬よりも洗濯頻度を上げる必要があります。汗を吸ったままのシーツを放置しておくと、何が寄り付きやすくなってしまいます。また、夏場は汗をかき、新陳代謝が上がるため、皮膚からはがれ落ちた垢が シーツについてしまい、それがダニのえさとなり、ダニの温床となってしまいます。

寝具がダニの温床となるにを防ぐためにも、夏場の洗濯頻度は、少なくとも週に一回を目安としましょう。冬場の場合であれば、あまり洗濯頻度を上げられないという方の場合は 2週間に一度でも構いません。

新生児のシーツの洗濯の頻度

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

生まれたばかりの赤ちゃんがいるお宅では、忙しくなかなかを洗濯まで手が回らないという方も多くいらっしゃいます。

そのため、洗濯頻度を抑えておきたいとお考えの方も多くいらっしゃいますが、赤ちゃんを清潔に保った上げるためにも、なるべくこまめにお洗濯をするよう心がけましょう。

赤ちゃんのシーツの洗濯頻度

赤ちゃんのいらっしゃるお宅の洗濯頻度はどの程度を目安にすると良いのでしょうか。赤ちゃんがいらっしゃるお宅の場合の洗濯頻度は、使から3日程度が一般的です。また、それほど洗濯頻度を上げられないという方の場合でも、1週間に一度は洗濯をしておきましょう。

中には2週間から3週間に一度程度の洗濯頻度の方もいらっしゃいますが、赤ちゃんはほとんど布団の上で眠っていることが多いため、赤ちゃんのシーツは大人のシーツに比べ汗を多く含んでいる場合があります。

また、新陳代謝が大人に比べ高いため、あすの量も多く、よだれが付いている場合もあります。また、ミルクを吐き出してしまい汚れが付着する場合がありますので、赤ちゃんのシーツの洗濯頻度は大人よりも頻繁に行う必要があります。

赤ちゃんのシーツの洗濯頻度を抑えるためには?

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

赤ちゃんのシーツとはいえ、シーツの大きさはバスタオルよりも少し大きめのものがほとんどです。また、お天気によっては室内干しにする場合もありますので、その場合はなかなか乾かないと室内のにおいが気になってしまいます。そのためなるべくであれば洗濯頻度を抑えたいところでしょう。

赤ちゃんのシーツの洗濯頻度を抑えるためには、シーツの上にバスタオルやタオルケットを敷いておくことをおすすめします。バスタオルやシーツを敷きパッドの代わりとしてもちいることにより、よだれや汗といった汚れが付くのを防いでくれます。バスタオルやタオルケットであれば、シーツよりも洗濯頻度を上げてもそれほど負担になりません。

また、バスタオルであればお部屋に押すにも場所を取らず、乾きやすいため室内ににおいがこもってしまう心配もありません。

赤ちゃんのよだれを洗いおとすには?

赤ちゃんが眠っているまくらカバーやシーツには汚れが多く付いてしまいます。汚れは、そのままにしておくとしみついてしまい取れなくなってしまいますので、よだれをきれいに洗いおとす方法を覚えておきましょう。

よだれを洗いおとすには、お湯を使って浸け置き洗いにするか、漂白剤を用いますが、赤ちゃんのためにはあまり漂白剤はおすすめしません。赤ちゃんの寝具のよだれを落とすためには、重曹を使いましょう。

よだれが付いてしまった部分に重曹をつけておき、歯ブラシを使ってその汚れた部分をやさしくこすり洗いをすると汚れを落とすことができます。そのあとで通常のお洗濯をして全体の汚れを洗いおとします。

夫婦のシーツの洗濯の頻度

シーツの洗濯の頻度|ダニ対策/海外/新生児/夏/夫婦

ご結婚すると、一人暮らしのころに比べ洗濯ものが多くなり、その分洗濯頻度も高くなります。そのため、なかなかシーツのような大物まで手が回らないという方も少なくありません。それでは、ご夫婦の場合には、どの程度の洗濯頻度で洗濯を行うとよいのでしょう。

ご夫婦でのシーツの洗濯の場合、理想としてはシーツの洗濯頻度は2日から3日に一回が目安です。ですが、それほど洗濯頻度を上げられないという型の場合は1週間に一回程度で構いません。

また、ご夫婦の生活スタイルによっても洗濯頻度は変わります。「絶対にこうでなければいけない」という決まりはありませんが、汗をかきやすい方は、なるべくこまめに洗濯することを心がけましょう。

生活スタイルによる洗濯頻度

例えば夜勤のある方の場合は、なかなかシーツをこまめに洗濯する場合が難しいこともあります。ですがこれは、ご夫婦が協力し合いどちらか後に起床された方がシーツを好感し、洗濯するといった工夫をすることにより、洗濯頻度を上げることができます。特に男性の場合は女性に比べ汗をかきやすいため、なるべくこまめに シーツを洗濯し、清潔さを保ちましょう。

また、2人になることにより洗濯機を回す頻度も上がるため、水道代や電気代が気になるところではありますが、お2人で週に2回から3回洗濯をした場合でも、水道代は3000円程度に抑えられます。寝具は毎日使うものですので、毎日の疲れをとるためにもなるべくこまめにお洗濯をして、快適な睡眠時間を得られるよう心がけましょう。

清潔なシーツで1日の疲れを取りましょう!

シーツは毎日使うものです。その方の生活スタイルによっては、睡眠時間を8時間程度とられる方も多く、特に赤ちゃんの場合は、ほとんどをお布団の上で過ごすことになります。そのため、汗やフケといった汚れがつきやシーツはこまめにお洗濯をすることをおすすめします。

また、寝具はダニが付着しやすいため、洗濯するだけではなく、時々乾燥機にかけるなどダニを死滅させるための工夫が必要です。乾燥機でダニを死滅させた後は、掃除機を使ってダニの死がいを吸い取って、除去しておくことも忘れずに行いましょう。

毎日の疲れを取ってくれる大切な寝具ですので、清潔を保つためにも洗濯頻度を上げる努力をしましょう

←前の記事へ

洗濯物の臭いの対策方法・臭いの取り方・おすすめの洗剤・原因

臭いドラム式洗濯機のメーカー・取り方・掃除方法・対策

Latests