Search

検索したいワードを入力してください

「経験を積む」の意味と使い方

更新日:2022年07月18日

皆さんが日常的に使う「経験を積む」という言葉、当たり前に使う言葉だからこそしっかり理解したい言葉です。今回はその言葉の意味や類義語・用法を理解し、その先では「経験を積む」為には何が必要なのかをここでは確認していきます。

ここまで、「経験を積む」という言葉を理解してきましたが、言葉を理解する事よりも、もちろん実際に「経験を積む」事が大切です。

ここまで読み進めてきた皆さんならお判りかと思いますが、「経験を積む」為に必要な事は、「実際に触れる」事です。写真や絵でなく「自分の目で見る」、他人が体感した事の話を聞くのではなく「自分で体感する」事が経験を積むことになります。

100枚の「食べ物が無くて飢えに苦しむ子供」の写真をみて飢餓の現状を知る事よりも、現地に行ってその空気や匂いや生の声や握った手のぬくもりを通して体感した事は何より経験として根付くでしょう。

まず一歩踏み出す事

では、「実際に触れる」ためには何をすれば良いのでしょう。それは、「一歩踏み出す」事です。誰しも新しい事を経験することには少なからずストレスがあります。それを乗り越えて初めて新しい経験をする事ができます。

「こうしてみたらどうなるんだろう?」「あぁこうするとこうなるんだ。」などひとつひとつが経験です。小さな赤ちゃんにとって大切なことも実は経験を積むことです。尖ったものを触って痛い思いをするのも経験、転んで頭を打つのも経験、犬を触ろうとしたらガブッと噛みつかれるのも経験。ひとつひとつが大切な事です。

では大人だとどうでしょう。「こうすると、こうなるんじゃないか?」という今までの「経験」からくる予測がつき過ぎて、一歩踏み出せない事が次の経験を妨げます。不確定な要素が少しでもあるのならば「一歩踏み出す」「まずやってみる」の精神が大切です。それが、「経験を積む」事の入口でなるはずです。この記事をきっかけに一歩踏み出す事にチャレンジしてみてください。

初回公開日:2017年07月13日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests