Search

検索したいワードを入力してください

ビジネスメールで使える「ご多忙」とは?意味やシーン別例文も紹介

更新日:2022年12月19日

ビジネスメールなどで「ご多忙」という言葉を見たことがある方は多いのではないでしょうか。本記事では、「ご多忙」の意味や使い方、シーン別の例文を紹介していきます。「ご多忙」という言葉の意味や使い方が、よくわかっていないという方はぜひ参考にしてください。

「ご多忙の中」の言い換え・類語

次は、「ご多忙の中」の言い換え・類語について紹介していきます。「ご多忙の中」という表現を何度も使用してしまうと、文面に違和感が出てしまいます。

また、語彙が少ない印象を与えてしまうこともあるでしょう。そうしたことを防ぐためにも、この機会に、言い換えや類語表現を覚えてみてください。

お忙しいところ

「お忙しいところ」は、「忙しいとき」「多忙の中」という意味があります。「ご多忙の中」と同じ意味を持っている表現です。

「お忙しいところ」は、相手が忙しい状況であることを慮る際に使います。相手が忙しいときに何か要望や依頼を出すとき「お忙しいところ申し訳ありませんが」とクッション言葉として使う形が多いでしょう。

また、相手が時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちを「お忙しいところありがとうございました」という使い方もできます。

恐縮ですが

「恐縮ですが」は、申し訳なく身が縮むような感情を表す表現です。ビジネスシーンでは、相手に何か頼む際、申し訳ない気持ちを表すために「恐縮ですが~をよろしくお願いいたします」という形で使うことが多いでしょう。

「ご多忙の中」は「とても忙しい」というニュアンスがありますが、「恐縮ですが」には忙しいという意味はありません。しかし、相手に配慮するクッション言葉という点で、言い換えて使えるでしょう。

お手数をおかけしますが

「お手数をおかけしますが」は、「面倒な内容を負担させて申し訳ない」と、「手間を取らせてしまいますがよろしくお願いします」などの意味で使われる表現です。自分のために相手の時間を使わせてしまう、という状況で使うことが多いでしょう。

「お手数をおかけしますが」も、「忙しい」という意味はありませんが、相手への配慮を表すクッション言葉として、「ご多忙の中」の言い換え表現として活用できます。

「ご多忙」の英語表現は?

最後に、「ご多忙」の英語表現を紹介していきます。海外とやり取りしている仕事の場合は、英語表現も一緒に覚えておくと良いでしょう。英語表現の「ご多忙」も上手に使いこなして、英文でのビジネスメールをスムーズに作成してみてください。

「busy」を使わず「bother」「trouble」にする

「忙しい」は、英語で「busy」ですが、「ご多忙の中~」という文面では「busy」は使いません。「ご多忙」と伝える場合は、「わざわざ」「煩わせる」という意味の「bother」や、「面倒をかける」という意味の「trouble」を用いるようにしましょう。

ビジネスメールの文章に「ご多忙」を上手に取り入れてみよう

仕事では、相手も忙しい状況にいることが考えられるため、「非常に忙しい」という意味の「ご多忙」という言葉を使う場面は少なくないでしょう。特にビジネスメールでは使う機会が多いでしょう。

本記事の例文などを参考に、ビジネスメールの文章に「ご多忙」を上手に取り入れてみてください。

初回公開日:2017年10月02日

記載されている内容は2022年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests