Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

転職の時の面接時間は様々あります。どの時間帯にしても良いものでしょうか。実際に転職活動で参考になる面接時間の変更方法などを紹介します。また、夜の面接などを指定しても良いのでしょうか。昼間とは違った夜の面接内容についても記事にしてみました。

転職の際の面接に多い時間帯

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

転職の時はほとんどが日中に面接の時間帯を指定されます。転職では企業側の都合だけでなく、応募者の都合も考慮して決定するのが、面接の時間帯です。

日中の時間帯の面接が多い理由は、一般的に会社に人がいる時間帯が日中である為です。また、夕方に面接を行う企業は少ないです。大体多い時間帯としては、午前中か昼過ぎの時間帯です。

朝早い時もあり、応募者からすると移動の時間も考慮すると大変なこともあるでしょう。また、昼過ぎに転職の面接がある時は、やや眠くなる時もあるので注意が必要です。

会社側からした場合、面接などは午前中に済ませたいのが事実であるようです。面接の日程は選べる時は、気にせずに自分の都合の良い時間帯を選びましょう

自分から時間帯を選べる時の対応

自分から転職の時間帯を選べる時は、会社の立場で考えたりする必要はなく都合の良い時間を選びましょう。それに対して企業側は何も思いません。人にもよりますが、面接の時間帯を選べる時は、なるべく早い時間帯はやめましょう。起きるのが当日大変です。なので、早くても10時くらいからの面接が丁度良いでしょう。

転職において面接とは必ず通らなくてはいけないものなので、自分に負担のかからない時間帯に指定しましょう。変に企業の事を考えて早い時間帯で面接をするようにした場合、体力的に転職活動中につらくなってきます。最近では、転職活動は長引く傾向があり体力的にもつらくなるので自分に余裕のある時間帯に面接をしてもらうようにしましょう。

面接の時間帯はどのようにして決定するのか

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

転職では自分が受けている会社から書類審査通過の知らせがあった時に、面接の案内もあります。複数の日にちから選ぶように言われるのが多く、自分の都合の良い日時を選択します。この時点では、日程を良く確認して後で変更する事がないようにしましょう。その後に会社から連絡があり、面接の時間帯の最終的な確認となります。

それでも急用が出来たりして面接の時間帯を変更したい時は出来る限り早い段階で会社に知らせることです。企業側も急用でどうしても変更しなければいけない時は、対応してくれます。

ただしそれを転職時に何回も繰り返しているようでは、さすがに企業側もこの人はうちに入社する気持ちがないと判断してしまいます。どちらにしても、何回も面接の時間帯を変更することは良くないので一回で決めましょう。

変わった面接の時間帯

極端に朝早い時間帯で面接を指定してくる会社もあります。具体的に言うと、転職中に8時位に面接をすると言われることもあるのです。

これは、自分の都合も考慮して出来れば変更したい旨を伝えると良いですが、それでも変更できない時は仕方ないでしょう。時間帯は会社の都合も考慮しなくてはいけないので、自分が理解して早く起きて面接に行くしかありません。

また、昼食の時間帯に面接をするところもあります。転職の面接中にお腹がへってしまうので、早昼を食べることです。季節的に夏場で昼食の時間帯に面接をする企業もありますが、体調管理に気を付けましょう。

夏場に面接会場に早く着いたらとにかく日陰のあるところで待っているか建物の中で待機しましょう。体力を消耗した状態で面接を受ければ良い発言もできません。

転職の面接の時間帯で夜指定はOK?

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

基本的に夜の転職の面接を希望するのは良くありません。よっぽどの理由があれば別ですが、お願いしても断られてしまいます。

それだけでなく、常識がない人だと思われる可能性もあり、夜の面接の指定はしない方が常識的です。理由としては、夜は会社の社員はほとんど帰ってしまって、社内に残っていません。なので面接を行う人自体がいない状態だからです。

残業などで残っている人はいますが、転職の面接を行う人全員がいるとは限りません。また、残業の時間帯は面接以外の事でやるべきことが沢山あるのが一般的であり、面接にさく時間ではありません。

もちろん会社側から夜の指定があった時は、その時間帯で自分が問題なければ面接すれば良いでしょう。夜の面接は昼間の面接とは違って落ち着いて受けられます。

面接を夜指定する時の注意点

どうしても夜以外に転職の面接を受ける時間帯がない時は、「もし可能であれば夜の面接を希望します」と言うことです。最近の転職活動は、会社に勤めている間に他の会社の面接を受けに行ったりします。

そのため、夜の時間しか面接の時間帯がない場合もあります。このような時は、正直に今受けている会社に「仕事の関係で夜の面接を希望します」と言いましょう。

運がよければ考慮してくれ、夜の面接をしてくれます。出来れば、夜の時間帯に面接をしてくれた事に関して感謝の言葉を採用担当者に伝えると効果的です。

転職時の面接の場は、すべての情報が採用に関するものとなります。夜の面接をして一言お礼をいう応募者に対しては好印象も持つことでしょう。

採用側が考える夜の面接とは

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

転職の面接の際にはじめに採用担当者が確認してくるのは、「夜の時間帯でもしっかりとしているか」ということです。それは、残業などをする会社は多いですが、もし残業をした時に夜の時間帯でもしっかり仕事をしてくれるかチェックするためです。ですから、出来れば昼間と変わらない言動を心がけることです。

人によっては、夕方過ぎるとダウン気味になる人もいますが、ここは頑張って乗り越える事です。あくまでも夜まで働いても問題ない体力か確認されます。また、転職の夜の面接では気を抜きやすい傾向があるので、言動に問題ないようにすることです。夜だからと言って横柄な態度をとってしまわないように注意が必要です。もちろん、なごやかな雰囲気で面接を受けられればベストです。

昼と夜の面接の違い

昼と夜の面接では雰囲気が違います。いかにも仕事後に転職の面接をやっているといった感じです。夜の方が落ち着いた雰囲気で面接を受けることが出来ます

採用担当者もなんとなく丁寧な対応に感じるでしょう。それでも人生を左右するかもしれない大切な面接なので集中力を維持して頑張ることが重要です。

夜の会社の雰囲気に流されて適当な対応をしてしまえば、転職における面接においてマイナスの評価になります。夜の面接の前は、食事は軽めにしておくのが良く、満腹では夜の面接を乗り切る事ができません。

色々と昼間の面接との違いのある夜の面接ですが、基本となる事は一緒です。あくまでも、面接では面接官が本当に言わんとしている内容を理解して、自分をPRすることに集中しましょう。

面接の時間変更の方法

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

転職の面接の時間変更については、電話でするべきです。特に時間的な余裕がないときは、すぐに電話するようにしましょう。時間の調整がつかない可能性が出てきたら、どの時間帯なら大丈夫なのかも踏まえて電話することです。早めに電話すれば、出来る限り対応してくれます。本当に面接の日時が近づいてから面接の時間変更の電話をする場合、はじめに謝ることが重要です。

相手も面接に対する準備をしており、他の人も含めて時間の調整をしている事があるので謝る必要があります。また、しっかりとした転職時における時間変更の理由も言えるようにしましょう。これはとても難しいところですが、採用担当者に怪しいと思われないような内容を言えば問題ありません。

してはいけない面接の時間変更

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

転職中の面接の直前に時間変更をするのはやめましょう。採用担当者もあなたの為に時間をさいています。非常に失礼にあたるのと、採用に直接関係する事です。

場合によっては、あなたのイメージが悪くなってマイナスになることもあります。これとは別に、こちらの都合で面接に時間を決めてもらった時も、変更するのはやめておきましょう。

会社側が配慮してくれて面接の時間を調整してくれたので、それに対して変更することはしてはいけないことです。企業側は、転職の面接の時間変更についてあなたの言動を見て入社する気持ちが本当にあるのか確認しています。

本当に入社したいと思う会社であれば、自分でなんとかして面接の時間に合わせることも必要です。

許容される面接時間の変更

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

一般的な手続きの中で、会社が指定してきた転職時の面接の日時を早い段階で変更することは可能です。それでも、実際に会社にお願いする時は様子をみながら電話しましょう。すこしでも無理なようであれば、面接の時間変更は諦めることです。そもそも面接とは、人生を決める非常に重要なものです。

それに対して、簡単に面接の時間帯の変更をするような人は、あやしいと思われます。他には、転職の面接の日時を決めた当日や、次の日に会社に電話して面接の時間変更をお願いすることは大丈夫です。とにかく早い段階で仕方のない事情がある時は、採用担当者も理解してくれます。これらは、許容される面接の時間変更ですがどのような状況でもあまりおすすめできません。

企業側がどのように面接時間変更を考えるか

面接の時間変更は、問題の無い手順で変更した場合は、マイナスにはなりません。それに対して、直前に転職の面接の時間変更をお願いしたのであればマイナスになることもあります。もちろん時間変更した事を面接の時に謝る姿勢は大切ですが、全体的に言えることは、会社によっても面接の時間変更への考え方が違う為やらない方が安全です。

本当に厳しい会社では、転職の面接の変更をお願いした時点で、面接を受けさせてくれない会社もあります。これらの事は、予測することが非常に難しいので、面接の日時を決める時は絶対に変えないつもりに決めることです。一度会社が、面接をうけなくて良いと言ってきたら、どう頑張っても面接を受けることが難しくなります。

面接の時間調整の方法

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

転職中の面接の時間調整は、相手の出方を良く見ることです。姿勢としてはあくまでも応募者として問題のないようにしましょう。具体的には、「先日面接の日時を決めていただきましたが時間を変更する事は出来ますでしょうか」くらいの言い方が丁度でよいでしょう。そこで会社側が少しでも嫌がるような感じになったら、面接の時間変更は諦めましょう。

また、メールで様子を見る方法もありますが、よっぽどの事でない限り電話で時間の変更をお願いしましょう。メールだけで転職時の面接の時間調整をするのは失礼にあたります。電話する時は、自分の都合の良い日を何日か準備しておくことです。その中から会社に選んでもらって実際に面接の時間調整となります。

忙しい時の面接時間の調整

企業側が忙しい時に転職の面接の時間調整をするのは困難です。選考過程において、企業に無理を言って面接の時間調整をすることはやってはいけない事です。なので、忙しい時は出来る限り自分の方で時間調整して会社に迷惑にならないようにしましょう。

企業側は、忙しい中あなたの為に時間をさいて転職の面接を準備しています。その事を良く理解しないと、自分勝手な言動になってしまい、内定がもらえた会社に受からない事もあります。このあたりは、社会人経験なども含めてある程度の経験がないと判断できないところですが、少しでも問題になるような事は出来る限り避けることです。

自分で時間調整する時のポイントは、何が重要か順番を決めることで全体として時間の調整が出来ます。

どのタイミングで面接の時間を決定するか

転職活動中で面接のタイミングを決めるのは、早い段階の方が良いです。早い時点で面接の時間を決めれば、何かあった時も対応できますしがあまり企業側に待ってもらっていると他の人が採用される事もあります。これは、結構あることで実際に選考過程の途中なのに他の採用者に決定したので面接がキャンセルになる事があります。

なので、転職活動中におけるスケジュール管理は早めが基本となります。そうすれば、チャンスを逃すことなく転職活動が出来ます。面接でもそのスピード感は好印象です。いつまでもだらだらしているようなイメージを持たれるのは転職ではマイナスです。普段の生活の中でも物事を決める時に、早めに決定できるようにしておくと良いです。

面接の時間調整する時の注意点

転職の面接の時間調整をする時は、何日か候補をあげると良いでしょう。そうすれば、採用担当者がその中から選んでくれます。その際注意すべきこととして、この時間帯は絶対に大丈夫だと思える日時を選びましょう。時間調整は、企業側と調整がつかないこともあります。

なので、電話やメールでやり取りすることになりますが、その時点で決められない時はしばらく企業に待ってもらっても良いです。自分にとって厳しい日時の指定をしてしまうと逆に話しが転職中にこじれることになります。

基本的には、自分の都合の良い日時を伝えて企業側と話しをして決められれば良いです。あまり長く時間調整にかけていると良いイメージをもたれません。スケジュール管理は社会人の基本です。

転職の面接時間が短い理由

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

転職では、面接の前から聞く内容が決まっている関係もあり時間的に短いです。なかには長い面接もありますが、後で考えてみると聞いている内容は同じです。大切になってくるのは転職中に記載する自己PRと志望動機です。これから色々な話しに発展して面接が終わります。短いからと言って自分に問題があったわけではありません。

問題があったかどうかは、自分の答えた内容によります。また、転職の面接の内容が良くても悪くても面接の時間は短くなります。これは、人事担当の人も忙しい中面接をやっているのと、応募者があなただけではないことが関係しています。

採用担当者は出来る限りコンパクトに質問してくるので、言いたいことははじめにしっかり言うことです。そうすれば、短い面接であっても後悔することはないです。

面接で採用担当者が見てくること

転職の面接では、あなたの言動の全てを見てきます。動き一つでもどのような人なのかを見てきます。また、発言内容については、メモをとって後で会議で検討することになります。応募者として注意すべきことは、あまり深く採用担当者が何を見ているか気にしないことです。気にし過ぎると言動もおかしなものとなります。

重要なのは、普段のあなたを見せて採用担当者がどのように対応するかです。なので自分をつくる必要もなく自然体で良く、これは多くの人が言う事ですが自然体で面接できれば本来の自分の力を出し切ることも出来ます。採用担当者は、そのような自然体のあなたをみたいのと、自然体で転職の面接を受けることができたのであれば良い面接だったと言えます。

転職における面接の目的とは

転職の時の面接は、主に履歴書等に記載されている内容について実際に会って確認することです。また、それ以外の事も面接で話すことでよりその人について理解をしようとすることであって、企業と応募者とのミスマッチをなくす目的もあります。また、仕事の内容によって聞かれる質問も違います。

営業などの仕事であれば、どの程度の営業の経験を積んでいるかも聞かれます。また、詳細な話しになれば具体的な営業の仕事内容についても質問されます。それは、営業といっても様々な仕事があり簡単に説明できるものではありません。さらに技術職の転職であれば、どのような機器についてどの程度の知識や経験があるか確認されます。聞かれる内容としては、現場などで絶対に必要とされる基本的な知識について聞かれます。

転職時における応募者の心構えについて

応募者はどのような時間帯で面接が行われる時でも、少なくとも10分前には面接会場に着いているようにしましょう。早めに行く理由としては、気持ち的に余裕が必要なのと、もし何かあっても遅刻しないで済むようにする為です。企業側も早めに来る応募者については好印象です。面接とは直接関係ないと考えると、余裕のない面接をする事になります。

面接では、焦ることなく自分らしい言動で対応できる事が必要で、転職の経験が何回かあったとしても、会社に誠意を見せる為に早めに行きましょう。あとは、面接で後悔しない為には一社一社全力で面接を出来たと思えるようにすることです。

面接は企業と自分との相性で決まります。なので、結果がどうであっても悔いの残らない面接にすることが一番大切です。もし、結果が悪くても全力でやったのだから問題になりません。

どのようにして企業に面接時間の変更をお願いするか

転職時の面接に多い時間帯・夜は指定してOK?時間変更方法

面接時間の変更は丁寧に相手にお願いする必要があります。例えば、自分で面接時間の変更が必要だと感じた時にすぐに会社に面接時間の変更のお願いをしてみましょう。あくまでも低姿勢で言う事が大切です。

企業側からすると、面接の日程変更は基本的にないと考えています。そこで、あなたに何かあって面接時間を変更する事は会社によってはイレギュラーです。ここが問題であり、その企業の社風等の関係で面接時間の変更を良いとしない会社もあります。

これは実際に面接時間の変更をお願いすると分かります。逆に言えば、自分から面接時間の変更をお願いするまで分かりません。なので、面接時間の変更で会社側の対応を見てこの会社は時間に対して厳しすぎると感じるのであれば、入社してからも厳しいでしょう。それでも、面接時間の変更は直接採用担当者に聞いてから判断する事が多いです。

転職活動とは、このような視点で様々な情報を収集して受けている企業を理解することが大切です。面接時間の変更は、どのような企業でも早い段階でお願いする事です。

転職時の面接時間変更の影響

面接時間の変更を許可した企業の場合は、時間変更に関する影響はほとんどありません。ですが、こちらの無理を言って面接時間の変更をした時は印象が悪くなる時があります。それでも基本的に面接時間の変更をしてくれた時は、気にしないで普通に面接を受けましょう。また、当日になって面接時間の変更をお願いしたりするのはやめましょう。

当日の時間変更は、許容範囲を超えています。面接の時間変更は、一般常識で考えて問題のないようにするべきです。面接時間を変更すると考えた時から、常識的に対処する必要があります。学生の時の考えでお願いすれば、面接の時間くらいなら変えてくれると思っていると痛い目にあってしまいます。

具体的な転職における面接時間変更の方法

具体的な面接時間の変更方法は、面接時間変更が必要になったその時にすぐに行動にうつすことです。採用側がどのような対応をしてくるは想像しても意味がありません。その際に、「御社を第一志望で受けさせていただいている田中と申しますが、面接時間の変更のお願いで電話しました。」と言えば、相手に気持ちが伝わります。

大切な事は、今受けている会社が自分にとって重要な会社であり是非面接を受けさせてもらいたいという気持ちです。それが相手に伝われば面接時間の変更を許可してくれる会社は多いでしょう。

有意義な面接時間にする為には

有意義な面接時間にすることは、面接自体の評価を高くすることでもあります。時間変更をお願いした関係でその事を気にする必要はありません。面接の時間になったらいかにして自分をPRするかだけに集中すれば良いのです。そうすることで、面接の場も楽しくなり、有意義な面接となります。

面接は人生を決めるところであると考えると緊張してしまいますが、いくらでも会社はあると考えれば気持ちも楽になります。発言は緊張しすぎないよう心がけ、結果に関係なく自分らしい面接の時間にしましょう。

どうしても緊張してしまうという人は、就職支援サービスを使って面接練習をしましょう。大学生ならキャリアセンター、転職時は転職エージェントを使うと良いでしょう。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests