Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

転職活動の面接における自分の「強み/弱み」のアピール方法と例

転職面接で「自分の強み」「自分の弱み」をうまく答えられないために失敗してしまった経験はありませんか?仕事は自信があるのに、自分の事はうまく話せない「自分の強み」「自分の弱み」を理解してアピールすれば、一緒に働きたいと思われます。

転職面接で自分の強み・自分の弱みが大切なワケ

転職活動の面接における自分の「強み/弱み」のアピール方法と例

転職者が求められてることは?

転職の面接で企業が求めている事は一言でいうと「安心感」です。解決したい問題があり、人材が必要なので面接をしているわけですが、「この人なら任せられそうだ」「売り上げをあげてくれそう」という「期待感」が欲しいのです。転職者の場合、前職での知識・経験が企業の期待と合致しているかどうかがキーポイントになってきます。

業務経歴書・志望動機・自己PRがこの部分にあたります。期待感を安心感に変えるにはどうすればいいのでしょうか?それが「自分の強み」をきちんと理解できているかどうかになります。今の自分・将来の自分の姿が企業イメージと合ってことが重要になります。そのためには自分の強みすなわち武器を伝える必要あります。

自分の強み・自分の弱みを聞かれるワケ

転職面接にて自分の強み・自分の弱みがなぜ質問されるのかいうと「あなたの人間性」を知りたいからです。志望動機・自己PRは業務に直結した内容になるのに対して、自分の強み・自分の弱みはパーソナルな内容を答えるケースが多くなります。仕事に関連した事例を用いて説明したとしても、あなたがどう考え、どのような行動を取ったのか、そして結果がどうだったのか、問題に直面した時にどのように対処したのかを聞きたいのです。

自分の強み・自分の弱みにおいて大切なのは結果よりも過程です。他人の力を借りた、自分自身で解決した。やり方は千差万別ですし正解はありませんが、企業が転職者の面接でみているのは「問題解決能力」があるかどうかです。これから一緒に働くかもしれない人物がどうやって物事を考えているのかはとても興味がある部分だからです。

自分の強み・自分の弱みの言い方

一緒に働きたいと思わせるためにはどういった言い方をすれば伝わり易いのか?実に簡単な3ステップのセオリーがあります。

第1ステップは「結論を先に言う」です。「自分の強みは○○○です」「自分の弱みは○○○です」といった具合です。

第2ステップは「具体例・実例で説明する」。自分の強み・自分の弱みがなぜ○○○なのかを実体験を元に説明します。必ず体験談を述べてください。自分の人間性をアピールするのに体験談無くして説明する事はできません。

第3のステップは「実例に対して今後どう取り組んでいくのか」という課題対策です。自分の強みならば、「その能力をもっと伸ばす」「プラスアルファで別な事にも取り組んでいる」など未来への挑戦・成長できる自分をアピールします。自分の弱みならば、「失敗しないために気をつける事」「事前にチェックする事をその後3年続けている」など失敗を乗り越えた自分をアピールします。

自分の強み・自分の弱みどちらにもいえる事は、「簡潔」である事・自分自身の事なので「はっきりと言い切る」事です。自分の弱みを語る時「えー」「あのー」というフレーズが多ければ、言っている内容が良くても「大丈夫なのか?」と不安感を与えてしまう結果となります。

“自分の強み”とはなんだろう?

転職活動の面接における自分の「強み/弱み」のアピール方法と例

転職において強みは武器!

転職で企業が期待しているのは「即戦力」「自社にない知識・経験・技術」など前職で得た経験が欲しいのです。転職面接で自分の強みを語る事はすなわち自分という商品がいかに優れているかを相手に分かってもらう事を意味しています。長所ではなく「武器」なのです。相手より少し出来る程度の長所ではなく、自分はこの武器で今まで戦ってきましたと胸を張って言えるモノでなくては相手に響きません。

生い立ち・経験から研いできた武器を、自分の経験談を通して語る事でより説得力が増すのです。転職面接において「自分の武器」を語れないようでは採用はあり得ません。誰とでも取り替えの効く人材とそうでない人材違いは「自分にしかできない」仕事ができるかどうか、すなわち希少性が高いかどうかです。それこそがあなたの武器なのです。

自分の強みを話すときの注意点!

自分の強みは一般的な例を列挙します。協調性がある・真面目である・前向きである・こだわりが強い・好奇心旺盛である・相談事をよく受ける・我慢強いなどです。これらを成功事例と交えて話すとどうしても長くなります。自分の強みをもっと理解してほしいと成功話をだらだらと話してしまいがちになりますが、堪えて「端的に・短く」まとめましょう。相手はこの手の成功話は聞き飽きてます。

ただの自慢話にならないように気をつけてください。意図的に短くまとめ、相手に質問させる餌を話しに埋め込んでおく余裕が欲しいものです。相手が質問してくれれば、間違いなく相手はあなたに興味があります。短くそして、論理的である事が大切です。自分の強みが論破されては人間性そのものを疑われても仕方がないでしょう。志望動機・自己PRと絡めて論理的であるかどうかチェックしてみてください。

自分の強みは生き方そのもの

考え抜いた「自分の強み」は転職活動のために思いついた言葉ではなく、いままであなたが生きてきた人生そのものです。そして、これからもその強みを活かして生きていく事になるあなたの武器です。その「自分の強み」を業務と少し離れたあなたの体験談と共に話す事によって、企業はあなたの人となりをみたいと思っています。転職先の企業によって自分の強みを変える事を否定はしませんが、お薦めできないと思っています。

この会社は体育会系だから行動力を強みにしようとか、技術力が求められるから好奇心旺盛さをアピールして新しい技術を学んでいる姿勢を見せようなど、応募内容によって少し文章に手を加える程度なら分かりますが、自分を変える事はできません。内容のない体験談はうさん臭く聞こえて説得力がありません。企業はあなたがどんな人間でどのように考え、どうしたいのか?を見たいのです。

“自分の弱み”とはなんだろう?

転職活動の面接における自分の「強み/弱み」のアピール方法と例

強みよりも自分の弱みのほうが難しい

強みは必ず出てきます。なかなか見つからない場合でも、自分の過去を振り返り自分の成功体験がなぜうまくいったのか?いつも実行しているプロセスを整理すると導き出す事が必ずできます。しかし、自分の弱みは探し出すとキリがない程出てきてしまいます。人間は基本的に失敗から学ぶ動物だから仕方がないとあきらめてください。そんな「自分の弱み」を相手にさらけ出すのは勇気がいる事です。ましてや転職面接という重要な場面でマイナスアピールをする事に対して慎重にならない人はいないでしょう。

必ずつっこまれる“自分の弱み”

強みの説明では、何の質問が無かったとしても自分の弱みに対しては必ずといっていいほど質問されてしまいます。あなたの人間性を見たい企業側からすると、失敗をどのように捉えたのか?どう解決したのか?失敗しないための策を実行しているのか?を聞きたいのです。それは転職後、仕事であなたは失敗するからです。中途半端な対応では採用できません。

強み同様、論理的な組み立てが必要になります。必ず質問されるので、更に細かく組み立てる必要があります。自分の弱みすなわち失敗から何を学んできたのかが企業にとって最大の関心事ですから、回答に対して疑問があれば容赦なく次の質問が飛びます。面接官も同じような失敗をしているケースも多いからです。

自分の弱みは“自分の考え”で結論づける

自分の弱みに対して質問が飛び交っても心配する必要はありません。逆に質問される事はあなたの人間性に興味がある証拠でもあります。決してネガティブな思考になってはいけません。自分の弱みの解決策が面接者にとって気に入らない対処だったとしても、その時の自分の状況・立場、経験から「自分の考え」で対処に至った理論を説明すればいいのです。その状況はあなたの体験談であって、転職面接者は経験していない事です。論理的に説明すれば相手は納得してくれて、質問は終わります。

もう1つ大切な事は、失敗しないための予防策・対処策についてです。こちらに対しても質問が多いかもしれません。「本当に再発しないのか?」「どれくらい再発防止策を続けているのか?」など聞かれるかもしれません。「完璧に出来ています。再発はありません」と言い切る必要は無いように思います。自分の弱みを理解していて「現在も時々失敗はするが、対処策をその都度修正している」といったように向上性がある方が人間的なように思います。

転職面接では“強み”も“弱み”も同じ事

“自分の強み”・“自分の弱み”なにを聞かれているの?

転職の面接において「自分の強み」「自分の弱み」は表裏一体、同じ事を問われています。客観的に自己分析ができていますか?」という一言になります。自分を理解した上で、「自分の強み」ならば「武器」・「自分の弱み」ならば「課題解決」が論理的に考えられているかどうかです。自分の考えを伝える事により人間性を分かってもらう事が目的になります。共感してももらえれば、「一緒に働きたい」と思ってもらえることでしょう。

自己分析は難しい

転職の面接でもないかぎり普段の生活の中ではなかなか深く考えない自分自身の事。転職を成功させるためだけでなく、今の仕事をもっと良くしたいと思った時にも必要な事です。定期的に見直したいものですが、難しいのが現状です。さらに難しいのは「客観的」という部分です。自分自身を勘違いしている事もしばしばです。タイミングを見て、上司・同僚、または家族や友達に聞いてみるもの1つの方法です。しかし、聞き方によっては嫌煙されてしまうので、それとなく聞いてみましょう。

転職を成功させる!自己分析のサイト紹介

転職活動で利用されている方も多いリクナビが提供している診断サイトです。簡単な質問に答えて、質問あなたの長所を導き出します。

20歳以下だった時に心を戻してあなたの性格を分析します。若い時の思いがあなたの本質だからだそうです。エニアグラムとは「9」いう意味で9種類の性格から分析します。

心理学(交流分析)を利用した無料の自己分析・職業適性検査(適職診断)テストです。200種類のユニークなジャンルに分類します。

転職とは自分と向き合うコト

転職は自分を見つめ直すいいチャンスです。上記リンクは自分を客観的に見直すのに役に立つと思いますが、その結果をマインドマップやアイデアエディタなどツールを使って、自分なりに論理立てて考えてみたほうがいいでしょう。論理的な組み立てにはロジカルシンキングを取り入れてみてはどうでしょう?

5W1Hから難しい理論まで色々ありますがきっと役に立つと思います。転職が成功するという事は相手と自分が「共感」出来ている場合です。自分の事を正しく知ってもらうために自分の考え、強み・弱みを論理的に説明して納得してもらう事が転職後、働きやすい環境をつくる事につながるのです。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests