Search

検索したいワードを入力してください

どんくさいと思われやすい人の特徴|原因や直す方法などを紹介

更新日:2022年07月27日

どんくさい人と思われていて、改善したいと悩む人も多いのではないでしょうか。本記事では、どんくさい人と思われやすい人とはどういった特徴を持っているか、その原因や直す方法について紹介します。どんくささを直すために行動を起こしたい方は参考にしてください。

「どんくさいと思われやすい人の特徴って?」
「どんくさいって悪いこと?」
「どんくさい性格を直す方法ってあるのかな?」
このように、どんくさいことについて、疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

自分がどんくさくて、仕事で思うような成果を出せていない、上司などから怒られることが多い、周りに迷惑をかけているなど、悩みを抱えている場合は、どんくさい部分を直す方法を模索していることもあるでしょう。

本記事では、どんくさいと思われてしまう人はどのような性格か、どんくさい原因や直す方法について紹介していきます。

この記事を読むことで、自分のどんくささにつながっている性格的特徴や原因など気づける部分も見えてくるでしょう。どんくささを直す良いきっかけにもなります。どんくさいと思われないようにしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

「どんくさい」とはどういうこと?

「どんくさい」とは、物事の処理が遅く、要領や腕前が悪い、行動の鈍さなどを意味する言葉です。どんくさい人とは、周囲の人と同じペースで動けなかったり、こなしてほしい内容ができなかったりして、1人だけ後れをとっている状態の人を指します。

どんくさいと思われやすい人の特徴

最初に、どんくさいと思われやすい人の特徴から見ていきましょう。どんくさい性格を直すには、どんくさい性格とはどういった特徴を持っているか確認することも大切です。

どんくさい性格の人は「ペースが遅いだけでそんなに悪いことなのかな」と思っていることもあります。または、自分のどんくささに気づけていないこともあるでしょう。

その場合は、どんくさいと思われやすい人の特徴を知ることで、「自分はどんくさいと思われる要素を持っているんだ」ということが判明します。

このような気づきが、どんくさい性格を直す意識にもつながる大切なポイントになるでしょう。

  • マイペース
  • 細かい作業が得意ではない
  • よく落とし物や忘れ物をする
  • 臨機応変な対応が苦手
  • 運動が得意ではない
  • 気を利かせることが難しい
  • 決断や行動に時間が必要
  • 優先順位の判断が難しい
  • ミスをすることが多い
  • 謝っている場面が多い
  • 話したことをすぐ忘れる
  • 返事のテンポが遅い

マイペース

周りの速度を気にしないマイペースさは、どんくさい人と思われる特徴として大きいでしょう。このようなタイプは、周りが忙しそうにしていても、自分のペースを変えることがありません。

急かされてやっと「今は急ぐときなのか」と気づくことも多いですが、だからといってどんくさい人のペースはそこまで上がることはないでしょう。

「マイペースなことで、人に嫌われてしまうようなことは早々ない」「そのくらいでいろいろ言う人は心が狭い」と考えていたり、どんくさいことで周囲に迷惑をかけても、「このくらい許容範囲だろう」と思っていたりすることがあります。

細かい作業が得意ではない

細かい作業が得意かどうかは、手先が器用なことや一定の集中力が問われる能力です。精神を統一して作業にあたらなければできないことも多く、どんくさいと思われやすい人は、細かい作業ができそうに思われないでしょう。

どんくさい人の場合、もし細かい作業を任されても、集中力が持たず仕上げきれない可能性があります。すぐに怠けてしまい「こんな細かい作業は大変だ、この程度やればいいだろう」と、手を抜いてしまうでしょう。

よく落とし物や忘れ物をする

どんくさいと思われやすい人は、注意力が散漫なところから、落とし物や忘れ物をすることが普通の人よりも頻繁なことがあります。たとえば、財布を落としたり、家にスマートフォンを忘れてきてしまったりすることが多いです。

このようなうっかりミスは、傍から見ると「しっかりしていない」「どんくさい」というマイナスの印象として残ります。

落とし物や忘れ物をすることは、プライベートであればいいですが、仕事で大事な資料を落としたり、予定を忘れたりすると大変です。自己管理ができない人、不誠実な人などと思われてしまうでしょう。

臨機応変な対応が苦手

思考ペースもゆっくりのため、臨機応変な対応が苦手なことも、どんくさいと思われやすい人の特徴です。たとえば、予想になかったような事態が起きたとき、どうすればいいのか答えがなかなか出てこないでしょう。

特に問題が起きていないときもゆっくりペースですが、不測の事態でもその調子は変わりません。焦っていたとしても、思考が働かず的確な行動が取れないでしょう。

そのため臨機応変な対応が頻繁に起こりやすい業種や職種では、どんくさいと思われる場面が多くなります。

さまざまな人を相手にする接客業や、不具合が発生する可能性のあるIT関連の仕事は、状況に応じた行動が取れるかは重要になるため、どんくささを改善しない人は注意されることが多いでしょう。

運動が得意ではない

次のページ:気を利かせることが難しい

初回公開日:2022年07月27日

記載されている内容は2022年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests