Search

検索したいワードを入力してください

面接での退職理由の例文・答え方|給料/体調不良

更新日:2020年08月20日

面接で聞かれることの多い退職理由ですが、どのような答え方をすれば採用に繋がるのか知っていますか。ここでは、退職理由を面接で説明するにあたって知っておきたい情報を紹介しています。今から転職準備をするという人は、参考にしてみて下さい。

表情や仕草にも気を付けよう

退職理由を面接で超えたる際には、怖い顔になりがちです。ぼそぼそと怖い顔で退職理由を話す人と一緒に仕事をしたいと感じる面接官は、少ないです。面接官の目をしっかり見て、はきはきとした答え方を心掛けましょう。

はきはきとした答え方をするためには、自分の退職理由に自信を持つ必要があります。どのような理由で退職を決めたにせよ、また新しく働きたいと考えて自分で行動すると決めた自分の行動力を評価しましょう。

はきはきとした答え方は、退職理由だけでなく面接全体で心掛けると良いでしょう。

理由別面接での退職理由の例文を紹介!

ここでは、マイナスな退職理由を面接でどのような言い方をすれば前向きに伝わるのか例文を紹介していきます。実際に面接で応える場合には、例文を参考にしつつも自分の言葉に言い換えると良いでしょう。

給料

給料が低くて退職を決意するという人も、少なくありません。しかし給料が低いということをそのまま退職理由として面接で話すことは、やめておきましょう。給料が良ければどこの会社でも良いのかという印象を与えてしまい、できません。

給料が低いという理由が退職理由の場合には、自分には高い給料に見合う実績を作って来たということをアピールすると良いでしょう。

例文は、「前の会社は年功序列型の賃金で、良い成績を収めていても給料アップに反映されませんでした。今後は、実力主義の御社で経験や実績を増やしてモチベーションを高めていきたいです。」です。やる気を感じさせる内容に仕上がります。

体調不良

前の職場でパワハラやプレッシャーが高く、体調不良になって仕事を辞めてしまったという人も多いでしょう。体調不良が退職理由ということは、面接でも必ず伝えておきましょう。しかし、今は元気だということをアピールする必要があります。

例文としては、「前の職場では体調不良が原因で退職しました。しかしその後静養し、現在は体調が安定していて医師の診断でも問題ありません。」と伝えましょう。面接官から尋ねられれば、具体的な病気や通院歴なども正直に答えましょう。

病気のことを面接で伝えると不利になるのではないかと考える場合は、病気の経験を活かして次の仕事でも頑張っていきたいと前向きな言い回しをすることもです。

人間関係

人間関係が上手く行かないことが退職理由という人は、多いです。面接ではネガティブな言い回しにならないように、前の職場でのいざこざについては話さない方が無難です。

したい例文は、「前の職場ではチームワークがあまり重視されていなかったので、周りのもっと協調して仕事に取り組みたいと考え転職を決意しました。新しい職場では、周りの人との連携を大切にして頑張りたいです。」などと答えると良いでしょう。

ただし、チームワークよりも個人の働きが期待されるような会社では、この例文はできません。殺伐とした人間関係が嫌なら、転職先の社風などもしっかり調査してから面接に挑みましょう。

パワハラ

酷いパワハラを受けたことが退職理由であっても、そのことをそのまま面接で伝えることは止めておきましょう。面接官によっては、あなたのメンタルが弱いからやスキル不足が原因ではないかと考える人もいます。

「前の職場では、アプローチよりも営業成績ばかりが重視されていました。もっとお客様の声をじっくり聞いてみたいと感じたことが、新しいチャレンジをしようと考えたことのきっかけです。お客様のニーズを捉えて営業成績を上げたいです。」と伝えると好感を持たれます。

残業が多い

残業が多くてプライベートとのバランスが取れないということが退職理由の場合には、面接する会社の残業の実態を調べてから面接に挑むようにしましょう。面接官は、自分の会社でも残業が多いから耐えられるのかどうかという点を確認している場合もあります。

例文は、「前の職場では、効率の悪い残業が慢性化していました。作業効率を上げるように何度も上司に提案しましたが、解決されず退職を決意しました。御社では、残業する場合も効率的に考えて仕事をしていきたいです。」などと伝えると良いでしょう。

最近では、コストカットや長期残業が問題視される風潮です。残業しないように心がけるというアピールは、好感を持たれる可能性があります。

会社の業績が心配

前の会社が倒産しそうなほど業績が悪化し将来に不安を感じて退職したという人は、退職理由も言いやすいでしょう。しかし、前の会社の具体的な業績は、情報漏えいに当たる可能性があるのであまりに具体的に面接で語ることはできません。

例文としては、「会社の業績悪化により、勤務していた部署の閉鎖が決まり退職することを決意しました。今後は、前の職場で活かしたスキルを御社でも存分に発揮したいです」と前向きに表現すると良いでしょう。

次のページ:状況別面接での前職の退職理由

初回公開日:2018年05月01日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests