Search

検索したいワードを入力してください

【例文付き】ケーキ屋への志望動機の書き方|職種別の志望動機

更新日:2020年08月20日

ケーキ屋の志望動機の書き方を主に解説した内容となっています。ケーキ屋の志望動機例文、面接カードで大体決まってしまう!、面接時の対策、ケーキ屋の志望動機〈パティシエ編〉、ケーキ屋の志望動機〈販売編〉、番外編で事務職志望動機などについても解説しております。

ケーキ屋と直接関係はありませんが、番外編で事務職の志望動機について考えていきます。事務職は今まで体力面や明るさだったり、一般のお客様の対応となっていましたが、事務職にも色々な部門がありますが、企業相手のお客様との接触が多くなり同じ「お客様」でも全然変わってきます。

そのため、事務職では「正確さ」をかなり重視されます。どんなに小さいことでも後々大きな問題になってしまうからです。事務職では数字一つミスが許されないパティシエとはまた違った細かな作業内容になりますので、それを集中して黙々とできる人物を求めています。先ほど企業相手のお客様との接触が多いとの話をしましたが、事務職の仕事はパソコン作業だけではなく、電話対応も多いです。

大事な話を伝え忘れてしまったり失礼な対応をしてしまい、お客様との取引が白紙になってしまったら会社の大損失にもなります。そういったことも踏まえとても責任感が問われる仕事です。事務職の場合はパソコン操作の技術がすべてなところがありますので、即戦力を求められます。志望動機では会社の事業内容に触れて自分の技術をアピールしましょう。

正社員・アルバイトの志望動機の違い

正社員とアルバイトの志望動機の違いは正社員はその会社で安定した雇用で雇ってもらう立場なので、それなりに熱意のある志望動機でないと受かりません。志望動機に限らず面接をしていて見破られるでしょう。

それに対しアルバイトの志望動機は頑張る意欲だったり、その仕事に興味があったなどの内容で良いでしょう。また、稼いだお金の使い道が明確な人は目標を掲げても良い印象です。アルバイトの場合は正社員とは違い、意欲がある人は受かります。

正社員の場合は意欲は十分にあっても会社側がうちとは社風が合わないと判断されたら落とされてしまうので、企業研究の時間をしっかり取って取り組んでいきましょう。

志望動機は慎重に!

以上、ケーキ屋に関する志望動機についてまとめましたがいかがでしょうか。新しく違う職種に転職する人は志望動機は明らかにしてそれを元にしっかりとした意思の芯を作りましょう。その芯が固まっていないと面接の時点でもろく崩れてしまいます。転職をする場合はそれなりの覚悟を持って転職に挑みましょう。

そして、同じ職種での転職を考えている人は今転職をしていいのかしっかり考えてから行動に移してください。中途半端な気持ちで転職をしてしまうと後悔がどこかしらで出てくるものです。転職時期を考えて本当にやりたいことがその先にあると確信している場合はその転職は成功するでしょう。

「転職したい」と思う時期は自分自身を見つめ直す時期です。自分自身と向き合って今後の将来のビジョンを考えていきましょう!

転職を考え始めたら

転職を考え始め、どのように転職活動を進めたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。そんな方は転職エージェントに相談して、転職を有利に進めましょう。

しかし、転職エージェントの多様化も進み、どの転職エージェントにすれば良いのか迷う方が非常に多いです。

どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントをチェックしましょう!

初回公開日:2017年08月29日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests