Search

検索したいワードを入力してください

異動が不安なのは当たり前!原因別に心配を和らげる方法を紹介

更新日:2022年08月24日

異動することになり、異動先のことを考えると不安になっているという方も多いのではないでしょうか。本記事では、異動によって起こる不安の原因について紹介していきます。不安の原因別に対処法を紹介しているため、異動を言い渡されて不安な方は参考にしてください。

「どうして異動が不安になるのかな?」
「人間関係の不安を少しでも和らげる方法ってある?」
「不安で体調不良に陥ったときどうすればいい?」
このように、異動に対して不安や疑問を持つことはあるでしょう。

異動で仕事の環境が変わることにより、さまざまな変化が生まれます。今よりも良い労働環境かそうでないかは、異動してみなければわかりません。

本記事では、異動が不安な原因にはどのようなものがあるのか、不安に対しての対処法などを紹介していきます。

この記事を読むことで、異動後職場での行動、仕事への向き合い方について、気を付ける点など分かってくるでしょう。異動の不安を乗り越える方法が見えてきます。

これから異動を控えているという方、異動した後、仕事で悩みを抱えている方などは、ぜひ参考にしてみてください。

異動が不安な原因

最初に、異動が不安な原因について紹介します。問題を解決するためには、原因となる部分に向き合う必要があります。

異動が不安な原因が分からないままでは、不安を克服するためにいつまでも対策が取れず効果的な変化を起こせません。人によって不安を感じる部分は異なるため、自分の性格的特徴や気持ちなどを整理してみてください。

人間関係の不安

異動すると、すでにできあがった人間関係の中に入っていくことになるため、その人たちと馴染めるか、上手くやっていけるかなどの不安が生まれることがあります。

もともと、コミュニケーションを取ることが苦手な人にとっては、人間関係の構築には時間がかかります。

特に、悪い噂を事前に聞いていた場合は、不安な気持ちが膨らみやすいでしょう。管理職として異動するときは、その人たちをまとめなければならず、負担が大きいことが予想されます。

仕事内容の不安

今までいたポジションの仕事に慣れていたのに、異動すれば業務内容が変わり、新人のように右も左も分からない状態になってしまう可能性もあります。

特に、今までの仕事もこなせるようになるまで時間がかかった人は、異動先で周囲から求められるレベルの仕事ができるか、怖くなってしまうのではないでしょうか。

異動先が多忙だったり、人不足だったりすると事前に聞いていれば、きちんと仕事の引き継ぎをしてくれるのかという不安も生まれます。また、覚えることが多いような職種では、業務をこなせるのか不安になるでしょう。

働き方や環境の不安

異動した先の部署によっては、仕事量が多く、残業が多かったり、休日出勤が必要になったり、有給が取りにくかったり、今まで通りと同じ働き方や環境ではないということもあります。

そうなってくると、「今までのように仕事とプライベートを両立できないかもしれない」「疲労やストレスが重なっていきそう」などの問題が発生してくるでしょう。

また、転居を伴う場合は、新しい土地に馴染めるかといった不安もあります。交通マナーが悪かったり、田舎で夜遅くまで空いているお店が少なかったり、「生活しづらいな」と思いそうな不安も思い浮かぶでしょう。

人間関係の不安を和らげる方法

ここからは、人間関係の不安を和らげる方法を紹介していきます。異動すれば、関わる人が大きく変わります。これまで人間関係で上手くやれていた人も、異動後はどうなるか分からないでしょう。

良い人間関係の構築に自信がある人でも、今回の異動では自分とは気が合わない人や、気難しい人がいる可能性もあります。

まずは、自分に対して良い印象を持ってもらうことや、周りと打ち解けていけるようにすることに関して力を入れていきましょう。そのためには以下のような方法がおすすめです。

積極的に挨拶をする

挨拶は人間関係の基本です。「おはようございます」「おつかれさまです」、この2つだけはしっかりと言えるようにする必要があります。

気持ちのいい挨拶ができるかできないかで、あなたの印象は変わってくるでしょう。「爽やかだな」「仕事ができそう」「素敵な挨拶でこっちも元気をもらえる」、このように思われると、あなたともっと会話したいと思う人が増えていきます。

今まで挨拶をあまり意識できていなかった人は、これを機に挨拶は積極的にしようと心がけてください。

また、挨拶はどのような相手でも平等に行いましょう。苦手だからと挨拶を避けてしまうと、その人との関係が悪くなっていきます。

相手の名前で呼ぶ

職場で会話する際は、なるべく相手の名前で呼ぶようにしていくと、相手を認識しているというサインになり、その場に溶け込みやすい傾向があります。自己紹介で相手の名前を知った後は、きちんと名前を覚えて、積極的に相手の名前を呼んでいってください。

たとえば「すみません、これはどうしたらいいでしょうか」と名前を呼ばない場合、誰に話しかけているのか分からない問題が発生します。名前を呼ばれないことに対してイライラする人も出てくる可能性もあります。

人の顔と名前を憶えるのが苦手な人は、名前と職場の席を書くなど、自分なりに覚える工夫をしましょう。

積極的に声をかける

もし、困っている人を見かけたときは、積極的に声をかけましょう。困ったときこそ、助けに入ると感謝されます。それをきっかけに信頼関係が生まれることがあるでしょう。

たとえば、突発的なトラブルなどによって既存の業務に時間をさけなくなっているようなときに、既存の業務を引き受ける、問題解決するための力になる、残業しているときにその人の仕事を手伝うなどすると良いでしょう。

このようなことが同じ部署の人に起きたときは、他人事と思わず積極的に「どうしました?」「何か力になれることがあったら言ってください」などと声をかけてみてください。

次のページ:仕事内容の不安を和らげる方法

初回公開日:2022年08月24日

記載されている内容は2022年08月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests