Search

検索したいワードを入力してください

ホワイトカラーとブルーカラーの特徴の違い・日本の割合と比率

更新日:2022年09月15日

ホワイトカラーやブルーカラーの違いとはなんでしょうか。自分が就きたい仕事はどちらになるのか気になる人も多いのではないでしょうか。この記事ではホワイトカラーとブルーカラーの仕事内容の違いや収入の差、将来性などを多角的に考察していきま。

ホワイトカラーとブルーカラーの特徴の違い

職業や職種によってホワイトカラー、ブルーカラーという区別の仕方をすることがあります。これらの違いにはどういったものがあるのでしょうか。ホワイトカラーなのかブルーカラーなのかによって給料や出世に影響はあるのでしょうか。

違いについてなんとなくしかわからない人も結構います。仕事内容や役割に直結するホワイトカラーとブルーカラーそれぞれの特徴についてこの機会にしっかり理解しておきましょう。

ブルーカラーの由来

ブルーカラーという言葉は仕事中に汚れたり傷んだりすることがあるので、丈夫な青色の作業服に着替えていたことに由来します。このことからわかるように、工場や建設現場、鉱業などの生産現場で直接生産工程に携わる現業の仕事を指します。

主に現場で物を作る、運ぶ、組み立てるなどの肉体労働に従事します。ブルーカラーの出現は19世紀後半とも言われています。産業革命によって機械化が進み、熟練の職人でなくともおなじような作業ができるようになりました。大量生産を可能とした機械化によって作業は単純化されました。そこでブルーカラーのことを単純作業に従事する者という見方もあります。

ホワイトカラーの由来

ホワイトカラーは労働者である点ではブルーカラーと同じですが、物の生産には直接かかわらない非現業職種です。専門的職業や企業の管理部門、事務や販売、サービス業などがホワイトカラーに該当します。

産業構造の中心が第1次産業や第2次産業から第3次産業に移るに伴いホワイトカラーも大幅に増加してきました。また製造や建設などの産業でも大規模化や機械化が進むことによって専門的な部門や管理部門が必要となり、これらの業種でもホワイトカラーが一定の割合を占めるようになりました。

それぞれの違いとは

このようにホワイトカラーもブルーカラーも労働者という点では変わりはありませんが、作業内容においては全く異なります。一般的にホワイトカラーは知識労働者、ブルーカラーは肉体労働者と分けられます。

現代は職種も多様化し、複雑になっています。たとえばIT系の仕事は知識を要し、専門的・技術的な仕事いう意味ではホワイトカラーです。しかしIT土方という言葉で表されるようにブルーカラーの側面を持っています。飛び込みを主体として営業マンも同様で、ホワイトカラーとブルーカラーの区別が難しくもなってきています。

ホワイトカラーになる方法

ホワイトカラーになるには、専門的な知識や技術を必要とされます。また一定以上の思考力などが業務上必須ですので一般的には4年制の大卒以上の学歴が必要とされています。

しかし高卒でも事務職や販売職のホワイトカラーになることができます。そして社会人になってから知識と経験を積むことでさらに上の位置に進むことができるようになります。どちらかというと暗記力などよりは思考力や応用力といった地頭の良さが問われます。

ブルーカラーになる方法

単純作業や肉体労働であることがおおいブルーカラーになるためのハードルは比較的低いです。学歴も必要とされません。もくもくと一つのことに集中して作業を続けられる真面目さがあれば可能です。

しかし現代ではブルーカラーにもトヨタの「カイゼン」に見られるように、主体的・能動的に仕事に取り組むことが求められることもあります。

日本のホワイトカラーとブルーカラーの割合・比率

日本ではホワイトカラーとブルーカラーの比率はどちらが多いのでしょうか。日本の戦後の経済成長を支えてきたのはモノづくりです。製造や鉄鋼業などのブルーカラーに支えられている重厚長大産業が日本のメインでした。

しかし近年はITやサービスなどホワイトカラーを主体とした産業に中心が移っています。また大学進学率も6割近くまで上昇しているなど社会も大幅に変化しています。

ホワイトカラーとブルーカラーで多いのはどっち?

近年の統計ではホワイトカラーのほうがブルーカラーよりも多いという結果が出ています。全就業者数のうち過半数がホワイトカラーです。

数の違いの理由とは?

次のページ:ホワイトカラーとブルーカラーの格差と改善法

初回公開日:2018年03月13日

記載されている内容は2018年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests