Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月16日

生活苦の原因・離婚する割合・相談窓口|借金/40代/50代

生活苦になる理由はさまざまです。病気がちだったり、仕事がままならなかったり、借金があったりと人によって違います。生活苦になったら、すぐに離婚する事を考えずに子供の事を優先して考えていきましょう。既成観念に囚われない考え方も生活苦の脱出には必要な場合もあります。

生活苦になる人の主な原因

昔のように正社員で定年まで会社にいる事は難しくなりました。非正規雇用も増えて、少子高齢化も進み、不透明な将来を感じている人は多いでしょう。

生活苦になる人は、もともと仕事がままならなかったり、住宅ローンや車のローン、他人の保証人になり、生活が逼迫している人も多数います。どの仕事にも最新のテクノロジーが関わってくるので、その技術についていけない人は仕事をすることも難しくなっています。

体が弱い場合や、身分相応の生活をしないことも生活苦を進めている理由です。生活苦は色々な理由から始まりますが、そのほとんどは生活に対する本人の考えと理想のギャップが合わないためです。

借金のせいで生活苦になる場合

贅沢をして借金をしても、生活費のために借金をしても、親類から借りたお金以外は、期限までに返さないといけません。サラ金や闇金などは減ってきましたが、常にお金に困っている人はいるので、貸金業をする人は増えています。

借金をするのは、今の収入では生活できないためです。借金を返すために借金を繰り返す場合もあるので、雪だるま式に借金が増えていきます。一度借金をすることを覚えると、他人から安易に借りる人間になってしまいます。そのため、簡単に借りないような生活を送る事で、生活苦になるのを避けられます。

またギャンブルをして借金を重ねて、生活苦になる場合もあるので、普段の生活をどのように過ごすかも考えないといけません。気分転換をするなら、ギャンブルをせずに他の方法を選ぶようにしましょう。

仕事が上手くいかず生活苦になる

きちんと大学や専門学校を卒業したのに、仕事がままならないことはあります。卒業した学校と畑違いの仕事をしていたり、就職しても仕事を続ける意欲がなくなったり、人間関係でつまづき会社を辞める事になったりと、仕事がうまくいかない理由もさまざまです。

仕事が上手くいかず生活苦になることは、アルバイトや派遣社員などの非正規雇用にしか就けない場合にもあり得ます。社会構造が変わってきているので、能力があっても必ず仕事をすることができるとは限らないからです。

昔よりも仕事に求められることは高度になっているにもかかわらず、仕事自体は賃金が安いことが多いことも問題です。

体調が良くなくて仕事が出来ない場合

体が弱くて学校を卒業するのが難しい場合や、体調が優れずに仕事がままならない場合など、本人の意思とは別の問題であり、体の弱い人でも安心して暮らせるような仕事や社会保障が必要になってきます。

家の家長が体調が悪い場合は生活苦になる事が多いので、奨学金や給付金などの制度の法整備が必要です。

体が弱くて生活苦になっている場合は、家族全体が逼迫している可能性もあるので、なかなか現状回復ができません。負のスパイラルに陥っていることも考えられるので、生活苦になっていると感じた時は手遅れになっている場合がほとんどです。

生活苦で離婚する割合ってどのぐらい?

浮気や不倫、価値観の違いなどでも離婚はしますが、生活苦で離婚する割合は離婚する夫婦の割合で3割ほどです。ほとんどが夫の稼ぎが悪かったり、子供の教育費を捻出できなかったりと、生活苦にも種類があります。

夫や妻の浪費癖で生活苦になっていることもあるので、金銭的な理由で離婚する場合は不倫や価値観の違いとは違って、夫婦間が上手く行っていても仕方なく別れる事もあります。お金は夫婦の仲も続かなくしてしまいます。

離婚する理由はお金や色恋沙汰が多いですが、お金で離婚する場合は愛し合っていても仕方なく別れる場合もあるので、子供や両親へ色々な協力を得ないと大変です。

生活苦の相談窓口ってどこにあるの?

区役所に相談窓口があるので、まず区役所に相談しましょう。またはNPOなどの団体にお願いして、フードバンクを利用したり、着るものをもらったりと色々支援する団体はあります。フードバンクを利用すると、どのくらい生活苦なのかを民生委員が聞きに来ます。その際に相談をしたり、区役所に出向き生活苦なのでどうしたらよいかを聞きましょう。

日本人は健康で文化的な生活を送る権利を持っています。時代は変わってきましたが、基本的な考え方は変わっていません。

区役所などに相談するのをためらう場合は、親戚に相談しましょう。相談する親戚もいない場合はかかりつけの医師などにも相談しましょう。

生活苦で離婚したいと思ったらどう対処するか

生活苦になる理由はお金がないことです。離婚したいと感じたら、自分に合った仕事をしましょう。仕事が見つからない場合も諦めずに、普段の食費や光熱費を節約するようにしましょう。

子供がいる場合は、離婚する事は子供にとって良くない事も多くあります。子供の将来を考えて話し合いの上離婚を留まり、気分を新たに仕事を探して経済的に楽になるような事を考えてきましょう。

生活苦で離婚したいと妻の方が感じてしまったら、なかなか別れる意思を変える事は難しいです。常にコンスタントに仕事をしていくことで生活苦に陥らない事が必要です。

生活苦で死にたいと思った場合の対処は

生活苦になったら、ロクな事を考えません。犯罪に走ったり、家族に必要以上の迷惑をかけたり、考え方が偏って来たりとよくないことが続くので、他の人の意見を取り入れるようにしましょう。

死にたいと感じたら、ひとまず仕事から離れて生活を送る事や、心の平穏を求める事をしてみましょう。お金が無くてもできる気分転換法を自分なりに見つけておく事も必要になります。

カウンセラーにも相談することもいいですが、結局は自分で答えを出さないと何も解決にはなりません。今できることをしていくようにしましょう。司法試験の勉強や、資格や免許の勉強をする事で将来への展望が見えるようになります。そうすれば簡単には死にたいとは思わなくなります。

世代別に見た生活苦の人の実情とは?

生活苦の人を世代別に見ても、理由はお金なので結局は今の生活を変えるようにしないと何も変わりません。生活苦の人の仕事がままならないのはどの世代でも一緒です。

生活苦に陥ったら、まず家計簿をつけるようにしましょう。家計簿をつけることで無駄な出費を減らせます。

生活苦になる人は、ギャンブルや浪費癖の人も多いです。明日食べる米もなく、明日の職場までの交通費もないほどです。もともと持っている金運などにも関わってくるので、一方的に生活苦の人が悪いとは限りません。

生活苦の人の実情はかなり厳しいので、家族や周囲の人の理解や協力が必要です。

40代の場合

結婚をしていて、子供も小学生から高校生になっているので教育費がかかります。住宅ローンや車のローンを抱えていれば、なかなか毎日の生活が厳しいです。

40代で独身の男女は、経済的な理由で結婚していない人も多いので、両親の助けがないと生活できないこともあります。またアルバイトや非正規社員の職も見つかりにくくなるので、なかなか20代30代のようには仕事は見つかりません。

体を壊していて生活苦になっている場合もあるので、お酒やタバコの摂取のしすぎには気を付けましょう。40代は独身でも結婚していても生活苦だと、他の世代よりも貧困を感じやすい世代と言えます。

50代の場合

50代は職場や会社である程度の役職に就いていて、年収が多くても年収以上の生活を送っている場合、なかなか思い通りの生活ができなくて大変です。

生活苦になっている人のほとんどは、仕事をしていても収入が生活に追いつかなかったりと、若い頃の貧困とはまた違う種類の生活の困り方をしています。

子供の結婚でお金がかかったり、成人式や住宅ローンを返し終わっていなかったりと、人によりさまざまですが、収入に応じた生活を送っていない人も多いです。若い世代よりは生活苦の種類は軽いですが、なかなか返せない額の借金を背負っている人も多いです。

60代の場合

年金をもらい始めていても、住宅ローンを返し終わっていないなど、生活費自体に困っている場合は生活苦になることも多いです。年金だけでは生活できず、アルバイトや嘱託として働く事もあります。

また孫や子供の金銭的な面倒を見て生活苦になっていることもあり、70代になっても30代や40代の子供と孫を養っている老夫婦も多くなっています。

どの世代を見ても、生活苦になる理由は仕事やお金が理由になっています。まずは貧困になっても家族が団結をすることを重視すれば、生活苦による困難は乗り越えられます。常に諦めないことが必要になります。

自分ではどうにもできない生活苦もある

もともと学歴がなかったり、病気がちだったり、仕事に恵まれなかったりという理由での生活苦の場合は、どうしても自分だけの力では現状を変える事は難しいです。生活苦になる理由はお金ですが本人の意思とは関係なく生活苦になることもあるので、いざという時のために貯金をしていたり、頼りになる親類を探しておく事が必要です。

もともと金運がなかったり、結婚運がなかったりというのは自分の力ではどうにもなりません。努力すれば何とかなる時代ではないので、得意な事を伸ばしていったり人脈を使って商売をするなど、自分に合わせたことをしていくことが必要でしょう。

非正規雇用が増えたせいで生活苦の人が増えている

1999年から2000年に派遣業務が認められて、派遣社員が増えて、請負や規制緩和が増えました。その時のつけで生活苦の人が増えています。非正規雇用は会社側には安く人材を確保できるので良いですが、雇われる側はなにもメリットがありません。

生活苦の人の多くが、非正規雇用の人です。正社員の枠自体が少なく、これからも非正規雇用が増えて生活苦の人が増えていくことになるので、個々ができることをしてきましょう。

身分相応の生活をしよう

生活苦になっている人は、お金を必要以上に使う人もいるので、浪費癖が災いして金銭的に困っている人もたくさんいます。お金に対する考え方を変えるようにして、バブル経済のような考え方を失くし、時代に合わせた考え方を持つ事も必要になります。

収入が少ないのに、浪費するような生活を送らない事も生活苦になることを防げます。

生活苦になっても冷静に行動しよう!

生活苦になっても自暴自棄にならないことです。必ず良くなると信じて夫婦で協力しましょう。子供がいる人は子供の将来を憂うことはせずに、自分のしていることに自信を持ちましょう。

仕事を定期的にできるように普段から心がければ生活苦にはなりにくいので、いつでも120%の努力をしていくようにしましょう。本当に困ったら両親や親類に頼ることも必要ですが、最後は自分で解決する覚悟を持って生きていく事も必要です。

Latests