Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月23日

リファレンスチェックとは・質問内容・落ちる人の特徴|内定取り消し

「リファレンスチェック」という言葉、あなたは耳にしてことはありますか。外資系企業では以前よりリファレンスチェックは行われ、ここ近年日系企業でもリファレンスチェックを行う企業も増えてきている傾向があります。そこで今回はリファレンスチェックついて紹介していきます。

リファレンスチェックとは

「リファレンスチェック」という言葉、あなたは耳にしてことはありますか。外資系企業では以前よりリファレンスチェックは行われてきました。ここ近年でも日系の企業でもこの「リファレンスチェック」を行う企業も増えてきています。そもそもリファレンスチェックとは一体何なのでしょうか。

リファレンスチェックとは、企業、会社が採用をしようとする応募者の以前の勤務先の「同僚」や「上司」に、応募者の「人柄」「経歴」などを問い合わせをすることです。

簡単にいえば、元同僚、上司に「今回、○○さんを採用を検討しているんだけど、この○○さんってどういう人だった、仕事の様子は、人間関係は」と聞くことです。

主な質問内容は

リファレンスチェックで、以前の職場に問い合わせる質問内容はどのようなものがあるのでしょうか。質問内容は色々なケースがありますので以下の内容を参考にしてみてください。

●質問内容
・仕事に対して、働き方、取り組む姿勢はどうでしたか
・就業期間は ○○月から××月までと聞いていますが、相違ありませんか

・上長と適切にコミュニケーションをとっていましたか
・部下がいた場合どのようなコミュニケーションをとっていましたか

・どのようなストレスに対応をしていましたか
・個人で行う仕事とチームで行う仕事、どちらが適しているようにみえますか
・もう一度、一緒に働きたいですか

などとなります。人柄、仕事に対する姿勢や過去の仕事内容を聞かれケースが多いでしょう。また、虚偽を防ぐために学歴や職歴などに関する質問も多いです。

リファレンスチェックの目的は

企業がリファレンスチェックを行う目的は、大きく分けて3つ挙げられます。リファレンスチェックをする目的をしっかりと理解しておくことで、面接時における思わね減点の恐れを回避できる可能性がありますので事前に目的を知っておくことは必要でしょう。

1:公正で平等な選考をするため

リファレンスチェックの目的のひとつは公正でなおかつ平等な選考を行うのが目的です。応募者の中には、面接時の発言において虚偽の事実を述べる者もいます。実際にあるケースは、学歴や職歴の偽りなどを述べたり、記載するケースは稀にあります。

採用担当者は虚偽の情報を述べられてしまっては、公平な判断ができなくなってまうので、リファレンスチェックの時には「学歴」「職歴」などの正しいのか間違っているのかの質問も多いです。

2:幅広い視線で応募者を吟味

2つ目の理由は、幅広い視線、観点から応募者を吟味したいと考えてす。会社や企業は「多額の資金」と「膨大な時間」を費やして就職採用活動をしています。それだけ多くのコストを払ってでも採用活動に力を入れる理由は、「企業の将来、発展を支える人材の確保」を目的としています。

できるだけ多く角度や目線で応募者をみることで、応募者を吟味したいと考えています。リファレンスチェックは人材選びに効果的な手段の一つで、より慎重に応募者の合否の判断が可能となります。

3:ミスマッチを防ぐ

リファレンスチェックを行う目的の3つ目は、ミスマッチを防ぐためです。採用担当者や人事は「人間」が行なっている業務で、機械で合否の判断をする訳ではありません。なので企業としてはミスマッチを恐れるので、なるべくリファレンスチェックによって適している人材を選びたいと考えます。

実際に入社後3年以内に退職する一番多い原因は、「会社・企業と応募者との不一致」です。リファレンスチェックを行うことで、応募者と企業がマッチする人材なのか、適しているのかを見極める必要性があリ、ファレンスチェックをすることでミスマッチを防ぐ可能性が高くなます。

リファレンスチェックのメリット

リファレンスチェックのメリットは3つです。

1.自分をよく見せようとする応募者の本質を把握する
2.面接時の参考にする・人材選びに失敗しないために
3.応募者の情報をより多くして、正確で公正な判断をするため

リファレンスチェックを行うことのメリットとして他にも、面接では確認しきれなかったこと、直接本人に面と向かって聞きにくいことなどを第三者をとおすこと確認できます。主な内容は以下のようになります。

・人柄や性格・素行の確認
・勤怠状況の確認
・実際の勤務状況の確認
・退職理由
・スキルの詳細確認

リファレンスチェックで落ちる人の特徴

リファレンスチェックで落ちる人の特徴や共通点はあるのでしょうか。共通点や特徴は大きくわけて3つあります。

1.回答に矛盾がある場合

矛盾やウソがないかのチェックをします。ウソや矛盾が多いということは、その人の信用性や信憑性が問われるでしょう。

2.社風と合わない性格

社風と正確のミスマッチですと、企業も応募者も「お互いに失敗した」という感情になり、退職の理由となってしまいます。

3.極端な回答する人

極端な回答をする人は、物事を一つの方向で見てしまうことが多く柔軟な発想に欠けることもあるでしょう。また理想像や理想論だけで話す傾向が強い人は、現実を直視できないとも言われます。柔軟に臨機応変に対応することも大切でしょう。

リファレンスチェックで内定取り消しはあるの?

リファレンスチェックで内定取り消しになることはあります。不採用、内定取り消しとなる場合は以下のとおりです。

●内定取り消し・不採用
・経歴を詐称していた
・職場でトラブルや問題行動を過去に起こしていた
。仕事に対する評価が低かった・悪かった

内定後にも

リファレンスチェックを求められる時点で、ほとんど採用されていると言えます。ほぼほぼ内定です。内定後でも偽った学歴や職歴、経歴詐称やリファレンスチェックで結果があまりにも悪かった場合には内定後でも取り消し、不採用となることもあり得ます。

注意点

仕事をしながら転職活動をしている場合もあるでしょう。そのときは、相手企業に素直に事情を伝えて相談をすることをおすすめします、自分一人で考えて悩むより、相手企業に素直に相談することで解決策も見いだせるでしょう。

リファレンスチェックの依頼方法

リファレンスチェックの依頼方法には、一般的に3つの方法があります。

1.応募者自身にリファレンス先の推薦状を提出をしてもらう方法(自分でやる方法)
2.企業が自らリファレンス先を探して直接依頼をして確認する方法(会社がやる方法)
3.調査会社がリファレンス先を探して確認する方法

推薦状の提出するときのポイント

リファレンスチェックの依頼方法の一つに「誰に書いてもらうか」「誰に頼むといいのか」ということも重要になってきます。

依頼するときのポイントは、あなたのことをよく知っている人、そしてあなたの人柄や能力について話せる人に依頼することがベストです。

例えば、近所の人や知人・友人であれば喜んで引き受けてくるでしょう。仕事関係者や恩師、教授など、あなたと密な関係を築いている人であれば積極的に協力もしてくれます。

リファレンスチェックの調査会社

リファレンスチェックを調査会社に依頼する場合もあります。個人情報を取り扱うことになるので調査にも専門の調査会社に依頼することが多いでしょう。

採用調査の主な内容は、経歴、勤怠面、前職の退職理由、性格・素行、健康状態、生活状況、
交友関係、金銭面などが一一般的な調査となります。

リファレンスチェックは違法なのか

本人の同意なく、個人情報を取得・提供することは個人情報保護法違反です。当然、無断で在籍確認や前職調査を行えば個人情報保護法違反に該当します。そのことから、現在では特定の業界をのぞき、在籍確認や前職調査を行う頻度は減りました。しかし、中にはまだ違法と知りながらも無断で確認する会社も一部あります。

リファレンスチェックのタイミング

リファレンスチェックが行われるタイミングは基本的にオファーレター(採用通知書)の前です。企業によっては、選考途中でも行われることもあり、オファーレター到着後、内定後にリファレンスチェックを行う企業もあります。また、外資系企業でもリファレンスチェックを行わない企業も存在します。

素直に望むことを心掛けましょう!

リファレンスチェックについて紹介してきましたが、いかがでしたか。法律の規制により在籍確認や前職調査を行う企業は減りましたが、経歴詐称や虚偽はバレます。ウソがバレれば当然、内定取り消しや懲戒解雇となるのは免れることはありません。当然のことですがウソや経歴詐称は絶対にしないことです。

また、リファレンスチェックは推薦状もありますので、リファレンスチェックを行ってくれる人があなたにとってプラスの発言をしてくれる人を選ぶようにしましょう。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests