Search

検索したいワードを入力してください

「チョイス」の意味と使い方5パターン|「セレクト」「チューズ」との違い

初回公開日:2018年01月15日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2018年01月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「チョイス」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。よく見かける「チョイス」ですが、「チョイス」は間違った使い方をされやすい言葉です。正しく「チョイス」を使うために、ここでは「チョイス」の意味や使い方・類義語などを紹介していきます。

「チョイス」とは

チョイスという言葉は、英語の「choice」からきたもので、選択・選択する・選ぶなどの意味があります。自分の選択したものを紹介したりする際などに使うので、覚えておくといいでしょう。

英語と日本語での違い

日本語として浸透している「チョイス」ですが、この「チョイス」は、英語の「choice」とは、意味・役割に違いがあります。2つの言葉の違いをご紹介していきます。

・日本語の「チョイス」の役割は、「名詞または動詞」
・英語の「choice」の役割は、「名詞のみ」


という点です。この2つの言葉の違いを覚えておきましょう。

チョイス(choice)の使い方

「チョイス」という言葉の使い方として、5つのパターンをご紹介していきます。実際の会話としてのイメージもしやすくなると思うので、ぜひ使い方を参考にしてみてください。

使い方1:彼のチョイスする言葉

「彼の言葉のチョイスは、独特で非常におもしろい」というふうに、チョイスはよく「言葉のチョイス」という言い回しでも使われます。選んだ言葉が素敵な人を褒める言葉として「言葉のチョイスが良い」と使うといいでしょう。

使い方2:彼女がチョイスした本

「彼女がチョイスした本や映画のストーリーは、想像以上の展開に発展していくので面白い」といった感じに使われることもあります。いい作品を選ぶ人に対して使うので、この使い方も覚えておきましょう。

使い方3:あの時のチョイス

「あの時のチョイスは最高だったよ!」と過去の選んだ方法が良かったことを報告する際にも使います。チョイスという言葉は選んだすべての事に対して使えるので、いろんなシーンで使えます。

使い方4:お店をチョイスする

「彼がチョイスするお店は、評判が良いお店ばかりです」というふうに「チョイス」は「チョイスする」という形で使われることが多いです。選ぶ=チョイスするという意味なので、多用できます。

使い方5:チョイスできない

「私にはこんなジャンルをチョイスできない」と否定的な文章の場合でも使用できます。選べないという文章を上手に「チョイスできない」と言い換えて、ぜひ使ってみましょう。

チョイスなどのカタカナ語は日本には多く、本来の意味を知らずに使っている人も多いです。しっかりと正しい意味を理解した上で使えば、どんな場面でも適応できるので一冊持っておくといいでしょう。

マスコミも、政治家も、カタカナ語満載のこのごろ。追いついていけません。この本は文庫で、1ページに一つのカタカナ語があり、直訳と、どんなときにどんな意味合いで使用されるかが書かれており、なあるほどと納得してしまいます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%99%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%8... |

チョイスと似た言葉

チョイスに似た「セレクト」「チューズ」「ピックアップ」という3つの言葉の違いについてもご紹介します。似た言葉なので言い換え表現としても知っておくと便利でしょう。

セレクト(select)

Latests