Search

検索したいワードを入力してください

「以後気をつけます 」の使い方とは|類語や例文もあわせて紹介

更新日:2022年06月22日

「以後気をつけます」と言う際、気を付けることや類語はご存知でしょうか。本記事では、「以後気をつけます」の色々な言い換え方から、「留意いたします」との違いについてなどを紹介します。「以後気をつけます」の使い方について疑問があれば、是非チェックしてみて下さい。

「お客様に「以後気をつけます」は使える?」
「以後気をつけます」と似たような言葉にはどんなものがあるの?」
「英語で「以後気をつけます」と同じ意味の言葉が知りたい!」
このように、「以後気をつけます」の使い方について疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、「以後気をつけます」の意味や敬語表現に加え、使い方について例文を用いて紹介しています。

この記事を読むことで、「以後気をつけます」を使う際に必要な知識とシチュエーションについて把握できます。その知識をもとに適切な使い方ができるようになるため、「以後気をつけます」の使い所について疑問がある方でも失礼のない使い方ができるようになるでしょう。

「以後気をつけます」の使い方について疑問や不安がある方は、是非この記事をチェックしてみて下さい。

「以後気をつけます」の意味

日常生活の中で耳にすることはあっても、いざ自分が言おうと思ったら使い所がわからず躊躇してしまう言葉はないでしょうか。今回は「以後気をつけます」について紹介します。

「以後気をつけます」とは「これから先」を表す「以後」と、「注意を払う」を表す「気をつける」を合わせた言葉で、「これからは気をつけます」といった意味があります。

「以後気をつけます」の使い方や例文

上司や取引先、同僚など相手を選ばず広く使える「以後気をつけます」という言葉は、実際に起こり得るトラブルに対してどのような使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは、「以後気をつけます」の使い方について例文を交えて紹介します。

お客様に納期が遅れたことを指摘されたとき

どんな事情であれ納期が遅れることはあってはなりません。それでも、予期せぬ出来事が起こることで納期が遅れてしまうこともあるでしょう。

まずは「指摘してもらったことへの感謝」を伝え、それから「納期が遅れてしまったこと」や「同じ過ちを繰り返さないための改善策」について以下の例文のように提示しましょう。

「この度は納期が遅れた件についてご指摘いただきありがとうございます。また、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。これからは納期が遅れることのないよう管理体制の改善を徹底し、以後気をつけます。」

上司から誤字を指摘されたとき

誤字を減らすことはできても完全になくすことは難しいため、誰にでも起こり得る失敗のひとつです。それが上司といった社内の人間からの指摘だった場合は、成長するきっかけだと前向きに考えましょう。

上司から誤字を指摘されたときは、以下の例文のように素直に謝罪とお礼の気持ちを伝えて同じ間違いをしないように心がけましょう。

「今回は初歩的なミスをご教授いただいたおかげで誤字に気づけましたことを大変感謝しています。また、文字に誤りがございましたこと、誠に申し訳ございませんでした。このようなことがないように以後気をつけます。」

「以後気をつけます」を使うときの注意点

敬語の中でも丁寧語に分類される「以後気をつけます」は、使う相手を選ばない使い勝手の良さが特徴です。それだけに反省の色が見えづらかったり、軽く受け止められてしまったりといった一面もあります。

反省や謝罪の気持ちを分かりやすく伝えるためには、場合によって言葉を言い換えて表現する必要があるでしょう。

「以後気をつけます」の類語

反省の度合いが伝わりにくい「以後気をつけます」は、別の言葉に言い換えて気持ちを表現しましょう。そのためには、類語を活用すると気持ちをストレートに伝えられるでしょう。

ここでは、「以後気をつけます」の類語について紹介します。

注意いたします

相手を問わず使える丁寧語の「以後気をつけます」と、自分をへりくだって使う謙譲語の「注意いたします」を比較した場合、ビジネスシーンでは「注意いたします」の方がより丁重な意味合いになります。

意味はどちらもよく似ているため、多くのビジネスシーンで共通した使い方ができますが、社内の人間に対しては「注意いたします」の方が望ましいでしょう。

猛省しております

次のページ:「以後気をつけます」の敬語表現

初回公開日:2017年07月11日

記載されている内容は2017年07月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests