Search

検索したいワードを入力してください

相違ありませんの意味と使い方・ビジネスでの例文

更新日:2022年10月18日

「相違ありません」と「違いありません」は同じように感じますが、何が違うのか、皆さんはご存知でしょうか。今回は数ある敬語の中から、「相違ありません」という言葉について、ビジネスシーンに合わせて意味や使い方、敬語表現についてご紹介してまいります。

ビジネスマンとして敬語は必要不可欠

ビジネスシーンにおいて、たとえば相手の方から確認された内容について「合っていますよ」「間違いありませんよ」と伝える場合、皆さんはどのようにお伝えしますか?

「合っております」
「間違いありません」
「相違ありません」
「違いありません」

少し考えただけでも上記のようにさまざまな表現がありますが、「合っております」や「間違いありません」は、間違っていませんが強い印象や関係性が近しい場合に使われる印象があります。とすると目上の人や取引先、営業先の方との会話の中で使うのであれば、どの表現が正しいのでしょうか。

そもそも「相違ありません」と「違いありません」は同じように感じますが、何が違うのか、皆さんはご存知でしょうか。そこでまずは「相違ありません」の意味や使い方について、ご説明いたします。

「相違ありません」の意味と使い方

「相違ありません」の意味とは

元の言葉である「相違ない」とは、大辞林第三版によると「~に違いない」「きっと~だろう」という意味と、「支障がない」「無事だ」という2つの意味を持っています。

そもそも「相違」とは二つのものの間に違いがあることを指しますので、「二つのものの間に違いがある」=相違+否定語「ない」で、二つのものの間に違いはないということを表しています。そこから、相違ないということは「間違いがない」「確実である」とされています。

「相違ありません」の使い方

上記の意味から、「相違ありません」を使う場合とは、たとえば商品Aと商品Bなどの物理的な二つを比べた際に、二つに違いがない場合に「商品Aと商品Bの性能には相違ありません」などと使われます。また物理的な場合のほかにも、「この内容は間違いない」という意味で、「この内容に相違ありません」というように表現することもあります。

「違いありません」との違いとは

「相違ない」とは、間違いがない、確実である、という場合に使います。それに対して「違いない」とは、事実であることが確認されていない場合であっても、「間違いない」と独断的に断言する場合などでも使われます。

したがって、確実な証拠などがあってその事実に間違いがない、確実であるとされる場合に「相違ない」と使います。

◎「相違ない」
間違いがない、確実である場合に使う

◎「違いない」
事実であることが確認されていない場合であっても、「間違いない」と独断的に断言する場合にも使われる

「相違ありません」の敬語表現とは

インターネットが身近なものになったことで、メールのやり取りやSNSなど、昨今では気軽に相手とコミュニケーションをとることができるようになりました。しかし同時に気軽に他人とつながることができる世になったことで、相手との距離感の取り方や、ビジネス敬語を上手に使えない人が増えているといいます。

社会人として、ビジネス敬語は基本中の基本であり、本来は必要不可欠なスキルですので、ぜひとも正しい敬語を身につけたいものです。そこで今回は数ある敬語の中から、「相違ありません」という言葉について、ビジネスシーンに合わせての意味や使い方、敬語表現についてご紹介してまいります。

では「相違ありません」はどのように敬語表現にすればいいのでしょうか。それは、「ありません」という表現を敬語に直すと「ございません」となりますので、「相違ありません」の敬語は「相違ございません」となります。

フォーマルな席やビジネスシーンの上では、「相違ありません」よりも「相違ございません」の方がしっくりくることもありますので、その時の状況に合わせて「相違ありません」と「相違ございません」を使い分けていくと良いでしょう。

「相違ありません」という表現を使ったとしてもけっして失礼にはなりませんが、「ありません」は、日本語として間違ってはいないものの、とても強い印象や冷たい、突っぱねるような印象を与えてしまいます。他にも「すみません」「いいえ」などの言葉も同様です。そのため、多くの場面で失礼にあたることがあり、フォーマルな席やビジネスシーンでそのまま使うことは好ましくないとされています。

そのため、正しい敬語を身につけたい場合には、このような表現を使う際には必ず適切な敬語に直して使うことに気をつけましょう。

「ございません」の注意点

次のページ:ビジネスにおける「相違ありません」を伝える文例

初回公開日:2017年08月03日

記載されている内容は2017年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests