Search

検索したいワードを入力してください

「貴院」「御院」の意味と読み方|書き/話し言葉の敬称12コ

更新日:2022年07月05日

病院の呼び名で使われる「貴院」と「御院」正しい使い方はご存知ですか。どんな時に貴院を使うのか、貴院の使い方について学びましょう。病院関係に就職を考える人が役立つ面接のポイントもあわせてご紹介します。貴院の正しい使い方を知って面接突破を目指しましょう。

「貴院」「御院」の読み方・意味

就職活動の時に欠かせない履歴書で、相手の会社の事を「貴社」と書きます。口頭では御社と呼びますが、全ての就職先に当てはまる言い方ではありません。例えば、司法書士事務所では、文書では「貴所」や「貴事務所」、口頭では「御所」と呼びます。

同様に、病院のことは「貴院」「貴病院」という言葉を使用します。今回は、この「貴院」の使用の仕方についてご紹介していきます。

「貴院」は「きいん」

履歴書や願書などで、相手の病院に対し「貴院」と使用します。これは「きいん」と読み、相手を尊敬しているということを伝えることのできる表現です。

この「貴院」という表現は、一般的には文書のみで使用される表現になります。口頭で相手の病院のことを言いたいときには、後述する「御院」を使用します。

「御院」は「おんいん」

ビジネスでは「貴」や「御」を使用することが多いですが、口頭で伝えるときは基本的には「御」を使用するのがベターです。つまり、口頭で相手の病院を表したいときには「貴院」ではなく「御院(おんいん)」となります。

「院」のつく機関・組織の敬称

「貴院」「御院」など、なぜこのような使い分けがされるようになったのでしょうか。

それは、「貴社」と言いたいとき、「きしゃ」には記者・汽車など、さまざまな漢字が当てはまり、口頭では分かりにくいため、口頭の場合は「御」を付けるように浸透していきました。

この使い分けは、ビジネスの上で使用することが多いので、ぜひ覚えておきましょう。

書き言葉の病院・クリニックの敬称6コ

病院の他にも、クリニック・医療法人など、さまざまな施設があります。その場合も、「貴院」が当てはまるのでしょうか。

実は、医療施設でも、病院以外は「貴院」とは言わず、それぞれの施設ごとに書き方を変えていかなければなりません。

まずは、履歴書や願書で使用する書き方を、病院・クリニック・医療法人・診療所・施設に分け、どのように表現するのが適切なのか解説していきます。

病院

まずは、先ほど説明した病院の言い表し方から説明していきます。医療法において、「病院」とは医療機関の機能別区分のうちの一つで、病床数20床以上の入院施設(病棟)を持つものを指します。

比較的大きな医療機関のことを指す病院ですが、「貴院」「御院」以外の言い表し方はあるのでしょうか?確認していきましょう。

敬称1:貴院

病院については前述したとおり、文書においては「貴院(きいん)」と記載するのが一般的と言えるでしょう。

また「貴院」の他にも、「貴病院(きびょういん)」と言い表すこともあります。

例文:「貴院におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。」
「地域の中核を担う貴院で、看護師として経験を活かしていきたいと考え、志望いたしました。」

敬称2:御院

次のページ:クリニック

初回公開日:2017年09月04日

記載されている内容は2017年09月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests