Search

検索したいワードを入力してください

コンビニの正社員の平均給料はいくら?仕事がきついって本当?

更新日:2022年07月20日

コンビニの正社員として働きたいと考えている人はいるでしょう。しかし、コンビニの正社員は、「給料がやすく、きつい」と聞きます。果たしてそうなのでしょうか。本記事を読むことでコンビニの正社員の仕事や給料を知ることができます。気になる人は是非ご覧ください。

「コンビニの正社員で働きたいけど給料はいくらなんだろう」
「コンビニは24時間営業がほとんどだけど、正社員はどんな働き方をするの?」
このように考えている人もいるでしょう。

コンビニエンスを英語で表現すると「convenience」となり、「便利」という意味があります。コンビニエンスストアは、生活で必要なものをそろえることができる便利な店ということです。そんなコンビニエンスストアで正社員として働きたい人もいるのではないでしょうか。

本記事では、コンビニエンスストアの正社員の給料や仕事内容についてお伝えします。

本記事を読むことで、コンビニエンスストアの正社員の待遇や仕事内容を知ることができます。また、正社員になった場合に得られるものや心構えも知ることができます。

コンビニエンスストアで正社員として働きたいと考えている人は、ぜひご覧ください。

コンビニの正社員の給料が知りたい!仕事はきつい?

コンビニエンスストア(以下、コンビニ)は、生活に必要な商品が揃っています。また、24時間営業をしている店がほとんどです。

そんな、コンビニの正社員になった場合、「ノルマがある」、「長時間労働になる」、「休みが取れない」などの話を聞きます。果たしてそれは本当なのでしょうか。

コンビニの正社員は、コンビニを運営する本社で働く場合と、フランチャイズというコンビニを運営する会社に加盟している、別の事業者が運営する店舗で働く場合があります。

ここでは、主に本社採用のコンビニの正社員の給料やきついという噂の真相について紹介します。

コンビニの正社員にはどんな役職がある?

コンビニの店員を見てみると、「アルバイト」や「店長」と書かれた名札を付けています。では、コンビニの正社員の役職はどのようなものがあるのでしょうか。

コンビニの正社員には、「店長」の他にも役職があります。

ここでは、コンビニの正社員になった場合の役職について紹介します。

店長または副店長

コンビニを運営する本社の正社員として就職した場合、まずは、本社直営店舗の店員になり、その後副店長や店長になります。

入社したばかりのときは、現場を知りながらキャリアを積むのです。

店長の仕事として挙げられるものは、レジ打ちや品出しの他に、アルバイトのシフト管理、本社からの指示やキャンペーンがあった場合の対応があります。また、アルバイトが休んだ場合の補填や商品管理、施設管理、クレーム対応も挙げられます。

そして、副店長は、店長をサポートする立場になります。

OFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)やSV(スーパーバイザー)

店長の経験を積んだ後は、OFCやSVの役職に就きます。

OFCは「オペレーション・フィールド・カウンセラー」の略で、セブンイレブンの役職です。そしてSVは「スーパーバイザー」の略で、ローソンやファミリーマートの役職です。

OFCやSVは、複数の店舗を受け持ち、その店舗に対して、売り上げのアドバイスや店員の指導や店舗の相談に対応する役職です。

場合によっては、店長やスタッフ、フランチャイズのオーナーと一緒にレイアウトや売り上げの戦略を考えたり、本社からの指示に対してアドバイスしたりします。

現場のスタッフとコミュニケーションを取りながら、本社との橋渡しをする役職です。

コンビニの正社員になった場合の給料は?

コンビニの正社員といえども、運営している会社によって給料は違います。また、本社採用の正社員とフランチャイズ店舗での採用でも給料は異なります。さらに、担当する店舗の売り上げや経験によって、給料は変動します。

コンビニを運営する本社の正社員の初任給や月収などはいくらなのかをここでは紹介します。

次のページ:コンビニの正社員が収入を増やす方法

初回公開日:2022年07月20日

記載されている内容は2022年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests