Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】転職の面接の時のスーツの色・柄・ストライプはありか

更新日:2020年08月20日

転職での面接の服装で悩んだ経験はありませんか。服装ですべてが決まるわけではありませんが、服装の印象は面接官に大きな影響を与えます。転職の面接に適したスーツの選び方や夏の面接でのスーツについて解説しています。面接を受ける時は参考にしてみてください。

面接のとき服装で相手に与える印象の大切さ

転職での面接の服装選びに悩んだことがある人は多いでしょう。まったく知らない人と出会うときに感じる印象は、服装など全体の雰囲気で感じ取ることが多いため、スーツ選びはとても重要です。転職での面接の際に服装選びにもっとも重要なことは、自分をかっこよく見せることでも真面目そうに見せることでも清楚に見せることでもありません。

一番大切なのは、面接をしてくださる面接官に敬意を払うことです。面接を受ける側に立つと忘れてしまいがちですが、面接官は自分の仕事の時間を割いて面接をしてくれています。転職の際の面接でスーツ選びに悩んだときは、相手に敬意を表す服装になっているか考えてみましょう。

男性の転職の面接の時のスーツ

転職の面接は、学生ではなく社会人として面接に臨むということです。男性のスーツ姿は学生の就活のときとそんなに大差はないと考える人も多いでしょう。

しかし、就活をしている大学生と社会人のスーツ姿は雰囲気がまったく違います。男性は、スーツを見るとある程度の値段が想像することができます。あまり安っぽいスーツは自分の格を下げてしまうことにもなりますので、社会人としてふさわしいスーツを選ぶようにしましょう。

髪型、サイズ、ネクタイの色などの違いで学生っぽい雰囲気になってしまうのか大人の社会人としての印象になるのか大きく変わります。転職の面接の際にスーツを着用する場合は、大人の男性にふさわしいものを選ぶようにしましょう。

女性の転職の面接の時のスーツ

女性の場合も同様ですが、転職の面接は学生ではなく社会人として面接を受けることになります。女性の場合、前職でスーツを着用していない人はジャケットはあってもスーツを持っていないという人もいるでしょう。

あまり着る機会がないからといわゆるリクルートスーツを買うのは止めましょう。男性と同じように女性でも就活生と社会人のスーツ姿はひとめで違いがわかります。ということは、面接するときもリクルートスーツを着用している雰囲気が面接官に伝わり、年齢と合っていないためちぐはぐな印象を与えてしまいます。

転職の時の面接で必ずスーツは着用しなければならないということではありませんが、きちっとした形のジャケットは必ず着用するようにしましょう。

スカートorパンツスタイルどちらを選ぶと良い?

女性の場合、転職の面接の時にスカートが良いのかパンツスタイルでも良いのか悩む人も多いでしょう。少し前にはビジネスマナーとして女性はスカートを着用することが望ましいということを言われていましたが、現在では似合うのであればスカートでもパンツでもかまわないというのが一般的です。

転職を希望する職種が一般事務のような清楚なイメージな場合はスカートを、キャリアウーマンのようなはつらつとした印象を与える職種であればパンツスタイルを選択すると活動的な女性の印象を演出することができます。

30代

30代になると20代とは違い会社での責任も大きくなってくる年齢です。必ずしも高いものが良いという訳ではありませんが、高いものには高いなりの理由があります。生地の質であったり、縫製の手間などが安いスーツとでは全く異なります。つまり、安いスーツを着ている時と高いスーツを着ている時では相手に与える自分の印象も変わるということです。

30代以降で転職のための面接でスーツを着用する場合は、最低でも30,000~50,000円のものを着用すると良いでしょう。奮発できるのであればもちろんそれ以上のものでもかまいません。デザインはシンプルで高級な素材のスーツは自分の格を上げることができます。

転職の面接の時のスーツの色

スーツの色は黒や紺またはグレーといったものが無難です。またサイズが合わないスーツは全体の印象がだらしなくなってしまいます。体のサイズに合ったスーツを着るようにしましょう。また、長すぎるズボンは足元にしわが寄ってしまいますので、ズボンの丈にも注意しましょう。

転職の面接のスーツの色は、黒のスーツは適切な色の1つです。黒のスーツは礼服としても使用されますが、礼服とブラックスーツでは黒の色の濃さが違います。真っ黒な礼服はひとめで礼服だとわかりますので注意しましょう。

グレー

次のページ:転職の面接の時のスーツはストライプも大丈夫か

初回公開日:2017年11月03日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests