Search

検索したいワードを入力してください

面接を当日キャンセルする方法・変更する方法|当日体調不良の場合

更新日:2020年08月20日

面接の当日にキャンセルする事になる可能性は誰にでもあります。そんな時にどのように考え行動するか気になったので記事にしてみました。採用担当者から見た当日の面接キャンセルと日程変更とはどのように感じるのでしょうか。具体例をもとに面接の日程変更の方法をまとめました。

やむを得ず面接を当日キャンセルする場合

当日に様々な理由で面接をキャンセルせざるを得ない事があります。そんな時にはどのように対処すれば良いのでしょうか。できれば、採用担当の人と直接電話で話しをしてキャンセルについて理由を言って謝りたいところです。採用担当者も仕方ない場合は配慮してくれます。

一番良い方法は、色々考える前に面接を予定している企業に当日連絡をすることであり、できれば少しでも早く連絡できるようにします。その際には、「面接を予定している者ですが、どうしても外出できないくらいの体調不良の為、面接をキャンセルしていだけないでしょうか」などとお願いしましょう。

面接をキャンセルしても大丈夫か

基本的には、正当な理由であれば当日でも問題ないです。ただし、少しでも早い段階で電話をする事も大切です。また、採用担当者に色々聞かれることもありますが、その一つ一つにしっかりと答える中で、相手が正当な理由ではないと判断してくれば、それは自分で日程調整して合わせるしかない場合もあります。

また、会社側が当日の面接キャンセルは認めないと言ってくる時は、諦めた方が良いです。会社側が一度言った内容をくつがえす事は、ほぼ無いです。考え方によっては、面接のキャンセルは二度とその会社に応募しないと企業に言っているのと同じです。

面接を当日変更の方法

面接の当日に変更するには、電話でするのが一般的ですが、どうしても日程変更しなければならない理由と、申し訳ありませんといった内容で連絡します。電話する前に自分の中でしっかりと日程変更する理由も含めて考えをまとめておいてください。電話の具体的な仕方としては、とにかく理由をしっかり言って相手に理解してもらうことです。

それが正当な理由かは採用担当者が決めることです。なので、当日日程変更の電話をする時は、面接の日程変更の為にその会社に落ちる事も考慮しなくてはいけませんし、そのような意味でも、当日の面接日程の変更はできる限り避けましょう。

どのような日程変更が良いか

自分の日程の中で、できる限り早い日程を選びましょう。会社側はあなたとだけ面接しているわけではありません。多くの応募者がいる中で少しでも差を付けられない為にも、キャンセルした面接の当日からできる限り近い日を選ぶことが基本です。また、日程変更については企業側の都合も考える必要があるので複数の日を準備しておくことです。

そうすれば、電話先でも採用担当側は複数の日から選べるのであれば、すぐに日程調整してくれます。また、一度日程変更をしたら次は決して変更しないことです。何回も日程変更しているようでは、内定をもらう可能性が低くなります。

面接当日に体調不良になってしまったら

面接の当日に運悪く体調不良になった場合は、素直に会社の採用担当者に電話することです。その際、どうしても体調不良で面接の当日になりますが、日程変更をしたいと上手に伝えることが重要です。

それが、面接に行くことができないくらいの体調不良なのかを判断することと、別の日に面接を変更した方が良いと自分で考えるなら採用担当者もある程度は理解してくれます。ですが、当日では、企業によっては全く理解してくれないところもあり、そのような会社は入社してからも大変であると考えて諦めることです。

相手に上手に伝わる言い方

相手に上手に伝える為には、自分の状況を真剣にしっかりと伝えることです。上手に伝える為には、真剣に御社に入社したいのだけれども、どうしても体調不良で面接に行くことが出来ない旨伝えるのです。具体的な言い方としては、「御社を志望している田中と申しますが、体調不良の為どうしても面接の日程変更を希望しています。申し訳ございませんが、日程変更はできますでしょうか」などです。

このように言えば、少なくとも本当に当日の体調不良で仕方のない状況で配慮する余地はあると判断してくれます。それでも採用担当者が、面接の日程変更は不可ですと言ってくる時は、何度お願いしても無駄です。

当日変更の依頼が来た場合

会社側から面接の日程変更に関する依頼が来た時は、そのまま変更しましょう。もちろん、他の用事がある場合は、調整してもらえば良いです。基本的には、その会社に入社したいという気持ちを伝える為にも、日程変更には快く応じることです。当日の面接の日程変更はほとんどありませんが、もしあった時はその会社の状況なども考えてみましょう。

ひょっとすると面接ができる状況でなくなった可能性もあります。だとすれば、その会社に入社することも考えなおした方が良い場合もあります。就職活動とは、色々な情報をいかに理解するかで決まってくるところがあります。

会社側が日程変更する理由

会社の状況が関係している事もあり、面接はしているけれど業績が悪く面接を続行できなくなるケースもあります。このような時は、企業側もある程度応募者に対して理由を言ってくれます。業績不振にともなった面接の休止は、応募者がどんなに頑張っても変わりません。

業績不振以外の理由としては、沢山応募者がいる場合などに、日程調整が必要となり変更してくる時もあります。そのような状況でも最後まであきらめることなく面接を受ける事です。内定をもらうチャンスは最後まであります。

面接の日程変更の影響

日程変更を当日に自分からした場合は、変更したことによる悪影響は考えないことです。厳密に考えれば当日なので無いとは言えないところがあるかもしれませんが、一度会社側が日程変更してくれた時は、気にしないで面接を受けることです。また、面接で日程変更についての話しが出てきたら、「日程変更してくれて有難うございます」と発言することと、しっかりと再度理由を説明すれば良いです。

あくまでも、正当な理由で当日の面接を日程変更をしている場合は、許容されます。就職活動は時間との戦いで、その中で最も良い結果を残したいと考えるなら、日程変更のことを長時間考えないことです。

採用担当者が日程変更についてどう考えるか

一度ぐらいの日程変更なら、正当な理由であれば気にしません。それが、複数回ある場合は気にします。それは、自分の会社に対して応募者がどのような考えをもっているか判断する材料になります。面接に限らず人と約束をしても同じで、何度も日程変更をお願いしていると最終的には会ってくれなくなります。

それを防ぐ為には、日程変更は多くても一回までと考えることです。本当に面接を受けたいと思うなら日程変更しても1回でしょう。逆に言えば、何度も面接の日程変更を考えている会社に対しては、もう一度本当に面接を受ける価値がある会社かを考えることです。

次のページ:面接の日程変更をして印象を悪くしない為には

初回公開日:2017年07月27日

記載されている内容は2017年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests