Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月22日

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

新卒の正社員採用と、契約社員の採用では、企業側が応募者に求めるものが違っています。採用してから教育し育てていく新入社員と違って、契約社員に求めるものは、即戦力になる知識とスキルです。契約社員を採用する企業が、応募者のどこに注目しているのか、考えてみましょう。

契約社員面接の前にやっておくこと

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

契約社員募集の書類審査で面接が決まると、応募先企業から面接日の連絡があります。面接日時が決まったら、書類審査に提出した履歴書と職歴書を見直し、経歴とスキル、実務での経験を確認しておきましょう。

契約社員を採用するための面接では、職歴について質問される場合も少なくありません。記述された内容と、面接当日答えた内容に違いが生じないように、提出した履歴書と職歴書を読み直して再確認することが大切です。

社会人経験が大きなポイントに

学歴が大きなウェートを占める学卒と違い、社会人経験が大きなポイントになる契約社員採用の面接では、従事してきた職務と役割が重要になります。

面接の場で、提出書類と答えている内容に食い違いのないように、面接前に職歴と経歴を履歴書と職歴書の両方を見直すことが非常に重要です。面接で質問された時、記憶をたどって考え込んだり、迷ったりすることは、面接官の印象を落とすことに繋がります。

契約社員採用の人事面接では、担当者は1人~2人の場合が多いのですが、2次面接になると面接官は3人~5人になることがほとんどです。面接官全員が提出した履歴書と職歴書手元に置いているので、応募者のことをある程度把握しています。

そのため、どの面接でも提出書類と話している内容とに違いが生じないように、今までの経験を振り返り、しっかり確認しておくことが大切です。

経験値の確認

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

契約社員として採用される場合、その経験値をどのようにアピールができるのか重要になります。ここでは、自己PR方法についてご紹介します。

採用の有無を左右する社会人としての履歴

新卒採用と違い、契約社員採用では学歴を詳しく説明することはあまりありませんので、主に伝えるのは卒業年度、大学、専門学校の名前、専攻した学部程度です。この時、研究成果が雑誌に掲載された、表彰を受けた、リーダーを務めた、イベントを主催したなどの特別なことがあれば伝えると良いでしょう。

履歴の説明に時間を割くことを企業側の面接官は望んでいないので、ポイントを押さえて話すことが大切です。成し遂げた成果、得られた物などのトピックのみを簡潔に伝えられると、印象のアップに繋がります。

社会人としての履歴は、契約社員として採用するかどうかの判断に大きく影響します。即戦力としての採用を希望しているのが契約社員枠なので、実務に関する履歴は採用の有無を左右する大切な要素になります。

契約社員の職歴書

正社員か契約社員かという条件に関わらず、社会人経験値や履歴書の書き方、面接での話し方で面接官に与える印象が大きく変わります。勤務してきた企業が1社の場合には説明が簡単ですが、勤務社数が増えた数だけ印象を落としていくのが職務経歴です。

日本の企業の人事担当者の中には、今なお勤続年数で人物像を計る担当者が少なくないので、正社員や契約社員として就業した企業数が4社以上あると、印象はとても低くなる傾向があります。なぜなら、「転職回数の多い人は仕事が長続きしない人」というイメージに繋がるからです。

職務経歴を見る場合、担当者は細かい状況を加味してくれません。元々の契約が短かい場合や、会社との契約の都合で本人の意思や現場の意思に関わらず移動せざるを得ない場合もあります。会社都合だった場合でも、職歴として記述したり話す場合には、ワガママで放棄したのと同じ「転職」というくくりになってしまいます。

戦力になることをアピールできる職務経歴に

勤務してきた会社数が多いほど、職務経歴について最初の会社から順番に話すことは大変です。こんな場合、同じ内容の職務をひとつとして考えると、面接官にも簡潔に伝えられます。例えば、下記の事例について考えてみましょう。

■4社の勤務経験がある場合
A社 2000年4月入社 菓子製造 
A社 2001年3月退職
B社 2001年4月入社 菓子製造
B社 2001年12月退職
C社 2002年1月入社 菓子製造
C社 2003年7月退職
D社 2003年8月入社 菓子製造
D社 2017年9月退職

4社の名前を記述するのも伝えるのも大変です。こういう時は、履歴を作業内容の視点でまとめても構いません。

2000年4月~2017年9月 菓子製造

即戦力として何ができるのか、自信を持ってアピールできるのはなにか?自信を持って話せるように確認しておきましょう。

契約社員採用 面接は何回あるか

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

契約社員採用の面接は、何回行われるのでしょうか?面接回数は応募先の会社がどの分野の会社であるかでも異なります。多くは1次面接と2次面接の2回ですが、役員面接が行われる場合は3回です。企業の規模が大きい場合は、役員が社員採用に深く関わることは少なく、正社員ではなく契約社員の採用となると、これに役員が関わることはほぼありません。

反対に規模の小さい会社の場合は、2次面接合格者に役員が直接会ってから、最終的に採用の合否を決定する場合も多くあります。

次項から契約社員を採用しようとする企業が、応募者のどこに注目しているのか、契約社員として求めている人材はどのような人材なのか、契約社員の採用面接で質問される内容を詳しくみていきしょう。

契約社員面接の際の面接内容・質問

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

1次面接

1万社以上の企業が取り入れているSPI試験

契約社員採用の場合に行われる筆記試験は、SPI試験のミニ版というと想像がしやすいでしょうか。大学・専門学校を卒業して就職活動を経験した方は、SPI試験を受けた経験がある方が多いのですが、SPI試験は歴史が浅いため40代以上の方は、馴染みがない方も多い試験です。しかし、現在は1万社以上の企業が新卒採用に取り入れているのがSPI試験です。

契約社員採用で行われる筆記試験は、新卒試験で行われるSPI試験の縮小版と考えて下さい。SPI試験は「適性検査」として知られています。それぞれが持っている個性と性格を総合的に評価する試験で、社会人経験者を採用する契約社員面接でも、筆記試験の前半にこのSPI試験が取り入れられている場合が多くみられます。

このSPI試験では、基本的な計算力や漢字の読み方が分かっているか、書き取りができるか、ことわざの意味についても出題されることもあります。

ビジネスマナーも問われる社会人試験

社会人経験者を即戦力として採用する契約社員採用の場合、SPI試験に加えて社会人としてビジネスマナーが理解できていること、一般常識が身に付いていることも問われます。他には、電話応対や外来者への応対ができるかという基本的内容に加え、募集する分野の基礎知識も出題されます。

1次面接の最初に実施されるこの筆記試験では、即戦力として採用する契約社員の基本的な能力を計っています。この筆記試験の結果が契約社員としての採用の合否に大きく関わることはほぼ無いと言われていますが、良い結果を出すことができれば、良い印象を持って2次面接や契約社員採用へと近づけるのは確かです。

人事担当者からの条件確認

契約社員採用の面接で最初に行われるのは、人事担当者による面接です。通勤時間、出社時間、採用された場合の交通手段、日曜祝日の勤務が可能か否か、残業はできるのか、給与の希望額についてなど、労働条件を確認いた上で、本人の希望と合致しているかを確認していきます。

前職からのブランク

職歴からブランクがある場合、その期間に何をしていたのかを問われることもあります。この質問に対して提出書類との食い違いがある場合や的確に答えられない場合には、この面接で落ちてしまうこともあります。契約社員ですから、労働条件が一致しない場合や明かに通勤が困難と判断された場合にも、ここで終わる可能性もあります。

特に直近の前職については、退職理由を必ず聞かれます。答えられるようにしておきましょう。契約社員としての労働条件を確認された場合は、希望をはっきり伝えます。休日出勤なら、毎週出勤でもよいのか、毎週は無理でも隔週ならできるのか、月に1回ならできるのか、無理しないでできる範囲を伝えます。

残業ができるか否かはハッキリ伝えましょう

残業に関しては、残業ができるのか否か、毎月どの程度の時間であれば可能なのか、1週間単位の可能残業時間はどの程度なかを事前に伝えることも必要です。習い事をしている場合やジムに通っているなど、残業ができない日はあらかじめ伝えておくと無難です。お子様の保育園のお迎え時間や習い事でやむを得ず外せない曜日ははっきり伝えることが大切です。

残業ができない日をきちんと伝えたことで「採用されなかったらまずい」と自己判断し、「大丈夫です」「できます」などと虚偽を伝えることは控えましょう。入社後に残業や休日出勤ができない状況にも関わらず、それが必要な部署に配属される可能性があるためです。

契約社員として入社できたのに、無理を続けて結果的に短期間で退職してしまっては、苦労して書類選考や面接試験を突破した意味がなくなってしまいます。

1次面接で落ちる理由

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

契約社員採用の1次面接では詳しい職歴や知識ではなく、社内の雰囲気に合っているか、しっかりした応答ができるかという点が重要視されます。暗い印象を与えたり受け答えがはっきりできていない場合は印象を悪くします。

専門的な知識やスキルの確認が大きな要素になる2次面接と違い、協調性や熱意というヒューマンスキルを求められる1次面接では、明るく元気に質問されたことにはっきり答え、社会人としての自信を持って対応できているかがポイントになります。

2次面接

正社員は新卒を採用し、教育していくことを前提にしていることがほとんどです。それに対して、契約社員は即戦力として活躍できる人材が求められる傾向にあります。

契約社員採用の合否を左右する2次面接では、聞かれる質問内容も熱意や協調性を問われる1次面接とは異なり、いま企業が直面している現場で即戦力になりえるか否かという、スキルと経験値を問うものになります。

契約社員が担う役割は、それだけ大きいと言え、新卒以上に即戦力としてその力を求められています。

質問内容とアピールポイント

契約社員採用では、応募した分野での経歴と知識の確認、現場でのスキルを評価するために前職での役割と何を達成してきたかなどの具体的な内容を質問されます。

この時、ただ単に質問に答えるのではなく、応募先の企業に対してどれだけの熱意を持っているのかも併せてアピールするようにしましょう。

なぜ、契約社員としてその職場に応募を決めたのか、契約社員としての仕事に対する熱意がどれだけ感じられるか、契約社員として企業に入社することができた時、持っているスキルと経験でどのような貢献ができるのかなど、具体的に話せることが重要です。

経歴と職歴を簡潔に伝える

契約社員の採用面接では「今までの経歴と職歴を教えて下さい」と重要な質問をされる場合があります。

契約社員採用の一番の目的は即戦力です。社会人経験を積んできた契約社員は、それぞれ違う経歴と職歴を持っています。そのため、応募者のスキルと経験を図る目的で面接の初めに聞かれる質問です。

業務で役立つ資格があれば、なぜ取得したのか、その資格を仕事でどう活かしたのか、応募先の会社でどう活かせるのかを含めて話しましょう。またトラブルに直面した時、どのように解決し、それにより得られたもの何にかなど具体的に明確に話しましょう。

また、退職理由についても明確に答えられるよう事前に準備しておくことが大切です。

ポジティブにハイテンションで

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

契約社員採用の面接に限らず、面接という状況では常にテンションを高めに設定し、ポジティブに、そして視線を落とすことなく面接官に向けて話すことが大切です。

自分では「やり過ぎ」だと感じるくらいのテンションを設定しておくのが理想です。また、視線を落としたり、暗い顔を見せるのは大きなマイナスポイントになりますので、常に笑顔で面接官の目を見て話しをしましょう。

面接官が複数名の場合は、順番に面接官へ視線を移しながら話します。この際、直立不動で話すよりもジェスチャーを加えて話す方が、話の内容が面接官に伝わりやすいので、可能な範囲でジェスチャーも加えながら話をすると良いでしょう。

協調性の有無を問われる質問とは?

同期入社の仲間がいない、または極めて少ない契約社員の場合、配属される現場は「完全アウェイ」だと言えます。現場に上手く溶け込めるか、協調性はあるのかを計るためにされる質問があります。それが「同じ職場に嫌な人がいたらどうしますか」という質問です。

この際、契約社員として採用してもらいたい一心で「私誰とでも仲良くできるので嫌な人いません」と答えるのはNGです。面接官から求められているのは、実際の現場で人間関係が上手くいかなかった場合の対応です。そのため「私は大丈夫です」という答えを求められている訳ではありません。

積極的にコミュニケーションをとる、こちらから挨拶をするなど、実際の現場でどう対応するのか具体的な対応について質問されているので、人間関係改善のための手段や行動を伝えることが大切です。

インターネットでの下調べは必要か

応募先企業のホームページは、面接前に必ずチェックする必要があります。会社概要、経営理念、業務内容、採用情報、代表者の名前、簡単な経歴を熟読し、頭に叩き込んでおくと安心です。

面接では「ホームページを見ていただけましたか?」と質問されることもあります。「見ていません」というのは印象を落とす原因になります。代表者がマスメディアなどに取り上げれている場合には、その情報をチェックすることも大切です。

就活に関するサイトでは、「こう質問されたらこう答えましょう」、「質問を問われたらこんな質問をしましょう」という面接対策が多く掲載されています。面接を控えている人の多くが目を通していますが、ネットで調べた質問や回答を面接官にぶつけてはいけません。

担当者もインターネットをフル活用していますので、各サイトに頼らず、スキルと知識、積んできた経験値を基に自ら考えた言葉で話すことが大切です。

契約社員採用 役員との面談

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

契約社員採用の2次面接に合格すると、役員との顔合わせを目的にした、3次面接が待っている場合があります。2次面接で合否の答えは出ていますので、役員面接が原因で不採用になることは、ほぼないと言えます。

しかし、不合格になる可能性がゼロではありません。この3次面接では、入社した後の希望を聞かれることが多いので、1次面接、2次面接の内容を再確認して、食い違いのないように答えられる準備を整えておきましょう。

契約社員採用の役員面接は、「この人物を現場に入れてやっていくことができるのか」という最終判断をする場として設けられていることがほとんどです。また、直属の上司にあたる社員が役員と一緒に面接に加わることもありますので、常にポジティブな心を大切にすることを忘れないように挑んでください。

採用担当者が繰り出す最後の言葉

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

どの会社でも2次面接以降に担当者が必ずするのが「何か聞いておきたいことがありますか?」という最後の質問です、この時に「大丈夫です」や「特にありません」とは答えない方が印象が良くなります。

この質問では「わからないことを聞きなさい」と言っているのではなく、最後に発言のチャンスを与えるために「何か聞いておきたいことはありますか?」というメッセージに乗せてくれている言葉として解釈をします。

応募先の会社への熱意がどれだけ強いものかを、この最後の質問をいただいた時にしっかりとアピールできるように準備をしておきましょう。

契約社員採用 面接時の服装

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

短い時間の面接にとって、第一印象はとても大切です。「人は見た目ではない」と言いますが、初対面から数分で採用の可否を決めていく必要のある面接では、見た目も重要な要素になります。しかし、ここでの「見た目」は、基本的な容姿の美しさということではなく、清潔で面接という状況にあった服装と靴を選べているかということです。

リクルートといえば黒が一般的ですが、グレーや白、茶色系も問題はありません。清潔で、できれば襟のある服装が、良い印象を与えます。ジーンズやTシャツはもちろんNGです。また、女性の場合は短すぎるスカートを避けるようにしましょう。

靴選びも重要なポイントです。高価なものである必要はありませんが、泥が付いていたり、傷だらけものは避け、清潔で手入れが施された靴を履いてください。面接官の中には、気を抜きがちな靴に注目している人も少なくありません。

面接でスーツは着用すべきなの?

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

契約社員の採用面接を受ける際、スーツは着用すべきでしょうか?各採用現場に合わせて詳しくご紹介します。

営業職、事務職採用ではスーツが無難

男性はスーツの着用が必須と考えます。また、女性はスーツである必要はありませんが、できれば襟のあるものを選びましょう。

面接での印象は、評価に大きな影響をおよぼすだけでなく、一般的に会議や社内行事でも、スーツ着用が奨励されていることがほとんどです。新卒に限らず、契約社員採用面接でもスーツの着用が無難だと言えます。少なくとも、ジーンズにTシャツで面接を受けたら、採用の可能性は極めて低くなります。

製造ラインでの採用もスーツが無難

営業職や事務職に限らず、製造ラインに立って作業する社員も出勤時と退社時の行き帰りには、スーツ着用を奨励している会社もありますので、スーツの着用が無難だと言えます。

現場作業での採用もスーツが無難

スーツには縁遠い職場ですが、やはり本社のイベントや会議、お客様との打ち合わせの席ではスーツ着用が基本です。契約社員採用の面接でもスーツ着用が無難です。

契約社員採用面接で落ちるケースは?

契約社員の面接の際の面接内容と質問・面接時の服装はスーツ着用か

現場にあった知識や経験が不足している場合だけでなく、仕事に対する熱意が感じられない場合や極端にテンションが低い、発言がネガティブなものばかりな場合も、面接での印象を悪くするので、不合格となる場合が多い傾向にあります。

契約社員面接は、前向きな姿勢で

やってきたことは何か、できることは何なのか。何をやっていきたいのかを、しっかり意識して話しましょう。自信を持ってできることは何なのか、どうありたいのか、仕事に対してどれだけの熱意があるのか。他人の言葉を借りるのではなく、考えてしっかり表現できることが大切です。常に前向きでいる事が大切です。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests