Search

検索したいワードを入力してください

「信条」の意味3つ|信条の例6つ・似ている言葉3つ

更新日:2022年07月05日

堅く信じて守っている行動である「信条」、一言で表現するのは案外難しい事ではないでしょうか。この記事では、信条や信念やモットーの違いから、人に伝える方法、面接での回答の仕方など詳しく紹介します。自分自身の「信条」の見つけ方を参考にして人生をより豊かにしましょう。

信条とは

「信条」の意味には「堅く信じて守っていること」「信仰における教義」「キリスト教会において、教理を要約して教会により権威付けられた条文」とあります。面接などのシーンでよく使われる「信条」ですが、明確な意味を理解することで、より正しい場面で使うことができます。

会話の流れによっては、相手の意図する意味と違う内容を答えてしまう場合もありますので、ここでは正しい意味や例文を詳しく解説します。

1 堅く信じて守っている事柄。「独立自尊が私の信条だ」

2 信仰の箇条。教義。「信条を守る」

3 キリスト教会において、その信仰告白を基準化したもの。使徒信条・ニカヤ信条・アタナシウス信条などがある。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/114538/meaning/m0u/ |

読み方

「信条」は「しんじょう」と読みます。小説などで使われる場合には、「ドグマ」「クレド」とふりがなを振っている作品もあります。作品の意図をくんだ意味でルビをふるので、正式な読み方にはなりません。

「ドグマ」とは、ギリシャ語が由来しており公的機関の政治的な決定、その他哲学でも使われます。また宗教の分野でも使われることがあります。

「クレド」とはラテン語が由来で、従業員が会社で心がけるべきものを表します。

人の編(あ)みし法律ではない、其(その)作りし制度ではない、社会の習慣ではない、教会の教条(ドグマ)ではない

出典: http://mukyokai.holy.jp/index.php?%E5%86%85%E6%9D%91%E9%9... |

信条の意味3つ

「信条」の意味は「信じていること」と「宗教上の教義」という2つの意味合いがあります。

信条とは目的を達成するためにあるものであり、そのため強制力は強い場合が多く、実行に移すことが求められる意味合いです。

似た言葉に信念がありますが、信念はただ強く思い、信じていることだけですが、「信条」はさらに強く思い実行すべきもの、というニュアンスが含まれます。

意味1:信じていること

1つ目の意味は「堅く信じて守っている行動、信じていること」で、「信条」行動と言われることもあります。単なる理想ではなく達成実行するための具体的な方針が決まっており、強制力がより強くなる場合もあります。

学校や会社で「信条」と使う場合には、生徒や社員が守るべき行動規範を表していることもあり、その場合には必ず守るべき行動が求められます。個人で使う時には、必ず行動に移していることを「信条」と呼びます。

意味2:信仰の教義

2つ目の意味は、キリスト教などの宗教における信仰における教えを意味しています。宗教によっては、聖書などの文献を使いながら教義を理解し、それを信じて行くものもありますし、口頭伝承によって伝えられていくものもあります。

意味3:信仰を基準にしたもの

3つ目の意味は、信仰する宗教の教義をもとにした、信者が守るべき行動などを明文化したものが挙げられます。宗教における信仰をする上で必要な教えを理解し、それを元にどう行動するかが考えられ、実行されています。

信条の例6つ

「信条」のビジネスシーンで使える使用例を6つ紹介します。「信条」を使う場合には、必ず実行している、行動が伴っているものとして使います。

ただ信じている、日頃から考えているだけでは「信念」の意味になりますので、その区別に注意して使うようにしましょう。

特にビジネスで使うと説得力が増したり、信頼感を与えられる信条になりますので、面接などにも参考になるでしょう。

次のページ:信条の類義語

初回公開日:2017年10月06日

記載されている内容は2017年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests