Search

検索したいワードを入力してください

面接官に質問例と意図・タブー・仕方やコツ|面白い

更新日:2020年08月20日

面接官というのは区分けされた職務内容ではないでしょう。しかし面接の場では、さまざまなやりとりがされています。この記事では面接官に焦点を充てて、面接官の仕事をする上で基本的なことを紹介しています。面接をする機会がある人は、参考にすればいいでしょう。

「好きなテレビ番組は何ですか」笑えるという観点から見ると面白い質問ではありませんが、ユニークという観点から見たら面白い質問です。応募者の適性を見る質問ではありませんが、応募者の性格の一旦は見ることができる質問ではあるでしょう。

お笑いが好きと応募者が答えたら、面接官は庶民的な印象を応募者に対して抱くのではないでしょうか。仮に質問の答えから何の印象も応募者から抱くことがなかっても、全く無意味な質問とは言えないでしょう。

質問内容で面接官も応募者も微笑むことができたら、お互いに良い印象を抱くことができる可能性はあります。そんなことを考えたら、マナーを守った面白い質問をしてみるのも大切なことと言えるでしょう。

学歴別に面接官に質問

同じ新卒といっても高卒と大卒では、面接内容や面接の進行方法に工夫をした方がいいでしょう。その理由として挙げられることは、高卒の場合はアルバイト経験も少なくて、社会人としての経験が少ないからです。

大卒の場合は入学後は時間に余裕ができて、アルバイトする人が多いでしょう。4年間もあればさまざまなアルバイトができます。学生によってはアルバイトの中で、リーダーを任された人もいるでしょう。大卒は高卒と比較して、社会人のしての経験があるのは間違えないでしょう。

以上のような観点から質問内容や面接の進め方は、大卒と高卒の場合は区別した方がいいでしょう。以下の内容では具体的な質問例と意図を説明します。

高卒

高卒の場合はアルバイト経験があっても、少ないことが推測されます。新米の面接官であっても高卒の面接をする場合は、質問内容に過去のアルバイト経験を含めない方がいいでしょう。高卒はアルバイトを含めた社会人としての経験が少ないので、面接の対応に慣れていない可能性があります。

面接官は多少リード気味に、面接を進行したらいいでしょう。高卒の応募者が慣れない面接でコチコチになったら、面接どころではなくなります。難しいことですが、応募者の緊張をほぐすことも面接官の仕事の一つと自覚しましょう。

大卒

大卒の応募者の場合は、アルバイトを含めた社会人経験があります。その点を踏まえて、学生時代のアルバイトでの仕事内容を聞くのもいいでしょう。アパレルの店舗でアルバイトをしていたのであれば、そこでの職務内容を詳しく聞いてもいいでしょう。

仮にレジを中心に任されていたのであれば、正確な仕事ができる可能性があると、少しは判断することができます。大卒の場合は学生時代にしていた、アルバイトのことも採用の判断基準になります。

質問から応募者の人柄や、仕事に対する取り組み方を見ることができる可能性が高いです。質問するときも、興味深い表情でしたらいいでしょう。面接官の表情を見た応募者は、生き生きと返答しやすくなります。

質問が下手な面接官の特徴

下手な面接官の特徴は、あまりにも杓子定規で型にはまりすぎた面接官でしょう。上手な面接にはある程度は型がありますが、それに経験を肉付けしていかなくてはいけません。

何度も面接官として面接を担当している人であっても、面接のときの質問が下手な面接官はいます。そのような面接官には、問題が隠されていると考えるのが自然です。以下の内容では、質問が下手な面接官の問題点を探っていきます。

下手な面接官は準備不足が多い

下手な面接官は、面接のツボを押さえていないケースが多いと推測されます。面接のツボとは応募者の人柄と可能性を見抜くことでしょう。そのためには質問の目的を、十分に把握している必要があります。

質問の目的を十分に把握するには、事前の準備も大切です。どういう質問をすれば応募者の人柄や、可能性を見ることができるのかを頭の中で整理しましょう。その準備をするだけで、自信を持って面接を進めることができるでしょう。

面接官はやり甲斐のある仕事

面接官の仕事は常時ある仕事ではありません。離職率の高い会社であれば頻繁に面接の仕事がある可能性が高いです。それでも一日の大半、面接官の仕事をすることはないでしょう。面接の仕事は常にする仕事ではありませんが、良い応募者を見抜く大切な仕事であるのは間違いないでしょう。

良い応募者を見抜くためには人を見る目も養わなければいけないし、面接術も向上させていかなくてはいけません。それでも良い応募者を採用して活躍してくれたら、面接官冥利に尽きるでしょう。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界有数の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

初回公開日:2018年03月07日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests