Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月29日

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

面接の自己紹介では何を話せばいいのでしょうか。自己紹介で必ず入れないといけない内容、時間はどのくらいか、趣味も話さないといけないのか、そういった疑問を持っている方、ぜひ参考にしてください。転職、新卒、バイトなど、幅広くご紹介します。

面接の自己紹介で何を話す?

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

進学や就職、転職などをするときには、面接を避けては通れません。しかし面接で何を話せばいいかわからないという人もいるでしょう。

面接の際に「簡単に自己紹介してください。」「1分程度で自己紹介をお願いします。」などと言われることも多くあります。面接の最初のほうで聞かれることが多く、これにうまく答えられれば印象もいいですし、自分の気持ちも前向きになれます。

今回は、面接の自己紹介でどのようなことを話せばいいのかをご紹介します。

面接の自己紹介で盛り込むべきこと

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

面接での自己紹介では、以下の点を必ず盛り込みましょう。

・氏名
・所属(大学生であれば自分の学部など、社会人であれば所属している会社名や部署)
・面接にあたっての挨拶

自己紹介とは、自分はどこのだれであるかを相手に示すことです。そのため、「簡単に自己紹介してください。」と言われたら以上のような内容を答えましょう。

また、「1分程度で自己紹介をお願いします。」と言われた場合は、以下の内容も盛り込むことができます。

・経歴
・趣味
・面接を受けている会社に興味を持った理由
・仕事に対する意気込み

このようなことを盛り込むと、あなたの人物像がよりはっきり見えてきます。

面接での自己紹介の例文

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

では実際にどのような自己紹介をすればいいのか例を挙げながら説明していきます。面接では、聞かれたことに簡潔に答えることが求められます。あまり長々とした答えは適切ではありません。短く答えても、面接では面接官が気になった点があれば面接官のほうから聞いてくるので、こちらから必要以上に話すことはありません。

簡単に自己紹介をお願いしますと言われた時

「簡単に自己紹介をお願いします。」と言われたら基本的には氏名、所属、挨拶を述べます。そのほかに志望動機などを述べてもいいのですが、グループ面接など大人数で受ける時は自己紹介では手短に最低限を話すのがいいでしょう。

例文(新卒の面接)

「○○と申します。現在は××大学△△学部◆◆学科に所属しております。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

例文(転職の面接)

「○○と申します。現在は◆◆会社××部△△課に所属しています。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

30秒程度でと言われた時

30秒で話せる文量を文字に起こすと150字程度になります。面接の自己紹介で相手にわかりやすく話すことを考えると、4文か5文程度の文量です。そのため、そのくらいの長さを考えて話しましょう。

例文

「○○と申します。現在は××大学△△学部◆◆学科に所属しております。大学生活では、○○サークルの活動に打ち込んできました。以前からITの仕事に興味があり、夏休みに御社にインターンとして通わせていただき、御社で働かせていただきたいと考えるようになりました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

例文

「○○と申します。○○大学××学部を卒業し、現在は◆◆会社××部△△課に所属して○年になります。趣味はサッカーです。先日東京ビッグサイトで行われた転職フェアで御社の経営理念や会社の方針などをお聞きし、ぜひ私も御社の一員になりたいと考えました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

1分程度でと言われた時

1分程度で自己紹介をしてくださいと言われることがあります。1分というのは、文字に起こすと300字程度になります。そのくらいの文字数になると、かなりの情報を自己紹介に入れることができます。

1分は話してみると意外に長いので、前もって文章を考えておくといいでしょう。以下は、上記の30秒の自己紹介の例文に文章を足して、1分の自己紹介にした例文です。

例文

「○○と申します。現在は××大学△△学部◆◆学科に所属しております。大学生活では、○○サークルの活動に打ち込んできました。その活動の中で、先輩や先生など目上の方に対する礼儀などを学べたと考えております。

周りの人からは、物静かですが自分の考えをしっかり持っているとよく言われます。私としては、自分の考えをうまく周りの人に伝えられるように日々努力をしています。

以前からITの仕事に興味があり、夏休みに御社にインターンとして通わせていただいた中で、実際に働いていらっしゃる御社の方々の話を聞き、御社で働かせていただきたいと考えるようになりました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

例文

「○○と申します。○○大学××学部を卒業し、現在は◆◆会社××部△△課に所属して○年になります。趣味はサッカーで、社会人サークルに所属し、週末は仲間と汗を流しています。

同僚などからは、おおらかで人の意見をよく聞く人だと言われることが多いです。私としても、日頃から、なるべく多くの人の意見を聞いてから決断するよう心掛けています。

先日東京ビッグサイトで行われた転職フェアで御社の経営理念や会社の方針などをお聞きしました。以前から接客業についてみたいと考えていましたので、私もお客さまに感動してもらえるような接客をしたいと考え、ぜひ御社の一員になりたいと考えました。

本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

面接の自己紹介に向けての準備の仕方

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

面接では、緊張のあまり早口になりがちです。また、話しているうちに自分の言っていることがよくわからなくなるということもあります。それではなかなかあなたの魅力を伝えるのは難しいでしょう。

面接の際に相手にわかりやすい早さで話すと、1分間に話せる文字数はだいたい300文字程度と言われています。そのため、自己紹介は30秒と言われた時のために150文字、1分間と言われた時のために300文字と、ある程度文章を考えてからそれを話す練習をしっかりしてみましょう。

転職の面接での自己紹介のやり方は?

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

転職の面接でも、面接の序盤に自己紹介をしてくださいと言われることがあります。転職の自己紹介の場合は、今までのあなたのキャリアに面接官の興味が向いていることが多いので、趣味などは言わず、今までの経歴、そこから学んだこと、志望動機などをのべるといいでしょう。

また、中途採用の自己紹介の場合は、年度の途中から仕事に就く理由も手短に述べられるといいでしょう。時間制限のない場合は、1分以内に話すようにしましょう。

オーソドックスな形

「○○と申します。○○大学経済学部経済学科を卒業したのち、株式会社○○の営業部第二営業課で勤務して4年になります。今では5人の部下と共に、個人事業者への営業を強化しています。

以前より、より地域に密着した企業で働きたいと考えておりました。御社の会社説明会に伺い、私も地域の人に愛される会社作りの一員として働かせていただきたいと考えました。本日はよろしくお願いいたします。」

中途採用の場合

「○○と申します。現在、株式会社○○で経理の仕事をしています。本日はお時間をとっていただき、ありがとうございます。

前々から、よりお客様とも交流のある経理の仕事がしたいと考えておりました。御社の中途採用の募集を拝見し、説明会などに参加させていただく中で、顔の見える経理の仕事がしたいと考え、御社の一員として働きたいと考えました。よろしくお願いいたします。」

転職の面接では面接官は何を見ているの?

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

転職の面接では、社会人としての生活ができることを前提にして、どのような仕事ができるのかを見られています。即戦力としての活躍を期待されています。そのため、転職前の仕事でどのようなポジションだったのか、また、何ができるのかを見られています。さりげなくそのような内容を自己紹介に盛り込めるといいでしょう。

新卒の面接での自己紹介の方法は?

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

新卒の面接での自己紹介の場合、転職のように職務経験はありませんので、大学時代に頑張ったこと、そこから学んだことなどを加えて話すといいでしょう。

簡単に自己紹介してくださいと言われた時

簡単に自己紹介してくださいと言われた時は、1分以内に話し終えるようにします。盛り込むのは以下の内容です。

・氏名
・所属
・大学で力を入れたこと、そこから学んだこと
・志望動機
・あいさつ

例文

「○○と申します。現在○○大学文学部英文学科に所属しております。大学生活では、趣味でもあるテニス部に所属していました。毎日の練習は大変でしたが、仲間たちと練習を重ね、目標だった○○大会に出場することができ、明確な目標をもつ大切さを学びました。

以前から営業の仕事に興味があり、グローバルな活動をされている御社で、社員として働きたいと考えました。本日はよろしくお願いいたします。」

1分程度でと言われた時

1分程度で自己紹介をと言われた時は、上記の内容をより詳しく述べるといいでしょう。大学生活で力を入れたことや勉強していた内容などを広げて述べることもできますし、志望動機をより詳しく述べることもできます。

例文

「○○と申します。現在、○○大学スポーツ学部マネジメント学科に所属しています。もともとスポーツを通しての人との交流が好きだったので、ボランティアなどでサマースクールなどに参加し、小学生などの指導にあたりました。その中で、相手の成長を助ける楽しさや大変さを学びました。

以前からスポーツのインストラクターの仕事に興味を持っていました。御社の求人を拝見し、会社見学などで御社の取り組みを拝見しました。その中で、私も御社の一員となり、スポーツを通して明日への活力を与えられるような仕事をしたいと考え、御社を志望いたしました。

本日はよろしくお願いいたします。」

新卒の面接では面接官は何を見ているの?

新卒の面接では転職と違って、即戦力としての活躍を期待されるというよりは、その職場で早く育つことを期待されています。そのため、面接では社会人としてやっていけるだけの社会性があるか、大変なことにぶつかった時に簡単にやめることはないかなどを見られます。

もう数年にわたって、新社会人に期待する力はコミュニケーション力です。コミュニケーションができるということは饒舌であるということではなく、わからないことをしっかりと誰かに聞くことができる、人の話を謙虚に受け止めることができるなどのことを指します。

そのため、自己紹介ではそのような力があることに言及できるといいでしょう。

大学の面接での自己紹介のやり方

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

大学などを受験する際、一般受験では面接はありませんが、AO入試や指定校推薦などでは面接が実施されます。面接の自己紹介では、以下の内容を盛り込むといいでしょう。

・氏名
・所属
・高校生活で頑張ったこと、そこから学んだこと
・志望理由
・挨拶

簡単に自己紹介をお願いしますと言われた時

簡単に自己紹介をしてくださいと言われた時は、30秒を少し過ぎるくらいがちょうどよい長さです。あまり長すぎると途中で遮られたりしますので、時間を意識して練習をしておきましょう。

例文

「○○県立○○高等学校から参りました、○○と申します。高校では特に、行事に力を入れてきました。先月行われた文化祭では、クラスで映画を作成して上映し、閉会式ではアイデア賞をもらうことができました。映画作成は考えていた以上にやることが多く、一つ一つ地道に進めていく大切さを学びました。

以前から英語が好きで、貴校のオープンキャンパスに参加させていただいた際に、私もここで生きた英語を学びたいと考えました。本日はよろしくお願いいたします。」

1分程度でと言われた時

1分程度で自己紹介をと言われたら、志望理由をより詳しく述べたり、自分の性格などを入れるといいでしょう。自分の性格を紹介するときは、周りの人からは~と言われますという形にすると自然に自己紹介の中に入れることができます。

例文

「○○県立○○高等学校から参りました○○と申します。バレーボール部に所属しています。友達からは、明るくて素直だと言われます。高校では、勉強も部活も両立させるということを心がけてきました。

勉強は特に、暗記が苦手だったので、通学時間や休み時間などを使ってすきまの時間を有効に活用して覚えるようにしました。また部活では、県大会出場を目標に毎日練習にはげみ、三年生の大会で県大会に出場することができました。このような生活の中で、何事にも地道に取り組む大切さを学びました。

以前から児童福祉に興味を持っていました。貴校のオープンキャンパスに参加させていただいた時に模擬授業を体験し、この大学で学びたいと考えました。少人数のゼミや、いろいろな実習なども楽しみにしています。

本日はよろしくお願いいたします」

大学の面接では面接官は何を見ているの?

大学の面接では、面接官は大学生活を送ることができるだけの生活習慣が身についているか、十分な学力があるかなどを見ています。そのためあまり自己紹介の内容を盛る必要はありません。面接官に聞かれたことにしっかりと答えましょう。

面接の自己紹介では趣味も話すの?

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

面接の自己紹介で趣味も話した方がいいのか迷うこともあるでしょう。自然な流れで入れられるようであれば自己紹介にいれても大丈夫です。ただ、どうしても話さなければならない内容ではありません。長くなってしまいそうな時は削りましょう。

また例えば、少年野球のコーチの経験から何かを学んでいたりなど、趣味の活動を通して自身が成長したなどのエピソードがあれば面接の自己紹介に入れた方がいいです。あなたの人物像がより鮮明になります。また、志望理由に趣味が絡んでくる場合も自己紹介に入れた方がいいでしょう。

一方、あまりにも趣味に入れ込みすぎているととらえらるような言い方はやめておきましょう。あくまで仕事の面接ですので、仕事を第一に考えているということが伝わるようにしましょう。

例文

「○○と申します。現在○○大学文学部英文学科に所属しています。趣味は読書で、以前から本の出版に関わる仕事をしたいと考えていました。御社の会社説明会に参加させていただき、私も御社の一員として、お客様のニーズに合った提案をしていきたいと考えました。本日はよろしくお願いいたします。」

例文

「○○と申します。現在、株式会社○○の総務部第二総務課に勤めております。趣味は資格を取ることです。今までに○個の資格を取得してきました。今は簿記二級の取得を目指して勉強しています。

資格を取得するなかで、苦手なものであっても途中で投げ出さない根気と、目標を達成したときの達成感を学べたと感じています。このようなことを、仕事でもいかしていきたいと考えています。本日はよろしくお願いいたします。」

面接での自己紹介の時間はどのくらい?

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

面接の自己紹介をどのくらいの長さで言ったらいいか迷うこともあるでしょう。短すぎると物足りない印象を与えてしまいますし、長すぎると遮られたりします。面接では時間が限られている中で面接官は聞きたいことを聞き出さなければなりません。そのため、面接官が聞きたいことに簡潔に答えましょう。

簡単に自己紹介をお願いしますの場合

簡単に自己紹介をと言われたら、30秒から45秒くらいの自己紹介をしましょう。文字におこすと150字から200字程度です。この長さのおさまる内容は、氏名、所属、志望理由、挨拶くらいです。自己紹介は早口にならないように練習をしておきましょう。

例文

「○○と申します。現在○○大学法学部法学科に所属しています。以前から接客の仕事に興味がありました。御社のインターンシップに参加させていただき、社員の皆様が、お客さまに明日への活力を持つ手助けをするという目標を常に考えて行動しているのを拝見し、御社の一員として働きたいと考えました。本日はよろしくお願いいたします。」

1分程度でと言われた場合

時間を指定して自己紹介をしてくださいと言われることがあります。1分程度と言われたら、プラスマイナス10秒程度でおさまるくらいがちょうどいい長さです。文字におこすと300字程度になります。

日常生活の中で、一方的に1分間しゃべり続けるということはめったにありません。1分の自己紹介は話してみると長いですが、あれこれ考えてしまうとすぐに時間が過ぎてしまいます。そのため、面接までの練習がとても重要です。

自己紹介で話す内容は、簡単にと言われた内容に加えて、自分の性格、趣味、力を入れていること、詳しい志望理由などを付け足していくといいでしょう。

例文

「○○と申します。現在○○大学経済学部経済学科に所属しています。空手のサークルに参加しています。友人からは正義感が強く面倒見がいいと言われます。

大学生活ではサークル活動に力を入れてきました。そのなかで、先輩や先生に対する礼儀などを学べたと考えています。また、以前からボランティアで小学生に空手の指導をしており、成長を見守る楽しさも知ることができました。

以前から、人々の安全を守る仕事に着きたいと考えていました。御社の会社見学会で、社員の皆様が人々の安全に自分はどう貢献できるのかを考えて仕事をしている姿がとても印象的でした。御社の一員となり、いろいろな面で人々の安全を支えたいと考えました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

バイトの面接での自己紹介

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

バイトの面接の自己紹介では、採用試験ほど堅苦しい自己紹介は求められません。面接では今の自分の状況、そのバイトをしようと思った理由、勤務日程の希望などが言えるといいでしょう。

例文

「○○と申します。現在○○大学教育学部教育学科の2年です。将来は中学校の教員になりたいと考えています。そのため、塾の講師のアルバイトを探していました。御社は個別指導で、生徒ひとりひとりにじっくり寄り添うことができると感じました。

火曜日と木曜日はサークル活動があるので、それ以外の曜日で週に3日程度勤務できたらと考えています。本日はよろしくお願いいたします。」

例文

「○○と申します。○○大学文学部日本文学科の1年生です。テニスのサークルにも参加しています。高校まではアルバイトが禁止で、ずっと大学になったらアルバイトをしようと考えていました。

将来は接客の仕事につきたいと考えているので、御社で接客のアルバイトをしたいと思いました。また、家から近いのでここなら通いやすく続けやすいと考えました。平日の大学が終わった夕方から夜の時間と、休日に働きたいと考えています。本日はよろしくお願いします。

バイトの面接では面接官は何を見ているの?

バイトの面接では、即戦力としての活躍を期待されます。週に何回、どのくらいの時間出られるのか、バイトの内容をこなせるだけの力があるかを見られています。そのため、抽象的な自己紹介よりも、具体的に週に何回できるなどの話をしていいでしょう。

面接の自己紹介は前もっての準備がカギ!

転職の面接での自己紹介の方法と自己紹介の例文|新卒/中途

いかがでしたでしょうか。面接の序盤に聞かれる自己紹介はその後の面接の行方を占うといっても過言ではありません。くれぐれも面接に練習なしで臨むのはやめましょう。30秒程度、1分程度など、時間に合わせて自己紹介で話すことを考えて練習しておきましょう。

面接の自己紹介では自分のアピールポイントを少しだけ入れておくのがいいです。聞かれたい内容を少しだけ入れておくことで、それについて聞かれる可能性が高くなります。面接の自己紹介はえさの役割もあります。

練習しておけば自信がつくので、面接で頭が真っ白になるということもないでしょう。面接は準備がカギです。しっかりと練習して臨んでください。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests