Search

検索したいワードを入力してください

電話面接対策のマナーとは|電話面接でよく聞かれる質問例/回答例

初回公開日:2017年07月29日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2017年07月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんは「電話面接」をご存知ですか?おそらく知ってはいても、実際に受けたことはないという方が多いと思います。しかし、今後の就活や転職活動においては電話面接への対策が非常に重要になってきます。今回は、そんな電話面接の対策方法について詳しくご紹介していきます。

電話面接への対策の仕方

皆さんは「電話面接」というものをご存知ですか?

おそらく、電話面接という言葉自体は知ってはいるけれども、実際に電話面接を今までに経験したことがあるという方はそれほど多くはないと思います。

しかし、最近ではこの電話面接を行う企業が増えてきており、今後就活に取り組むことになる学生さんやこれから転職活動をするつもりのサラリーマンなんかは、この電話面接をする機会が必ず増えてきます。

今回は、そんな電話面接に注目し、実際に電話面接をする上でのマナーやコツなど対策の仕方について詳しくご紹介していきます。

電話面接とは地方の就職・転職希望者に向けた面接

そもそも電話面接とは一体何なのでしょうか?まずは、電話面接が実施される理由について見ていきましょう。

電話面接というのは、一つは地方に住んでいる就職・転職希望者を配慮しておこなわれる面接でもあります。最近では、地方から都心部の企業に就職や転職を考えているという方が増えてきているため、そういった就職・転職希望者が、直接面接地に行かなくても手軽に面接を受けることができるように、企業が実施していることが多いです。

また電話面接の場合、ある程度早い段階で面接を受けることができたり、面接に割く時間が一般的な面接よりもかなり短いため、より効率的に就活・転職活動を進めることができるため、就職・転職希望者にとってはメリットにもなります。

電話面接では言葉遣いや電話対応力が問われる

電話面接というのは、ただただ地方の就職・転職希望者のための面接というわけではありません。企業が意図的に電話面接を採用しているパターンもあります。

その理由は、就職・転職希望者の言葉遣いや電話対応力がどの程度あるのかを見るためです。最近では、若い世代の多くが正しい言葉遣いができないということから、より言葉遣いを重視するために電話面接をおこなっている企業が多いです。

またどんな企業であっても、社会人になると取引先の企業などに電話で対応する機会が増えますし、さらにその電話対応の重要性は非常に高いです。そのため、電話での対応力がどのくらいあるのかを確認するためにも電話面接をおこなっているようです。

電話面接は第一次面接に多い

電話面接は主に第一次面接に行われる傾向にあります。なぜ第一次面接が面談形式ではなく、電話での面接を実施する企業が多いのかというと、ここ数年の不況の流れが大きく関係しています。

最近では、不況の影響もあり、就職・転職希望者が一度に多くの企業の面接に応募します。そのため今までよりも、一つの企業が多くの就職・転職希望者に対応しなければなりません。この負担を軽減するために第一次面接という早い段階では、手間がかからない電話での面接をおこなう企業が多いです。

電話面接の対策

ここからは、今回のテーマでもある電話面接への対策方法について詳しくご紹介していきます。電話面接への対策方法については、事前にやっておくべき「マナー」と、面接で相手により好印象を与えるための「コツ」という二つのテーマに分けてご紹介していきます。まずは、事前にやっておくべき「マナー」から見ていきましょう。

電話面接でのマナー ~電波の状況が良い場所で面接を受けよう~

電話面接において事前にやっておくべきマナーの一つ目は、「電波の状況が良い場所で面接を受ける」ということです。

そもそも面接を受ける上で意外に疎かになりがちなのがマナーです。そして、電話面接を受ける上での重要なマナーがこの「電波の状況が良い場所の確保」です。電波の状況が悪いと相手の面接官との会話が聞き取りづらく、相手の質問に対して上手く応答ができない状況が続いてしまう可能性が高くなってしまいます。そうなってくると、決められた時間内に自分のことを相手に十分に伝えることができなくなってしまい、他の就職・転職希望者達よりも不利になってしまします。

また、いくら面接自体の内容が良かったとしても、面接を受ける上での心意気がや準備が足りないという印象を相手に与えてしまうため、電話面接の際にはしっかりと電波が入る場所を事前に確保しておくことが非常に大切です。

電話面接でのマナー ~静かな場所で面接を受けよう~

電話面接において事前にやっておくべきマナーの二つ目は、「なるべく静かな場所で面接を受ける」ということです。

これも先ほどご紹介した「電波の状況が良い場所を確保する」というのと同じ理由で、ガヤガヤしているようなうるさい場所で面接を受けるのはマナー違反です。面接を円滑に進めるための妨げになりますし、そういった面接に臨む上での準備をしっかりと整えることができていないというのは、自分の評価を下げる大きな要因になりかねないからです。

電話面接のコツ ~質問になるべく素早く答える~

続いて、電話面接をより良いものにするためのコツについて見ていきましょう。

電話面接をより良い物にするためのコツの一つ目は、「質問になるべく素早く答える」ということです。これは電話面接に限らず、一般的な面接の際にも同じようなことが言えますが、電話面接の場合は特に素早く答えるように心がけましょう。

電話面接では面接官からこちらの姿が全く見えていない状況です。そのため、質問に対して考えている時間が長ければ長いほど、電話の向こうでネットで返答例などを調べているのではないか、もしくは隣にいる友人や家族にアドバイスをもらっているのではないかという不信感が生まれやすいのです。

そういった理由から、電話面接ではあらかじめ質問される内容をしっかりと事細かにチェックしておき、スムーズに返答できるようにしておくことが非常に重要となってきます。

電話面接のコツ ~ハキハキ話す~

電話面接をより良い物にするためのコツの二つ目は、「ハキハキ話す」ということです。

一般的な面接であれば、姿・表情が見えているため、その人がどういった人なのかを判断する観点はたくさんあります。しかし電話面接においては、自分のことは声の大きさや口調でしかアピールできません。そのため、声の大きさや口調に気を付けなければ、相手に良くないイメージを持たせてしまう可能性が非常に高いです。そういったことを防ぐためにも、話す際には大きな声で一字一句はっきりと喋るイメージでハキハキと話しましょう。

電話面接でよく聞かれる質問例と回答例

Latests