Search

検索したいワードを入力してください

【転職・新卒採用】最終面接の質問集・「質問はありますか」の答え方

初回公開日:2018年04月05日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職・新卒での最終面接の質問集とはどのようなものでしょう。最終面接とは、他の面接とは違って緊張するものです。そこで、この記事では最終面接の質問集・「質問ありますか」などの答え方についてまとめてみたので、参考にしてみて下さい。

転職の最終面接の質問集

転職の最終面接の質問集としては、希望する仕事内容について聞かれることがあります。これは、最終面接で聞きたいことの一つですが、本当に応募者が長期にわたって仕事ができるか最終確認するためにしている質問の一つです。

最終面接での質問集の特徴としては、ほとんどが同じような内容を質問してくる傾向があります。それは、多くの場合大切なことの確認をするためのものであって、会社としてはかなり重要な情報となります。

また、最終面接の質問に対する回答が他の回答と理論的におかしな内容となっていると最後まで追及されることがあります。最終面接の質問は、会社として最後に聞いておきたい重要なことなので、答える側としても、くいちがいのない回答が必要とされます。

最終面接の質問の意図とは

最終面接の質問の意図とは、今まで面接で話してきた内容と違っている事を話していないか確認してきます。最終面接のほとんどは、他の面接で聞いてきた事と同じ内容であることが多いです。

もしも同じ質問に対して違う回答をいった場合、会社側は最後までその理由について聞いてくるでしょう。言い換えると、本心で言っていることは、一次面接や二次面接と同じように最終面接でも言えるというのが会社側の考えです。

そのため、違った内容を話してしまえば、それが原因で転職で内定がもらえないこともあり得ます。とてもシビアに見えますが、最終的には面接で確認したいことはいくつかのポイントがあって、会社側の意向と合わない場合は、転職活動において内定をもらうことが難しくなります。

内容

では、具体的な転職における最終面接の質問内容ですが、「この会社に入社して何を一番したいですか」といった質問があります。これは、最終面接ならではの質問であって、面接を受けてきたことで、自分の会社に対する考えがどのように変化しているか確認しようとしています。

会社側も応募者が情報収集した結果、自分の会社についてあまり興味がなくなっていては困るので、このような質問をします。もしも、応募者が会社に対して興味がうすくなっていれば、答え方で分かります。

このような質問に対して、とても前向きな回答ができる人は内定をもらえるチャンスが大きくなります。面接とは厳しい側面があって、一つの質問に対する答え方一つであなたに対するイメージがかなり変わります。

変わった内容の質問

転職の最終面接の変わった質問としては、最終面接なのに、「なぜ、他の会社ではなくて弊社を志望していますか」などと聞かれることがあります。このような質問は一次面接などで聞かれることがありますが、最終面接で聞かれると逆におどろくことになります。

面接官の意図としては、本気で自分の会社に入社しようとしているのか最終確認しようとしています。応募者はこのような時、冷静に一次面接などで答えたように回答すればよいでしょう。

具体的には、「御社の社是がとても気に入っていてこのような考え方の会社で仕事をしたいと強く思い他の会社ではなくて御社を志望しています」となります。回答の仕方一つで採用担当者はあなたが他の会社が第一志望でないか疑ってくることもあるので注意が必要です。

中途採用など

中途採用における最終面接の他の質問としては、「今まで培ってきた技術や知識をどのように弊社で活かせますか」と聞かれます。これは、実際にあなたが入社した場合にどのようにパフォーマンスができるかチェックしようとしています。

そのため、他の新入社員には負けない自分の力を最終面接のこの質問の時に回答できると良いでしょう。答え方としては、「前職では、さまざまな機器に関するメンテナンスを担当してきました。この経験からどのような機器に関するトラブルが生じても対応できるスタッフとして御社に貢献します」となります。

より具体的に入社後のあなたの姿が創造できるような回答ができれば、採用担当者も納得してくれます。

中途採用の質問の特徴

中途採用の質問の特徴とはどのようなものでしょう。それは、新卒とは違って経験がある人をターゲットにして採用活動をしている点です。そのため、ある意味では経験があまりない転職者にとってはつらいところもありますが、考え方次第でどのようにも対応できるのが転職です。

質問一つとっても考え方を柔軟にすることで、評価の高い答え方ができます。例えば、中途採用の最終面接での質問として「あなたの経験をいかして、入社後どのように仕事に対して取り組んでいきますか」と聞かれることがあります。

この場合、「新卒で入社した時の気持ちを思い出して、一つ一つ知識を身に付けていき、さらに今までの経験をいかして一日でも早く戦力になれるように頑張ります」となります。

就活で新卒採用試験の最終面接質問例

就活で新卒採用試験の最終面接質問例としては、なんといっても志望動機、自己PRを再度確認されます。これは、一次面接などで話しているのでしつこいと思われる人もいるでしょうが、企業からした場合非常に重要な質問となります。

もしも一次面接などで話した内容と違った志望動機、自己PRを言った場合、どうして考え方が変わったのか聞いてきます。これは、採用試験において自己PRと志望動機は一番大切なことであって、応募者が長期にわたって仕事をできるか確認するための手段の一つです。

実際に何回も志望動機、自己PRについて質問することで、その人の本心を見ようとしてくるのが企業であって採用担当者であります。

新卒での答え方

新卒での最終面接の質問の答え方は、最終的に自分の言っていることに矛盾がないことが大切です。最終面接までには色々なことを聞かれますが、その一つ一つを採用担当者は覚えていて、全体としてあなたという人がどのような人かイメージします。

その時に、あなたの言ったことが最終面接で矛盾があるようだと、採用を検討する段階で問題になることがあります。そのため、最終面接の前には、特に新卒の場合一次面接で言った内容などをメモしておくと良いでしょう。

面接が終わってからすぐにメモをする習慣をつけていれば、他の会社を受けてもどの会社で何を言ったか分かります。そのメモを最終面接の前に復習すれば問題ないでしょう。

企業など

企業の視点から見た場合の最終面接の新卒への質問を考えると、どれだけ元気があるかが重要になります。新卒は、当然職歴がないのが普通でありどれだけ今後成長していって仕事をできるようになるかが重要です。

そのためには、健康であり元気のある新人が理想的であって、知識などよりもそちらの方が優先される傾向があります。特に現場などで働く仕事や、営業などは体力勝負であるため、元気の良い新卒を採用する傾向があります。

最終面接では、新卒の場合自分がどれだけ元気があるかを証明するために、大きな声で発言すると良いでしょう。また、新卒の最終面接では企業側は、応募者の人間性も確認してきます。これは、新卒の応募者がどのような人で入社したらどのような考え方で言動して仕事をしていくかを見ようとします。

企業によって違う質問

企業によって違う質問はたしかにあって、色々な傾向があります。これは、一般的に言われる社風なども影響することがあります。そのため新卒であれば、OB訪問などをしてその会社の情報を収集してどのような会社なのか明確にすると良いでしょう。

具体的には、これから新しい分野にチャレンジしていこうとする会社は、新卒者に対して、そのような企業として新しいことにチャレンジすることについてどう思うかを質問してくる場合があります。

また、伝統を大切にする会社では、いわやる社是などをどのように新卒者が理解しているかを質問してきます。大切なことは、その会社ごとに自分なりにリサーチをして、どのような質問がきても対応できる柔軟な姿勢をもっている事でしょう。

最終面接で質問が少ない理由

最終面接の目的としては、最後の確認をすることが多いです。そのため質問自体が少ないことがありますが、これはごく自然な事です。ただし、少ない質問に対してどのように答えるかはとても重要で、最後にあなたを採用するかどうかの判断をする時の情報として、最終面接での回答の内容が使用されます。

採用担当者があまり反応しなくても、実際には採用にかなり関係するような内容も質問してきたりします。そのため、最終面接では質問が少なくても冷静にしっかりと答える習慣をつけておくと良いでしょう。

また、質問が少ないので自分にあまり興味がないのではないかと思ってしまう応募者もいますが、実際にはそのようなスタンスで面接をやっている企業である可能性が高いです。

最終面接のポイント

最終面接のポイントとは、自分をいかに印象づけるかが重要です。最終面接を受ける応募者は自分以外にもたくさんいることが多いです。その中で採用されるには、他の人には負けないなにかが大切です。

それが、一般的なことでも良いですが自分自身が他の人には負けないと思えることが最終面接では必要となります。逆に言えば、他の人よりも優れているものをもっていてそれを効果的に最終面接で発言することができれば、採用される可能性は上がります。

最終面接に限らず面接である以上は、発言する言葉がすべてアピールである内容が理想的ですが、最終面接では最後の面接なので、自分はこのような人物であると印象付ける何かがあると良いでしょう。

質問されないなど

Latests