Search

検索したいワードを入力してください

面接での退職理由の例文・答え方|給料/体調不良

初回公開日:2018年05月01日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

面接で聞かれることの多い退職理由ですが、どのような答え方をすれば採用に繋がるのか知っていますか。ここでは、退職理由を面接で説明するにあたって知っておきたい情報を紹介しています。今から転職準備をするという人は、参考にしてみて下さい。

面接での退職理由の答え方とは?

面接での退職理由の例文・答え方|給料/体調不良
※画像はイメージです

転職活動中の社会人が気になるのが、面接で必ずきかれるであろう退職理由です。退職理由は人それぞれですが、あまり良い理由無い場合面接官の反応が気になります。ここでは、面接で退職理由を聞かれた時の答え方を考えていきましょう。

どうして面接官が退職理由を聞くのか考える

面接での退職理由の例文・答え方|給料/体調不良
※画像はイメージです

退職理由を面接でどのように答えたらいいのか途方に暮れている人は、あなたが面接官だったらと想像してみましょう。面接に来た人の退職理由を聞くことで、自分の会社で長く勤めてくれるのかどうかを判断しようとするのは自然なことではないでしょうか。

さらに退職理由によって、面接している人のパーソナルな部分をダイレクトに感じることができます。例えばスキルアップしたいという退職理由であれば、向上心が高い人だと判断できます。

反対にマイナスなことが退職理由だと語る人の場合、新しい環境で上手く仕事ができるかが心配になりませんか。どのような答え方が適切か悩んだ時には、面接官の目線で考えましょう。

前向きな退職理由を面接で答える

あなたが、安月給な前の職場でパワハラを受けて人間関係も最悪で体調も崩してしまったとしましょう。そのことが退職理由であったとしても、ありのあまま面接で語ってしまうことはできません。

退職理由は前向きな言葉で答える方が、良い印象を面接で与えることができます。面接に臨む前には、自分の退職理由をポジティブな表現で答えることができないかどうか考えましょう。

どうしても前向きな言葉が見つからない場合は、新しくしたいことが見つかったなど未来に重点を置いた退職理由を考えると良いでしょう。

退職理由は堂々と面接で話すと説得力が高い

面接での退職理由の例文・答え方|給料/体調不良
※画像はイメージです

面接で退職理由を説明する場合には、自信なさげに応えてしまう人が多いです。しかし、退職理由がどれだけマイナスだったとしても、あなたの経験してきた立派な財産です。次の職場でも活かせるように、堂々と答えると良いでしょう。

前の会社で経験したことを活かして次の会社でも活躍したいという堂々とした態度は、面接官にとって好感が持てます。退職するまでに辛い思いをしてきた人は、自分のことを否定的に考えがちです。自信を持って、自分の経験を面接官に伝えましょう。

これまでの経験をアピールする場と捉える

退職理由が原因で採用されないのではないかと考えている人は、面接で退職理由を伝えるのはこれまでの自分の経歴をアピールする場だと考えてみましょう。

上手に自分の過去の経験や経歴をアピールすることは、採用される近道になる可能性もあります。これから面接という人は、退職理由の言い方や内容をしっかり面接前に考えていくと良いでしょう。

面接での退職理由の答え方の注意点とは?

面接での退職理由の例文・答え方|給料/体調不良
※画像はイメージです

面接で退職理由を聞かれた場合は、答え方に注意しなければならない点が多いです。面接で内定を獲得するためにも、注意点を頭に入れて臨むようにしましょう。

前の職場の悪口は言わない

どれだけ前の職場に不満がある場合であっても、前の職場を悪く言いすぎることがやめておきましょう。面接官からすれば、新しい職場でも悪口をいう人なのかなと悪い印象を与えてしまいます。

また同業他社や少なからず取引があるような会社への再就職を考えている場合には、同じような不満が出てくるのではないかと勘繰られてしまうことでしょう。

前の会社への恨み節は面接では控えて、素晴らしい経験をさせてもらったと感謝の言葉で締めくくるようにすると良いでしょう。

面接では退職内容に嘘はつかない

面接では、自分を少しでも良く見せようと嘘の退職理由を話してしまう人が多いです。しかし本当の退職理由を応えない場合、面接官とのやり取りで辻褄の合わないことが増えていきます。その結果、信用できない人と思われて採用を見送られてしまう場合もあります。

また嘘の退職内容で採用されたとしても、新しい職場で同じことで悩んでまた辞めてしまうという負のスパイラルに陥ってしまうことも考えられます。

マイナスな点ばかりが退職理由と言う人は、前向きな言葉に言い換えられないかを考えましょう。ポジティブな言い回しができず嘘をつかないといけないような退職理由は、あえて面接では語らず他の理由を探すということもです。

表情や仕草にも気を付けよう

退職理由を面接で超えたる際には、怖い顔になりがちです。ぼそぼそと怖い顔で退職理由を話す人と一緒に仕事をしたいと感じる面接官は、少ないです。面接官の目をしっかり見て、はきはきとした答え方を心掛けましょう。

はきはきとした答え方をするためには、自分の退職理由に自信を持つ必要があります。どのような理由で退職を決めたにせよ、また新しく働きたいと考えて自分で行動すると決めた自分の行動力を評価しましょう。

はきはきとした答え方は、退職理由だけでなく面接全体で心掛けると良いでしょう。

理由別面接での退職理由の例文を紹介!

面接での退職理由の例文・答え方|給料/体調不良
※画像はイメージです

ここでは、マイナスな退職理由を面接でどのような言い方をすれば前向きに伝わるのか例文を紹介していきます。実際に面接で応える場合には、例文を参考にしつつも自分の言葉に言い換えると良いでしょう。

Latests