Search

検索したいワードを入力してください

「感謝の意を表する」の意味・例文|感謝の意を含む他の言葉の意味

更新日:2022年07月27日

「感謝の意」というのはどういう意味なのか、一体どういう時にどういう場面で使うのが正しいのか、正しく使うことでどういうメリットがあり、使えないことでどういうデメリットがあるのか、実際に「感謝の意」を実行するにはどうすればいいのかを今回紹介します。

丁寧な言葉で感謝を伝えたいけど、どのような表現を使えばいいかわからないことはありませんか。また、感謝の意という言葉は知っているけど、正しい意味や使い方がわからないこともあるでしょう。

本記事では、感謝の意の意味と使い方を紹介し、感謝の意のあとに続く動詞についても例文を交えて紹介しています。似た意味を持つ四字熟語や英語表現についても紹介しているため、感謝の意という言葉の理解が深まるでしょう。

この記事を読むことで、感謝の意の正しい意味と使い方を把握できます。それぞれの言い回しの違いも例文を交えて把握できるため、適切なシーンで感謝の意を使えるようになるでしょう。

感謝の意について詳しく知りたいと思っている人は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

「感謝の意」の意味は?

「感謝の意」は、ありがたいと感じている思い、という意味です。「かんしゃのい」と読みます。感謝の意は、単体では使われません。実際に使用されるときは、感謝の意のあとに「込める」「表す」「伝える」などの動詞が続きます。

感謝にはありがたく感じるという意味があることから、感謝の意は「ありがとうございます」「感謝しています」とほとんど同じ意味と使い方をする言葉です。ただ感謝の意には、丁寧でお堅いニュアンスが含まれていることを覚えておきましょう。

「感謝の意」の使い方

ここでは、「感謝の意」の使い方をシーン別に紹介します。感謝の意は、感謝を伝えるときに使う表現ですが、丁寧でお堅いニュアンスが含まれているため、日常の中で使われることは少ない言い回しです。感謝の意が使われるシーンを把握して、正しく使える様にしましょう。

ビジネスシーンで目上に使う場合

「感謝の意」は、目上の人に感謝を伝えるときに使いましょう。感謝の意は、ありがたい気持ちを表す丁寧な言い回しです。上司や取引先など目上の人へ、感謝を伝えるために使います。

口頭で使うには少々堅苦しい言い回しのため、注意が必要です。その場合は、「感謝の気持ち」と言い換えましょう。スピーチなど、お堅い言葉が求められている場では、感謝の意でも問題ありません。

メールや文章で使う場合

「感謝の意」は、メールや文章で感謝を伝えるときに使える言い回しです。口頭で使うには堅苦しいですが、メールや文章で使う場合は、相手に丁寧な印象を与えられるでしょう。

例文としては、「日頃の感謝の意を込めて」「社長への感謝の意を表して」と使います。「ありがとうございます」や「感謝しています」といった言い回しよりも、丁寧で深く感謝している様子を相手へ伝えられるでしょう。

「感謝の意」の例文

ここでは、「感謝の意」と一緒に使われる言い回しを紹介します。感謝の意は、単体使われることはなく、必ずあとに動詞が続く言葉です。あとに続く動詞によって、それぞれの意味合いが変わります。感謝の意の例文を把握して、正しい文脈で使えるようになりましょう。

感謝の意を込めて

「感謝の意を込めて」は、あとに続く内容に感謝の気持ちを込めるという意味の表現です。そのため、感謝の意を込めてのあとには、必ず行動を意味する言葉が入ります。例文としては、「感謝の意を込めて、賞状を送ります」のように使います。

授賞式など、お堅い場面で使われることが多い表現です。例外として、手紙の終わりに「〇〇より感謝を込めて」と書いて、詩的に感謝を伝える使い方もあります。

感謝の意を表す

「感謝の意を表す」は、感謝の気持ちを相手に伝える意味がある定番の表現です。感謝の意のあとには、さまざまな動詞が続きます。その中でも、「表す」は感謝の意のあとに使われやすい言い回しです。

例文としては、「日頃のご尽力に感謝の意を表します」のように使います。感謝の意を表すは、人やモノ、行動などが感謝を伝える対象に入っていることが特徴です。

感謝の意を伝える

「感謝の意を伝える」は、「感謝の意を表す」とほとんど同じ意味と使い方の表現です。感謝の意を伝えるは、感謝の意を表すよりもややカジュアルな言い回しのため、仕事関係で親密度が高い相手に向かって使われます。

例文としては、「〇〇さんに感謝の意を伝える」のように使います。ただし、感謝の意を表すは人やモノ、行動に対して使えますが、感謝の意を伝えるは人に対してしか使えない点を覚えておきましょう。

次のページ:関連する四字熟語

初回公開日:2017年07月18日

記載されている内容は2017年07月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests