Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月28日

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

日頃、ズボンを洗ってからどのような干し方をしていますか?ズボンとひとくちに言っても、色々な種類があります。今回は、各・ズボンに対する「干し方のポイント」を中心としてご紹介しています。主婦や独り暮らしの方でも簡単にできますので、ぜひ試してみてください!

ズボンの洗い方とは?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

ズボンには洗い方があります。お気に入りの1本であれば、それなりの方法を必要とします。また、穿き方によっても洗い方が異なります。たとえば、毎日穿くものと、月に数回しか穿かないものとでは扱い方も異なります。

簡単な洗い方であれば、他の洗濯物と混ぜて一緒に洗ってしまっても良いでしょう。ですが、思い入れのある1本であれば、そうした洗い方は避けるほうが良いです。ズボンには、それぞれ異なった生地を使っています。そのため、全てを同じような手法で洗濯することはおすすめいたしません。

今回は、そんなズボンの洗い方や干し方をメインにご紹介して参ります。ぜひ、試してみてください。

スーツの場合は?

スーツを家庭で洗濯するする場合、一番気を付ける点が「シワ」です。仕事で穿くことが多いですので、やはり、シワだらけでは清潔感がありません。そのため、プリーツに沿って折りたたんでから洗濯します。

しっかりと綺麗に折りたたんだら、洗濯ネットに入れます。あとは、一般的な水洗いを行います。ネットに入れることで、余計なシワが付かないように洗うことができます。そして、洗い終えたら良く乾かしてから、アイロンをかけましょう。

やはり、スーツを家庭で洗濯するには、少し手間がかかります。シワが付かないように洗うには、経験も必要となります。失敗を繰り返してしまうようであれば、クリーニング店に依頼する方が手間が省けますが、この機会に1度家庭で洗ってみることも良いでしょう。

デニムの場合は?

お気に入りのデニムパンツを洗濯するには、スーツとはまた異なる点があります。それは、色落ちや縮み具合です。大事に穿いていたデニムパンツの「色が一気に落ちてしまう」という惨事も起こります。

まずは、裏返して水洗いをしましょう。これにより、おおむねの汚れが落ちます。一般的な洗濯用洗剤を使って洗うと、インディゴが落ちてしまいます。ですので、インディゴ用の洗濯洗剤を使いましょう。これにより、色落ちを最小限度に抑えることができます。

不安がある場合は、ある程度の汚れを「ぬるま湯の中で手洗い」をしてから洗濯機を使いましょう。これにより、洗濯機で洗う際も洗剤を入れず、ほとんどの汚れが落ちてしまいます。

ズボンはネットに入れた方がいいの?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

大事な1着を洗濯機で洗うのであれば、洗濯用ネットに入れましょう。これにより、ダメージを最小限に抑えながらも綺麗にすることができます。洗濯機を使うと、あの小さな中で何度も回転しながら擦れていきます。そのため、生地が弱っていたり、ホツレている場合では破れてしまったり、切れてしまうことがあります。面倒でもネットに入れてから洗濯することが望ましいことです。

混ぜて洗ってもいいの?

色が薄いズボンの場合、単体で洗うことをおすすめいたします。仮に他の衣類と一緒に洗ってしまうと、濃い衣類の色が薄い衣類へ移ってしまうことがあります。色が移ってしまっても良い衣類であれば、他のものと混ぜて洗ってしまっても良いですが、やはり1着ずつ洗濯することが最善です。

ズボンの干し方のポイントとは?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

次は干し方が重要となります。干し方次第では、シワが寄らずに綺麗な仕上がりとなります。無造作に干していれば、やはり、仕上がりも無造作となります。大事な1本のズボンであれば、それ相応に大切に干すことが重要です。

「乾燥機に入れて乾燥」という方法もありますが、ものによってはあまりおすすめできません。やはり、生地が縮んでしまうことがあり、乾燥後に穿けなくなってしまったというケースがあります。ズボンの生地によってもそれぞれ最適な干す方法があります。それぞれご紹介して参りますので、参考としてください。

スーツの場合は?

スーツの場合、生地が薄いですので陰干しでも乾きやすいです。天気が良い晴れた日に、なるべく直射日光が当たらない位置に干しましょう。冬物のスーツでも数時間あれば乾きます。直射日光に当てた干し方を繰り返してしまうと、大事なスーツが変色してしまいます。

スーツは上下色が揃っていて、はじめてきれいなセットアップとなります。ですので、ズボンだけ色が薄くなってしまうと、会社へも穿いていきにくくなってしまいます。洗うのであれば上下揃って洗濯することが最善です。そして、洗い方が難しく感じるならば、やはりクリーニング店に依頼をしましょう。

デニムの場合は?

デニムパンツの場合、やはり、色落ちも重要なポイントです。併せてサイズの縮みが気になることでしょう。最善な干し方は裏返すことです。裏返したまま、天日干しをしましょう。これにより、穿き込んだデニムパンツでも汚れがきれいに落ちて、嫌な臭いも除去できます。

仮に穴が開いたデニムパンツを干す場合、穴が余計に広がらないように縫ったり、リペアをしてから洗濯し、その後、こういった方法で干すことが一番のおすすめです。このような方法をしていれば、大事なデニムパンツでも「長年穿き続ける」ことができますのでおすすめです。

ズボンの乾燥は天日干しがいいの?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

本来、洗濯物は日光に当てて乾燥させることが望ましいです。それにより、雑菌を除去する効果もあり、なおかつ、生地の内部までしっかりと乾燥させることができます。特に気温が低い時期ですと、天日干しする方が格段に乾きやすくなります。ですが、先のようにズボンの種類によっては日焼けをしてしまい、色落ちしてしまうことがあります。

天日干しにより、生地の強度が蘇ったり、異臭が除去できるという効果がありますので、穿き込んだズボンの干し方としては有効な方法ということが言えます。

陰干しの注意点とは?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

反対に陰干しで干すやり方ですが、季節によっては乾きづらい状況です。ひどい場合、半日以上経過しても「まだ乾燥していない」といったことも起こります。ですので、陰干しする場合、よく風がとおる場所に干すことが有効的な干し方です。

また、ズボンはポケットのある部分に厚みがあるので、そうした生地の厚みによっても、干し方を変えることで短時間の乾燥が可能となります。「全体へ風がとおり抜ける」ことができるような干し方をすれば、さらに短い時間で乾きます。

湿度と関係するの?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

ズボンの干し方で重要なポイントは湿度も影響する点です。洗濯物は、湿度が低い方が乾きやすいです。湿度とは、空気中に含まれている水分量のことを差していますので、濡れたズボンの乾燥時間にも大きく影響します。特に梅雨時には、ズボンに限らず乾きにくい季節と言えます。

そうした湿度の高い日に干す場合は、なるべく日中までに干しておくことが肝要です。日差しがある時間帯では、陰干しする場合でも湿度が低い状況となります。そのため、湿度が高い日の干し方を把握しておくことで、短時間で洗濯物を乾燥させることができます。これから梅雨が始りますので、ぜひ頭の片隅に入れておきましょう。

洗う時期はいつがいいの?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

ズボンに最適な洗濯の時期は、やはり暖かい季節です。直射日光があまり強くない季節が一番良いシーズンと言えます。真夏の直射日光はとても強く、短時間で乾燥しますが、ズボンの生地にとっては良い影響がありません。とはいえ、洗わないということができませんので、先のようなコツを取り入れた洗濯をしてから行う干し方が重要です。

寒い時期でもコツを踏まえた干し方をすれば、短時間での乾燥も可能です。やはり、日差しが出ている時間帯に陰干しをすることが重要です。

便利な干し方ができる「おすすめのハンガー」とは?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

ズボンを綺麗に干すには、最適な方法があります。ズボン用のハンガーがあり、そちらを使うことで簡単・綺麗に干すことができます。それは、洗濯バサミが付いたハンガーです。ハンガーの下部に2つの洗濯バサミが付いています。そこに、ズボンを挟んで行う干し方が一番乾きやすい方法です。

「デニム生地などで厚く重たいズボン」でも、こちらを使うことで容易な干し方が可能となります。天日干しや陰干し、部屋干しなどでも有効に活用できるハンガーです。物干しざおを使うと、どうしてもズボンが重なってしまう箇所が生じます。ですが、こうした便利なハンガーを用いることでズボンが乾燥しやすくなります。

干すには洗濯ばさみが必要なの?

便利なハンガーがない場合でも、家庭内にあるハンガーで代用ができます。なるべく太目のハンガーを使うことが必須ですが、併せて洗濯バサミを用意します。洗濯バサミで、吊るすようにしてハンガーにくくり付けます。これにより、専用のハンガーと同じ様な干し方ができます。

いろいろな干し方がありますが、やはり「全面に風通しよくなる状態」がベストです。複数のズボンを洗濯して干す場合、こうした方法でたくさんの洗濯物を短時間で乾燥させることができますので、とてもおすすめです。

洗濯後のズボンの干し方とは?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

洗濯が終わったズボンは速やかに干すことが一番です。たとえば、洗濯機で洗った後、放っておいたりすれば、臭いの元となります。衣類は「濡れたまま放置していると雑菌を繁殖」してしまいます。そうなると嫌な臭いを発してしまい、着心地がとても悪くなります。

最良の干し方は、洗濯後速やかに干すということが何よりも一番良い方法です。特にズボンは生地が厚いものも多く、速やかな乾燥ができなければ、生地も傷み、雑菌臭を生じます。

逆さにする干し方があるの?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

ズボンの干し方で一番有効なので、逆さにして行う干し方です。ズボンの腰の部分を物干しざおやハンガーにかけて行う干し方ですと、短時間で乾燥しにくい傾向があります。やはり、腰の部分には厚い生地が重なるポイントが多いためです。

短時間での乾燥を望むのであれば、足側を天に向けて行う干し方が一番効率が良いです。両足を広げて吊るすことで、風のとおりが良くなり、より一層と乾燥しやすい状況ができます。生地の厚さに関わらず、どういったズボンでも同じことが言えます。ぜひ、逆さで行う干し方をしてみましょう。きっと、せわしない家事の手間も短時間で終えることができるでしょう。

裏返しにする干し方があるの?

他にも有効な干し方は、やはり「裏返す」方法です。ズボンは裏側にポケットの袋が多数あります。表向きですと、ポケットの袋が乾きにくいです。そのため、特にポケットが多いパンツの場合、裏返すことでさらに乾燥時間が短縮できます。

さらには、裏返すことで「破れている箇所・生地が傷んでいる箇所」のリペアも可能となります。こうしたポイントにおいても、利便性がある干し方ということが言えます。ぜひ、次の洗濯時には裏返した状態で乾燥させてみましょう。

子供のズボンの干し方とは?

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

子供用のズボンではどういった干し方がベストでしょうか。おすすめの干し方をご紹介して参りましょう。子供用ですと、サイズが小さいために重量も軽い製品が多いです。大人用のものですと、洗った後は水を含んでいますので、重量がかさんでいます。子供用であれば、一般的な「複数の洗濯バサミが付いた用具」に吊るした干し方がベストです。

子供用であれば、水分を含んでいてもそれほど重量はかさみません。ですので、一般的な衣類と同じ干し方がおすすめです。これにより、風にまんべんなく当てて乾かすことができます。物干しざおですと固定されてしまいますが、こうした干し方が実際は一番有効的です。子供用であれば複数のズボンを吊るして乾燥できますので、風で落ちてしまうことがありません。

お子さんが多い家庭では、こうした干し方をすればスペースを有効活用できますので、特におすすめできます。ぜひ、試してみてください。

しわにならない干し方があるの?

小さな子供は動きが激しく、丈夫な製品でもシワ、汚れ、傷が付きやすいです。そのため、そのまま洗濯してしまうと、よりダメージが大きくなってしまいます。そのため、洗濯ネットにたたんでから洗濯機で洗うのが最善です。

その後、パンツの縫い目に沿って吊るして干しましょう。これにより、乾燥後のシワが付きにくくなります。こうした縫い目を気にせず行う方法ですと、縦横無尽にシワが付いてしまうことがあります。必ず吊るす前にしっかりと叩き、全体のシワをある程度伸ばしてから行いましょう。

綺麗に干したズボンで1日中快適に過ごそう!

ズボンの干し方・おすすめのハンガーとしわにならい干し方

今回は「パンツ製品を干す方法」を中心としてご紹介して参りました。パンツ類は男女共に愛用する頻度が高い衣類です。便利な反面、汚れが付きやすい衣類とも言えます。ですが、仕事や生活サイクルの中、綺麗に洗濯されたパンツスタイルを楽しむことはとても気持ち良いことです。

1日の始まりとして足をとおす衣類ですので、清々しい気持ちで着用したい方も多いことでしょう。そのためには、今回ご紹介した内容を実践することをおすすめいたします。今回の内容は、ヨレヨレのパンツスタイルよりも、キリっとした雰囲気を醸し出せる小技ですので、ご家庭でも簡単に実践できます。

←前の記事へ

フリースの洗濯方法・臭いの取り方・おすすめの柔軟剤|ふわふわ

洗濯物の部屋干しの臭いの対策方法・おすすめの洗剤・取る方法

Latests