Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月30日

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

仕事のため、将来のため、趣味のため、さまざまな理由によって勉強をしている人は少なくありません。どうせ勉強するなら効率よく吸収したいと思いませんか。この記事では効率よく勉する方法や、勉強におすすめのアプリなどについても紹介しています。ぜひ参考にしてください。

効率的な勉強のススメ

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

勉強は学生だけのものではありません。大人になっても、社会人になっても、主婦になっても勉強をする人はいます。また60代、70代から勉強を始める人や80代で大学に入学する人さえも存在します。勉強はいくつになっても、どんな環境にあっても、しようと思えばできるものです。

勉強をする理由は個人によってさまざまです。大学に入学するためであったり、資格試験にのぞむためであったり、シンプルに知識を増やしたいためだという方もいるでしょう。いずれにせよ誰もが思うのは、「できるだけ効率良く勉強したい」ということです。

勉強は楽しいだけのものではありません。どのような勉強であっても、何度も繰り返し反復し、間違え、苦しみながら自らの脳に染み込ませていく過程を経る必要があります。したがって、できるだけ効率を良くし、その苦しさを減らしたいと思うのは人として当然の心理と言えるでしょう。

効率良く勉強することで、あなたはあなたの目標に最短で到達することが可能になります。勉強の効率化は、あなたの描く未来をグッと身近なものにしてくれるのです。

効率を上げる勉強法

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

どんなに必死に机にかじりついて長時間勉強しても、非効率な方法では時間をムダにしているだけだと言えるでしょう。時間は有限です。無駄使いしてはいけません効率を上げる勉強法についていくつかご紹介しますので、ぜひあなたの勉強に取り入れてみてください。

記憶力をアップさせる方法

知識を身につけるためには記憶することが不可欠です。効率良く記憶するためには記憶力を高めておく必要があります。同じ勉強量の場合、記憶力が高い状態の場合と低い状態の場合では、勉強成果に数段の差が出てしまうでしょう。

記憶力をアップさせるには、勉強の前に軽く脳をならしておくことがポイントです。脳をならすには脳トレなど簡単なゲームがおすすめです。数字パズルやクロスワードなどを、勉強開始の5分前ほどに行う習慣をつけてください。そうすることで集中力が高まり、記憶力をアップさせることが可能となります。

集中力を持続させる方法

勉強をしようと机に向かってもなんだかそわそわ落ち着かない、そんな方は集中力をキープする方法を身つけなければなりません。どんなに勉強時間を確保したとしても、集中力が続かなければ意味がありません。集中力をキープするにはどうすれば良いのでしょうか。

集中力をキープするには、まずは環境を整えなければなりません。そわそわと落ち着かない方は環境が整っていない可能性が高いでしょう。机の上にスマホを放置していたり、雑誌が置いてあるなら片づけてください。気が散るもの全て遠ざけてしまいましょう。

環境が整ったら早速、勉強スタートです。勉強中の集中力は、疲れ始めたら小休止を挟むことによって持続させることができます。一般的に人が集中力をキープできるのは90分~120分くらいだと言われていますが、それはその日の体調やバイオリズムによって多少前後します。90分、120分などと時間を切らず、疲れを感じ始めたら休むことを繰り返してください。

疲れきる前にブレイクタイムをとることで、集中力を途切れささず、効率よく勉強することが可能です。

効率の悪い勉強法

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

では次に効率の悪い勉強法をご紹介します。勉強効率が悪いと、知識を自分のものにするのに時間と労力が必要になります。そうすると次第に勉強することが億劫になり、終いには勉強を止めてしまうことになりかねません。そのような事態を防ぐためにも勉強の効率化を図りましょう。

満腹状態

食事を終えお腹がいっぱいの時は、幸せな気分に満たされます。しかし満腹状態で勉強するのは、非効率だと言えるでしょう。「少しお腹がすいたな」と思う時は、脳にある扁桃体が刺激を受け適度な緊張感が生まれています。この適度な緊張感が、勉強の効率を上げるには必要です。

空腹状態だけでなく、少し肌寒く感じる時なども緊張感が生まれ勉強の効率がアップします。偏桃体が活性化し、記憶をつかさどる海馬の働きが良くなるからです。満腹状態や暖かすぎる部屋で勉強することは、勉強効率を下げる可能性があるので控えた方が良いでしょう。

テレビを観ながら

リビングでテレビを観ながら勉強するという方も少なくありません。テレビを観ながらの方がりラックスして学習に取り組めるという発想でしょうが、やはり勉強効率が低下するのは否めません。

テレビを観ながら勉強すると集中力を持続させるのが困難になります。興味のある内容が放送されてしまうと、勉強の手を止めそちらに見入ってしまうこともあるでしょう。またテレビとテキストの両方から情報が入力されるため、ワーキングメモリの容量がすぐいっぱいになり、記憶力がダウンします。

なかなか憶えられない、憶えてもすぐ忘れてしまうことになるので、やはりテレビのない環境で勉強することをおすすめします。

ケース別勉強効率化

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

次にケース別の勉強効率化の方法をご紹介します。あなたの勉強にぜひ役立ててください。

時間

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

効率良く勉強できる時間帯はいつなのかというと、それは朝です。朝に勉強がはかどるのは、

・誰にも邪魔されない静かな環境が手に入りやすい
・ドーパミンやアドレナリンなどの脳内物物質が分泌され集中力とやる気がアップ
・新しい情報が入りやすい
・疲労感がない

などの理由からです。

最近は朝活という言葉も定着しつつあります。それだけ多くの人が朝に活動することの効率の良さを自覚しているのです。いつもより1時間、朝が苦手だという方は15分でも構いません。早起きして机に向かってみてください。朝勉が毎日の習慣になれば、学習効果を早く感じることができるようになるでしょう。

音楽

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

音楽を聴きながら勉強をする方がいますが、効率的にはどうなのでしょうか。結論からすると、音楽の種類によっては効果的だと言えるでしょう。つまり音楽の選び方に気をつけなければならないということです。

勉強効率をアップさせるには、落ち着いた音楽を選ぶ必要があります。例えばクラシックやヒーリングミュージック、静かなジャズなどをかけながら勉強すれば脳からアルファ波が発生し、集中力や記憶力が高まります。

反対にロックなどの激しい音楽や、歌詞の含まれているものは集中力をそぐので勉強の邪魔になります。眠気覚ましにはなりますが、効率化を考えれば控えた方が賢明でしょう。

アプリ

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

勉強することにおいて最も大切なのは、習慣化することです。一日10時間の勉強を一ヶ月続けるよりも、一日1時間の勉強を1年続けることの方が、知識を得るうえではよっぽど重要です。

勉強管理アプリであるstudyplusを使えば、勉強を習慣化しやすくなります。受験生から社会人まで幅広く対応しており、さまざまな賞を受賞しいる優良アプリです。ぜひ勉強習慣の確立にお役立てください。

睡眠

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

寝不足は勉強の妨げになります。しっかり眠って体を休ませることで学習効率が上がるので、徹夜で勉強したり一夜漬けはあまり意味がありません。ただ時間をかけているだけで、何も学んでいないのと変わりないでしょう。

また効率的に睡眠を勉強に活かすには、寝る前に暗記することをおすすめします。眠っている間に脳は情報を整理するようにできていますので、いったん記憶した状態で眠りにつくと高い記憶効果を期待できます。就寝前は英単語を憶えたり、歴史の年表を憶えるのに適した時間帯です。

輝かしい未来のために勉強しよう

効率を上げる勉強法と悪い勉強法・勉強効率化(時間/音楽/アプリ/睡眠)

勉強は誰のためにするものかというと、それはあなた自身のためです。未来のあなたのためだと言っても過言ではありません。勉強することで今よりも知識を得、そしてその知識を未来で駆使するのです。そう考えれば勉強は辛いものではなく、楽しいものだと感じることができるでしょう。

あなたの輝かしい未来のために、さぁ今日も勉強机に向かいましょう。

Latests