Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月15日

会社のスローガン集・例文・年間スローガンの作り方

会社のスローガンは、社員のやる気に直結しますし、お客様に対しても良いアピールをすることになります。ですので、単なるお題目ではなく、相手の心に響くようなスローガンを作りましょう。そのために、まずは優れた会社のスローガンを学び、真似することも大事です。

記事サムネイル

会社のスローガン集

四字熟語のスローガン

「温故知新」:IT化やグローバル化など、会社を取り巻く環境は昔とは様変わりしています。しかし、これまで蓄積してきた経験や知識はおろそかにしてはいけません。そのことを思い出させてくれるのにふさわしいスローガンが「温故知新」です。新しいからといっていろんなことに飛びつく前に、まずは先人の知恵や会社が積み上げてきたことを振り返るべきです。

「切磋琢磨」:会社で働くためには、チームワークが大事です。社員同士で足を引っ張り合ったり、非協力的であれば業績が伸びるわけがありません。そうではなく、お互いライバルとして切磋琢磨しあうことが必要です。また、同僚の出世や手柄に惑わされず、個人個人の実力を高めるという意味もあります。

「百折不撓」:「ひゃくせつふとう」と読みます。何度失敗しても、諦めることなく挑戦するという意味です。経営難や業績不振に陥ったときでも、くじけずに再びがんばっていこうという時に効果があります。似たスローガンに「七転八起」・「不撓不屈」があります。

「初志貫徹」:最初に決めた「志」を最後まで貫き通すことです。会社の規模が大きくなって組織が複雑になってくると、最初の志から外れてしまうこともあります。このスローガンで本来あるべき経営を思い出す効果があります。

英文のスローガン

「A Promise for Life」:100年以上も医療・健康の分野で活躍するアメリカのアボット社のスローガンです。「Life」には生活や人生という意味があります。「Promise」つまり約束という言葉には、大切なお客様の日常生活や一生を左右する医薬品などを扱っているという責任感と誇りを感じさせます。

「Innovation for Customers」:各社がイノベーションを競い合う時代です。ライバル会社に負けないようにイノベーションすることも大事ですが、それよりもまず大事なのはお客様が望むイノベーションを行うことです。この日東電工のスローガンからはその姿勢が感じられます。

「It’s everywhere you want to be.」:直訳すると「それはあなたが行きたいところにいつもいる」となります。どこの会社のスローガンかお分かりでしょうか?これはVISAのスローガンです。そのままの意味ですが、この会社にとっては大事なことです。

有名な会社のスローガンの例文

誰もが一度は聞いたことがある、有名な会社のスローガンを例文としてあげます。これらを学ぶことで、自社の年間スローガンを作る参考になるでしょう。

「一瞬も一生も美しく」:化粧品業界の老舗会社、資生堂のスローガンです。今日の見た目も、将来の美しさも実現したいという女性の心をうまくとらえています。このスローガンが嘘であれば、資生堂が今も業界トップクラスの会社にいるわけがありません。会社全体でこのスローガンを実現している証拠でしょう。

「お口の恋人」:お菓子を恋人に例えているのがとてもうまい、お菓子会社ロッテのスローガンです。これが「お口の家族」だと、ロッテが新商品を出したときに簡単に変えられませんが、恋人なら多少は浮気しても許されるという意図もあります。

「真っ向サービス」:日本郵政公社設立に伴って作られたスローガンです。とてもシンプルですが、やる気が伝わってきます。あまり凝ったスローガンよりも伝わりやすさ、わかりやすさでは優れています。

業種別の会社のスローガン

製造業のスローガン

「目の付けどころがシャープでしょ」:長年、株式会社SHARPで使われてきたスローガンです。鋭いという意味と社名とをかけて、会社の商品開発力が優れていることをアピールしています。でも、「でしょ」という親しみを込めた呼びかけなので、とげとげしさがありません。

「Think different」:他の会社と同じ事をやっていたら、製造業としてナンバーワンにはなれません。常に違った発想が革新的なアイディアにつながるのです。このスローガンはApple社のものですが、創業者スティーブン・ジョブズ氏の信念がそのまま会社のスローガンになっています。

「あったらいいな、を形にする」:小林製薬株式会社には、「ブランド憲章」と呼ばれるものがあります。これは、徹底したお客様視点を実現するために、会社のトップからグループ企業の現場担当者まで徹底的に議論して作り上げられたものです。このスローガンは、ブランド憲章の言葉をそのまま使っています。

工場などのスローガン

「指差し呼称で安全確認」:工場では、一瞬のミスが大惨事につながってしまうこともあります。そんなミスを防ぐために、指さし確認が効果的です。でも、つい作業に慣れてしまうと忘れてしまいがちです。指さし確認を含め、作業の基本を日々確認するためのスローガンは、事故防止はもちろん勤労意欲の向上にもつながります。

「注意一秒、ケガ一生」:道路標識などで有名なフレーズですが、工場のスローガンにそのまま当てはまります。労働安全衛生法などで安全基準や衛星基準が定められていますが、うっかりして一生残るケガを負ってしまうことにもなりかねません。特に危険な現場や危険物を扱う工場では大事です。

「納期よりも安全」:不況が続き、経費削減や人員削減をする会社も少なくないのが実情です。しかし、無理な労働環境で納期を厳しく設定して大きな事故が起こることほどマイナスなことはありません。まずは安全が一番大事ということを、スローガンで徹底することで事故の大半は防げます。

かっこいい会社のスローガン

トピック1010192/要素1565450
どうせスローガンを作るなら、かっこいいスローガンを作りたいものです。ありきたりではなく、会社の個性を打ち出すスローガンを作っている企業の例をいくつかピックアップしました。

「Grace, space, pace」:ジャガーは独自のセンスの良さを持つ、車好きにはたまらない会社です。このスローガンは、ジャガー創立時の理念である「Grace(優雅さ)」「Pace(速さ)」「Space(広さ)」の3つがそのまま使われています。会社の特徴をそのままスローガンにしていて、スマートでかっこよく決まっています。

「Inspire the Next」:語感がかっこいい日立のスローガンです。新しい伊吹を吹き込む、というような意味です。なにかと暗いニュースや不景気が叫ばれる中、元気よく希望を持って生きていこうと呼びかけるような、将来性をアピールした言葉です。

「フォー・ビューティフル・ヒューマンライフ」:コマーシャルで耳について離れないフレーズです。美しい人生のために、という意味のカネボウのこのスローガンは、当時多くの人が口ずさみました。人類全体という意味もこのスローガンには備わっているようです。

会社の年間スローガンの作り方

トピック1010192/要素1565415

ターゲットを明確にする

他の会社のスローガンを参考にしながら、いよいよ会社の年間スローガンを作ってみましょう。ただし、まず第一に考えるのは、ターゲットの明確化です。ただかっこいいからとか、語呂がいいからという理由でスローガンを作っても意味がありません。

お客様に対してのスローガンであれば、どんな年齢層か、誰に使ってほしいのかなどを絞り込みましょう。社内向けのスローガンであれば、従業員の心に響くように作ることが大切です。

会社の理念を元にスローガンを作る

ターゲットがはっきりしたら、次にあなたの会社が訴えかけたい理念を考えましょう。会社の理念がはっきりしていたら、会社が困ったときその理念に戻って考える拠り所になります。会社によって理念は様々でしょうが、その理念に反する年間スローガンを作っても、従業員は戸惑うばかりでしょう。

理念は会社の行動の基準でもあります。スローガンは、それをよりわかりやすくかみくだいた表現にしたものと考えても良いでしょう。実際に会社のスローガンには、経営理念や社訓・憲章などに使われている言葉をそのまま使っていることも多いです。

例)小林製薬の「あったらいいな、を形にする」

会社の方針をスローガンにする方法・コツ

トピック1010192/要素1567723

お客様目線のスローガンにすること

会社がスローガンを作る時に陥りがちな失敗は、「会社目線」で作ってしまうことです。会社の理念や方針は、お客様の満足を得るためのものです。ですので、必ず「お客様目線」のスローガンを作りましょう。

その意味で、スローガンと数値目標とは違います。会社の売り上げ目標や、部門ごとの営業成績目標をそのままスローガンにするのは、会社目線のスローガンの典型例です。下手をするとセクショナリズムに陥ってしまいます。そうではなく、お客様に貢献するにはどうすればよいのか、という視点をもつのがコツです。

例えば、ライオンの「おはようからおやすみまで、暮らしに夢を広げる」は、お客様の生活に寄り添うようにというメッセージがこもったスローガンです。日用品メーカーのライオンなので、お客様の生活シーンを思い浮かべながら、自社の製品がどう役に立つかをイメージし、そのイメージを言葉にすることで上手なスローガンが作れます。

環境問題など社会的責任に配慮する

現在の会社は、コンプライアンスに社会的責任が含まれるようになってきています。環境問題や社会貢献、メセナ活動などを行うことが常識とされているのです。これは、かつて会社の利益を上げるために環境を簡単に破壊したり、劣悪な労働環境で働かせるなどした負の歴史の反省からです。

ですので、スローガンに社会に対しての責任を果たしていることを盛り込むのがコツです。「エコ」や「幸福」などの言葉を適度に入れると、より優れたスローガンになります。

未来のビジョンをイメージさせる

上記の環境問題への配慮も含め、会社が社会の未来、そしてお客様の未来を見据えている内容を含んだスローガンにしましょう。「未来」「明日」などの言葉を直接スローガンに入れるのも効果的ですし、言葉の意味で間接的に未来のビジョンがイメージできるようにしても良いです。

資生堂のスローガンで「一瞬も 一生も 美しく」を取り上げましたが、これなどは今だけでなく数年後、数十年後まで考えられていますし、お客様が根強いファンにもなってくれることでしょう。

みんなが納得するスローガン作り

トピック1010192/要素1567748
多くの優れた会社のスローガンも参考にしながら、お客様目線で効果の高いスローガンの作り方をご紹介しました。最後にとても大事なポイントを挙げます。それは「みんなが納得する」ことです。

社長からの押しつけや、上司が勝手に作ったものでは納得がいかないこともあるでしょう。それでは社員の主体性にはつながりませんし、お客様に貢献することにもつながりにくいです。たたき台は社長や重役が作っても良いですが、それをたたき台に議論する、またはスローガンを公募しても良いでしょう。

Related