Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

私服でも面接だと面s熱よりも複素王が気になりがちですが、ビジネスカジュアルという言葉を知っていればそこまで悩むことなく、私服での面接に対しての準備ができます。私服で面接することを気負うのではなくリラックスできるようにポイントを押さえましょう。

面接が私服の理由

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

就職活動や転職活動中に、面接までステップを進めることができたと思ったら、私服で来てくださいと言われて戸惑った経験はありませんか?

いくら私服がおしゃれな人であっても、私服での面接について企業が求めていることを知らないと、面接が始まる前からどういう服装にすればいいのかで気をもんでしまいます

また気合を入れすぎて逆に空回りしてしまうこともあります。それでは企業がどうして私服での面接を要求してくるのかいくつか理由を紹介します。

一般常識を見ている

一般常識というのはSPIなどのテストだけで測れるものではありません。口調や態度など面接で主にみる項目も一般常識です。

そして、私服で面接に来るように企業が要求した場合、ビジネスの場面でいうところの「私服」がどういうものかわかっているのか、用意できるのかということをチェックしていることがあります。

私服でと言った時に、ある程度会社側が想定した服装で来るか、抽象的な命令に対して共通の認識があるのか、ということは働くうえでは大事なことです。会社側が一般常識を見ようと思っている場合、おしゃれを見ているというわけではありません。

社風に合っているか

私服での面接を通して、採用担当側は面接者が社風に合っているのかどうかを判断していることもあります。服装、特に私服というのは個性が出ます。たとえビジネスカジュアルだとしても個人差が生まれます。

会社の社風が明るくフレンドリーなのに、きっちりした服装で来る人は社風を分かっているのか、合っているのか気になります。またアパレルやデザイン系の会社ですと社風に合う服装というのがあることがあります。

時には違う角度や異なるセンスの意見が必要と思うこともありますし、あまりにも社風とかけ離れていると仕事が続くのか心配になりますし、周りから浮くこともあります。

多少はセンスを見るという目的はあるものの、メインは協調性や性格などを見たいと思っていることがあります。

会社側のアピール

面接を受ける人のことを思って私服を指定していることもあります。スーツよりも私服のほうが素が出やすい、リラックスしやすいという配慮です。IT関係の会社や設立間もない若い会社などに見られます。また会社側としてもフレンドリーさをアピールできます。

この場合は、特に面接の評価に使おうという目的ではないため、よっぽど奇抜な服装でなければ評価に加わることはありません。

私服面接の際の服装

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

私服で面接を受ける時の服装とはどういう服装かというと、「ビジネスカジュアル」と言われるものです。ビジネスカジュアルとは、細かくは業界や会社により異なりますが、基本的にはビジネスマナーに則った服装で、会社内だけでなく、その格好で取引先や目上の人間に会える服装のことを言います。

ビジネスカジュアルとは、休日のカジュアルな服装でもなく、平日のスーツ姿でもない中間とも言えます。街中にはビジネスカジュアルの人もいますので、普段から意識してみるのもいいことです。いざというときのヒントになります。

男性の場合

男性の私服面接時の服装は、襟付きのシャツにジャケット、そしてチノパンかスラックスを組み合わせるのが一般的です。

トップスは襟がついているものが望ましいです。その上にはジャケットを羽織りましょう。夏場であればポロシャツでもいいという会社もありますが少数派ですので、襟付きのシャツが無難です。色はカジュアルとは言えビジネスなので白が無難です。

おしゃれを演出するなら多少の柄がついている、ストライブが入っている、というのもありです。ジャケットは薄いものではなく、レストランにも行けるようなある程度きっちりしたものを選びましょう。

ボトムスはジーンズではなく、チノパンやスラックスのシンプルな色を合わせます。黒かベージュが一般的な色です。サイズ感には注意してください。明らかにサイズがあっていないものはNGです。

避けたい服装としては、Tシャツ、七分丈・半袖短パンを含む服装、ビジネスに合わない色の服装です。あくまでビジネスということは意識しておくことがポイントです。

女性の場合

女性の私服面接での服装は、ひざ丈程度のスカートかパンツ、そしてブラウスにカーディガンを組み合わせるのが一般的な組み合わせです。

ボトムスはスカートかパンツを会社に併せて選びます。またスカートを履く際はひざ丈は意識しましょう。柄が入っているものならシンプルな柄の物が好ましいです。

トップスは女性の場合も男性と同様にブラウスなどのシャツを着用し、カーディガンを合わせるのがいいです。ブラウスの色は基本は白です。カーディガンはグレーなど落ち着いた色が無難です。またカジュアルではないので、カーディガンの長さは長めの物は避けましょう。

女性が注意したい私服面接時のポイントは露出度とアクセサリーです。アパレル系であっても露出度が高い服装は面接には不向きです。おしゃれを意識するのならばパンツをはくことを勧めます。

また指輪やネックレスにピアスなど、普段アクセサリーを着用している人は、面接時にいつもの感覚で行くことは避け、外していきましょう。結婚指輪であればアクセサリーとは見られないため問題ないこともあります。

私服面接の時の髪形

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

スーツでの面接のときは髪形もよく紹介されているため、なんとなくどういう髪形にすればいいのかわかるけれど私服面接のときはどうすればいいのか悩みます。しかし、難しく考えすぎることはありません。スーツの時であれ抑えるべきことは似ています。男性と女性それぞれ私服面接の時の髪形のポイントを見ていきます。

男性であれば、スーツ時の面接時と同様に髪を軽くセットするのが無難です。スーツでの面接のときはきっちりとヘアワックスなどで固めているという人は、もう少し柔らかくするとよりビジネスカジュアルに近づきます。

男性であればそこまで髪形こだわらない人も多いため、最低限、寝ぐせがないこと、ふけなどがなく清潔感があることを意識してください。また私服面接であっても、髪を染めている人は地毛の色に戻して面接に挑みましょう。

女性の髪形

女性の場合も基本はスーツでの面接の時と同様の点を意識します。そしてコーディネーションにあった髪型を意識してください。私服の時は前髪を下ろしているという人は、面接に挑むわけですから、前髪は横に流すと無難です。少なくとも前髪で表情や目が隠れるというのは避けましょう。

また、髪が長い人は面接ではお辞儀をするということを忘れてはいけません。お辞儀をしたときや何かアクションを起こしたときに髪をいちいち直していては面接官の目につきます。後ろでまとめたり、耳にかけるなどしておきましょう。

男性と同様に私服面接でも髪の色は戻して挑みましょう。

私服面接の時の靴

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

私服面接の時の靴はどうすればいいのでしょうか?スーツであればある程度履くものは決まってきますが、私服でも同様のことが求められるのでしょうか?男性と女性の場合をそれぞれ見ていきます。

男性の場合

男性の私服面接の場合はスーツの時と同様に革靴を履きます。色は黒か茶色が一般的です。カジュアルでいいと言われていてもスニーカーやサンダルなどはやめましょう。また派手な色の物は避けましょう。

女性の場合

女性の場合は基本はパンプスです。ただ、パンプスならば何でもいいということではなく、オフィスに合うというのがきほんです。そのため、高すぎるヒールは避けましょう。3~5cm程度が無難です。女性の場合、エナメルやスエードなどが素材のパンプスもありますが、基本は革か合皮です。

そして大きめの装飾は控え、足先も出ないものにしましょう。あくまで清潔感とビジネス感を与える靴にすることが大切です。

私服面接の時の鞄

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

もう1つ私服面接で気になるのは、どのような鞄を持つかです。男性であれ女性であれスーツであればある程度持つものは決まります。しかし私服面接のときはどうすればいいのでしょう。それぞれ見ていきます。

男性の場合

男性の中には私服の時は鞄を持たないという人がいます。しかし面接に行くのに手荷物を持たないというのは印象が良くないです。

基本はA4サイズの用紙が入るほどの大きさで、床などに自立して置ける鞄です。面接時には鞄を床や椅子の上に置くため自立するもののほうがスムーズです。あまり派手なものは避け、落ち着いた色合いを選びます。

リュックや、小さめの肩掛けのカバンなどもありますが、ビジネスにはふさわしくありません。おしゃれよりもビジネスという場に合うことを考えましょう。

女性の場合

女性の場合は鞄はどうすればいいのでしょう。女性であればいろいろと用途に合わせて鞄を持っていることは多いでしょう。男性同様に、A4サイズの用紙が入る大きさ、そして自立して立つカバンがいいです。

また女性はブランド品であったり、少し色が派手なかばんを持っていることもありますが、一目でブランドとわかる鞄や、ビジネスに合わない色はやめましょう。色は白や、ベージュ、黒などの落ち着いた色が無難です。

ワンピースで面接はあり?

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

女性の場合、意外とこまるのがワンピースを着ていいかどうかです。丈やすそ野広がり具合によってはレストランに行けなくはないワンピースもあります。ノースリーブスや丈が短いワンピース、さらには柄物のワンピースは避けた方がいいのはわかるけど、という人もいます。

しかし、ビジネスカジュアルとしてはワンピースはNGなことが多いです。ワンピースはパーティなど少し開放的なイメージがあるため、ビジネスとは結び付きにくいのです。女性の立場からするとワンピースだって落ち着いた雰囲気を出せますし、清楚だと思うかもしれませんが、あくまで評価するのは面接官です。

面接官の裁量が大きく左右する服装ですので、避けるのが無難です。

私服面接にスーツで

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

私服面接にスーツで行くというのはありでしょうか?次回の面接のことを聞くのは電話かメールの場合が多いでしょう。よくある服装に関する面接時の条件は以下のようになります。

・「私服で」私服で面接
・「カジュアルな服装で」私服で面接
・「私服可」スーツ可
・「服装自由」スーツ可  

以上の4つがよくある服装の指定になります。面接時の服装の条件はしっかりと読みましょう。私服でと指定がある場合はスーツを着ることはNGです。最後の2つの条件の場合スーツで行くことでマイナス評価を受けることは少ないですが、夏場など明らかにその時の気候に合っていない場合は、スーツを避けるほうがいいこともあります。

冬のニットやコートは?

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

夏場が就職活動ではメインとなる季節ですが、インターンシップの面接や転職時などは冬に行われることもあります。それでは、そういう時に私服面接を行うことになったらどうすればいいのでしょう?

冬場は女性であればニットを着ることもある時期ですし、男性女性共通の服装としてはコートです。それぞれ冬場の私服面接のときはどういう格好にすればいいのか、どういう格好がだめなのか見ていきます。

コートは

ふゆばで私服面接を行うとき、コートの問題を気にする人もいますが、コートを着たまま面接をするということはありません。遅いタイミングでも受け付けに案内されたタイミングで脱ぐでしょう。そのため面接時に気にするべきはコートの色くらいです。

種類はダッフルコートでもトレンチコートでもかまいません。コートの色は男性は抑え目な黒や茶色、グレーなどが無難です。女性であればそれにプラスしてベージュあたりもありです。

基本的にはビジネスコートで大丈夫です。

ニットは

女性であれば冬にニットを着るという人もいるでしょう。面s熱時はニットはインナー使いならばOKとされる範囲内です。またあまりにも女性らしいというかふわふわしている印象を与えるようなものは冬でも避けましょう。

私服面接に行くときは

【男女別】私服面接マナー|髪型/靴/鞄の暗黙ルール|スーツはあり?

私服で面接に来てくださいという通知があると、面接に行くことよりも私服に気がとられてしまうということはあります。しかしせっかく会う機会をいただいたのですから、服装以外もしっかりと準備をして自信をもって挑みたいものです。今回ご紹介した中には服装に言及されたときのメールの言い回しから判断する方法もあります。

カジュアル、私服、という表現を勘違いしてラフな格好で行くのはNGですが、ビジネスカジュアルというワードを知っておくことは私服を選ぶときの基準となり、また服を選ぶ目安となります。

男性は基本はビジネスに近い服装ですが、ポイントは落ち着いた色ありということです。女性の場合はブラウスにカーディガン、そしてパンプスなど全体のバランスが大切となります。

私服面接を気負うのではなく、自分らしさが出せる、リラックスして挑めるのだと前向きにとらえましょう。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests