Search

検索したいワードを入力してください

内示とは・内示の種類2タイプ|異動内示・発注内示の方法など

更新日:2022年06月27日

「内示」とは「内々に示すこと」です。人事異動の内示がよく知られていますが、その他にも内示発注、物流における内示と様々な内示が存在します。内示書は、内々に示した非公式の文書ですが、非公式でありながら重要な書類です。それぞれの内示の意味や効力を紹介します。

相互信頼

内示発注は、正式契約とみなされることもありますが、形式的には非公式な物です。内示発注の撤回によって、トラブルが発生することも少なくありません。

そのため、内示発注を行う際は、受発注双方で「内示発注」という意味を共有できていなければなりません。

発注側と受注側で「ほぼ確定情報」として扱うか、あくまでも「内示」という予定にすぎないのか約束ができており、約束を撤回しない信頼関係が必要となります。

迅速性

発注の確定から納期まで期間がなく、どうしても不確定情報を出さざるをえないときに、「内示発注」が行われます。

発注の決済がおりるまで、時間がかかってしまい、納期に間に合う発注ができないというのは、あくまでも発注側の都合なので、受注側に不利益を与えない確証が必要になります。

発注側の迅速性を求めるあまり、受注側に不利益が発生する危険性は排除しなければなりません。

先行性

内示発注はあくまでも確定発注に先行して行われるもので、確定発注とあまり期間的差異がないのであれば、意味を成しません。

生産管理では、内示発注の時期と確定発注の時期は明確に決められており、この期間は受発注側双方で合意が得られている物です。

正確性

内示発注がどれだけ確定発注の近い数値になるかは、計画次第の部分もあり、企業によって設定値は異なります。

内示発注の数量から、確定発注の数量が決定するまでに大きな増減がある可能性もあります。増減値が大きい場合は、納期調整などの影響が出る可能性もあります。

内示の意味と重要性をよく理解する

人事に関する内示も、発注などの契約に関する内示も、単に「予定」として扱うとトラブルのもととなります。

内示は、ほぼ確定の情報として取り扱われ、安易に撤回すると賠償問題に発展する危険性もあります。

「内示」という制度のもつ重要性をきちんと理解し、間違いのないように取り扱うよう注意しましょう。

内示でミステイクしないために

内示の取り扱いでミスをしないために、以下のリンク記事も参考になります。内示については、内示を出す側と受ける側双方が同じ意識である必要があります。

コミュニケーションを強化する意味でも、内示を伝達した後、「内示」の意味についても双方で確認しあうのがベストです。

もし、内示で転勤になった場合は手当が出る場合があるのでチェックしておきましょう。

ビジネスや情報管理に強いWORK SUCCESSというメディアの転勤に関する諸手当について解説した記事で詳しく解説されています。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか?

じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。

「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」

そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

初回公開日:2017年08月13日

記載されている内容は2017年08月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests