Search

検索したいワードを入力してください

面接で落ちた理由・フラグ・立ち直り方|最終面接/バイト/紹介

更新日:2020年08月20日

面接で落ちたと感じたことはありますか?面接は結果を聞いてみるまでは合否を知ることはできませんが、面接中の手応えなどから落ちたと感じてしまうことはあります。面接で落ちたと感じるフラグはどのようなものがあるのかを知り、落ちないように対策をしておきましょう。

面接で落ちた場合はショックですし、なぜ落ちたのか、その理由が気になる場合も多いです。落ちた理由を知ることで、今後の選考に活かすこともできますし、改善を繰り返すことで就活の成功率を高めることができます。

しかし企業からの連絡では結果の通知のみですし、理由などについては一切知らされないことがほとんどです。なぜ落ちたのかは気になりますが、その理由を聞いてもいいのでしょうか。

基本は聞かない

面接で落ちた理由が気になったとしても、基本的には聞かないようにしましょう。落ちた理由を聞いても答えてくれないことが多いですし、手間をかけさせてしまうため迷惑がかかる場合も多いです。落ちた理由については企業には聞かず、自分自身で反省して見つけていくようにしましょう。

どうしても気になる場合は聞いても良い

面接で落ちた理由は基本的には聞かない方がいいですが、どうしても気になって仕方がないという場合は聞いても問題はありません。不合格の理由が気になり、次の選考に進めそうにないというのであれば、理由を聞いてすっきりするようにしましょう。

もちろん理由を聞いたからといって、必ずしも企業が回答してくれるとは限りません。答えてくれない場合も多いですが、一度聞いてみるのもいいでしょう。

面接は最後まで諦めないことが大切

面接で落ちた理由やフラグ、立ち直り方などを紹介しましたが、面接で落ちたと感じたとしても、結果を知るまでは諦めてはいけません。落ちたと感じてやる気がなくなってしまえば挽回のチャンスもなくなりますし、そのまま不合格になってしまう可能性は高いです。

また企業から連絡がきても、どうせ落ちているからと確認していなければ、実は合格しているという場合もあり、チャンスを無駄にしてしまうことにもなりかねません。面接は最後まで諦めないことが大切ですし、最後まで全力を尽くして面接の攻略を目指しましょう。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界有数の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests