Search

検索したいワードを入力してください

「滞る」の意味と使い方・例文・類語・敬語・対義語|ビジネス

初回公開日:2018年06月01日

更新日:2020年05月27日

記載されている内容は2018年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「滞る(とどこおる)」という言葉は日常やビジネスの場面で耳にすることはありませんか。本記事では「滞る」の意味と使い方を、例文を用いて紹介していきます。類語・敬語・対義語なども紹介していくので「滞る」という言葉の言い回し、使い方をしっかりとマスターしてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「滞る」の意味と使い方とは?

「滞る」という字を書いて「とどこおる」と読みます。少し難しい言葉ですが、この言葉を使うこと耳にすることが日常で出てくることもあるでしょう。本記事では「滞る」という言葉について意味と使い方・例文・類語・敬語・対義語についてなど紹介していきます。

「滞る」という言葉はビジネスでも用いられるシーンがあるのでこの言葉の使い方や意味はしっかりと把握しておきましょう。まずはじめに「滞る」の意味を紹介します。

停滞する

「滞る」という言葉には、物事が順調に進まない様子や停滞するという意味を持っています。例えば、計画的にやろうと思っていたことが思うように進まない時などに「作業が滞ってしまった(作業が停滞してしまった)」という使い方や、「滞った空気を循環させる(停滞した空気)を循環させる」という、部屋の中に溜まっているよどんだ空気という表現の使い方をします。

延滞する

「滞る」という言葉には、支払うべき金が増えてしまうこと、家賃などの払うべき期日の支払いを期日になっても行わない、延滞を表す意味もあります。「クレジットカードの支払いが滞る」(支払いが延滞する)、「授業料が滞る」(授業料が延滞する)という使い方です。

ためらいがちな性格

「滞る」という言葉にはためらいがちな性格を表す意味もあります。作者、紫式部によって平安時代に作られた源氏物語・賢木の巻では「何事にかはとどこほり給(たま)はむ」という文章が使われています。これは「何をためらったりなさろうものか」という役になり「とどこほり(滞り)」というのがためらいがちな性格という意味にあたります。

「滞る」のビジネスでの使い方とは?

「滞る」のビジネスでの使い方にはどのようなものがあるでしょうか。ビジネスとして滞るという言葉を使うとすると「客先で時間をとられ会社への連絡が遅れて滞る」「アンケートの回答が増えていないため、データの収集が滞る」「本日は予定が大幅に遅れているため業務が滞るおそれがあります」などです。

ビジネスとして「滞る」という言葉は、何か事件があり予想していた事態よりも停滞して思うように結果が残せないだろう、という意味として用いることがあります。また「滞ることなく手続きを進めたい」など、最初に停滞してしまうであろう状態を懸念した言い方としても用います。

「滞る」の例文とは?

次は「滞る」の例文などいくつか紹介していきます。

滞ることなく

「滞る」という言葉を「滞ることなく」という言い方で用いることがあります。「滞ることなく」という言葉は「滞る」に否定的な意味の「~ない」という表現を付けたものであり、物事が遅れるなど危機が起こらずスムーズ、停滞することなく事が運んだという意味になります。

「滞ることなく」の例文としては、「国内で自給できたため、滞ることなく事態を回避することができた」「一時的にパニックになったが、その後は滞るなく事態は収束に向かった」「滞ることなくパーティの準備は進んでいる」「2つの世界を滞ることなく行き来する」などがあります。

勉強

勉強においても「滞る」という言葉はよく用いられることがあります。例えば「授業の流れが滞ることで学習の飲み込みが悪くなる」「苦手科目はどうしても宿題が滞る」などです。思ったように勉強内容が頭に入らず進まない、という意味として「滞る」という言葉を使います。

仕事

「滞る」という言葉は仕事ではよく耳にする表現ではないでしょうか。仕事はたいてい基本となるペースなどが考えられ、一日の業務をスムーズな流れにするため計画立てて考えられているところがあります。そのため予定の計画通りにいかないと「滞る」という言葉を用いて表現することが多いでしょう。

例えば「従業員が休むと業務が滞る」「一部の仕事が滞ることで、全体の進行が大幅に下がってしまった」「決断力がなく、いつまでも決めることができないため仕事が滞る」などの使い方があります。

返済・支払い

お金の返済や支払いの際にも「滞る」という言葉を目にすることがあるでしょう。お金を払う期日に必要な金額を用意することができず、返すべきノルマの金額が減らない状態に陥ってしまうとき「滞る」という表現を使います。

返済で例文としてあげていくと、「借金の返済が滞る」「クレジットカードの返済が滞る」「奨学金の返済が滞る」などです。支払いでの例文は「月末は家賃や光熱費の支払いが滞ることが多かった」「携帯代の支払いが三ヵ月も滞る」「会社から社員への給与支払いが滞る」という使い方があります。

乗り物・交通量の動き

乗り物・交通量の動きでも「滞る」という言葉は使われます。例えば「ゴールデンウィーク中の高速道路は車の流れが滞ることが多い」「この時間は交通量があらかじめ滞ることを見越してすいている裏道を選ぶ」「貨物輸送が滞る」などです。

普段は問題なく乗り物が走っていて通過できるにもかかわらず、時期的な問題・状況によって交通の動きが停滞しているという意味で用いられるでしょう。

「滞る」の類語とは?

次は「滞る」の類語を見ていきましょう。類義語を覚えておくことで語彙が増えていくので会話や文章で「滞る」意味の言葉を使う際、表現に幅ができ知性豊かな印象になります。

順調な進行や流れが阻まれる

「滞る」の類語として、順調であったはずの進行や流れが妨げられる意味としての類語をいくつかあげていきます。

停滞する・中断する・止まる・留まる・停留する・という自ら物事の流れを停止させる意味や進行の流れの止まりを表現している類語と、足止めを食らう・阻まれる・制止される・拘留される・断たれる・ス有数を命じられる・待ったをかけられる・停留を余儀なくされるなど相手から抑制される意味の類語があります。

動かない・前進しない状態

次は「滞る」の動かない状態や前進しない状態の類語を紹介します。どうしようもなく動かない状態に陥ってしまった、前向きに物事が進まないという意味の類語です。

立往生する・行き詰まる・八方ふさがり・どんづまる・行きつくところまでいく・末期症状に陥る・進展しなくなる・進展しない・発展しなくなる・発展しない・収拾のしようがなくなる・停頓する、などです。

うまくものが流れなくなること

「滞る」の類語として、うまくものが流れなくなることという類語を紹介します。停滞する・よどむ・よどみが生じる・渋滞する・沈滞する・遅滞する・流れが悪くなる・不活発な状態になる・欝積しているなどです。何らかの原因があったり、状況の変化によってうまく機能していたものが機能しなくなるというときに使われます。

「滞る」の対義語とは?

次は「滞る」の反対の意味として使われる対義語について紹介します。「滞る」の対になる言葉とはどのような言葉でしょうか。

捗る

「滞る」の対義語は「捗る(はかどる)」です。「捗る」という言葉の意味は、物事を調子よく進行させていくことや作業がよく進み片付く様子を表します。そのため、物事が順調に進まない様子や停滞するという意味の「滞る」と反対の意味になり、「捗る」は対義語にふさわしい言葉でしょう。

「滞る」の敬語とは?

次は「滞る」の敬語について紹介していきます。コミュニケーションにおいて、敬語は相手に敬意を示す手段であり、敬語を使おうとする姿勢は対面する相手に敬意として伝わります。そのため言葉を知る際には敬語も一緒に覚えておくことは大切です。敬語は社会人として接するとくの最低限のマナーでもあるので、自然に使えるような人物を目指しましょう。

滞ります

「滞る」の敬語、丁寧語としては「滞ります」という言葉があります。丁寧語は話し手が聞き手に対し敬意を表して、丁寧にいう言い方です。

いくつか「滞ります」の例文をあげていきます。仕事などで動きが悪くなることを予想し、あらかじめ相手にその状況を伝えておく言い方として「本日午後から、少々の間更新が滞ります」「上司が不在となるので、5日間は返事が滞ります」などがあるでしょう。

また体の中の状態で血液の流れが悪くなることを表すときに「硬直した状況下では血行が滞ります。」「血液の流れが悪い場合、老廃物の排出も滞ります 」という言い方でも「滞ります」という言葉は使います。

「滞る」の英語は?

「滞る」という言葉の英語はどのような言葉になるのでしょうか。

stagnate

停滞するという意味の「滞る」として英語では「stagnate」という単語があります。「stagnate」には、水などが流れない・生活、仕事、心、人などが沈滞する・よどむ・という意味があり「滞る」という意味にも使います。

「stagnate」を使った例文を紹介します。「問題が解決せず滞る」は「The problem stagnates without solving」、「仕事が滞る」は「My job is stagnating」、「事務が滞る」は「Office business stagnates」、「空気や水が滞る」は「of water or air, to stagnate」と表現します。

delayed

遅延という意味を持っている「滞る」の英語では「delayed」という単語があります。「delayed」は「delay」の過去形・過去分詞形で、「delay」の意味は、~を遅らせる・~を延ばすという意味にあたります。過去形・過去分詞形の「delayed」になると「滞る」「遅滞している」という意味に変わります。

「delayed」を用いた英文をいくつか挙げていきます。「配給が滞る」は「Distribution is delayed」、「ここの郵便は時々滞る」は「The post here is often delayed」、「障害のため進行が滞る」は「Progress is delayed due to obstacles」、「彼らの計画は滞る」「Their plans are delayed」と表現します。

「滞る」の意味や使い方について理解できましたか?

「滞る」の意味と使い方について例文や類語・敬語・対義語など紹介していきましたが理解することができたでしょうか。「滞る」という言葉は一見難しそうな字を書くので普段会話の中で使わないという方もいるでしょう。

しかしニュースなどで耳にすることや社会に出るとビジネスの場面では頻繁に登場してくる言葉です。例文や類義語など知っておくと語彙力が高まり、いざ使うときに色々な言い回しができるので本記事を参考にして覚えておきましょう。

Latests