Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】二次面接で聞かれやすい質問・解答例|転職/新卒

更新日:2020年08月20日

二次面接で聞かれやすい質問・解答例とはどのようなものでしょう。特に一次面接との違いについても気になるとところです。この記事では、二次面接特有の質問や、転職、新卒などの状況別に、どのように二次面接で解答するか、具体的な例とともに解説したので参考にしてみて下さい。

二次面接でこちらから質問する場合の注意点

二次面接でこちらから質問する場合の注意点としては、あまり難しい内容の質問をしないことです。面接官も全部把握しているわけではないので、基本的な質問をする程度にしておくと良いでしょう。

あまり難しい質問をすると逆にあなたのイメージが悪くなることもあります。質問の内容としては、自分で調べてもどうしても分からなかった内容について簡単に質問することです。

二次面接で質問に上手に答えるには

二次面接で上手に質問に答えるには、事前の準備が大切です。一次面接で自分が言った内容をしっかりと把握しておくことは基本となります。また、二次面接ではほとんどが一次面接で聞かれた内容を再度確認してくる傾向があるため、事前にしっかりと頭の中を整理しておけば、問題なく質問に答えることができるでしょう。

逆に一次面接で発言した内容と違った事を言ったりすれば、面接官は場合によってはその事について質問してくることになります。面接では、違和感のある発言はなるべく避けた方が良いので二次面接の前日には、しっかりと一次面接の復習をすることが重要です。

また、二次面接ならではの給料面の話しや、もしも入社した時のキャリアパスについても自分なりの答えを準備しておくことで印象の良い二次面接の対応ができます。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界有数の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

初回公開日:2018年02月04日

記載されている内容は2020年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests