Search

検索したいワードを入力してください

面接での挫折経験の答え方の例・ないとき・書き方|転職/ES

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

面接で挫折経験について聞かれたら、答えることはできますか。きっと多くの人が返答に窮することでしょう。これまでの人生での経験を振り返り、自分を客観視することができてこそ、挫折経験についても自分の言葉で堂々と述べることができます。挫折経験を強みに変えましょう。

挫折経験が思い浮かばない人は、挫折経験の解釈を変える必要があります。面接などで挫折経験について話すともなれば、何か大きな話をしなければいけないと考えてしまうものですが、実はこれは間違いです。

これまでの人生を振り返ってみると、挫折経験は誰でも少なからず持っていることに気づきます。ただ、その挫折経験が思い出せなかったり、あるいは自身にとっては些細なことだったりするだけです。しかし、どんな挫折経験も人を成長させるという意味ではいたずらに卑下することもないですし、「面接でこんなこと言って嫌われないか」と過度に心配する必要もありません。

あまり細かいことにこだわらず、まずはメモ書きでもする感覚で、挫折経験を思い出してはいかがでしょうか。きっと何か思い浮かぶはずです。

傲慢な態度に注意

自分には挫折経験がないと思っている人は、態度が傲慢になることがあります。面接などで傲慢な態度を見せると、印象が悪くなるので気をつけましょう。

面接の場では、どんなに意気地を張ったところで、徒労に終わるだけです。というのも、そのような薄っぺらい言動をしたところで、採用担当者には簡単に見抜かれてしまうからです。これまでの挫折経験がどうであれ、まずは謙虚に振る舞うように心がけましょう。

ESでの挫折経験の書き方

就活の際のエントリーシートでは、挫折経験について聞かれることが実に多いです。こんな時、どのように挫折経験を記せば良いのか分からない人も少なくないですが、特に難しく考える必要はありません。

大切なことは、具体的なエピソード、問題解決のために実際に取った行動、挫折経験を通して何がどう変わったのかについて記すことです。これなら他の就活生と内容がかぶる可能性は低いですし、採用担当者の目に留まる可能性が高いです。

挫折経験を通じて成長しよう!

挫折経験をどのように捉えるかは、本人の解釈次第です。成長の機会と捉える人もいれば、絶望だけの瞬間と捉える人もいます。

物事が上手く進んでいる時は、大して辛さを感じることはありません。壁にぶつかったり挫折をするからこそ、自身を客観的に見つめ直す機会を持つことができます。挫折経験を大きな成長と捉えてはいかがでしょうか。

挫折経験の先には、これまでに見ることのできなかった壮大な景色が待っています。

資格をとって他の人より一歩リードしよう!

この記事を読んでくれている人の中には、
「資格って本当に必要なの?」「持っているだけで意味ないんじゃないの?」
と思っている人もいるでしょう。

一般的には、資格を持っていることは知識やスキルを評価する客観的な指標になり、就職や転職の際に資格を有していることで有利に働くというメリットがあります。

しかし、資格の通信講座や資格学校を探すとなると、「探し方がわからない」という声を多く聞くのも事実です。

そんな方はBrush UP学びがおすすめです。業界有数の資格数を誇っているだけでなく、各資格を取得するための講座を提供するスクールまたは資格学校の提携数も豊富に揃っているところが最大の魅力と言えるでしょう。また、「費用」「期間」「目指せる資格」「地域」などの項目からあなたに適したスクールを絞り込める利便性の高さもポイントです。

資格をとって、あなたの仕事ライフをもっと充実させましょう!

成長のチャンスをつかもう!

Latests