Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月11日

スーツのアイロンのかけ方・おすすめのアイロン・頻度|スチーム

日頃、愛用のスーツへアイロンがけをしていますか。スーツは手入れをしないままですとシワだらけで汚い印象となっていきます。また、新入生や新社会人になる方も多い季節ですので、日頃スーツへアイロンがけをする際の参考としてご覧ください。

スーツにどうやってアイロンをかけるの?

スーツのアイロンのかけ方・おすすめのアイロン・頻度|スチーム

日頃、着用しているスーツは、いろいろなパーツが組み合わさってできている立体的な衣類ですので、各箇所へ適切なアイロンがけをする必要があります。生地やサイズによっても異なりますが、今回は「スーツに最適なアイロンがけのやり方」をご紹介して参ります。ぜひ、参考にして実践してみてください。

シワをとろう!

何と言ってもとくに気になるのがシワです。毎日会社へ着ていくことが多いため、よれてしまったスーツでは身だしなみが整いません。そのため、シワを取り除くアイロンがけのやり方があります。生地を傷めないように、裏側からアイロンを当てるやり方です。これにより、表側の生地が傷みにくく、なおかつシワも簡単に取り除けます。

中でも着込んでしまって大きくついたシワの場合、少し濡らしてから行うとよいです。乾いたままですと綿生地はアイロンがけがしにくいですので、しばらくアイロンがけしていなかったスーツにぜひ実践してみましょう。

スーツのテカリを防ごう!

スーツの表側に長時間熱を加えてしまうと生地がテカってしまいます。生地のテカリはあまりよい印象を与えるものではありません。そのため、表側からアイロンをかける際にはハンカチなどの小さな布を1枚置いて、その上からアイロンをかけましょう。これにより、衣類へ直接熱が加わりませんので、テカリを防ぐことができます。

軽めの小さなシワであれば、アイロンを少し離したところから当てて、手で伸ばすことでシワが取れることがあります。この場合でも直接スーツに熱が加わりませんので、テカってしまうことはありません。やはり、直接アイロンが生地へ当たらないような工夫をすることが最善の方法です。

スチームできれいになるの?

スーツのアイロンのかけ方・おすすめのアイロン・頻度|スチーム

製品によってはスチームが出る機能が付いているアイロンがあります。スチームとは高温の蒸気ですので、スーツのシワを取り除くのに最適な手段です。事前にアイロン内部へ水を入れておくことで、使用する際に温度が上がってスチームとなります。製品の上部にあるボタンを押すことにより随時スチームが出ますので、容易にスーツのシワを取り除くことができます。

スーツをハンガーにかけたままでも、スチームを使ってシワを取り除ける製品もあります。この場合ですと直接アイロンを当てませんので、テカリ防止にもなりますし、短時間で作業を済ませることへも繋がります。ぜひ、最適なアイロンを使ってやってみましょう。

袖はどうやってケアするの?

袖は筒状になっていますので、シワを取り除きにくい箇所の1つです。アイロンをかけると余計な箇所に熱を加えてしまい、むしろシワを作ってしまうということにもなりかねません。そのため、アイロンの先端の細い部分のみを使ってシワを取り除く作業をすることが肝要です。

もしくは、前項のようにハンガーにかけたまま、強力なスチームを使ってシワを取り除く方法もおすすめです。袖のシワを簡単に取り除くには、その方法の方がやりやすい傾向がありますので、初めてスーツへアイロンがけをする場合にはとくにおすすめの方法です。

襟はどうやってケアするの?

襟は折り返されていますので、一見アイロンがけがしにくく感じますが、折り畳まれている襟を広げることで、一枚の生地と同じ形状となります。そのため、作業がしやすくなりますので、どういったスーツでもこの方法がよいでしょう。襟に付いたシワを取り除けたならば、今度は元の形に襟を畳み直し、再度軽く熱を加えておきましょう。

これにより襟元がキリっと立ち上がり、なおかつシワも取れますのできれいな印象となります。気込んでよれてしまった場合、こうしたやり方で実践してみましょう。

インナーはどうやってケアするの?

スーツには裏生地が使われています。こちらは表側よりもシワがつきやすい箇所です。汗もかくため余計にシワが付きやすくなり、経年でシワだらけとなっていきます。そのため、裏側へもアイロンがけをすることが最善です。生地によっては傷んでしまうケースがありますので、小さなハンカチを使って、その上から熱を加えてみましょう。

衣類の表側と裏側がキリっとすることで、着心地が格段に上がります。それにより1日の業務を快適にこなせることへも繋がります。よれたスーツではなく、こうした綺麗な身なりで働くことで、一層と素敵な業務をこなせることでしょう。

スーツのパンツにはどうやってアイロンをかけるの?

スーツのアイロンのかけ方・おすすめのアイロン・頻度|スチーム

スーツのパンツにもアイロンがけが必須です。上着よりもシワが付きやすい衣類ですので、定期的に手入れする必要があります。パンツの形状によってもそのやり方に違いがあります。どういったパンツでも対応できますので、それぞれご紹介して参りましょう。ぜひ、パンツも忘れずにアイロンがけを実践してください。

スーツのプリーツに注意!

スーツのパンツにはプリーツというラインが入っています。これにより着用時にシワが付きにくくなったり、引き締まって見えるといった効果があります。プリーツが消えてしまってヨレヨレのパンツではだらしなく見えてしまいますので、キリっとしたラインを入れる必要があります。

まずプリーツに沿ってパンツを畳みましょう。次に片足ずつアイロンをかけていきます。この際にもテカリが出ないように、ハンカチやバンダナなどの布を一枚挟んでおきましょう。そして、プリーツがくっきりと入るまでしっかりと熱を加えましょう。両足共に同じように行うことで、とてもキリっとした印象のパンツになります。

タックをきれいにしよう!

パンツはタックといって、腰回りにひだ状のデザインが入っているものもあります。ここもきれいなラインが出ていることで、一層とおしゃれな雰囲気が出ます。そのため、こちらのタックが消えかかってしまったパンツにもアイロンをかけましょう。やはり、ハンカチなどを1枚挟んでから熱を加えることで、きれいなタックが蘇ります。

スーツは上下共にキリっとラインが決まっていなければ、だらしない印象となってしまいます。仕事やプライベートでも活用するパンツですので、常にキリっとした出で立ちでいることで周囲からの心象も変わってくることでしょう。

ダブルのパンツはどうやってアイロンがけするの?

スーツのパンツにはダブルというスタイルのものがあります。こちらは裾が折り返されたスタイルで、とても紳士的な印象をかもし出すスタイルです。ですが、こちらも時間経過により、きれいなラインが消えていきます。そうなるとだらしないパンツとなってしまいます。

プリーツやタックへアイロンがけをしたついでに、パンツの裾もキリっとさせておきましょう。この場合もプリーツラインで折り畳み、裾へ圧力をかけながらアイロンを押し当てます。生地が厚い箇所ですので、しばらくそのままの状態で熱を加えましょう。これにより、とてもきれいなダブルの裾が復活します。ぜひ試してみてください。

シングルのパンツはどうやってアイロンがけするの?

シングルの裾でも同じように定期的に裾にアイロンをかけましょう。スーツのパンツの裾は、常時靴と擦れますので、どうしてもシワが付きやすい部分です。そのためシングルの裾へもアイロンをかけることで、とてもきれいな裾が復活します。

ダブルの裾と同じようにプリーツに沿って折ってから、片足ずつ丁寧に熱を加えていきましょう。ダブルの裾よりも生地が薄いですので、比較的簡単にかけやすいパンツです。しばらくスーツにアイロンをかけていなかった方は、この機会にぜひ手入れしてみましょう。着心地もよくなり、清々しい気持ちで出かけることができます。

スーツにおすすめのアイロンをご紹介!

スーツのアイロンのかけ方・おすすめのアイロン・頻度|スチーム

自分でスーツにアイロンをかける場合、おすすめのアイロンがあります。アイロンの底面は、素材によって使い心地がまったく異なります。主にセラミック製はすべりがよく、少ない力でも衣類をきれいにすることができますのでおすすめです。

またチタン製はすべりやすくて使いやすい上、低コストなのが魅力ですのでおすすめです。さらにフッ素製のアイロンは、より低価格で購入できますが、使っている最中にすべりにくいといったことがデメリットと言えます。いろいろな素材を試してみるのも家事を楽しめるポイントですので、ぜひ各種の製品を試してみてください。

おすすめのアイロン板をご紹介!

スーツのアイロンのかけ方・おすすめのアイロン・頻度|スチーム

立ったまま作業できるタイプもありますので、身長に合わせてに高さを調節ができるので、老若男女問わずに便利に使うことができます。中には椅子も付属する製品もあり、長時間の作業をしても疲れない特徴もありますのでおすすめできます。

もしくは、座ったままの姿勢で使う卓上型のタイプもあります。台に脚がついているタイプやついていない平置きタイプの2つがあります。部屋の床に置いたり、机の上に置いたり、自分の作業しやすい場所でじっくりと作業できますので、いずれもおすすめできます。

部屋のスペースや身長、収納場所に合わせた使い勝手を選んで、家事を楽しみながら行えますので、ぜひスーツの手入れをしてみましょう。

スーツにアイロンをかけるときの温度はどれくらい?

アイロンには温度調整できる製品があります。細かに調整できるものから「低」「中」「高」といった3段階調整のみの製品があります。洗濯表示タグに「高」と表示されている衣類の場合、1番高い温度となります。その温度は約180℃~210℃ありますので、最適な素材は綿や麻が該当します。

洗濯表示が「中」と表示されている衣類の場合、約140℃~160℃が適温です。この場合ですと向いている素材はレーヨン、ウール、絹、ナイロン、キュプラ、ポリエステルなどが挙げられます。

洗濯表示に「低」と表示されているもの場合、温度は約80℃~120℃ありますので、最適な素材はアクリル、アセレート、ポリウレタンが挙げられます。 ツマミで温度調整する製品の場合、それぞれの温度にしてから各衣類の手入れをしましょう。

生地によって適温が違うの?

ご紹介した最適な温度を間違ってしまうと、場合によっては生地を傷めてしまいます。中には溶けてしまったり、焦げ付いてしまうこともあります。スーツをはじめ、すべての衣類には必ずタグが付いており、そちらに最適な温度や素材が明記されています。やみくもに手入れするのではなく、事前にチェックしてから手入れすることが最善と言えます。

そして、必ずハンカチなどの薄い布を1枚間に挟んでから熱を加えることが重要なポイントです。これにより、多少温度が高いままでも衣類を痛めてしまうことがありません。

霧吹きを使うときれいになるの?

スーツのアイロンのかけ方・おすすめのアイロン・頻度|スチーム

衣類へアイロンをかける際、ただ熱を加えるだけではシワはとれません。作業しながらも、衣類へ直接霧吹きで水をかけましょう。これによりシワがとりやすくなりますので、手入れ時間の短縮へもつながります。とくに深くついてしまったシワへは有効的な方法です。


アイロンによっては、水が内蔵できる製品がありますので、そうした場合は適宜その機能を活用することで衣類に付いたシワがきれいにとれます。しばらく手入れしていなかった衣類がある場合、とても簡単に作業できますので、この機会にぜひきれいにしてみませんか。

スーツにアイロンをかける頻度はどれくらいがいい?

スーツへどの程度の頻度で手入れをすることが望ましいのかご紹介いたしましょう。職業によってもスーツのよれ具合は異なってきます。また、サイズや素材によってもシワの付き方や付く頻度が異なります。

中でもよく動く職業であれば、どうしてもそれ相応にスーツにシワが付きやすくなります。その反面で、あまり動かない職業もありますので、それぞれのスーツに対する手入れ頻度をご紹介して参ります。

営業マンの場合は?

1日中外回りで働く営業マンという仕事があります。こちらの場合、常に動きながら働くこととなるため、やはりスーツへのシワも付きやすい傾向があります。また、営業マンですと身なりをきちっとしておくことも重要なことですので、スーツへの手入れ頻度は高い方が望ましいです。

週に1~2回ほどスーツの手入れをすることがおすすめです。深く付いてしまったシワは、簡単にとれなくなりますので、早目のケアが必須の職業と言えます。とくに、これから暑くなる季節の中ですと臭いを放つ可能性もありますので、定期的なクリーニングも必須です。ぜひ、こまめな手入れをしましょう。

室内職の場合は?

室内で働く事務職や受付などがあります。こちらの場合ですと外出したり大きな動きがありませんので、営業職ほどスーツへシワが付きません。そのため、半月に1~2回ほどの手入れをしておきましょう。暑い時期でも汗をかきにくい職業ですので、衣類が大きなダメージを受ける傾向は低くなります。

1日の大半を椅子に座ったまま働く方の場合、やはりパンツやスカートへのシワが目立ってきます。同じ姿勢で働くこととなりますので、どうしてもシワが目立ちます。そのため、とくにパンツやスカートへのアイロンがけを重点的に行うことがおすすめです。これにより、いつでもきりっとした服装で仕事に臨むことができますので、よい1日が過ごせることでしょう。

クリーニング店に依頼する場合とは?

スーツの手入れが苦手な方も多いことでしょう。「忙しい時間の合間で面倒な手入れ」をしたくない方も大勢います。そのため、クリーニング店を活用することも1つの方法です。アイロンをかけて、むしろシワを付けてしまったり、生地をテカらせてしまうとせっかくの手入れでも意味がありません。

プロが行うケアを頼ることも重要なことですので、スーツの手入れが苦手だったり、面倒な場合はクリーニング店に依頼しましょう。

どれくらいの日数がかかるの?

クリーニング店へスーツの手入れを依頼すると、おおむね2日~7日ほどできれいになって戻ってきます。スピードを売りにしているクリーニング店もありますので、急いできれいにしたい場合は、そうしたお店に依頼しましょう。

汚れ具合など各状態にもよりますが、数日で戻ってくることが多いですので、スーツを着用する行程がある場合、余裕を持ってクリーニング店へ依頼しましょう。DIYで行うよりもとてもきれいな状態となって戻ってきますので、さらに着心地がよくなります。

価格はどれくらいなの?

スーツをクリーニング店に出した場合、相場として上下1着で約1,000円ほどの価格となっています。チェーン店であればさらに低価格な場合もありますし、手間暇をより一層かけて行う高級なクリーニング店まであります。簡易的にクリーニングするのであれば、低価格のお店でもよいでしょう。

ただし高級ブランドのスーツをクリーニング店に出す場合、専門で扱うクリーニング店に依頼することをおすすめいたします。脂汚れなどの落ちにくいものでもきれいにクリーニングしてくれますので、価格は3,000円ほどからで種類や状態によっては数万円かかるケースもありますので、クリーニング店へ相談してみましょう。

きれいなスーツで素敵な1日を過ごそう!

今回は、「スーツへアイロンがけする方法」を中心としてご紹介して参りました。入学や入社する機会が多い時期ですので、常にきれいな服装でいることでとてもよい印象となります。また、きれいな服装をすることで気持ちも晴れやかとなり、爽やかな気持ちで学業や仕事に打ち込むことができます。

DIYでも慣れてしまうと、10分かからずに1着の手入れが完了しますので、定期的な手入れをしておきましょう。衣類を定期的にケアすることで長持ちすることへもつながりますので、ぜひこの機会に愛用の1着をきれいにしてみませんか。

Latests