Search

検索したいワードを入力してください

面接で落ちた理由・フラグ・立ち直り方|最終面接/バイト/紹介

更新日:2020年08月20日

面接で落ちたと感じたことはありますか?面接は結果を聞いてみるまでは合否を知ることはできませんが、面接中の手応えなどから落ちたと感じてしまうことはあります。面接で落ちたと感じるフラグはどのようなものがあるのかを知り、落ちないように対策をしておきましょう。

最終面接で落ちた理由は?

仕事を得るためには面接に合格しなければならず、就活などでは複数回面接が行われることも多いです。一次面接、二次面接とクリアしていき、最終面接に合格することでようやく就職を決めることができますので、最終面接前には気合いが入ることも多いです。最終面接は顔合わせだけの場合も多く、確認程度で合格率が高い場合も多いですが、必ずしも合格するわけではありません。

場合によってはきちんと評価されていることもありますし、落ちてしまう可能性もあります。最終面接で落ちたとなるとショックも大きいですが、その理由をきちんと理解しておくことが大切です。最終面接で落ちた理由としては、どんなものが考えられるでしょうか。

他社選考状況など

最終面接では他社の選考状況について聞かれることも多いです。就活では並行して複数の企業を受けていることも多く、他社の選考が進んでいることも多いです。他社の選考状況について聞くのは、就活がどこまで進んでいるのか、内定を出せば就職してくれそうかなどを確認するためであり、回答次第では就職の見込みがないと判断され、不合格になってしまうこともありますの注意が必要です。

複数の企業から内定をもらっていたり、他に受けている企業が全くの別業界ばかりだとマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。企業によってどのように判断するかは違っていますが、他社の選考状況が最終面接に落ちた理由であることは覚えておきましょう。

面接で落ちたとわかるフラグやサインは?

面接は終わってその場で合否が伝えられるわけではなく、基本的には数日後に電話やメールなどで結果が通知されます。結果を聞くまではドキドキしてしまいますし、他のことが何も手につかなくなってしまうことも多いですが、場合によっては結果の通知以前に落ちたと感じてしまうこともあります。

面接中での面接官の振る舞いや対応、面接での手応えなどから落ちたと感じてしまうことはありますし、落ちたと感じてしまうサインやフラグなどもさまざまあります。それらのサインが表れていると落ちたと感じやすいですし、実際に不合格になっていることも多いです。面接で落ちたと感じるサインやフラグとはどのようなものなのでしょうか。

落ちたななど

面接で落ちたなと感じやすいのが、面接官の対応です。面接は質疑応答の形式で進んでいきますが、面接官からの質問が少なかったり、面接時間が短いと落ちたと感じやすいです。また面接官の態度がそっけない場合も落ちたと感じやすいですし、実際に評価が悪い場合も多いです。面接はその人のことを知るために行われますし、自分に興味を持ってもらえていない=マイナスの評価の可能性が高いと言えます。

面接官によってはあえてそっけない態度で接し、全員に公平に接するという場合もありますが、面接官が乗り気ではないと実力も発揮しづらいですし、手応えも感じられず、落ちたと感じやすいです。手応えがないからといって、必ずしも落ちるとは限りませんが、自信がなくなってしまう人が多いです。

面接に落ちたショックの立ち直り方は?

面接に落ちればショックは大きいですし、なかなか立ち直れないという人も多いです。面接の攻略のためにはさまざまな準備が必要であり、落ちたことでそれらの苦労も水の泡になってしまいますし、悔しいと感じる人もたくさんいます。また就職先によって人生が変わる場合も多いですし、かねてから憧れていた第一志望の企業に落ちてしまうと、ショックでなかなか立ち直れないという場合も多いです。

しかしどれだけショックを受けても結果が変わるわけではなく、落ちたという事実は動かすことができません。面接で落ちた場合は、そのショックから立ち直ることが大切ですので、どのように立ち直ればいいのか、その方法を知っておきましょう。

他社の選考にチャレンジ

面接に落ちて落ち込んでいる場合は、他社の選考に積極的にチャレンジしていきましょう。面接に落ちてしまえばその企業の選考を続けることはできませんし、どれだけ臨んでも就職することはできません。いつまでも落ち込んだままでは就職することはできませんし、落ち込んでいる間に他の企業への就職のチャンスを失ってしまう場合もあります。

企業では常に選考を行っているわけではなく、選考を行う期間や採用人数などは決められています。落ち込んでいる間にも就活は続いていますし、チャンスを逃さないためにも他社の選考にチャレンジすることが大切です。積極的に選考を受けて忙しくしていればショックを感じる暇もなくなりますし、忙しくしてショックを忘れるようにしましょう。

合わなかったと諦める

面接で落ちた場合は、その企業とは合わなかったのだと諦めることも大切です。就活は自分に合った企業を探すためのものであり、その企業と合っているかどうかが重要です。単に就職するだけではなく、就職後にその企業で活躍できることが大切ですし、長く仕事を続けることが大切です。

就職しても活躍できず、すぐに辞めてしまっては意味がありませんし、企業としても不利益になってしまいます。企業は自社で活躍し、長く働いてくれる人材を探していますし、不合格=自社には合わないと判断されたということです。面接に落ちたからといって、能力が低いというわけではありませんので、あくまで合わなかっただけと割り切って考えることが大切です。

バイトの面接で落ちた理由は?

就活や転職の場合は面接の難易度も高いですし、合格するためにはしっかりと対策をしておかなければなりません。念入りな対策をしていても落ちる場合はありますし、面接合格のハードルは非常に高いと言えます。しかし同じ面接であってもバイトの場合は違っており、面接はそれほど難しくない場合が多いです。

バイトの面接の場合は対策はほとんど必要ありませんし、基本的には落ちることはほとんどありません。バイトの面接は合格できることがほとんどですが、それでも落ちたと感じることはありますし、実際に不合格になってしまうこともあります。バイトの面接で落ちた理由としては、どのようなものが考えられるでしょうか。

スーパー

スーパーのバイトの面接で落ちた理由としては、コミュニケーション能力などが考えられます。スーパーではコミュニケーション能力が必要とされる場合も多いですし、お客さまに嫌われるようなスタッフを雇うことはできません。スーパーの仕事ではお客さまの前に出ることも多いですし、最低限コミュニケーション能力がなければ仕事をすることはできません。

また裏方の仕事の場合でも、スタッフ間で協力しなければなりませんし、きちんと能力を示すことが大切です。面接でコミュニケーション能力を発揮することができず、態度が悪いなど印象が悪いと不合格になってしまいます。

コンビニなど

コンビニのバイトの面接で落ちた理由としては、シフトが合わないなどが考えられます。コンビニは24時間営業である場合も多く、店舗ごとにどの時間帯で働ける人材が欲しいなどは決まっている場合も多いです。その店舗で必要とされている時間帯と自身が提出したシフトなどがかみ合わない場合は落ちることが多いので注意が必要です。

紹介予定の派遣の面接で落ちた理由は?

派遣の仕事では紹介予定派遣というものがあり、これは契約社員や正社員などへの昇格を目的としている制度です。派遣の場合は派遣元の企業に所属しており、契約期間が満了となればそのまま契約終了となることが多いです。

しかし紹介予定派遣の場合は、ゆくゆくは契約社員や正社員になりますので、契約更新がされることも多いですし、企業から努力が認められれば、派遣先の企業に就職することもできます。同じ派遣でも紹介予定派遣は正社員に近いですし、紹介予定派遣を目指す人は多いです。しかし紹介予定派遣でも面接で落ちてしまうことはあります。紹介予定派遣の面接で落ちた理由を知り、改善方法を考えていきましょう。

能力不足

紹介予定派遣の面接で落ちた理由としては、単純に能力不足である可能性が高いです。紹介予定派遣の場合は、契約社員や正社員への昇格を目的としていますし、ゆくゆくは自社の
社員として働くことになります。

派遣として労働力を雇うという意味では問題ない場合でも、自社で長く勤めると考えた場合にはふさわしくないと判断されれば、面接でも落ちてしまいます。

面接で落ちたら理由を聞いても良いのか?

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests