Search

検索したいワードを入力してください

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文

初回公開日:2017年09月22日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の入社日は、新たなステージで働く重要な日です。入社日はどう調整するか、入社日での挨拶はどうするか、気になる点も多いのではないでしょうか。この記事では、転職の入社日の調整方法や挨拶についてご紹介します。転職で新たなスタートを切る際の参考にしてみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

転職の際の入社日はどう決まるか?

転職の入社日の重要性とは?

転職では、入社日をどう決めるかが重要です。転職先の企業が希望する入社日に合わせることが好ましいですが、現職との関係で調整が必要になることもあります。

一度退職をしてから転職活動をする場合は、転職先の企業の希望に合わせやすくなります。一方で、在職中に転職活動をする場合は、現職との調整をきちんとしなければなりません。また、退職後の転職活動でも、転職にあたって引越しなどの準備があれば、きちんと済ませておく必要があります。

このように、転職の入社日は何かと調整が必要になります。この入社日をどう決めるかということは、転職活動において重要な意味を持ちます

入社日は転職先の希望に合わせる?

転職先の企業は、転職者の入社日に合わせて、様々な準備を行います。これは、転職者がスムーズに仕事を始めることができるように、いろいろな環境を整えておくためです。企業としては、希望する入社日に転職者が合わせてくれれば、準備もしやすくなります。

転職の入社日を決める際には、転職先の希望入社日に合わせることができれば、それに越したことはありません。しかし、現職との関係など、どうしても調整が必要になるケースもあります。それでも、なるべく早くに入社したいという意思を示すことが重要です。

転職での入社日はどう決まる?

転職先から内定が出たら、具体的な入社日を決めることになります。あらかじめ入社日が決まっていることもありますが、相談して決める場合もあります。その際には、現職との調整などを踏まえ、交渉・相談をすることになります。

在職中の転職活動では、現職の退職日をきちんと決めてから、転職先の入社日を決める必要があります。退職日があいまいな状態で入社日を決めてしまうと、後になって入社日の変更が必要になるケースもあります。

一度決めた入社日を変更することは、基本的に好ましくありません。そのため、現職の退職日はきちんと決めたうえで、転職先の企業の入社日を決めることが重要です。

転職活動における面接での交渉は?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

転職活動の選考で、応募先の企業から入社日について質問されることがあります。退職後の転職活動では、すぐにでも入社できることを面接で伝えることが重要です。在職中の転職活動では、現職との調整が必要になることなどを伝えつつ、なるべく早く入社したいという意思を示す必要があります。

在職中の転職活動で、はっきりした入社日がわからなくても、現職との調整を踏まえて具体的な入社時期を示す必要があります。ここで具体的な時期を示しておけば、内定をもらった後で入社日を決める際に、スムーズな交渉がしやすくなります。

入社日の調整方法は?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

転職の際の入社日の調整方法は、在職中に転職活動をする場合と、一度退職してから転職活動をする場合とで違いが見られます。

在職中に転職活動をする場合

在職中に転職活動をする場合、転職の入社日を決定するには、現職との調整が必要です。これは、現職の会社の退職日、転職先の企業の入社日を調整し、具体的な日にちを決めることになります。

在職中の場合、引継ぎ業務など、退職日までに様々な手続きを済ませておく必要があります。退職するからといって、引継ぎ業務などの必要な業務を、おろそかにすることは好ましくありません。円満に退職するためにも、必要な手続きは必ず行う必要があります。

転職先の入社日を調整する際には、引継ぎ業務などの手続きが、どのくらいかかるかを検討する必要があります。それをもとに退職日を決め、転職先の入社日を決定することになります。

退職するまでの期間は、就業規則で定められています。最低でも1ヵ月前には申し出ることなど、期間が決まっています。これは引継ぎ業務などにかかる期間を考慮したものです。つまり、入社日を調整する際には、現職の就業規則は必ず確認することが重要です。

在職中の場合のボーナスや有給休暇は?

在職中の場合、ボーナスや有給休暇も入社日の調整と関係します。ボーナスがあれば、転職の前にきちんと受け取ることが望ましいです。また、有給休暇の消化もしておくと良いでしょう。これらは前もって計画を立てておくことがポイントです。

退職前にまとめて有給休暇を消化することは、あまり印象が良くない場合もあります。それを防ぐためにも、計画的に消化しておくことが重要です。

また、ボーナスをもらってからすぐに退職することも、好印象とはいえません。そのため、きちんとした引継ぎ期間を設けたうえで、ボーナスについて検討する必要があります。

このように、ボーナスや有給休暇については、印象が悪くならないようにきちんと計画を立てておくことが重要です。そのうえで、入社日の調整を行いましょう。

退職後に転職活動をする場合

退職後の転職活動では、在職中のような現職との調整がないため、比較的スムーズに日程を決めることができます。そのため、転職先の希望入社日に合わせることが基本です。

一方で、転職にあたって引越しが必要になるなど、手続きが必要になるケースもあります。このような手続きは入社日前に済ませておく必要があります。

転職先の場所などを考慮し、あらかじめ必要な手続きをきちんと考えておきましょう。そのうえで入社日の調整を行うことが重要です。

退職時のポイントとは?

転職での入社日の調整では、現職での退職交渉も重要なポイントとなります。スムーズな退職交渉ができれば、その後の入社日の調整も進みやすくなります。

退職の意思をきちんと示すこと

現職との退職交渉では、退職の意思を明確に示す必要があります。退職に迷いを感じているような印象を与えると、現職から引き止めに合う可能性があります

転職の入社日の調整では、退職までの流れをきちんと把握してから、入社日を決めることが重要となります。ここで現職側から引き止めに合うと、退職までの手続きが難航し、転職先の入社日の調整がうまく進まないおそれがあります。

転職先が決まり、いざ退職交渉を行う場合、これまでお世話になった職場に対して迷いを持つ方もいます。しかし、ここではきちんと退職するという意思を示さなければなりません。そうしなければ、転職先の企業にも迷惑をかけることになってしまいます。

退職日を明確にしておく

退職日を明確にすることも重要です。転職先の入社日を調整する場合、まず退職日を決めてから入社日を決める必要があります。

退職日が決まっていない状態で、転職先の入社日を決めてしまうのは危険です。退職日があいまいな状態では、引継ぎ業務などで具体的にいつまで業務を行えばいいかがはっきりしません。そうなると、転職先の入社日の前に必要な業務を終わらせることができない可能性もあります。

転職先の入社日までに現職の業務が終わらなければ、入社日の調整を再度行い、日程の変更をしなければなりません。しかし、一度決めた入社日を変更することは好ましくありません。これを防ぐためにも、退職日を明確にし、自分の業務内容がどこまでかを把握しておきましょう。

入社日の交渉のメールの例は?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

転職先の企業から内定をもらって入社日を交渉する場合、メールでの交渉が多く見られます。以下、メール例を見てみましょう。

入社日の交渉のメール例

人事総務部 〇〇様

先日、貴社の△△職にて内定通知をいただきました□□です。
入社日の件ですが、現在の引継ぎ業務や就業規則を考慮し、〇月〇日に退職日が決定しましたので、△月△日以降の入社が可能となります。

ご多忙のところ恐れ入りますが、入社日程のご調整のほど、よろしくお願い申し上げます。

入社日交渉のメールのポイントは?

入社日の交渉では、退職日を示したうえで交渉することが重要になります。メールの例のように、「〇月〇日に退職日が決定した」と示したうえで、「△月△日以降であれば入社が可能である」ということをきちんと伝えましょう。

また、引継ぎ業務や就業規則の確認は、退職日と入社日を決めるにあたって必ずすべきことになります。これらを考慮したうえで日程を決めたということをメールで伝えましょう。

入社日の延期は可能?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

延期はなるべく避ける

転職の入社日は、現職との調整などで、延期・変更が起きる可能性もあります。しかし、一度決まった入社日の延期はなるべく起きないようにすることが好ましいです。

転職の入社日は、転職先の企業が行う様々な準備の目安になります。この入社日が延期されると、転職先の企業に迷惑がかかることになります。そのため、一度入社日が決まった後は、基本的には延期はしないと考えることが重要です。

延期をしないためには?

転職の入社日の延期を避けるためには、事前に十分な計画を立て、日程を決めておく必要があります。現職の引継ぎ業務や、引越しなどの必要な手続きを踏まえ、どのくらいかかるのかをあらかじめ検討しておきましょう。そのうえで、転職先の希望の範囲内で入社日を決めることが重要です。

入社日を決めた後で、必要な手続きが予想よりも多いことが分かった、などの状態は避けたいところです。事前に十分に検討しておき、必要な手続きは何か、どのくらいかかるかの目安を考えておきましょう。

どうしても延期が必要になった場合は?

現職との調整などで、どうしても入社日の延期が必要になった場合、入社日の延期の交渉をすることになります。交渉は可能ですが、あまりに先の日程を提案することは好ましくありません。

もともと入社日の延期自体があまり好ましいことではないので、なるべく近い日程を提案する必要があります。また、何度も変更することは避けるべきです。

入社日を延期する際の理由は?

入社日の延期の理由で多く見られるのは、引継ぎ業務が終わらずに延期が必要となってしまった場合です。退職日までに業務が終わらない場合や、後任者が見つからない場合など、様々な原因があります。

引継ぎ業務をスムーズに行うには、業務内容や範囲を明確にしておく必要があります。これらが明確でない場合、引継ぎ業務の内容について現職の企業とトラブルになるおそれがあります。そうなれば、スムーズな引継ぎ業務ができなくなり、転職先の企業の入社日にも影響を及ぼします。

一方で、後任者が見つからない場合や、後任者が急遽他の担当となってしまったケースなど、対処が難しいこともあります。しかし、それでも入社日が延期されれば転職先の企業に迷惑をかけてしまうので、きちんと理由を示して誠意のある対応をする必要があります。

入社日の延期の交渉のポイントは?

延期の理由を示すこと

入社日の延期を交渉する場合、延期になった理由・経緯をきちんと示す必要があります。理由を示さずにただ延期を交渉することは避けるべきです。場合によっては内定取り消しにつながるので、きちんと理由を示し、誠意のある交渉を心がけましょう。

理由を示す際には、延期に至った経緯を文書できちんと示すことが一つのポイントです。文書で示すと、延期の原因や経緯を詳しく説明することができ、転職先の企業に対して誠意を示すことができます。また、転職先の企業としては、理由を明確に示されれば、その内定者に対する信頼度も上がります。

具体的な日程を示すこと

入社日の延期の交渉では、延期後の入社日の具体的な日程を示すことも重要です。延期の理由をきちんと説明できでも、延期後の入社日を具体的に示すことができなければ、やはり印象は良くありません。理由を説明したうえで、「この日程以降なら入社が可能である」という部分をきちんと示す必要があります。

どのタイミングで転職先の企業に伝えるか?

入社日が延期となった理由を明確にしたら、転職先の企業に速やかに伝える必要があります。その際には、先ほど見たように、文書などで延期の理由・経緯をきちんと説明し、具体的な日程を示すことがポイントです。

理由を伝えるのは早ければ早いほど好ましいです。ここで転職先の企業に伝えるのが遅くなると、企業に迷惑をかけるだけでなく、場合によっては内定取り消しにつながります。すぐに理由・経緯をまとめ、いつなら入社できるかの具体的な日程を考え、早めに転職先の企業に伝えましょう。

あいまいな返事や再度の延期はしない

入社日を延期する場合、再度の延期が起きないようにしましょう。一度延期したものをさらに延期することは、調整能力がないという印象を与えてしまいます。また、延期が繰り返されれば内定取り消しの原因にもなります。

また、具体的な日程を示して延期の交渉をすることが重要なので、あいまいな返事は避けましょう。いつなら入社できるかをあいまいにすると、入社意欲がないという印象を与えてしまいます。

入社日の延期・変更のメールの例文は?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

それでは、入社日の延期・変更を伝えるメールの例を、延期の理由を踏まえつつ、見てみましょう。

代表的なメールの例は?

人事総務部 〇〇様

先日、貴社の△△職にて内定通知をいただきました□□です。
〇月〇日から貴社で勤務するお話をいただいておりましたが、現職の引継ぎ業務が〇週間程度かかってしまうため、難しい状況となっております。
大変恐縮ではございますが、入社日を△月△日に変更していただくことは可能でしょうか。

貴社にご迷惑をおかけして誠に恐縮ですが、お世話になった現職をなるべく円満に退職したいと考えております。

こちらの都合で勝手なお願いではございますが、ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

入社日の延期・変更のメールのポイントは?

先ほども見たように、入社日の延期・変更を伝える際には、延期となった理由、延期後の具体的な日程をきちんと示す必要があります。

上記の例では引継ぎ業務が予定より多くかかってしまうことを想定したものですが、他にも後任者がいないなどの理由も考えられます。その場合は、後任者がいないため引継ぎが遅れてしまうなど、きちんと理由を示す必要があります。

また、延期後の具体的な日程も示すことになります。その際には「変更していただくことは可能でしょうか」などのように、誠意をもって伝える必要があります。

入社日の挨拶とは?

ここまで、転職における入社日の重要性、入社日の調整や交渉、入社日の延期について見ていきました。次に、実際に入社する際の挨拶について見てみましょう。

入社日の挨拶の重要性とは?

入社日の挨拶は、第一印象を決める重要な挨拶となります。ここで好印象を出すことができれば、その後の仕事や人間関係にも役立ちます。

実際に挨拶をする際には、緊張してしまうケースや、少ない時間で挨拶をしなければならない場合など、様々な状況が考えられます。そのような中でも、挨拶の方法やマナー、挨拶の例文を知っておき、対処することが重要です。

入社日の挨拶の方法とは?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

入社日の挨拶では、笑顔で挨拶をすること、早口にならずはっきりとした声で話すこと、清潔感のある身だしなみにすることなど、第一印象が好印象になるような心掛けが重要です。以下、それぞれ具体的に見てみましょう。

笑顔で挨拶をすること

どのような挨拶でも、笑顔で挨拶をすることは重要なポイントです。これは、無理に笑顔を作ることとは違います。無理な笑顔、やりすぎな笑顔は、逆に不自然な印象を与えてしまいます。

意識としては、微笑む程度が理想的です。無理なく自然な笑顔で挨拶をすれば、それだけで印象は上がります。反対に、無表情での挨拶は印象を悪くしてしまいます。

特に入社日初日は新しい職場に対する自分の印象を決める重要な機会です。挨拶時に無表情であったり、笑顔がなく暗い表情であったりすると、やはり印象は下がってしまいます。新しく迎えてくれる職場に対するマナーとして考えても、自然な笑顔は重要になります。

早口にならないこと

入社日の挨拶は、緊張してしまうこともあるかと思います。しかし、早口になってしまうのは、あまり良い印象とはいえません。むしろ、緊張してしまった時こそゆっくり話すということを意識することが好ましいです。

ゆっくり話しすぎると、間延びした印象を与えてしまいますが、緊張してしまった時の意識としては、「早口にならずゆっくりと」と言い聞かせるだけでも効果的です。

抑揚をつけて話すこと

抑揚をつけてゆっくりと話すと、相手の耳に残りやすくなります。ここも、ただゆっくり話すと間延びした印象になるので、抑揚が重要なポイントになります。

抑揚をつけて話すには、声の強弱、高低、スピードなどが重要になります。例えば、印象付けたい部分をはっきりと話すと印象に残ります。また、その部分で声の高低を変えることも印象に残るようにする方法です。さらに、強調したい部分でスピードを落とすと、重要な部分として表現できます。

このように、普段から声の抑揚について意識してみると、実際に挨拶をする場面でも活かすことができます。

清潔感のある身だしなみにすること

挨拶時の服装も重要なポイントです。スーツやシャツにシワや汚れがないこと、カバンや靴に汚れがないことなど、あらかじめきちんと確認しておきましょう。

いくら挨拶の内容や仕方がうまくても、服装の清潔感がなければ印象が良いとはいえません。身だしなみも挨拶に関連するものとして、事前にきちんとチェックしておくことが重要です。

入社日の挨拶の内容は?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

長くなりすぎず簡潔な内容にする

入社日の挨拶の時間は状況によって変わりますが、おおむね30秒から3分程度と見積もっておきましょう。長くなりすぎず、ある程度簡潔にまとめることが重要となります。

入社日の挨拶は転職先の様々な人に対する挨拶となりますが、あまりに細かすぎる挨拶は好ましいとはいえません。挨拶で多くのことを知ってもらうことは確かに有意義ですが、まずは簡潔に、かつ好印象な挨拶をすることが重要となります。そうすれば、むやみに挨拶で話しすぎるより、落ち着いてマナーのある印象を与えます。

職場に馴染んでいくにあたり、自分のことを知ってもらい、また職場の人々のことも知ることになります。そのためにも、最初の段階となる入社日の挨拶では、むしろ簡潔な挨拶で落ち着いた印象を出した方が効果的です。

具体的な挨拶の内容は?

挨拶の内容は、自分の名前、部署、前職での仕事、今後の意気込みが基本となります。場合によっては、趣味などを付け加えることもあります。

自分の名前は自己紹介としてもちろんですが、今後の意気込みを語ることで、新しい職場でのモチベーションややる気、誠意を見せることができます。挨拶の最後には「よろしくお願いいたします。」と言って締めることが一般的ですが、「皆様のお役に立てるよう精一杯頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。」などと言うだけでも、意気込みを示す挨拶として効果的です。

最低限の挨拶の内容を覚えておく

入社日の挨拶で最低限の内容とするべきものは、自分の名前と意気込みです。これだけでも転職先の入社日の挨拶としては成り立ちます。

いざ転職先に入社することで、緊張してしまう場合も考えられます。その際にも、最低限の内容で挨拶をすることで、好印象を与えることができます。緊張してしまったら、とりあえず自分の名前と意気込みを話しておきましょう。

また、緊張する場合以外でも、状況によって挨拶の時間を30秒程度で簡潔にまとめた方がいい場合もあります。その際にも、自分の名前と意気込みだけでも挨拶の内容として伝えると、時間が少ない中で適切な挨拶ができるという印象を与えることができます。このことは、その場の状況によって判断することが重要です。

趣味などを話す場合もある?

入社日の挨拶で趣味などを話すケースも見られます。ただし、企業の社風によっては合わないこともあるので、状況を判断して行う必要があります。

また、趣味の話をするにしても、あくまで挨拶の一貫として行うことが重要です。例えば、趣味の話をした後で、「同じ趣味の方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけください。」などと加え、あくまで挨拶として話すことが重要です。

趣味や特技を話すことは、適度に明るい印象を出し、早く職場に慣れたいという意思を伝えられる効果があります。状況によっては、挨拶の内容に含めると効果的です。

入社日の挨拶の例文は?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

それでは、入社日の挨拶の例文を状況ごとに見てみましょう。

入社日の挨拶の例は?

入社日の挨拶の例文としては、

「おはようございます。本日より●●に配属されました、○○と申します。これまでは□□会社にて△△の仕事をしておりましたが、このたびご縁がありまして、皆様と一緒に働かせていただくことになりました。一日も早く仕事に慣れ、即戦力として皆様のお役に立てるよう精一杯頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。」

などの例があります。●●の部分には部署を、〇〇の部分はフルネームを入れ、その後前職での仕事に触れ、最後に今後の意気込みで締める、という例になります。

あるいは、「本日より入社いたしました〇〇と申します」「本日よりお世話になります〇〇と申します」などのように、フルネームだけを言うケースもあります。こちらはより簡潔な挨拶となります。一方で、部署も付け加えると、より丁寧な印象を与えます。

最低限の挨拶をする場合は?

転職の入社日の挨拶は、挨拶やスピーチの時間などで違いが見られます。企業の社風によっては簡潔にまとめた方が良い場合もあります。先ほど見たように、自分の名前と意気込みだけでも話しておくと、挨拶としては成り立ちます。

簡潔にまとめる例文としては、「おはようございます。本日より入社いたしました○○と申します。このたびご縁がありまして皆様と一緒に働かせていただくことになりました。一日も早く仕事に慣れ、皆様のお役に立てるよう精一杯頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。」

などがあります。これは先ほど挙げた例文とほぼ同じですが、前職の紹介などを省略し、最低限の内容にまとめています。挨拶やスピーチの時間によっては、30秒程度で挨拶をすることもあるので、その際には最低限の内容で、きちんと好印象を出す必要があります。

趣味などを付け加える場合は?

趣味を伝える場合、上記の例文の中で、最後の「~よろしくお願いいたします。」の前に付け加えると自然な印象を出すことができます。自分の名前や部署、前職の仕事内容を伝えたうえで、少し趣味などを話し、最後に意気込みとともに「よろしくお願いいたします。」として締めると、自然に伝えることができます。

先ほども見たように、趣味を言う場合は「同じ趣味の方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけください。」などのように締めることが望ましいです。ただ趣味を話すのではなく、「ぜひお声がけください」「ぜひお声をかけてください」のように、きちんと集団を意識した挨拶が重要です。

その他の例文は?

転職の入社日の挨拶の例文を見てきましたが、特に最後の部分はいろいろな工夫が可能です。例えば、最後の「よろしくお願いいたします。」につなげる部分として、上記の例文では「一日も早く仕事に慣れ、即戦力として皆様のお役に立てるよう精一杯頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。」などとしていました。

これを、「一日も早く仕事に慣れ、皆様のお役に立てるよう精一杯頑張ってまいります。ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。」などのように言うこともできます。

「ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。」というのは特に丁寧な表現ですが、自分がその分野でまだ未熟であるため、指導をしてもらいたいという意気込みを示すことができます。

転職の入社日におけるメールでの挨拶とは?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

転職の入社日の挨拶は基本的に口頭で行いますが、場合によってはメールで行うこともあります。例えば、同じ部署で入社日に不在だった人には、メールで挨拶をすることになります。

不在だった人へのメールは、入社日当日に送ります。そして、後日直接会った時にも改めて挨拶をします。このように、直接会った時にもきちんと挨拶をすることがマナーとなります。

挨拶メールの内容は、基本的には口頭での挨拶と同じです。自分の名前、部署、前職での仕事、今後の意気込みをメールの内容として送りましょう。

入社日に送る挨拶メールの例文は?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

それでは、入社日の挨拶メールの例文を見てみましょう。

一般的なメールの例文は?

本日ご不在でしたので、メールにて失礼いたします。

本日より●●に配属されました、○○と申します。

これまでは□□会社にて△△の仕事をしておりましたが、このたびご縁がありまして皆様と一緒に働かせていただくこととなりました。

一日も早く仕事に慣れ、皆様のお役に立てるよう精一杯努力してまいります。
ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

挨拶メールでのポイントとは?

上記で挙げた挨拶メールの例文は、基本的には先ほど見た挨拶の例文と同じ内容となります。ただ、直接話すのではなく文章になるので、やや固い表現の例文となります。

また、入社日に不在だった人に向けたメールとなるので、「本日ご不在でしたので、メールにて失礼いたします。」という一言を最初につけておくことが好ましいです。そうすると、いきなり送るよりも丁寧な内容となり、好印象になります。

良い挨拶は転職先でのスタートを変える

今回は、転職時の入社日の決め方や調整方法、転職の入社日における挨拶の方法や例文について見ていきました。退職は意外とやるべきことが多く、苦労する人もいます。転職エージェントや先輩など、転職活動のアドバイザーのような人がいれば、相談して計画を立てておきましょう。

転職における入社日は、転職者が新たな職場で働き始める重要な日です。そのために転職先の企業も様々な準備をするため、転職者と企業の双方にとって大きな意味を持ちます。現職との調整が必要な場合は、現職の企業にとっても重要な日程となります。

無事に入社日に入社できたら、次は挨拶が重要となります。これは、転職者が新たなフィールドで活躍するための、最初の大切なステージです。ここでの挨拶で好印象を与えることができれば、その後の仕事や人間関係にも良い影響を与えます。

転職における入社日の挨拶は、ただ言葉を述べればいいというわけではありません。自分にとって新たなステージで、これから一緒に活躍する人々への誠意が何より重要になります。そのためにも、挨拶の方法や表現を意識してみることです。きっと転職先でのスタートを、より良いものに変えてくれることでしょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests