Search

検索したいワードを入力してください

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文

初回公開日:2017年09月22日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の入社日は、新たなステージで働く重要な日です。入社日はどう調整するか、入社日での挨拶はどうするか、気になる点も多いのではないでしょうか。この記事では、転職の入社日の調整方法や挨拶についてご紹介します。転職で新たなスタートを切る際の参考にしてみてください。

転職の際の入社日はどう決まるか?

転職の入社日の重要性とは?

転職では、入社日をどう決めるかが重要です。転職先の企業が希望する入社日に合わせることが好ましいですが、現職との関係で調整が必要になることもあります。

一度退職をしてから転職活動をする場合は、転職先の企業の希望に合わせやすくなります。一方で、在職中に転職活動をする場合は、現職との調整をきちんとしなければなりません。また、退職後の転職活動でも、転職にあたって引越しなどの準備があれば、きちんと済ませておく必要があります。

このように、転職の入社日は何かと調整が必要になります。この入社日をどう決めるかということは、転職活動において重要な意味を持ちます

入社日は転職先の希望に合わせる?

転職先の企業は、転職者の入社日に合わせて、様々な準備を行います。これは、転職者がスムーズに仕事を始めることができるように、いろいろな環境を整えておくためです。企業としては、希望する入社日に転職者が合わせてくれれば、準備もしやすくなります。

転職の入社日を決める際には、転職先の希望入社日に合わせることができれば、それに越したことはありません。しかし、現職との関係など、どうしても調整が必要になるケースもあります。それでも、なるべく早くに入社したいという意思を示すことが重要です。

転職での入社日はどう決まる?

転職先から内定が出たら、具体的な入社日を決めることになります。あらかじめ入社日が決まっていることもありますが、相談して決める場合もあります。その際には、現職との調整などを踏まえ、交渉・相談をすることになります。

在職中の転職活動では、現職の退職日をきちんと決めてから、転職先の入社日を決める必要があります。退職日があいまいな状態で入社日を決めてしまうと、後になって入社日の変更が必要になるケースもあります。

一度決めた入社日を変更することは、基本的に好ましくありません。そのため、現職の退職日はきちんと決めたうえで、転職先の企業の入社日を決めることが重要です。

転職活動における面接での交渉は?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

転職活動の選考で、応募先の企業から入社日について質問されることがあります。退職後の転職活動では、すぐにでも入社できることを面接で伝えることが重要です。在職中の転職活動では、現職との調整が必要になることなどを伝えつつ、なるべく早く入社したいという意思を示す必要があります。

在職中の転職活動で、はっきりした入社日がわからなくても、現職との調整を踏まえて具体的な入社時期を示す必要があります。ここで具体的な時期を示しておけば、内定をもらった後で入社日を決める際に、スムーズな交渉がしやすくなります。

入社日の調整方法は?

転職時の入社日はどう決まる?入社日の調整方法・挨拶方法・挨拶例文
※画像はイメージです

転職の際の入社日の調整方法は、在職中に転職活動をする場合と、一度退職してから転職活動をする場合とで違いが見られます。

在職中に転職活動をする場合

在職中に転職活動をする場合、転職の入社日を決定するには、現職との調整が必要です。これは、現職の会社の退職日、転職先の企業の入社日を調整し、具体的な日にちを決めることになります。

在職中の場合、引継ぎ業務など、退職日までに様々な手続きを済ませておく必要があります。退職するからといって、引継ぎ業務などの必要な業務を、おろそかにすることは好ましくありません。円満に退職するためにも、必要な手続きは必ず行う必要があります。

転職先の入社日を調整する際には、引継ぎ業務などの手続きが、どのくらいかかるかを検討する必要があります。それをもとに退職日を決め、転職先の入社日を決定することになります。

退職するまでの期間は、就業規則で定められています。最低でも1ヵ月前には申し出ることなど、期間が決まっています。これは引継ぎ業務などにかかる期間を考慮したものです。つまり、入社日を調整する際には、現職の就業規則は必ず確認することが重要です。

在職中の場合のボーナスや有給休暇は?

在職中の場合、ボーナスや有給休暇も入社日の調整と関係します。ボーナスがあれば、転職の前にきちんと受け取ることが望ましいです。また、有給休暇の消化もしておくと良いでしょう。これらは前もって計画を立てておくことがポイントです。

退職前にまとめて有給休暇を消化することは、あまり印象が良くない場合もあります。それを防ぐためにも、計画的に消化しておくことが重要です。

また、ボーナスをもらってからすぐに退職することも、好印象とはいえません。そのため、きちんとした引継ぎ期間を設けたうえで、ボーナスについて検討する必要があります。

このように、ボーナスや有給休暇については、印象が悪くならないようにきちんと計画を立てておくことが重要です。そのうえで、入社日の調整を行いましょう。

退職後に転職活動をする場合

退職後の転職活動では、在職中のような現職との調整がないため、比較的スムーズに日程を決めることができます。そのため、転職先の希望入社日に合わせることが基本です。

一方で、転職にあたって引越しが必要になるなど、手続きが必要になるケースもあります。このような手続きは入社日前に済ませておく必要があります。

転職先の場所などを考慮し、あらかじめ必要な手続きをきちんと考えておきましょう。そのうえで入社日の調整を行うことが重要です。

退職時のポイントとは?

転職での入社日の調整では、現職での退職交渉も重要なポイントとなります。スムーズな退職交渉ができれば、その後の入社日の調整も進みやすくなります。

退職の意思をきちんと示すこと

現職との退職交渉では、退職の意思を明確に示す必要があります。退職に迷いを感じているような印象を与えると、現職から引き止めに合う可能性があります

転職の入社日の調整では、退職までの流れをきちんと把握してから、入社日を決めることが重要となります。ここで現職側から引き止めに合うと、退職までの手続きが難航し、転職先の入社日の調整がうまく進まないおそれがあります。

転職先が決まり、いざ退職交渉を行う場合、これまでお世話になった職場に対して迷いを持つ方もいます。しかし、ここではきちんと退職するという意思を示さなければなりません。そうしなければ、転職先の企業にも迷惑をかけることになってしまいます。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Latests