Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月23日

面接での挫折経験の答え方の例・ないとき・書き方|転職/ES

面接で挫折経験について聞かれたら、答えることはできますか。きっと多くの人が返答に窮することでしょう。これまでの人生での経験を振り返り、自分を客観視することができてこそ、挫折経験についても自分の言葉で堂々と述べることができます。挫折経験を強みに変えましょう。

面接での挫折経験の答え方の例

面接での挫折経験の答え方の例・ないとき・書き方|転職/ES

面接の際には、これまでの挫折経験を聞かれることもあります。その時、どのように対処すれば良いか知っていれば、実際の面接で困ることがありません。また、答え方1つを取っても、相手に与える印象も大きく変わります。

採否に関わる面接だからこそ、どのようにして挫折経験について答えれば良いのかについて、ここで知っておきましょう。

転職

面接での挫折経験の答え方の例・ないとき・書き方|転職/ES

挫折経験について聞かれる面接として頻繁にあがるのが、転職です。これから何をしたいのかも大事ですが、これまでにどのような挫折経験を踏んできたのかについて聞かれることも、転職の面接では良くあります。

転職の面接では、過去のキャリアの失敗例について挙げるのがベストです。事例だけでは不十分で、「何が原因で上手くいかなかったのか」「どこをどのように改善したのか」といったポイントも織り交ぜるようにしましょう。失敗だけでは失敗のままですが、要因や改善点を自分で考えることで、採用担当者の心に残ります。

転職をするということは、過去に何かしらのキャリアを積んでいるのが前提です。そのキャリアにおいて、誰でもさまざまな経験をしてはいますが、思うようにならないことも多々あったことでしょう。その挫折経験が活きるかどうかは、失敗を通じてどんな工夫をしたかが自分の言葉で伝えられるか否かにかかっています。

新卒の就活

新卒の就活でも、挫折経験は聞かれます。むしろ聞かれないことはないぐらいの覚悟で、採用面接に臨むことも大切です。ただし、新卒の場合、既卒と違って正社員での勤務経験がありません。そうなると、学生生活全般から挫折経験を洗い出すことが重要なポイントになると言えるでしょう。

新卒の就活では、挫折する前と後でどう変わったのか、そしてその際にどんな工夫をしたのかを中心に伝えるのがポイントです。同じ挫折経験でも、経験前と経験後を比較してどれだけ成長できたか、この点が採用担当者の印象を大きく変えます。

新卒の就活で見たいのはキャリアではなく、学生の伸びしろです。挫折経験から何かしらの成長を感じるようなら、採用される確率が上がります。

挫折をした時、そこから立ち直るためには、自分でなんとか工夫しなければいけません。その工夫は社会人になってからも必要ですし、だからこそ新卒の面接で見られていると心しましょう。

アルバイト

アルバイトの面接は、新卒や既卒の面接と比べると、そこまで踏み込んだ質問をされることはありません。しかし、だからと言って油断をするのは禁物だと頭に入れておきましょう。

挫折経験のことをアルバイト面接で聞かれたら、今までの経験に照らし合わせてみるのがベストです。採用担当者としても、面接本に書かれているような理屈ではなく、実際の体験上の話を聞きたいのですから、やはり経験をもとに語る方が印象が良いです。

もしアルバイトの面接の際に挫折経験を聞かれたとしても、そこまで慌てる必要はありません。通常どおり対応すれば問題ないですし、挫折経験があるからという理由で落とされることは、まずないからです。

挫折経験の例

面接での挫折経験の答え方の例・ないとき・書き方|転職/ES

挫折経験について自分の言葉で語れるようになりたいのなら、さまざまなシチュエーションにおける挫折経験の例について、ひととおり知っておく必要があります。挫折経験という点では同じでも、場合によって細かく異なることに気づくはずです。

受験

受験は挫折経験として挙がりやすいエピソードの1つです。高校受験も大学受験も合否が絡んでくる以上、合格できずに悔しい思いをする人もいます。

受験における挫折経験は、勉強不足であること、そして目標を達成するためにどのように戦略を立てるかを考える良いきっかけになります。何の苦労もなしに受験に合格しても大きな経験を積むことはできませんが、不合格だからこそ学ぶことが多いと言えるでしょう。

浪人

浪人をすることは、決して容易いことではありません。浪人を決意した翌年に大学に合格できる保証はどこにもないですし、再度不合格になるリスクを背負う以上、相当の覚悟が必要です。

挫折経験の1つとして捉えられる浪人は、自分を客観的に見つめ、精神的に辛い中で目標を成し遂げるだけの実力が身につきます。大学受験はただ闇雲に勉強したところで合格することはなく、目標設定や勉強法やセルフマネジメントが正しくできてこそ意味を持ちます。

恋愛

面接での挫折経験の答え方の例・ないとき・書き方|転職/ES

大好きな恋人と別れるのは、心に穴が開くぐらい辛いです。自分を愛していた人と恋人の関係ではなくなるのですから、当人からすれば大きなショックであることは間違いありません。

恋愛で挫折経験のある人は、異性との接し方、異性の気持ちを読み取るスキルなどについて見つめ直す傾向があります。自分では良かれと思っていても、相手を傷つけた可能性もあります。このような挫折経験を振り返ってみると、次に恋人として付き合う人とは上手くやるように努めようと心を新たにすることでしょう。

留学

留学は甘い気持ちで成功するものではありません。慣れない国での生活は、言葉の壁以上のものを感じることさえあります。

過去に留学した経験のある人は、自身の勉強の甘さを痛感することが多いです。

一般的に留学と言えば、「海外に行けば外国語が自然に話せるようになる」と考えられがちですが、実際はそんなに容易くはありません。日本国内にいる時にどれだけ準備できるかで成功するかどうか決まりますし、机上の勉強だけできてもだめで、対面でのコミュニケーションが苦手であれば、それを克服する必要もあります。

人間関係

人間関係は、一朝一夕に改善するものではないため苦戦する人も多いです。実際に転職に成功したものの、人間関係が要因で退職ともなればもったいないことこの上ありません。

一般的に人間関係で挫折している人は、自分中心のコミュニケーションに重きが置かれている傾向にあります。自分ではそのつもりはなくても、自身を客観視してみれば、思いがけない落とし穴に気づくでしょう。自分が得をすることも大事ですが、相手のために行動してはいかがでしょうか。

部活

部活での挫折経験は、実にさまざまな要素が絡むため、扱いが難しいとも言われています。スポーツなどのスキル向上に関する問題のみならず、組織内での人間関係もからんでくるのが現実です。

学生時代に何かの部活を続けることにより、多種多様な問題に対峙する能力が身につくと言われます。社会に出れば答えの見えない複雑な問題と向き合っていかなければいけない以上、学生のうちに部活を通じて免疫をつけておくのは意義あることだと言えるでしょう。

挫折経験がない人の答え方

「私には挫折経験がないから、面接で聞かれても答えられない」と困る人もいます。採否がかかっている面接で黙り込んでしまうのも印象が良くないですし、だからと言って嘘をついたところで、採用担当者にはバレるのが関の山です。

挫折経験がなくても、必要以上に心配する必要はありません。解釈を変えて考えてみれば、自分のことについて洗い出せるからです。さらには、自分を客観的に見つめ直す良い機会にもなります。

解釈を変える

挫折経験が思い浮かばない人は、挫折経験の解釈を変える必要があります。面接などで挫折経験について話すともなれば、何か大きな話をしなければいけないと考えてしまうものですが、実はこれは間違いです。

これまでの人生を振り返ってみると、挫折経験は誰でも少なからず持っていることに気づきます。ただ、その挫折経験が思い出せなかったり、あるいは自身にとっては些細なことだったりするだけです。しかし、どんな挫折経験も人を成長させるという意味ではいたずらに卑下することもないですし、「面接でこんなこと言って嫌われないか」と過度に心配する必要もありません。

あまり細かいことにこだわらず、まずはメモ書きでもする感覚で、挫折経験を思い出してはいかがでしょうか。きっと何か思い浮かぶはずです。

傲慢な態度に注意

自分には挫折経験がないと思っている人は、態度が傲慢になることがあります。面接などで傲慢な態度を見せると、印象が悪くなるので気をつけましょう。

面接の場では、どんなに意気地を張ったところで、徒労に終わるだけです。というのも、そのような薄っぺらい言動をしたところで、採用担当者には簡単に見抜かれてしまうからです。これまでの挫折経験がどうであれ、まずは謙虚に振る舞うように心がけましょう。

ESでの挫折経験の書き方

面接での挫折経験の答え方の例・ないとき・書き方|転職/ES

就活の際のエントリーシートでは、挫折経験について聞かれることが実に多いです。こんな時、どのように挫折経験を記せば良いのか分からない人も少なくないですが、特に難しく考える必要はありません。

大切なことは、具体的なエピソード、問題解決のために実際に取った行動、挫折経験を通して何がどう変わったのかについて記すことです。これなら他の就活生と内容がかぶる可能性は低いですし、採用担当者の目に留まる可能性が高いです。

挫折経験を通じて成長しよう!

面接での挫折経験の答え方の例・ないとき・書き方|転職/ES

挫折経験をどのように捉えるかは、本人の解釈次第です。成長の機会と捉える人もいれば、絶望だけの瞬間と捉える人もいます。

物事が上手く進んでいる時は、大して辛さを感じることはありません。壁にぶつかったり挫折をするからこそ、自身を客観的に見つめ直す機会を持つことができます。挫折経験を大きな成長と捉えてはいかがでしょうか。

挫折経験の先には、これまでに見ることのできなかった壮大な景色が待っています。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界最大級の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもユーザー評価の高いポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests