Search

検索したいワードを入力してください

間違いも多い「相違ございません」の意味と使い方

更新日:2023年10月26日

「相違ございません」とは「相違ない」という意味の尊敬語です。尊敬語とは目上の人を敬う言葉であり、ビジネスの場面で頻繁に使われます。今回は「相違ございません」の意味と使い方を、例文を交えて詳しくお伝えします。丁寧語についてもご紹介しましょう。

わかりやすい言い方を考える

「相違ございません」はどういう意味なのか、どういう場面で使われるのかということを紹介してきましたが、「相違」という言葉そのものが難解なので、誰にでもわかる言葉に置き換えて考えると簡単でしょう。

例えば「明日は晴れるに相違ないね」と雨上がりの夕方、同僚と会話しているとします。この場合、「明日は晴れるに違いないね」、「きっと明日は晴れるに決まってるよ」という言葉に置き換えても、伝えたい意味は同じ「明日は晴れるかもしれない」という期待です。

言いたいことを伝えたい人に真っ直ぐに届けるということは、当然のことです。ですが、大変難しいことでしょう。それを理解した上で、伝えたい人に伝えたいことを伝えるという行為は、努力する価値のあることといえるでしょう。

スマートな判断でやんわりと対応

「相違ございません」という言葉は、わかりにくい言葉、曖昧な言葉と言えるでしょう。ですから、「相違ございません」という言葉を間違って使っている人に遭遇したとしても、即座に否定することはお勧めできません。

言葉はコミュニケーションの一つです。伝えたいことを誤解されずに伝えることが言葉の使命です。そして、相手が何を伝えたいか、何を理解してほしいと思っているのかと考えることも、社会人としての大人の使命と言えるでしょう。

もし、「相違ございません」という言葉が間違って使われている場面に遭遇したときは、やんわりとスマートに状況判断して、相手を傷つけずに相手の伝えたいことを考え、答えられる対応が望ましいでしょう。

初回公開日:2017年10月05日

記載されている内容は2017年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests