Search

検索したいワードを入力してください

相手の立場に立って考えられる人の特徴|自己PR方法・考える方法

初回公開日:2017年07月21日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2017年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

相手の立場に立って考えるとは良く聞きますがどのようにすれば良いでのでしょうか。相手の立場に立って考える習慣があれば、いざという時に自然で出来ることです。また、自己PRとしての立場に立てる事を表現するのはどのようにすれば良いかも含めて、記事にしてみました。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

相手の立場に立って考えられる人の特徴

相手の立場に立って考える人は、常に相手の事を思って言動している人です。突然相手の立場に立とうとしても出来る事ではないです。普段から、相手の立場にたった考え方をしている人が、必要な時に相手の立場に立って言動できます。なので、そのような習慣を付ける事が大切であり、無理にやろうとすると出来ない人がほとんどです。

もし出来たとしても長続きする事は無く、それだけ相手の立場に立って考えることは難しいことです。それでも、習慣的に相手の立場に立って考える人は、無理なくそうできるものです。普段の生活や仕事でも相手の立場に立てることは非常にメリットがありますが、多くに人が相手の立場に立った言動の重要性を理解しているのに出来ていないのが現状です。

相手の立場に立って考えられる人と、そうでない人との違い

大きな違いとしては、自分かってな人が相手の立場に立って考えることが苦手です。もし、そのような人が相手の立場にたった言動をすれば、聞いている側が不自然に感じるでしょう。そもそも、自分かってな人はまわりの人の事を考えないので、その人が相手の立場に立とうとすること自体不自然になってしまいます。

また、相手の立場に立って考える人は常に冷静で習慣的に人の話しを良く聞く人です。このような人は、人の相談にもよくのります。色々な人から信頼されている人でもあり、結果として人脈があり色々な問題が出てきても人に聞いたりと様々な方法で柔軟に解決する人が、相手の立場に立って考える人です。

相手の立場に立って考える方法

相手の立場に立つということは、自分ならどのように感じる考えることです。もしも自分であれば、この人に言われた事をどうとらえるかが重要です。そのように考えて言動することで相手の立場に立って考えることになります。最初は習慣的に行うことが非常に難しいですが、時間が経過すれば慣れてきて自分らしい相手の立場に立った考えが出来るようになります。

このポイントを聞いただけでは、実際に実行することが難しく感じるかもしれませんが、毎日少しずつでも良いので相手の立場に立って考える習慣を付けていくことです。

どのように工夫すれば相手の立場で考えられるか

ごく一般的な考え方を大切にすることで、相手の立場に立って考えることが出来るようになります。たとえば、自分の意見を言うタイミングなどは、相手の話しを良く聞いた後にするようにしましょう。これは、当たり前の事でありますが出来ている人は結構少ないです。

また、タイミングをよくみて自分の意見を言えば相手も素直に意見を聞いてくれ、それが相手の立場に立って考えることの基本の一つです。なにも無理して相手の立場に立つ必要はないのです。基本的なコミュニケーションの取り方を身に付けていれば、自ずと相手の立場に立って考えることも出来るようになります。

相手の立場に立って考える例

例としては、仕事場で相手の立場に立って考える時があります。メールなどで社内でやり取りしているときは、相手の立場に立って考えることで、相手にとって見やすいメールを送ることができます。相手のタイミングなども考える必要もありますが、なんといっても相手がどのような人か、どのように自分のメールを解釈するかなどを想定することです。

上手にメールを作成できれば、一通だけでメールは済むかもしれません。下手なメールでは、何通送っても内容が理解できないです。これは、逆の立場でも同じで一度のメールでの問い合わせが済むのがお互いにとって理想的です。

相手の立場に立つ時の注意点

社会一般的に言えば、相手の立場といえば上司なのか部下なのか同僚なのかなどになります。また、取引先でのお客であることもあります。どのような場合でも相手が理解しやすいようにまとめて話すことが大切です。いくら自分で分かり易く言ったつもりでも実際に伝わっていない場合は意味がありませんし、相手が上司の時などは、忙しい時が多いので簡潔にする必要もあります。

それでありながら、的確に伝えることも重要です。このような事は、普段から注意していれば自然と身に付く事で、良い方法としては、いずれの場合にしても注意点を自分なりにまとめておくことです。ケースに合わせてマニュアル的に相手の立場に立って考えるようにすれば問題ないです。

相手の立場に立って考えることが出来る長所と短所

長所としては、相手の立場に立って考えることが出来れば、人間関係が円滑になるのと、もし何かの問題が起きても全員で解決することも出来ます。いわゆる一人ではない考え方で、普段から相手の立場に立って考える人は色々の解決方法を知っているものです。では、短所としては、何があるでしょう。常に相手の立場に立って考える人は、神経質な人にも見られます。

それが、相手にとってストレスになることもあります。また、あまり考えすぎているように見えるのもマイナスです。これらの事を考えると、相手の立場に立って考えることは大切だけれども、相手に不愉快に感じさせないような工夫も必要で、その為にはたまにはラフな考え方も必要です。

どのように考え方を使い分けるか

一番良い考え方を使いわける方法は、自分の中でどのような時に相手の立場に立って考えるか具体的に決めておくことです。そうすれば自動的に相手の立場に立って考えることができます。また、相手の立場に立って考えることは簡単にマニュアル化出来ないこともありますが、長い期間をかけて自分なりの相手の立場に立って考える方法を確立していけば良いでしょう。

それは、相手と話しているときの内容なども考慮して更新していっても良いです。経験がものを言う事もあるので、相手の立場に立って考えることを長期的に見て研究してみるつもりで使い分けしてみることです。

自己PRでの相手の立場に立って考える例文

自己PRで相手の立場に立って考えることを言うとすれば、「私は、人とコミュニケ―ションをとることが好きで、常に相手の立場に立って考えるようにしています。この能力をいかして営業で売り上げに貢献します。」などがあります。簡単で分かりやすい内容で問題ないです。あまり考えすぎた内容では、採用担当者に伝わりません。

また、自己PRであるので沢山の事をいっぺんに伝えるのではなくて、いくつかに絞るべきです。紹介した自己PRの内容にプラスして、様々な話しへと発展することがあります。面接などでは、自己PRに対して色々聞かれるものなので、事前に質問されても大丈夫なように自分なりの予想される質問に対する答えを準備しておくことです。

効果的に相手の立場に立てる事をPRするには

自分が今までにしてきた、相手の立場に立って考える実話をコンパクトにまとめて記載すると効果的です。出来れば他の人とは違った内容であればなお良いです。普通のエピソードを記載しても採用担当側は、最後まで読まないでしょう。

より具体的なエピソードを自分らいし表現で出来れば、PRすることが出来ます。また、面接などの機会がある時は、そのエピソードについて一貫性のある説明をして、相手の立場に立って考えることを自己PRしましょう。

人間関係を円滑にするために相手の立場に立って考えよう

人間関係を円滑にすることが出来るのは、相手の立場に立って考えることの結果です。普通に生活している時に、相手の立場について考える人は仕事場でも同じように相手の立場に立って考えます。これが、より良い人間関係の構築となり、最終的にはよい仕事となります。

さらに、相手の立場に立って考える事で派生することは多岐にわたりますが、普段から注意していることでメリットは沢山あります。

一つとして、採用担当者に与えるイメージなどが影響するのが相手の立場に立っているかどうかです。これは、面接を受けている本人は気が付かないかもしれませんが、実は採用担当者は沢山の応募者を見ている事もあり、色々な事に気が付きます。その一つが、相手の立場に立って考える習慣があるかどうかも面接で分かります。

採用担当者は、この相手の立場に立った考えや言動をしているかチェックします。これはどこの職場でも必要とされる基本的な事なので、毎日一度は意識して相手の立場に立って考える事が出来るようにしましょう。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できる可能性があります。

転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができるかもしれません。
転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests