Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】酒の失敗談・会社に行きたくない時・謝罪文の書き方

更新日:2020年08月20日

酒で失敗したことはありますか?酒が抜けてからかなり後悔することもあります。今回は、酒での失敗談や、男女別の酒での失敗についてご紹介します。また、酒で失敗した時に、会社へ行きたくない時はどうすればいいかについてもご紹介しますので、ご覧ください。

酒の失敗談

酒での失敗談をお持ちの方も多いのではないでしょうか。酒を飲むと、勢いでなにか行動を起こし、失敗してしまうことがあります。酒が抜けてきたときに、ようやく事の重大さがわかってきます。酒での失敗談とは、どのようなものがあるのか、ご紹介します。

上司に絡んだ

酒での失敗は、職場の飲みの席での場合が多いです。酒が入ってしまうと、気分が大きくなってしまい、ついつい誰かに説教してしまったり、いつもと違う一面が出てきてしまうことがあります。その矛先が、上司であった場合、あとから物凄く反省することになります。

酒の勢いで、普段気を使っている上司に絡んでいったり、ノリで頭をはたいてしまったりなどです。その時は何も感じていないですが、酒が抜けてくるとようやく事の重大さがわかってきます。そうなると仕事にも行きづらくなってしまいます。職場の飲みの席での酒の失敗は、かなり後悔するでしょう。

リバースした

飲みの席では、いつもとは違う気分になって楽しめるので、ついつい飲みすぎてしまうことがあります。話が盛り上がると、酒もどんどん進んでしまい、かなり気分が良くなってきます。周りに煽られたり、自分から一気飲みを買って出る人もいます。張り切って一気飲みしたものの、そのあとすぐに吐いてしまうという失敗談があります。

かなり盛り上がっていたのに、吐いてしまうなんてすごく恥ずかしいです。会社の飲み会でも、友人とや合コンなどでも、張り切って飲んで皆の前で吐いてしまうという失敗は、後を引く恥ずかしさです。あとから思い出してもすごく恥ずかしくなってしまうので、飲みすぎには注意しましょう。

忘れたい

酒での失敗談って、あとからすごく恥ずかしくなってきます。その時は全く何も感じなかったし、帰宅してからも気持ちよく居られるのですが、翌日に酒が抜けてきてからようやく事の重大さに気が付きます。しかも、いつまでもそのことが頭を駆け巡り、恥ずかしさと公開が押し寄せてきます。しかも、酔っていたことで記憶にあること以外にも何かしでかしたのではないかという不安も押し寄せてくるでしょう。

酒での失敗は、とにかくすぐに忘れてしまいたいです。忘れようとしてもすぐに頭に鮮明に思い出されますが、とにかくほかの事に集中して、酒での失敗を忘れるようにしましょう。もう過ぎてしまったことは仕方がないので、今後のことを考えましょう。

男女別酒の失敗

酒での失敗って、経験したことがある人のほうが多いのではないでしょうか。酒での失敗とはいっても、いろんな失敗があります。続いては、男女別に酒での失敗をご紹介します。男女で酒での失敗は違ってくるのか、確認してみましょう。

男性の酒での失敗

ホテル

男性の酒での失敗で多いのは、女性とホテルに行ってしまったという失敗です。しかも、既婚者での場合が多く、朝起きたらホテルにいたという失敗です。なかり後悔するし、妻に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。酒に酔ってしまい、かなりべろべろになって女性とホテルに行ってしまうという失敗は少なくないです。

酒を飲むと理性を失う人が多いので、気をつけにないといけません。その時は酔いすぎて、ほかのことは何も考えられなくなっているでしょう。あまり飲みすぎない、べろべろになるまで飲まないというのを意識しておかないと、あとで後悔することになるでしょう。

喧嘩した

男性の酒での失敗では、喧嘩したという失敗談も多いです。酒が入ると、普段絶対に言わないようなことを言ってしまったり、同僚や友人などにいきなり説教しだしたり、態度が大きくなってしまうことがあります。そういった事が原因で、喧嘩に発展してしまいます。その後、家に帰って酒が抜けてきてから、喧嘩したことを思い出します。

思い出したころにはもう遅く、喧嘩相手とは連絡すら取れなくなっているパターンもあります。または、酒が入っていたからだろうと許してくれることもありますが、酒での喧嘩は信用を無くしてしまうでしょう。酒が入っても、相手の気分を害するような物言いや、態度をとるのは辞めたほうが良いでしょう。

裸になった

これの失敗は非常にまれなケースですが、酒で気分が上がってしまい、裸になってしまったという失敗です。酒を飲んで気分が上がり、お店を出てから全裸になってはしゃいでしまったりです。その時は楽しくて仕方がないでしょう。酒が抜けた後、一緒に居た仲間から裸になっていたことを聞かされ、恥ずかしい思いをすることになります。

一緒に居た気になる女性などにも見られていて、もう思い出したくもない経験になります。酒を飲んで裸になるという失敗は少ないですが、中にはいますので、酔っても全裸になってふざけるなんてことのないようにしましょう。

自分の話ばかりする

男性の酒の失敗で多いのは、自分の話ばかりすることです。酒を飲んで気分が良くなり、自分の自慢話などを淡々とし始めます。周囲の人たちが話そうとしても、それを遮ってでも自分の話をします。その時は全然気が付かないけど、あとから当時のことを聞かされ恥ずかしい思いをすることもあります。または、酒が抜けてきてから当時のことを鮮明に思い出し、かなり後悔します。

自分の話ばかりする人は、周囲からするとあまりよく思われていません。一度だけならいいですが、毎回自分の話ばかりしていたり、または同じ話を何度も繰り返しているようなら、なかり嫌がられてしまうでしょう。

これからも楽しく皆と酒を飲みたいのであれば、自分お話ばかりするという事のないように気をつけましょう。自分の話をしても良いですが、しっかりと周囲の話も聞くことが大切です。

女性の酒での失敗

次のページ:酒の失敗で会社に行きたくない時の対処法

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests