Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月05日

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

転職・新卒での最終面接の質問集とはどのようなものでしょう。最終面接とは、他の面接とは違って緊張するものです。そこで、この記事では最終面接の質問集・「質問ありますか」などの答え方についてまとめてみたので、参考にしてみて下さい。

転職の最終面接の質問集

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

転職の最終面接の質問集としては、希望する仕事内容について聞かれることがあります。これは、最終面接で聞きたいことの一つですが、本当に応募者が長期にわたって仕事ができるか最終確認するためにしている質問の一つです。

最終面接での質問集の特徴としては、ほとんどが同じような内容を質問してくる傾向があります。それは、多くの場合大切なことの確認をするためのものであって、会社としてはかなり重要な情報となります。

また、最終面接の質問に対する回答が他の回答と理論的におかしな内容となっていると最後まで追及されることがあります。最終面接の質問は、会社として最後に聞いておきたい重要なことなので、答える側としても、くいちがいのない回答が必要とされます。

最終面接の質問の意図とは

最終面接の質問の意図とは、今まで面接で話してきた内容と違っている事を話していないか確認してきます。最終面接のほとんどは、他の面接で聞いてきた事と同じ内容であることが多いです。

もしも同じ質問に対して違う回答をいった場合、会社側は最後までその理由について聞いてくるでしょう。言い換えると、本心で言っていることは、一次面接や二次面接と同じように最終面接でも言えるというのが会社側の考えです。

そのため、違った内容を話してしまえば、それが原因で転職で内定がもらえないこともあり得ます。とてもシビアに見えますが、最終的には面接で確認したいことはいくつかのポイントがあって、会社側の意向と合わない場合は、転職活動において内定をもらうことが難しくなります。

内容

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

では、具体的な転職における最終面接の質問内容ですが、「この会社に入社して何を一番したいですか」といった質問があります。これは、最終面接ならではの質問であって、面接を受けてきたことで、自分の会社に対する考えがどのように変化しているか確認しようとしています。

会社側も応募者が情報収集した結果、自分の会社についてあまり興味がなくなっていては困るので、このような質問をします。もしも、応募者が会社に対して興味がうすくなっていれば、答え方で分かります。

このような質問に対して、とても前向きな回答ができる人は内定をもらえるチャンスが大きくなります。面接とは厳しい側面があって、一つの質問に対する答え方一つであなたに対するイメージがかなり変わります。

変わった内容の質問

転職の最終面接の変わった質問としては、最終面接なのに、「なぜ、他の会社ではなくて弊社を志望していますか」などと聞かれることがあります。このような質問は一次面接などで聞かれることがありますが、最終面接で聞かれると逆におどろくことになります。

面接官の意図としては、本気で自分の会社に入社しようとしているのか最終確認しようとしています。応募者はこのような時、冷静に一次面接などで答えたように回答すればよいでしょう。

具体的には、「御社の社是がとても気に入っていてこのような考え方の会社で仕事をしたいと強く思い他の会社ではなくて御社を志望しています」となります。回答の仕方一つで採用担当者はあなたが他の会社が第一志望でないか疑ってくることもあるので注意が必要です。

中途採用など

中途採用における最終面接の他の質問としては、「今まで培ってきた技術や知識をどのように弊社で活かせますか」と聞かれます。これは、実際にあなたが入社した場合にどのようにパフォーマンスができるかチェックしようとしています。

そのため、他の新入社員には負けない自分の力を最終面接のこの質問の時に回答できると良いでしょう。答え方としては、「前職では、さまざまな機器に関するメンテナンスを担当してきました。この経験からどのような機器に関するトラブルが生じても対応できるスタッフとして御社に貢献します」となります。

より具体的に入社後のあなたの姿が創造できるような回答ができれば、採用担当者も納得してくれます。

中途採用の質問の特徴

中途採用の質問の特徴とはどのようなものでしょう。それは、新卒とは違って経験がある人をターゲットにして採用活動をしている点です。そのため、ある意味では経験があまりない転職者にとってはつらいところもありますが、考え方次第でどのようにも対応できるのが転職です。

質問一つとっても考え方を柔軟にすることで、評価の高い答え方ができます。例えば、中途採用の最終面接での質問として「あなたの経験をいかして、入社後どのように仕事に対して取り組んでいきますか」と聞かれることがあります。

この場合、「新卒で入社した時の気持ちを思い出して、一つ一つ知識を身に付けていき、さらに今までの経験をいかして一日でも早く戦力になれるように頑張ります」となります。

就活で新卒採用試験の最終面接質問例

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

就活で新卒採用試験の最終面接質問例としては、なんといっても志望動機、自己PRを再度確認されます。これは、一次面接などで話しているのでしつこいと思われる人もいるでしょうが、企業からした場合非常に重要な質問となります。

もしも一次面接などで話した内容と違った志望動機、自己PRを言った場合、どうして考え方が変わったのか聞いてきます。これは、採用試験において自己PRと志望動機は一番大切なことであって、応募者が長期にわたって仕事をできるか確認するための手段の一つです。

実際に何回も志望動機、自己PRについて質問することで、その人の本心を見ようとしてくるのが企業であって採用担当者であります。

新卒での答え方

新卒での最終面接の質問の答え方は、最終的に自分の言っていることに矛盾がないことが大切です。最終面接までには色々なことを聞かれますが、その一つ一つを採用担当者は覚えていて、全体としてあなたという人がどのような人かイメージします。

その時に、あなたの言ったことが最終面接で矛盾があるようだと、採用を検討する段階で問題になることがあります。そのため、最終面接の前には、特に新卒の場合一次面接で言った内容などをメモしておくと良いでしょう。

面接が終わってからすぐにメモをする習慣をつけていれば、他の会社を受けてもどの会社で何を言ったか分かります。そのメモを最終面接の前に復習すれば問題ないでしょう。

企業など

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

企業の視点から見た場合の最終面接の新卒への質問を考えると、どれだけ元気があるかが重要になります。新卒は、当然職歴がないのが普通でありどれだけ今後成長していって仕事をできるようになるかが重要です。

そのためには、健康であり元気のある新人が理想的であって、知識などよりもそちらの方が優先される傾向があります。特に現場などで働く仕事や、営業などは体力勝負であるため、元気の良い新卒を採用する傾向があります。

最終面接では、新卒の場合自分がどれだけ元気があるかを証明するために、大きな声で発言すると良いでしょう。また、新卒の最終面接では企業側は、応募者の人間性も確認してきます。これは、新卒の応募者がどのような人で入社したらどのような考え方で言動して仕事をしていくかを見ようとします。

企業によって違う質問

企業によって違う質問はたしかにあって、色々な傾向があります。これは、一般的に言われる社風なども影響することがあります。そのため新卒であれば、OB訪問などをしてその会社の情報を収集してどのような会社なのか明確にすると良いでしょう。

具体的には、これから新しい分野にチャレンジしていこうとする会社は、新卒者に対して、そのような企業として新しいことにチャレンジすることについてどう思うかを質問してくる場合があります。

また、伝統を大切にする会社では、いわやる社是などをどのように新卒者が理解しているかを質問してきます。大切なことは、その会社ごとに自分なりにリサーチをして、どのような質問がきても対応できる柔軟な姿勢をもっている事でしょう。

最終面接で質問が少ない理由

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

最終面接の目的としては、最後の確認をすることが多いです。そのため質問自体が少ないことがありますが、これはごく自然な事です。ただし、少ない質問に対してどのように答えるかはとても重要で、最後にあなたを採用するかどうかの判断をする時の情報として、最終面接での回答の内容が使用されます。

採用担当者があまり反応しなくても、実際には採用にかなり関係するような内容も質問してきたりします。そのため、最終面接では質問が少なくても冷静にしっかりと答える習慣をつけておくと良いでしょう。

また、質問が少ないので自分にあまり興味がないのではないかと思ってしまう応募者もいますが、実際にはそのようなスタンスで面接をやっている企業である可能性が高いです。

最終面接のポイント

最終面接のポイントとは、自分をいかに印象づけるかが重要です。最終面接を受ける応募者は自分以外にもたくさんいることが多いです。その中で採用されるには、他の人には負けないなにかが大切です。

それが、一般的なことでも良いですが自分自身が他の人には負けないと思えることが最終面接では必要となります。逆に言えば、他の人よりも優れているものをもっていてそれを効果的に最終面接で発言することができれば、採用される可能性は上がります。

最終面接に限らず面接である以上は、発言する言葉がすべてアピールである内容が理想的ですが、最終面接では最後の面接なので、自分はこのような人物であると印象付ける何かがあると良いでしょう。

質問されないなど

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

最終面接で質問されない場合などはどのように対応すれば良いでしょう。それは、自分から会社に対して質問しても良いです。会社側があまり質問してこないのは、一つとしてあなたの出方を見ている時があります。

このような時は、こちらから質問して場の雰囲気を良くすることが大切です。質問をこちらからしていくうちに、少しずつ話が盛り上がってきたりします。ただ面接官が内向的な方である場合もありますが、実際には面接で質問されない時は積極的に話しをすることで良い評価になることが多いでしょう。

一番してはいけない事としては、質問されないからといってそのまま最終面接を終えてしまうことです。最終面接が確認することが多いとしても、あまり質問されないで終わってしまった場合は、印象が良くないです。

質問されない時の対応

では、質問されない時の具体的な対応はどのようにしたら良いでしょう。例えば、「御社の他の会社にはないおおきな特徴とは何でしょう」と質問すると良いです。これは、あまりにも変わった質問であると思う人もいますが、実際にはこのような質問をすることがその場の雰囲気を良くする方法です。

このような姿勢で最終面接にのぞまないと、色々の状況に対して柔軟に対応することが難しくなります。もしもその会社に内定をもらって入社することになっても入社後に柔軟な対応ができないようでは、問題になります。

ある意味で最終面接での対応は、入社してからもそれほど変わらない対応が必要とされることもあります。

最終面接の「質問ありますか」への的確な答え

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

最終面接で「質問ありますか」と聞かれた時は、複数の質問を準備しおくと良いでしょう。それは、会社についてより詳細を聞いて良いですし、または会社に入社した場合の自分の仕事内容について聞いても良いです。

その際、話の派生で自分が入社してからどのように頑張っていくかも言えると良いでしょう。一つの良い方法としては、自分から質問できるチャンスがあったら、いくつか質問していくうちに自分のアピールも一緒にできると良いでしょう。会社側の反応として、色々自分に聞いてきてくれる時があります。

このような雰囲気になったら、よい機会なので自分をPRするつもりで発言すると良いでしょう。社会人として自分から積極的に発言することは基本的なことで必要な力であるとされています。

自分をアピールする答え方

自分をアピールする最終面接での質問の答え方としては、質問に対して答えるだけではなくて、それ以外で自分をアピールできる事を発言すると良いでしょう。それが話しからそれているような事でも実際に発言してみると面接官が良い反応をしてくれることがあります。


面接では、採用担当者の反応を見ながらその場で判断して答え方を変えることが必要です。それは、面接官の性格なども考慮して柔軟に答えることが大切であって、いわゆるコミュニケーション能力が必要とされるのが面接です。

この時間の限られた面接でいかに自分をアピールする答え方ができるかが大きなポイントであって、社会人としてのコミュニケーション能力があるかどうか確認されることもあります。

業界別の最終面接の質問と回答例

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

業界別の最終面接の質問と回答例としては、その業界で何を重要視しているかで内容が変わってきます。例えば現場での仕事が多い業界では、現場で仕事に耐えられるかどうか面接で聞いてきます。

質問の例としては、「寒い現場で長時間働くことは大丈夫ですか」と聞かれます。このような時の回答例としては、「外で長時間働くことは大丈夫です。学生の頃に、長時間のアルバイトを経験してきたのもあって、体力には自信があります」といって良いでしょう。あまり、自分をアピールしすぎることは良くないと考える人もいますが、実際にはやや大げさなくらいで丁度良いです。

また、他の業界では長時間のパソコンの前の仕事を必要とすることがありますが、このような仕事でも「パソコンが以前から好きで、長時間さわっていても苦になりません」といった内容が言えれば良いでしょう。

業界によって違う質問

業界によって違う質問の内容としては、航空業界を例にとって考えてみましょう。業界の特徴として、今後も競争が厳しい状況が続くと予想されるので、「今後航空業界で生き残っていくためには、どうすれば良いですか」などがあります。

このような質問に対しては自分の考え方を正直に言って良いでしょう。特に航空業界について勉強していて知識がある人は、その知識をフルに使用して回答できると高評価です。新卒でも中途採用でも重要なことは、予想される質問に対してどれだけの知識や考えがあるかを言えることです。

あまり興味のない業界を受けていれば、面接官に質問された事に対して印象の良い回答はできないでしょう。こう言った意味からも、業界を絞る時は自分の経験や知識を考慮して興味のある業界にすることがポイントです。

ホテル業界

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

ホテル業界での最終面接での質問としては、「接客業が好きですか」と聞かれます。これは、当たり前のことでしょうが、実際に入社して仕事をはじめてから自分には接客業があっていないと感じる人が多いため質問されます。

最終面接までの間に何度も聞かれる可能性のある質問なので、自分なりにしっかりとした回答を準備しておきましょう。このような質問に対しては、「学生の頃からアルバイトで接客業をしてきてお客様のためにサービスを提供する接客業が好きです」となります。これを聞いて面接官は学生の頃のアルバイトの内容について色々聞いてくれるでしょう。

考え方によっては、接客業とはホテル以外でも多くの業界である仕事であって経験している人はけっこういます。そんため、接客業についてアルバイトで経験があると回答することは一般的になっています。

ホテル業界の質問の傾向

その他のホテル業界の質問の傾向としては、最終面接なので、「弊社に入社して何をしたいですか」と聞かれます。この質問は、ホテルの仕事は最初は現場での接客業や清掃の仕事が多いですが、最終的には管理する仕事をする人もいます。

そのため、応募者を採用するかどうか考える時に、その人の将来像を具体的にできるかがポイントとなります。その将来像が会社のイメージと一致している人ほど採用される可能性は高くなります。

無理をしてホテルのイメージに合わすのではなくて自分らしい将来像をもって最終面接を受ければ自分にあったホテルに内定をもらえるでしょう。ホテル業界も生き残りが厳しい業界なので、採用側もシビアにみるところがあります。

してはいけないホテル業界の質問の答え方

してはいけないホテル業界の質問の答え方としては、残業時間に対しての質問について、あまり残業はできないような答え方をしてしまうと印象が良くないです。理由としては、ホテル業界は、お客が中心で動いている業界なので、急な内容が必要な時があり残業も仕方ない業界です。

また、他のホテルと差別化をはかる目的で色々なサービスを展開していると、より残業が多くなるでしょう。このような理由から、ホテルの最終面接で「残業は大丈夫ですか」と聞かれたら。「大丈夫です。体力には自信があります」といえるくらいで丁度良いでしょう。

特にホテル業界では自分を最終面接でアピールできる人が採用される傾向があるので、質問に対しても自分をアピールできる内容で回答できると良いでしょう。

不動産業界

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

不動産業界の質問を考えてみると最終面接では、「本当に不動産で良いのか」と聞かれます。また、不動産業界でもさまざまな仕事内容があるので、その会社の仕事で本当に良いのか確認されます。逆に言えば、その会社の仕事で自分が本当に希望する場合は採用される可能性が高くなります。

大切なことは、不動産業界の求人内容のマッチ度が重要なポイントとなります。これは自分には合わない不動産の仕事だと思えば、会社に電話で直接内容を確認しても良いでしょう。場合によっては、電話で聞ける情報がかなり重要なものもあります。また、もともと不動産業界の仕事をしっかりとイメージできていない人からした場合、不動産業界の最終面接の質問は厳しいものになります。それは、不動産業界とはある特定の知識が必要となるため、かなりの勉強を必要とする業界でもあり、資格取得も必要な場合もあるからです。

不動産業界での質問の傾向

不動産業界の最終面接の質問の傾向とは、入社してからどのように仕事に取り組むかを聞いてきます。これは、不動産業界は、単なる事務的な作業ではなくて、知識と経験を必要とする仕事です。

そのため、入社してから自分でどのように努力していくかをイメージできる人が採用される傾向があります。不動産業を志望する時は、自分なりにどのような業界なのか最低限勉強して応募すると良いでしょう。

印象の悪い不動産業界の答え方

印象の悪い不動産業界の答え方としては、「たくさん覚える事があるけど大丈夫ですか」と聞かれた時に、少しでも抵抗のあるような回答をするのは印象が良くないです。理由としては、不動産業会は新人の時から覚えることがたくさんあります。

それは、土地などの不動産について知っておくこと以外にも勉強して見つけなくてはいけない事が色々とあることから、覚えることに対して抵抗のある人は向いていないと判断されるケースがあります。回答の仕方としては、「不動産について勉強して、少しでも毎日知識が見につくように努力します」といった内容が良いでしょう。

信用金庫など

信用金庫などの最終面接での質問としては、「なぜ他の銀行ではなくて信用金庫を希望しているのですか」と聞かれたりします。このような質問に対しては、自分で事前に準備しておくと良いでしょう。

一つとしては、応募している信用金庫のサービス内容について興味があって応募しているといった答え方があります。信用金庫を志望する時にいわゆる都市銀行などではない理由をしっかりと口頭で言えることがポイントとなります。逆に言えば、しっかりとして信用金庫の志望動機があれば、最終面接でも高評価となるでしょう。

調べてみると信用金庫は、他の銀行などと比較した場合サービスの内容で差別化をしています。その点をしっかりと把握して最終面接で発言できれば、採用担当者も納得してくれるでしょう。

信用金庫の質問の特徴

では、信用金庫の質問の特徴とはどのようなものでしょう。それは、信用金庫で採用した場合、長いこと勤務し続けることが可能かどうかを質問してきます。具体的には。「同じような繰り返しの作業にも似た仕事がありますが、継続して続けていけますか」などがあります。

これは他の業界でも同じような仕事がありますが、特に信用金庫では確認される内容です。信用金庫の仕事はイメージよりも地味で同じ作業を繰り返しながら的確に業務を遂行することが要求されます。

最終面接の段階でも同じような内容の質問をされる事があるのは、応募者が入社してからミスマッチがないようにするためです。

イメージの良い最終面接の質問の答え方

最終面接では、主に一次面接などで聞いてきた内容を確認するための質問がありますが、他にはその人の本心を明確にするための質問もあります。質問の内容としては、「この会社でずっと仕事を続けることができますか」などを聞かれます。

このような時は、最終面接での自分をアピールできる最後のチャンスであると考えて、「毎日ひとつでも多くの知識と経験を身に付けて長期にわたって業務します」と正直に言えることがポイントとなります。

少し大げさなくらいが最終面接ではアピールになります。また、新卒では元気のあることがアピールに特になるので、最終面接の間は大きな元気のある声で発言する事が大切です。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests