Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月17日

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

誰か助けてと思う時は、人に頼りましょう。こういう時こそ人に頼るべきです。今回の記事では、「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法、種類別「誰か助けて」と思った時の対処法、「誰か助けて」と思った時のおすすめの相談先についてご紹介します。

「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

誰しも、生きていると、誰か助けてと思う時が一度はあります。一度や二度ではない時もあります。そんな時どうしたらいいのでしょうか。

この記事では、「誰か助けて」と思っている苦しい気持ちを解消する方法を、ご紹介します。

人に頼ることは恥ずかしいことではない

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

あなたは今危機的状況にありますか。そうでない方も将来危機的状況に陥ることもあります。心の中で「誰か助けて」と思うことがあるならば、本当に危機的状況であるでしょう。ちなみに、「誰か助けて」と思い、誰かに助けを求めることは恥ずかしいことではありませんし、甘えではありません。決して躊躇してはいけません。

辛い時は辛い、それならば誰かに助けてもらうためにほかの人が存在していることを忘れてはいけません。人間は1人では生きておらず、たくさんの人に囲まれて生きています。家族や友人、またお金を払えば業者の方が危機を脱する手伝いをしてくれる時代です。そんな辛い状況になったら、なりふり構わず自分を守るような行動を取りましょう。

怖い

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

あなたが怖い思いをするとき、「誰か助けて」と真っ先に思うでしょう。軽いものであれば、お化け屋敷などでも、怖さから「誰か助けて」と思うでしょう。お化け屋敷ならば自分に害を加えてきませんし、自ら怖さを体験しに行っているので問題はありません。しかし、この世の中で生きていれば必ず怖い思いをする場面が出てきます。

特に、女性が怖い思いをすることが多いです。夜道を歩いていたら、後からずっと足音がついてくる、自分に熱狂的な人からたくさんのメールや電話が届く、ストーカーされている、などが身近で怖い思いをする場面です。

そんな状況にならないように、日頃から予防しておくことが大切です。例えば、過度の露出を避ける、明るい場所を夜は歩く、スキを見せないなどです。これらの予防策を日頃から行っていれば、怖い思いをすることが減ります。引いては精神的負担から解放されますので、心当たりがあるならば、対策をしましょう。

辛い

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

辛い思いをすることは誰でもあるでしょうが、怖い思いをするよりも頻度が多いのではないでしょうか。多くの人が辛い思いをして「誰か助けて」と心の中で叫んでいます。

辛い思いをする一番の原因は、人間関係です。現代ではSNSでのコミュニケーションが盛んですが、以前よりさらに人間関係が複雑化しています。

人間関係が複雑化すると、どうしても悩みが増えてきます。例えば、グループの中で自分だけが誘われなかったというケースでは、個人の心の持ちようや振る舞いなどが絡んできます。自分だけ誘われず辛い思いをするという時は、誘われるのを待っているのではなく自分からほかの人を誘うようにしましょう。

みんな意外と受け身なので、自分が誘う側になれば誘われた相手も嬉しいですし、何より一緒に何かをする経験が増えて親しくなります。また、誘うという行為は自分の好意を伝える手段でもあるので、積極的にほかの人をイベントに誘ってあげましょう。

種類別「誰か助けて」と思った時の対処法

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

誰か助けて、と思うことはたくさんありますが、種類別の対処法について見ていきましょう。あなたはどんな場面で「誰か助けて」と思うのでしょうか。当てはまるものがあればぜひ参考にしてみてください。何かのヒントになると幸いです。

お金で「誰か助けて」と思う時

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

お金で「誰か助けて」と思う時について考えていきましょう。お金がない、ローンがある、ということでしょう。本当にお金の工面はどうにもなりませんか。最低でも自己破産という方法はありますが、最後の手段として使いたいものですし、自己破産をすればこれから生きていく上で困る場面が多くなり、さらに「誰か助けて」という状況を作り出してしまいます。

余計に使っているお金をまずは削りましょう。パチンコなどのギャンブ、娯楽のお金です。ハマっていませんか。またはタバコに多くのお金をかけていませんか。まずは税金が沢山取られている、生きていくのに必要でないものから削っていきましょう。

また、外食ばかりではありませんか。自分で作って節約するということも手です。そして、いまよりも条件がいいような仕事が出来ないか考えましょう。「削るものは削り、今よりも稼ぐ。」これを徹底すれば逆転のチャンスはたくさん転がっています。

仕事で「誰か助けて」と思う時

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

仕事で「誰か助けて」と思う時について見ていきましょう。仕事で「誰か助けて」と思う時には、たくさんのパターンがあります。人間関係によるトラブルもありますし、仕事に見合った対価が出ない、また残業続きで体力が持たないと言ったケースが多いです。いわゆるブラック企業に就職してしまった場合、周りの風潮に流されて労働に対する価値観が変わってしまいます。

「たくさん労働することがいいことだ」、「自分は新人だからたくさん頑張らないと」、「同期に追い越されないようにしないと」、「頑張ることが正義」という日本特有の風潮が世間では認識されています。

外資系ならばしっかりと休みを取らないと上司が怒られる、という労基がしっかりしていますが、そうでない会社の場合ですとハードワークが当たり前になります。まずは、自分が働いている環境を第三者の視点から見つめ直してみるといいでしょう。

子育てで「誰か助けて」と思う時

子育てで「誰か助けて」と思う時、まずは完璧にこなさなくていいということを知っておきましょう。いい母親でなければいけない、こうしなければいけない、と思うことが多いでしょう。しかし、そんなに完璧にならなくても、子供は健康に育ちます。

最低限の感染症や死亡リスクに関わることをしっかりと予防すること、これだけを辛くなった時考えてください。あとは適当でも何とかなります。他の治安の悪い外国のことを考えて下さい。そこまで母親が全て完璧にこなしているとは考えにくいです。しかし、子供はすくすく育ちます。

そして、赤ちゃんの声をきくだけでノイローゼになりそうで誰か助けて、と言う方もいらっしゃいます。そんな時は、誰か親、親戚、旦那、業者など、お金を払ってでもいいので1人になる時間を作ってください。大変なことになる前に、身を振り乱してでも対策を取りましょう。1人でなんとかしようとしても限界があります。

父親が知っておくべきこと

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

子育てで「誰か助けて」と思う時についてです。今の時代、イクメンと男性がもてはやされていますが、父親なのですから自分の子供の世話をするのは当たり前です。イクメンという言葉が出てくること自体おかしいことです。たとえ家事を全部負担したとしても、子育ての負担はやはり母親の方が辛いことがあります。

男性は、自分が稼いできているという認識でいますが、稼いできているから育児をしないというならば、子供を作るべきではありません。自分の都合で、母体に負担をかけているのですから、責任があります。妊娠中も辛い思いをたくさんしているのに、男性は何も苦に思うことはないのですから、しっかりと積極的に母親を気遣って下さい。

仕事を引き合いに出すのは筋違いです。家事をやったと恩着せがましい報告は要りません。奥さんが普段から当たり前にやっていることです。

いじめで「誰か助けて」と思う時

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

いじめで「誰か助けて」と思う時についてです。親や先生に言えない子が多いのはどうしてでしょうか。皆さん考えたことがありますか。答えは、「言っても解決にならない可能性が大きいから」です。

なぜなら、親や先生に言うと、告げ口をしたとしてさらに自分の状況が悪くなるからです。状況が悪くなれば自分の身に危険が降りかかることを予想できるため、言わない傾向にあります。

しかも、言っても解決にならないようなことが多くあります。親に言ったところで、先生に伝わり、先生からの介入というのはたかがしれています。先生は普段から生徒と絡んでいても、生徒は全ての人間関係をオープンにしません。むしろ隠します。ですから、先生に言っても状況を把握しているわけでも、介入出来るわけでもありません。

まずは、匿名の掲示板で「誰か助けてほしい」と愚痴を言うなどガス抜きをしてください。そして全く自分を知らない第三者に相談するのも一つの手です。

夫に関して「誰か助けて」と思う時

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

夫に関して、「誰か助けて」と思う時についてです。夫に対して不満を持つ時はたくさんありますが、「誰か助けて」と思う場面では、相当な苦痛が妻側に与えられています。DVがそのうちの大半を占めています。DVといっても、暴力だけではありません。言葉による暴力、いわゆるモラハラも立派な精神的苦痛を与えます。

そんなとき、電話相談や医療機関に相談をしましょう。どうにかして逃れなければあなたはずっとその苦痛を与えられ続けます。しっかりと対策をとって行くことが必要になってきます。まずは、自分の親に相談しましょう。

それから、信頼出来る友人にも相談しましょう。ただし、この場合夫婦間の問題なので、迷惑がられることがあります。しかし、本当に辛いと思うならばしっかりと頼って自分を守ることに必死になりましょう。誰か助けてと助けを乞えば、自分を大切に思っている人なあなたのことを守ってくれるはずです。

姑や舅に関して「誰か助けて」と思う時

姑と舅に関して、誰か助けてと思う時は、まずは夫が味方についてくれるかどうかを見極めましょう。そして、味方になってくれるならしっかりと被害を伝えましょう。それが出来ないときは、なるべく距離をとって近づかないようにしましょう。

「誰か助けて」と思った時のおすすめの相談先

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

「誰か助けて」と思った時のホットラインについてご紹介していきます。誰か助けて、と直に気軽に相談することができます。また、3/1-3/31は自殺が多い月で、自殺対策月間となっています。24時間繋がるので、悩みを聞いてほしい方はぜひ電話してみて下さいり高額な料金を払わず悩みが解決できる可能性かがあります。

心の健康相統一ダイアル

0570-064-5576で、それぞれの都道府県でのサービスに接続されます。0570-3734-7668では、24時間対応相談に当たっていまふす。厚生労働省による電話サポートサービスです。

チャイルドライン

18歳までの子供がかけられるホットラインです。誰か助けてと思った時すぐにかけることができます。0120-99-7777に電話しましょう。毎週月から土曜の午後4時から午後9時までです。文部科学省による24時間のホットラインは、0120-0-78310です。子供の人権に関する電話は、法務省の子供の人権110番である0120-007-110です。平日8:15-17:15で対応しています。

「誰か助けて」と思った時は溜め込まない

【種類別】「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法

誰か助けてと思う時は、人に頼りましょう。今回の記事では、「誰か助けて」と思って苦しい時の気持ちの解消法、種類別「誰か助けて」と思った時の対処法、「誰か助けて」と思った時のおすすめの相談先についてご紹介しました。

誰か助けてと思うことは誰にでもあります。助けを求めると求めないとでは心の持ちようが違います。身近な人より第三者に相談した方が上手くいくことがありますし、そのようなサービスが豊富になってきている時代です。そのようなサービスをしっかりと活用して、辛い気持ちを解決していきましょう。

Latests