Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントを利用するためには登録後オフィスなどで面談ができる他、遠方に住んでいる人や仕事で忙しい人には電話面談を利用できる転職エージェントもあります。電話面談を効果的に活用するためにも転職エージェントそれぞれの利点を把握して利用することが大事です。

転職についての面談方法

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントを利用して転職について面談する方法として転職エージェントのオフィスに直接に出向いて面談する方法やインターネット上で面談する方法、また電話面談やいろいろ組み合わせた面談方法があります。それぞれの面談は登録申請が必要で専用の用紙に記入する方法や、インターネットや電話で登録する方法などがあり登録後面談など利用することができます。

転職エージェントの登録は詳細が大事

転職エージェントに電話面談を希望する場合には登録時の内容が面談のベースになりますので、正直に詳細に登録することが面談をスムーズに進めるために大事です。

登録内容はこれまでの職務経歴や転職回数、持っているスキルや資格などを整理し、転職したい理由、転職するにあたっての希望する雇用形態や勤務時間、業種や職種また賃金や勤務地などです。また電話面談で希望求人情報を紹介してもらうために必要なスキルや資格などの他、転職に対する悩みなどに対しアドバイス受けたいときには具体的にアドバイス受けたい悩みや内容なども具体的にまとめ記載することで面談を担当するキャリアアドバイザーが決まります。

登録内容が中途半端な場合や正確でないと時間もかかり話がスムーズに進まないばかりでなく的確なアドバイスを受けられなくなりますので登録は正直に正確で詳細に登録することが大事です。

転職エージェントを活用して転職相談

転職したいとき求人情報を探すだけでなく、入社したころの採用環境や採用方法もかわり、どのように転職活動をしたら分からないことがでてきます。そのような時に転職に関する悩みや疑問に対していろいろなアドバイスを受けられる転職エージェントがあります。

転職エージェントは厚生労働大臣の認可を受けており、転職したい人に求人情報の提供や内定が得られるまでいろいろな支援を継続して行う企業で、無料で登録することで利用することができます。転職エージェントには専門のキャリアアドバイザーがおり、相談内容によって担当アドバイザーが決まりいろいろな相談に無料で何度でも対応します。

相談方法として最寄りにある転職エージェントのオフィスで直接面談する場合や電話面談、あるいはメールなどでの面談や組み合わせ面談という方法があり転職を考えている人は転職エージェントのキャリアアドバイザーであるプロの支援を受けながら転職に成功できるよう活用することです。

転職エージェントで直接面談

転職エージェントを利用して転職したい人は転職エージェントに事前登録することで転職について面談できます。直接面談とは事前登録した人が勤務地や居住地の近くにある転職エージェントのオフィスに直接訪問し担当するキャリアアドバイザーと面談することです。

オフィスでの面談も他人の目を気にしなくても良いように仕切られているのが一般的で転職に対しての初歩的な質問や悩みなど安心して面談することができ、また履歴書や職務経歴書などにもその場でアドバイス受けることができます。さらに希望する求人企業の紹介があり面接に関するアドバイスや応募企業との日程調節など面談しながら進めていきます。

転職エージェントの電話面談とは?

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントの電話面談とは転職エージェントのオフィスが近くになくて直接面談ができない人やオフィスが近くに会っても現在の仕事を継続しながら転職活動したいので日中の面談ができない、また転職活動しているのを知られたくないと考えている人たちが利用している面談方法の一つです。

転職エージェントによっては電話面談できる時間帯が20:00までとか21:00まで、また休日も土曜は可能とか不可能など設定が違いますので自分の電話面談したい条件に合うところを見つける必要があります。また特別電話面談という事でなく電話での求めに応じた求人情報の提供と日程調整を中心にしている転職エージェントや転職に関する悩みなどカウンセリングをしながらアドバイスを重ね希望に沿った求人企業を探し支援を継続してくれるところもあります。

また転職エージェントによっては電話面談だけで完結する転職エージェントと、オフィス面談が必要なエージェントなどの違いもありますので登録の際に確認しておく必要があります。

転職エージェントに扱う求人情報により2種類ある

転職エージェントには大きく分けて総合転職エージェントと特化型転職エージェントの2種類があります。
総合転職エージェントは求人情報として全業種を扱い大量の求人情報を保有しておりどのような職種、年齢などの条件でも幅広く対応できます。

特化型転職エージェントは紹介する業界が外資系企業やアパレル系企業、ヘッドハンターを中心とするエグゼクティブなど対象が限定的で担当するキャリアアドバイザーも業界出身者が多く豊富な知識と経験から的確なアドバイスをしてくれますが紹介する求職者のターゲットを絞って扱うことがありますので電話面談する時には事前に確認してから登録する必要があります。

転職エージェントの拠点別に2種類ある

転職エージェントで転職活動の支援を受けようとするときに、転職エージェントの拠点で考えると全国に支店や営業所などオフィスがありそのオフィスを中心に転職支援を展開する全国型と、面談するところが限られている地域限定型があります。

全国型はリクルートキャリア、インテリジェンス、JACジャパンが業界大手3社に加えJACリクルートメントやパソナキャリア、BIZREACH(ビズリーチ)やSpring転職エージェント(アデコ)など多数の転職エージェントが全国各地に拠点を持ち面談などを通し転職を支援しています。

また地域限定型は都道府県や市町村など情報提供する地域を限定し、全国型では持っていないような求人情報で転職を支援しています。それぞれの転職エージェントで電話面談の方法も違いますので、事前に確認し登録することです。

転職エージェントは全て電話面談できるか

転職について面談したいとき面談場所が遠い、現在の仕事を継続しながら転職活動なのでオフィスに行くことが困難などいろいろな理由で電話面談を希望する人が多いですが、転職エージェントには電話面談だけで完結できるところとオフィス面談が必要な転職エージェントもあります。

全国型・大手転職エージェントと言われるエージェントでも電話面談だけで転職を完結できるところもありますが、電話面談だけを考えている場合には登録する前に電話面談だけで求人企業の紹介から内定まで完結できるか確認する必要があります。

電話面談のメリット

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントで電話面談を行うメリットは現在の仕事を継続しながら、他人に気づかれずに転職活動ができます。また転職エージェントがあるオフィスまで出かけなくても、ある程度自分のスケジュールに合わせて面談できるところであり、さらに勤務地や居住地から転職エージェントが遠くオフィスでの面談が困難である人には電話面談はとてもありがたいことになります。

そこで電話面談も自分のスケジュールで言えば帰宅後や休日などに電話面談できる転職エージェントを探す必要があります。転職エージェントによっては土曜日でも電話面談に応じてもらうことができ、また仕事が終わって帰宅してから夜10時くらいまで電話面談に対応してくれる転職エージェントもあります。自分の性格的なことから面と向かって面談できない人でも電話面談ならそれほど神経質にならずに面談できるというメリットもあります。

転職エージェントで電話面談しながら公開されている求人情報だけでなく非公開求人情報の中から希望内容に合った企業を紹介してもらい転職に結び付けることができます。

電話面談のデメリット

転職エージェントで電話面接の場合、履歴書や職務経歴書など作成しアドバイスを受けたいとき電話では困難となり、記載した書類を転職エージェントの電話面談している担当者に送り添削指導を受けることになります。そのためフィードバックまでに早くても2~3日必要となり急ぐ時にはデメリットとなります。またキャリアアドバイザーに人柄や雰囲気が伝わりにくく馴染むまでに時間がかかり、電話で聞き漏らしたりした時に次の電話面談まで時間がかかります。

電話面談の流れ

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントで電話面談を受ける場合の一般的な流れは、事前に登録した内容によって担当するキャリアアドバイザーが決まり、登録された内容をベースに具体的な面談がスタートします。

登録内容が詳細で、希望内容が明確になっている場合は面談内容もスムーズにすすみ、希望に沿った求人情報の紹介を受け応募が決まればキャリアアドバイザーが作成された応募書類の提出代行や企業と面接試験などの日程調整など必要な確認作業を行い、電話面談者に伝え内定が得られるまで電話面談を継続します。

電話面談の前に整理

転職エージェントで電話面談を効率的に進めるためには、事前に面談内容を整理しておくことが大事です。詳細に事前登録したつもりでも、それで担当するキャリアアドバイザーがすべて分かるわけではありません。

当然登録内容から転職活動状況や転職理由、転職時期などいろいろな質問を受け確認されることになりますので、想定される質問事項に対してあらかじめ回答準備が必要です。質問受けてから考えるようでは効率的な電話面談ができません、キャリアアドバイザーから的確なアドバイスをしてもらうためにも自分自身の転職に対して強い意志や真剣な思いを伝える必要があります。

また逆に意志が固まっておらず、悩んでいるときにはなんで悩んでいるのかをはっきりさせておくことで、いろいろな経験や資格を持ったキャリアアドバイザーから電話面談で的確なアドバイスを受けることができます。そのためにもアドバイス受けたい内容を整理しておくことが効率的に電話面談を進めるために必要になります。

電話面談での質問内容

転職エージェントの電話面談で質問される内容は本題に入る前に簡単な質問から入るのが一般的です。この質問内容はオフィスで直接面談しても同じような内容になり簡単な自己紹介やこの転職エージェントを選んだ理由、転職したい理由や電話面談を希望している理由などの軽い質問となりそんなに緊張する必要はありません。また初回は今後の進め方などを確認する程度で終わり、次回以降具体的な悩みや不安など内容に踏み込んだ電話面談となります。

電話面談を受けるコツ

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントを利用して電話面談を受けるにもコツがあります。人前でなかなか率直に話ができない人でも電話面談でキャリアアドバイザーとの話がスムーズに進むようになったら、可能なら事前にキャリアアドバイザーと日時を決定した上でオフィスを直接訪問し面談することです。

電話面談だけでは伝わりにくい部分を理解してもらえることや自分でも気が付いていなかったことを発見してもらえるなど、思いがけない収穫につながることがあります。キャリアアドバイザーも求人企業に定着できる人材を紹介して評価されることになりますので、直接会って面談することで、たくさんある求人情報の中から適職を選び出し紹介してもらうことにつながります。

また履歴書や職務経歴書なども持参できればその場でいろいろアドバイスを受けることができますので、電話面談が中心でも自分を良く理解してもらうためにもオフィス面談も取り入れながら進めるのも一つのコツになります。

電話面談で次のステップへ

転職エージェントの電話面談で転職に対しまた自分の適職などに対し初歩的な疑問が解消され希望業界や職種が絞られることで次の求人企業の選択というステップへ進むことができます。ここまでくると電話面談もスムーズに流れます。

担当するキャリアアドバイザーから希望に合った求人企業情報が伝えられ、また送られてきます。その中から優先順位をつけながら面接試験の準備をすることができます。しかし大事なことは次のステップに進むことを焦らず、その前にアドバイスなどからじっくり時間をかけ真剣に考える時間を持つことも後悔しないために必要なことです。

電話面談の電話料金

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントを利用して電話面談をする場合電話料金はどうなるか気になることがあります。自分の転職についてアドバイスを受け求人企業を紹介してもらうためであっても、遠方であったり電話面談の回数が多くなったり、電話面談の時間が長くなる場合など電話料金が気になると安心して話をすることができないという不安があります。

一般的に転職エージェントと電話面談する時の電話料金はかかってきた電話に転職エージェントでかけ直しをしますので電話をかけるときだけの料金になります。電話料金が気になる場合はかけ直しがあるかどうかを確認することで、安心して電話面談を継続することができます。また転職エージェントによってはフリーダイヤルを設定しているところもあります。

電話面談が無料の理由

転職エージェントは無料で登録することで電話面談での電話料金や求人企業の紹介だけでなく提出書類などの添削、提出作業の代行や推薦書まで添付するという利用者にとっては大変ありがたいことですが全て無料です。

これらの経費はすべて、企業からの掲載料や成功報酬などで運営されているため、電話面談などの関係費用は利用者側に利用料は一切発生しません。採用企業としても企業独自で採用する場合には応募基準に満たない求職者が多数応募することになり、書類選考などは非常に手間となり、人件費や諸経費など考えると転職エージェント経由の方が応募者の中から採用条件に適した人材を絞り込んで紹介してもらえるメリットがあります。

また転職エージェントとしても企業から得られる金額内で十分ペイでき、企業に対する実績と転職希望者には転職実績をもとにより多くの転職希望者を集め安心して利用できるように転職エージェントどうしが競争しています。このように電話面談から求人企業の紹介、内定まで継続して無料で支援してもらうことができるのは転職エージェントが求人企業からその費用が出ていますので電話料金など気にせず安心して利用できるのです。

転職エージェントにある非公開求人とは

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントが持っている非公開求人とは登録している人が自由にみられる公開求人と違い、応募条件に合致する求職者に対してだけ紹介される求人です。非公開求人の本来の目的は企業にとって、求人を出しているという事実を隠しておいた方がよい職種やポジションがあり情報漏えいしないように社内でも秘密裏に募集し採用したいということで、企業の採用担当者と信頼関係のある転職エージェントに採用条件に合った人材を選んで推薦してほしいという特別に依頼する求人が非公開求人です。

しかし転職エージェントによっては求人企業から非公開という条件がなくてもライバルの転職エージェントとの競争の中で少しでも有利に展開しようと非公開にしているケースがあります。また転職エージェントとしても面談者の中から採用条件にあった人にだけオープンでき面談の効率化につなげることができます。面談者にとっても非公開求人を特別に紹介してもらえたという意識から挑戦意欲も高まり相乗効果が期待されることなどの理由から非公開求人にしている場合があります。

電話面談で非公開求人を紹介する理由

一般的に転職エージェントが持っている求人情報は電話面談するほとんどの人は登録した転職エージェントの公開求人は見ています、しかし約8割程度が非公開求人となっているのが現状です。

一般的には公開求人の中から選んで話を進めますが担当するキャリアアドバイザーが電話面談の中で得られた情報の中から公開求人にはない非公開求人の中から公開求人よりもっと好条件の企業を紹介することがあります。非公開の求人ということで電話面談者には特別感が出てきて、キャリアアドバイザーに対する信頼感が増してくるという相乗効果があります。

また提供された非公開求人への応募意欲が高まると同時に電話面談の内容も深まりアドバイス内容もより具体的に進められ内定までスムーズに進められることになるという非公開求人には魅力があります。

転職エージェントが紹介する企業は面接試験だけ?

転職希望者を企業が直接採用する場合には、応募書類の受付から採用試験を行い、試験合格者に対し面接を実施し採用の合否を決めています。

しかし転職エージェントを通して応募してくる求職者にはほとんどの場合面接で採用の合否が決まります。その理由は転職エージェントと求人企業との信頼関係があり転職エージェントが面談を重ね、採用条件に適している事を確認し推薦できる人材を絞り込んでいるからです。企業によっては必要なスキルを確認するために試験を行うこともありますが一般的には応募書類と面接だけで判断されます。

転職エージェント電話面談の例

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントで電話面談の例は共通している方法もあれば、独自の方法もありますので事前に確認する必要があります。一般的に面談はオフィスで行われますが居住地や仕事の関係で直接訪問できない人のために転職エージェントのサービスの一環として電話面談を行っており、電話面談の進め方の例をいくつか紹介します。

マイナビエージェントの例

転職エージェントのマイナビエージェントの場合は近くにマイナビエージェントのオフィスがなく訪問が困難な場合など電話面談のみで、カウンセリングが可能な転職エージェントです。全国どこからでもWEBからプロフィールや職務経歴、希望条件などを登録することで転職支援サービスを利用することができます。

登録の際「その他補足事項」の入力欄に平日何時ころ電話面談希望と記載し登録すると、通常5営業日ほどで担当者からメールもしくは電話連絡があります。電話面談でのスタート時は今やっている仕事の簡単な説明や興味のある仕事、希望業種や職種があるかといったやり取りが中心です。その後電話面談を重ねるうちに悩みや必要なスキルアップや資格取得方法のアドバイス、適職の探し方など核心に入っていきます。

また登録はWEBから行うということから、転職面談は電話面談にメール面談も合わせた利用した方が話のスピードが上がります。電話面談だけでは時間的な制限がありますので、基本的な質問や相談内容はメールで交換することで自由な時間に行うことができ、電話面談ではその確認で済むようになりスムーズに進めることができます。求人情報の提供でもフィードバックしやすくなり、また追加の求人紹介がある場合もメールと電話面談で転職活動を早く進めることできます。職経歴書や志望動機などもメール経由で添削をしてもらうことができます、マイナビエージェントでの転職はオフィス面談できない時には電話面談で完結しますがメール面談を組み合わせることでよりスピーディーに進めることができます。

JACリクルートメントの例

JACリクルートメントの拠点は国内では東京の本社、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸の7か所にあり医薬や化学業界など専門職のスタッフクラスから中間管理職といったミドル層の求人を中心に転職支援を行っている転職エージェントです。登録は基本的には7か所の拠点のいずれかのオフィスで行いますが、オフィスまで遠い人や現在の仕事の関係などでオフィスに行けない人はWEB上で登録を行い電話面談のみで希望に合った求人紹介を開始します。

登録された内容を精査した上でその後は電話とメールで情報を共有し、マッチする求人情報を選択しその求人情報はメールや電話で教えてもらいます。応募企業が決まれば企業に面接に行く前に当日であっても可のであれば担当しているキャリアアドバイザーと直接会って面談してから企業面接に勇気と自信をもって臨むこともできます。

DODAの例

転職エージェントのDODAでは登録内容に応じたキャリアアドバイザーが基本的には直接会って転職について支援を継続しますが、居住地や現職で時間調整が困難な時には電話面談にも対応しています。しかし自分の転職に対する気持ちなど良く理解してもらうためには可能な限り直接面談できればより良い求人情報を得られる可能性が高くなります。

電話面談のために職歴や退職理由なども整理し、転職に対しての不安や悩みなどがあれば具体的に整理しておくことで的確なアドバイスを受けることができます。

type転職エージェントの例

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

type転職エージェントのオフィスは赤坂見附にあり、登録内容に応じた専任のキャリアアドバイザーが転職に関する面談をスタートしますが、オフィスに来ることのできない人は電話面談もしています。最初の電話面談はこれまでの仕事の経歴や持っているスキル・資格、希望業界や職種などの確認、また転職時期や転職に関する悩みなど30分から1時間の電話面談になります。

キャリアアドバイザーは電話面談の時間は平日の日中だけでなく平日の夜や土曜日も対応し、今後のキャリアプランなどの情報を共有しながら最適な求人をメールや電話紹介しています。求人情報は公開されているものだけでなく非公開情報も含めた多くの求人情報の中から希望に沿った情報を探し提供しています。応募する企業が決まれば提出書類のサポートや応募手続き代行の他、担当しているキャリアアドバイザーの推薦状も合わせて提出し、内定が得られるまでしっかりサポートしています。

レックスアドバイザーズの例

レックスアドバイザーズでは公認会計士・公認会計士試験合格者・税理士・税理士科目合格者(3科目以上)の人を対象に転職の支援をしています。居住地や職場が遠くオフィスでの面談に来られない人、仕事が忙しくて面談時間が取れない人、当面は求人情報の収集だけしたいという人、また空いた時間や少しの暇を利用して効率的に転職活動を進めたいという人には電話面談による転職相談を実施しています。

電話面談の内容は経歴の確認、転職の目的や転職時期などの他、また職務経歴書の書き方などや仕事を続けながら転職活動の進める方法そして求人企業選びのポイントなどについてアドバイスし、場合によっては電話面談だけでなくコンサルタントによる出張面談も可能です。

ワークポートの例

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

ワークポートでの電話面談の内容は、オフィスで行われる面時と特に大きく変わることはありません。むしろ雑談などが少なく転職に関する必要事項を中心とした内容の電話面談となり、初期の面談時間はオフィスでの面談より短い約30分で済ませることができます。

電話面談をスムーズに進めるためには転職理由や希望職種、希望勤務地や希望する採用条件など事前準備が必要になります。可能であればオフィスでの面談も取り入れることでさらにコミュニケーションの密度が高くなり、よりよい求人情報の紹介につなげることもできます。

ランスタッドの例

ランスタッドでの電話面談はWEB上で登録した後で、ランスタッドから電話面談の日程や時間調整のメールが送られてきます。日程調整が取れた日時から電話面談がスタートし、最初は過去の経歴に対する業務経験や転職理由の確認、また転職時期や希望する勤務条件などの確認が中心で約30分の電話面談になります。

電話面談のために職歴や退職理由なども整理しておくことで効率的に話を進めることができます。また転職に対しての不安や悩みなどがあれば具体的に整理しておき的確なアドバイスを受けることができます。

JOB転職支援サービスの例

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

JOB転職支援サービスを利用して転職を希望する人はWEB上の専用フォームから登録することで利用できます。登録後キャリアアドバイザーから電話かメールで面談時間・場所の案内がありますが、居住地や仕事の関係でどうしても直接会って面談が困難な場合には電話面談も行っています。

職歴や転職理由、希望業界や職種また転職時期など基本的な情報の確認とその後の電話面談内容からマッチする求人企業の紹介があり、エントリーが決まれば応募書類の作成や面接などのアドバイスを受けることができます。その後求人企業との面接日程調整などを行い内定が得られるまで支援を継続しています。キャリアアドバイザーから的確なアドバイスを受けるためには電話面談だけでなく直接面談ができるようにした方が良いです。

キャリアインキュベーションの例

転職エージェントのキャリアインキュベーションでは首都圏の求人情報を多く持ち転職支援をしており、面談の基本はオフィスで行いますが、地方在住や海外在住でオフィスを訪れることが困難で首都圏の転職相談をしたい場合には電話もしくはskypeで対応しています。

電話面談には登録内容により人材業界で長く経験し、業界や職種についても豊富な知識や経験を持ったキャリアアドバイザーが担当し、納得できる転職ができるように短期的だけではなく長期的な視点に立って支援を継続しています。また平日は仕事があるため土日・休日でも日時を調整しながら電話面談を行っていますが、遠方でない限り面談者の近くにキャリアアドバイザーが出かけて直接面談できることがありますので希望する場合には問い合わせてみることが必要です。

電話面談の活用方法

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

転職エージェントでもエージェントにより電話面談の進め方に違いがあります。活用するためにはその違いを理解し自分に合った便利なところを最大限に活用することです。例えば電話面談の最終時間が19:00と21:00ではどちらが良いか、電話面談できるのは平日以外にどうなっているか、電話面談は毎日でもできるのかなど事前に把握し一社だけでなく数社登録し最大限の活用方法を検討する必要があります。

キャリアアドバイザーを味方にする

電話面談を行うキャリアアドバイザーは一般的に同じ人が対応します。キャリアアドバイザーは事務的に電話面談を進めるだけでなく転職希望者の気持ちに寄り添ったアドバイスや求人企業の紹介を行いますが、キャリアアドバイザーも人間です、相談者との電話面談での印象によって対応が変わることがあります。

電話面談の前に前回までの内容を整理し、電話面談が始まるときには前回のアドバイスや情報提供に対するお礼を述べ、電話面談中には同じことを繰り返さず話がどんどん展開するように心がけ言葉使いも丁寧に、そして終わった時の感謝の言葉を忘れないようにすることでキャリアアドバイザーに好感を与え味方にすることができます。相手が見えないだけに大事なことです。

転職エージェントの電話面談を上手に活用

転職エージェントの電話面談とは?|流れと面談例・活用方法

現在仕事をしながら転職を考えている人は、転職活動で勤務を休むことも困難でまた転職活動を知られたくないという人が利用できるのに転職エージェントの電話面談サービスがあります。また住んでいるところが遠くて転職エージェントのオフィスまで行って面談するのが困難な人にも利用されています。

転職エージェントにも全国型や地域限定型、全業種扱えるところや得意とする分野が決まっているところなどもあります。電話面談も転職エージェントにより進め方の違いがありますので十分理解した上で登録し、事前に職務経歴や転職理由、希望条件などを整理し、担当するキャリアアドバイザーの力を信じ電話面談することです。自分に合った転職エージェントを見つけ、キャリアアドバイザーを味方にできるよう工夫し、電話面談を上手に活用することです。

あなたの年収、本当に適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
実は、頑張って働いているのにこういう状況になってしまう人は、少なくないんです。

そしてその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータがあるんです。

また、転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが転職先の企業と年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

あなたに合った転職エージェントが見つかるはずなので、読んでみてください!

Latests