Search

検索したいワードを入力してください

【例文付き】ケーキ屋への志望動機の書き方|職種別の志望動機

更新日:2020年08月20日

ケーキ屋の志望動機の書き方を主に解説した内容となっています。ケーキ屋の志望動機例文、面接カードで大体決まってしまう!、面接時の対策、ケーキ屋の志望動機〈パティシエ編〉、ケーキ屋の志望動機〈販売編〉、番外編で事務職志望動機などについても解説しております。

ケーキ屋の志望動機の書き方

今回はケーキ屋の志望動機について解説していきます。ケーキ屋で働くにはどのように志望動機を書けばいいのか考えていきましょう。

ケーキ屋の志望動機例文

ケーキ屋の志望動機を書くときになぜうちのケーキ屋なのか。と思うところもありますので、事前にどんなケーキ屋か下見をする必要があります。また、お菓子作りが好きだったり、ケーキ屋で働くことが夢だったエピソードを書くことも良いでしょう。それらを踏まえて志望動機の例文を書いていきます。

『私は幼少期からケーキ屋で働くことが夢でお菓子作りが大好きです。貴社のケーキで○○の△△がとても××で感動しました。その味が今でも忘れられなくて貴社で働きたいと思い応募させていただきました。』

このように、面接を受けるケーキ屋の情報を入れることによりどんな姿勢で仕事をしたいかが面接官に伝えることができます。

履歴書でのアピールの仕方とは?

志望動機が固まればあとは履歴書です。履歴書で面接官で見るところはズバリ職歴です。転職を短いスパンでしている人は面接官からすると「うちに入っても直ぐに辞めてしまうのでは?」とこのような印象を与えてしまってマイナスなイメージを与えてしまいます。

しかし、過去のことは消すことはできません。そこで次に重要なところは自己㏚分です。そこで「自分」を知ってもらうためにどんな人柄なのか、過去にどんな活動をしてきたのか。などをしっかりアピールしましょう。

面接カードで大体決まってしまう!

面接カードとは企業独自の質問項目がある紙のことです。内容は、職務履歴、前職の退職理由、志望動機、趣味について、自己㏚など履歴書が少し詳しくなったものだと考えてください。ケーキ屋の個人店はこのような面接カードを利用してるところは非常に少ないです。

履歴書との違いはぶっつけ本番で書かなくてはいけませんが、面接の準備をしっかりやっていれば答えられる質問ばかりなので大丈夫でしょう。記入する際、制限時間もありますが、相手の人に分かりやすく丁寧に記入することもポイントです。

面接時の対策

次に面接時の対策です。面接で志望動機は100パーセント聞かれます。しっかり内容を煮詰めて話せるようにしておきましょう。その時に暗記したような口調にならないことがポイントです。面接では問いに対し、どのように応対するのかを見ています。志望動機は誰もが準備してくる内容ですので志望動機をしっかり言えてもまだ安心はできません。

志望動機も勿論重要な内容ですが、一番は自分が用意してきてない問いに対して応対できるかがポイントになります。ケーキ屋の個人店の面接は企業と違い難しい質問はあまりされません。ケーキ屋の場合は「続けていけるか」を見ています。

何故ならば、ケーキ屋の仕事はかなりの肉体労働で長時間労働になるからです。正社員で雇ってすぐに辞められてしまったら会社側も大損失しまうからです。

職種別の志望動機

ケーキ屋の中でも職種が販売・製造と分かれます。そこで職種別で志望動機を解説していきます。また、ケーキ屋に限らない志望動機も解説していきますので職種によって志望動機の書き方の違いについて比較していきます。

ケーキ屋の志望動機〈パティシエ編〉

パティシエ希望の志望動機はどのように書いていけば良いでしょうか。パティシエの人は勤めたいケーキ屋のケーキを食べて下見をする必要があります。そのケーキを作りたい意思や前職でやってきたことをアピールしましょう。また、新卒でパティシエを目指す人は技術よりもその人の人柄を見られます。

ケーキ屋のパティシエは聞こえは華やかな職業に見えますが、体育会系な仕事が多いです。粉や砂糖も一袋25㎏~30㎏もあるものを運んだり容器に移し替えたりする作業もあります。それとは変わり細かい繊細な作業を長時間しますので、集中力、忍耐力や体力に自身があることをアピールすると印象が良いでしょう。

ケーキ屋のパティシエは始めの修行段階は一番キツイ時期です。それに向き合って練習を沢山して技術を習得するととても楽しくやりがいのある仕事に変わります。素直に頑張れる人はそれなりに力をつけることができます。

ケーキ屋の志望動機〈販売編〉

ケーキ屋の販売の志望動機について考えていきます。販売になりますので「どうしてケーキ屋の販売をしたいのか」について考える必要があります。販売の場合はお客様と直接関わる仕事になりますので、お客様がどのケーキを買おうか悩んでいたらどのようなケーキを求めているか会話の中で判断し、適切に提案をしたい!

など自分が勤めたときにやりたいことを描けていることを書くことができれば面接側もとても意欲があると評価してくれるでしょう。ここでなければいけない理由がありますと良いです。また、ケーキ屋の販売はお客様との距離が一番近い関係になりますので、勤めているとクレーム対処もしなければいけません。

お客様の中には理不尽なことを言う人もいますので、その時の対応の仕方やメンタルの強さがあるとよりアピールポイントになります。新卒の場合は明るく対応できるか、話し方に注目されますので、言葉使いを徹底しましょう。

事務職志望動機

ケーキ屋と直接関係はありませんが、番外編で事務職の志望動機について考えていきます。事務職は今まで体力面や明るさだったり、一般のお客様の対応となっていましたが、事務職にも色々な部門がありますが、企業相手のお客様との接触が多くなり同じ「お客様」でも全然変わってきます。

そのため、事務職では「正確さ」をかなり重視されます。どんなに小さいことでも後々大きな問題になってしまうからです。事務職では数字一つミスが許されないパティシエとはまた違った細かな作業内容になりますので、それを集中して黙々とできる人物を求めています。先ほど企業相手のお客様との接触が多いとの話をしましたが、事務職の仕事はパソコン作業だけではなく、電話対応も多いです。

大事な話を伝え忘れてしまったり失礼な対応をしてしまい、お客様との取引が白紙になってしまったら会社の大損失にもなります。そういったことも踏まえとても責任感が問われる仕事です。事務職の場合はパソコン操作の技術がすべてなところがありますので、即戦力を求められます。志望動機では会社の事業内容に触れて自分の技術をアピールしましょう。

正社員・アルバイトの志望動機の違い

正社員とアルバイトの志望動機の違いは正社員はその会社で安定した雇用で雇ってもらう立場なので、それなりに熱意のある志望動機でないと受かりません。志望動機に限らず面接をしていて見破られるでしょう。

それに対しアルバイトの志望動機は頑張る意欲だったり、その仕事に興味があったなどの内容で良いでしょう。また、稼いだお金の使い道が明確な人は目標を掲げても良い印象です。アルバイトの場合は正社員とは違い、意欲がある人は受かります。

正社員の場合は意欲は十分にあっても会社側がうちとは社風が合わないと判断されたら落とされてしまうので、企業研究の時間をしっかり取って取り組んでいきましょう。

志望動機は慎重に!

以上、ケーキ屋に関する志望動機についてまとめましたがいかがでしょうか。新しく違う職種に転職する人は志望動機は明らかにしてそれを元にしっかりとした意思の芯を作りましょう。その芯が固まっていないと面接の時点でもろく崩れてしまいます。転職をする場合はそれなりの覚悟を持って転職に挑みましょう。

そして、同じ職種での転職を考えている人は今転職をしていいのかしっかり考えてから行動に移してください。中途半端な気持ちで転職をしてしまうと後悔がどこかしらで出てくるものです。転職時期を考えて本当にやりたいことがその先にあると確信している場合はその転職は成功するでしょう。

「転職したい」と思う時期は自分自身を見つめ直す時期です。自分自身と向き合って今後の将来のビジョンを考えていきましょう!

初回公開日:2017年08月29日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests