Search

検索したいワードを入力してください

【級別】貿易実務検定の難易度と合格率|A級/B級/C級

更新日:2022年10月20日

貿易や通関に関する資格は通関士だけではありません。独学でも難易度が低く、仕事にも役立つ貿易実務検定もあります。貿易実務検定の難易度や勉強方法についてご紹介します。少しでも貿易に興味がある人は、受験を検討してみてください。

貿易実務検定の難易度

貿易実務検定は最下位はC級から、最上位のA級までの3段階に分かれています。C級は学生や貿易に興味がある一般人でも独学で合格できるほどですが、A級は簡単に合格することはできません。貿易実務検定の難易度について詳しく紹介します。

偏差値

貿易実務検定の難易度を偏差値に換算すると、以下のようになります。最上位のA級は難しく、独学でもすぐに合格できるほどではありませんが、あとの2つは比較的簡単に取ることができます。特にC級は、簡単で独学でも取得しやすいとされている、簿記3級と同じくらいの難易度です。

偏差値
A級65
B級51
C級48

合格率

貿易実務検定の合格率は、各回によって変動はあるものの、おおよそ以下のようになります。仕事で役に立つ資格は合格率が50を下回る場合が多い中、B級とC級はかなり高い数値だといえるでしょう。A級は独学での合格がかなり難しいので、実際に貿易関係で仕事の経験を積みながら勉強して試験に挑むことをします。

合格率
A級30%前後
B級50%ほど
C級57%ほど

貿易実務検定の難易度に対応する勉強方法

貿易実務検定のB級とC級は比較的難易度が低いため、勉強時間をそれほど必要とせずに合格に近づけます。貿易実務英語という科目もあるため、高い英語力を必要とするイメージがありますが、文法は高校レベルで十分です。貿易実務検定に合格するために最も重要なのは、問題演習を繰り返すことです。

勉強時間はどのくらい必要なの?

貿易実務検定のうちB級とC級は難易度が比較的低いので、1日の勉強時間が1時間でも、半月から1ヶ月ほどで合格できるとされています。もともと英語が得意な人や、TOEICである程度の点数が取れる人は貿易実務英語の勉強が楽になりますが、元々英語が得意ではない人でも難しくありません。和訳の問題では貿易専門の英単語を問われているからです。

勉強方法は?

B級とC級は合格までの難易度が低いです。難易度が低い資格を取るために最も大事なのは、「過去問を繰り返し解く」ことです。もちろん貿易に関する知識を取り入れ、インプットすることも大切ですが、その知識を問題演習によって定着させる方がより重要となります。インプットとアウトプットの割合が3:7になるように勉強すると良いです。

10月にある貿易実務検定C級を受験するため、
こちらの書籍を購入しました。
要点に絞った構成で飽きやすい私でもなんとか学習できそうです。
過去問題も購入して万全を期したいと思います!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R36YX0QCIE6H... |

貿易実務検定の級別の難易度

次のページ:科目別の貿易実務検定の難易度

初回公開日:2017年12月22日

記載されている内容は2017年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests