Search

検索したいワードを入力してください

警察の相談窓口で騒音の相談をする方法・通報された時の対処法

更新日:2020年08月20日

騒音問題で、実際に悩んでいる人たちがいます。感情に走らず、もう少し、冷静になる必要があるのではないでしょうか。騒音を出している人たちも、警察沙汰になる以前に、自分で何かできることはないか、近所づきあいを配慮しておこなう必要があるのではないでしょうか。

騒音で警察に通報された・呼ばれた時の対処方法

騒音問題は、ちょっといままでうやむやにされて来た問題であったのですが、段々と、現代社会はこのような問題についても許さないというモチベーションが高まっています。

騒音問題も、犯罪と見なす見方がどんどん高まって来ていますが、そのような意味では、犯罪は以前よりもごくごく身近な場所にあると言っていいでしょう。あなたも、騒音問題で警察のお世話になる可能性はいくらでもあります。

なんで、騒音問題で我慢することができないの?

昔だって、このような騒音問題はおそらくあったのではないでしょうか。しかし、この程度は、それぞれの人たちが生活をしている訳ですし、スムーズな近所づきあいをするために我慢しなければならない範疇と考えていたのではないでしょうか。

近所づきあいの配慮なし

しかし、ちょっとの騒音でも我慢できないという近所づきあいの配慮なしの精神が、警察へ訴える側にも生まれているとも言えます。

しかしそれだけが原因ではなく、騒音問題を出す側も、近所づきあいの配慮なしだから、結果、このような問題を引き起こすことになります。お互いに、ひとつまみでも、近隣に対しての配慮があれば、このような問題は、起こらないと考えていいでしょう。

近所づきあいの配慮なし

近所づきあいの配慮なしといえば、近隣の顔を知らないという人たちも多くなって来ているので、配慮がなくなってしまうのも当然は当然と言っていいですが、おそらく原因はそれだけではありません。

それは、現代社会の抱え持つストレスでしょう。みなさんが、さまざまな事情によってストレスを抱えていて、大声で叫びたいと思っています。しかし、そのようなストレスの解消の方法を、現代社会の人たちは、日々の日常生活において見つけることができないから、ストレスが固まりのようなものになってしまっています。

騒音問題を出す人たちの中には、「なんで、こんなにストレスを溜めて苦しんでいる私のことをわかってくれないの?」という気持ちが込められている場合はあります。ただ、ふとんをバンバンと力一杯叩いているオバサンは、私のことをどうにかしなさいというサインを送っている可能性はあります。

自分自身が偉いと言っている

そして、その人が、自分だけは、騒音を出すに値する程偉い人物であることを暗黙のうちに言わせている可能性もあるのではないでしょうか。もちろん自分自身も騒音を出していることを知っています。

しかし、近隣も、なかなか騒音問題で警察には言いづらいものです。そのような近所づきあいは、あの人たちは、偉く特別な人だから私達は我慢しなければならないという置き換えもできます。でも、おそらく、雰囲気が異様だったり、恐かったりして、周囲の人たちは注意をすることもできない現状があり、偉いからというのとは違います。

ないものに対して、偉さを主張したいと思う人たちは、相当こころの中にコンプレックスを溜めている人たちです。

現代社会は、近所づきあいが希薄

しかし、原因はそれだけでなく、ごくごく普通の人たちも、騒音問題で警察に訴えられるケースはあります。それは、あなた自身も、近所づきあいが希薄になって、相手に対して、あまり配慮をしなくなったせいではないでしょうか。

テレビのボリュームは

一番、みなさんがおこしやすい、騒音問題は、テレビです。テレビだって、大型化して、距離を離して見るケースが増えて来ています。みなさんが、ソファに座って、テレビを観ているのなら、テレビの距離は、隣りの人たちの方が全然、近いということがあります。

昔以上、テレビの騒音問題は深刻になっている、そして、注意をしなければならない問題となっているはずです。そのとき、結果、近所づきあいの配慮のため、少しボリュームを下げようという気持ちを持つ必要があります。

近所づきあいが希薄だと、近所に人がいたということも忘れてしまう危険性があります。そして、近所づきあいが希薄だと、となりの人たちも、自分たちが迷惑と思っているすべての音が大きな公害だと思ってしまうことになります。

近所づきあいが希薄だから、少々我慢できることも我慢できない警察沙汰になってしまうことになります。

騒音で警察に通報された・呼ばれた時の対処方法

次のページ:警察の相談窓口で騒音の相談をする方法

初回公開日:2018年02月02日

記載されている内容は2018年02月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests